切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2011年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年12月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ●園芸作業
CATEGORY ≫ ●園芸作業
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

7月中旬の庭、通路は格安ウッドチップ…

 なにかとバタバタしていて記事がまとまらないので、二階から撮った庭の現状など…。

 こんな感じです。手前が自宅になります。作り始めて2年と2か月くらいになった庭ですが、最初のころとあまり変わって見えないかも…。(作り始めはこちら→我が家の安直な庭作り~1か月) 変わったのは、微妙な土の高さとかだったりしますので…w これが長方形の庭の左側で、右のほうも少し明るいですが似たような色合いです。2本のモミジは中古の庭に最初からあったものです。
hankei_01.jpg

 我が家で、今、目立っている花といったら、一番はフロックスのブルーパラダイス…。
 青っぽく見えるときはいいのですが、この花は気温が高くなると濃い目のピンクに見えるので、去年の秋に今の場所に植え替えて、周りにブラックレースフラワーとかベロニカグレースとか銅葉の植物とかブルー系の葉のものを植えて、濃いピンクが緩和されるようにしたつもり…w
hankei_03.jpg

 庭の通路には、去年の秋にメタセコイアの落ち葉を敷いていましたが、梅雨入り前にウッドチップを撒き足していました。
 これは5月中旬の、ウッドチップを撒く前の様子。まだ緑も明るいせいもありますが、メタセコイアの落ち葉は細かくて色も敷いて半年も経つと、いい感じに落ち着いていましたが、だんだん風化?して減っていきます…。
hankei_06.jpg

 ウッドチップは5月28日に行った、岩手県立緑化センターの緑化まつりで入手したもので、詰め放題で一袋100円…。土がふかふかになるし、ブルーベリー畑とかに敷くといいということで、販売していました。
 この量だと、我が家の通路には5袋で十分でした。完全に乾いているときは白っぽくなって右のような色で、ちょっとイマイチかも…。
ryokka_f_06.jpg hankei_05.jpg

 ちなみに、ウッドチップとバークチップの違いは、ウッドチップが木材を粉砕したもの、バークチップは中でもクロマツ・アカマツなどの樹皮使ったものだそうです。バークチップのほうが、比較的大きめで色も濃いものが多いかと…。

 通路は、好みとしては、もっと黒っぽいか、逆にグレイの石畳だったりしたほうがよかったりするのですが、諸般の事情でウッドチップ…。

 諸般の事情というのは
  その1、庭の形がまだ定まっていないので、通路もあまりがっちり作れない。
  その2、通路部分も土をよくしたい。(明日は花壇かもしれないから…
  その3、いつもながら、あまりお金はかけたくない。

 といったところ…。

 木材なので、シロアリなどが心配だったりしますが、あるサイトによると、シロアリは木の厚みが1cm以上ないと棲みつけないそうなので、この厚さだと、あまり心配ないかなと…。防蟻工事はやっております…。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。
スポンサーサイト

土は勝手には、良くなってくれないみたいなので…

 10月下旬から取りかかっていた冬越し準備が、やっと終わりそうです。もう、一回雪が積もって融けたんですけど…。
 我が家の場合、砂・粘土ばかりの土なので、とにかく有機物をいっぱい詰め込んで、土を良くしたいということで…。
 一応、住宅街のなかの家の庭なので、一見こざっぱりしてるように見せかけてたりして…。

 左の写真で、うちの庭の1/3くらいですが、庭全体で、ゴミ袋で40~50袋くらいの落ち葉を埋め終わったところ。小さな植物は移動しながら、大きいものは根の下を掘って、極力、全面に埋めました、レンガも置いてるだけだから移動して…が、表面的にはわからないですよねw (実際には地面が少し高くなったんですけどね…。)そこに雨が降って、全体がぬかるみ、埋めた葉が浮いてきたりしてます…w
 右が現状で、植物周りにはバーク、ほかは松葉なんかでマルチングしました。なんだか暖かそうでしょ? 
fuyugoshi_00.jpg  fuyugoshi_01.jpg

 マルチは上に載せるので楽でしたが、時間がかかったのが土のなかに落ち葉を埋める作業…。通路の土も含めて、とりあえず落ち葉が入ってます。通路部分は深めのところに埋めてます。畑にしている所は、たっぷりの落ち葉と米糠を混ぜて、土とも交ぜちゃってます。腐葉土化してからのほうがいいだろうけど、余裕がないので、とりあえず、砂や粘土が密着してる状態をどうにかしたくて…。
 途中で出てきた石のような粘土の塊は、別途、風にさらしてます…。だんだん、ひび割れて、ほぐれてきたみたい…。
fuyugoshi_04.jpg  fuyugoshi_03.jpg  

 これは通路のマルチに使ってるメタセコイアと松の落ち葉。春は松葉だけ使ったけれど、秋までには姿がなくなってて、飛びもせず、いい感じでした。メタセコイアもきれいだし飛びにくいので、先日、紅葉を撮ったときに拾ってきてました…。
fuyugoshi_05.jpg  fuyugoshi_06.jpg

 日当たりのいいほうに植え替えたネギも自前のライムギの麦藁で保温…。ネギの下にも、作業開始の頃に落ち葉や米糠を投入済み…。 藁は必要ないかもだけど、気分w 窓辺には一応、花もあります…。
fuyugoshi_7.jpg  fuyugoshi_08.jpg

 こうして、我が家の窓辺から見た庭は、こんな感じになって、見た目も土のなかも落ち葉がたくさん…。寒くても、雪が降って庭に出られなくても、その下では葉っぱが勝手にいいことしているはず、と想像すると…ちょっと幸せw …そんでもって、土が少しずつ黒くなっていってくれたら、うれしい…。
fuyugoshi_02.jpg

 なんていって、生半可な落ち葉に手こずったりするのかも知れませんが…気分…w …今年は、ほぼ全面掘ってたけど、来年はそこまで掘らなくても済むといいな…。
 (腐葉土は、別途、ビニール袋を軒下に積んで作ってみてます…。)

関連記事:
根は下に伸びる、とは限らない…

メモ:造成のときのものか、庭の周辺と左側は砂が多い。右側は粘土が多い。右上がりの斜面の地形のせいかも。右側の家が若干高くなっているので、右から左に水の流れがあるはず。掘ると左側は1m程度のところに砂岩…。

ブログランキング・にほんブログ村へ

根は下に伸びる、とは限らない…

 かなり前から、冬越し準備中ですが、まだ終わっていません…。土の準備に手間取ってます…。それはね、我が家の土が厳しいからなんですが、モミジの根っこ問題に対応する必要があるためで…。

 突然ですが、こちら、6月に撒いたジニアの発芽時の様子です…。白く伸びているのは根です…。この時期は空中湿度が高かったので、2日くらいで発芽し、根がぴょーんと空中に伸び、驚いたものでした…。
ジニアの発芽

 ジニアと比べても仕方ないかもですが、根って、いろいろな物理的条件に合せて、伸びやすい方向に伸びるんでしょう…。近所の緑道の木の根も、下じゃなく横に伸びてたりします…。下にも伸びているんでしょうが、そちらが順調に行けないらしく、地表近くを這って、アスファルトが割れています…。
緑道の木の根

 我が家でも、先日記事にしたモミジに、同様のことが起こっていたりします。
 アスファルトはないんですが、横に伸びたモミジの根は、家の境界の擁壁まで地表近くを走り、そこから敷地の縁をたどり、雨水のマスの隙間からマスに入り、雨樋の穴を見つけ、雨樋を1.5mほど遡ったところで御用?となりました。今年の春に雨樋が詰まって、軒先から水がどぼどぼとなり、人を頼んでみたら、そんなことで…。

 モミジは雨樋から4~5mは離れているのに、なんで地中にもぐらないで、そういうことになるの?ということで、地面を掘ってみると、我が家の土は何度か書いてますが、砂ときどき粘土、だったりします。今回1m近く掘ってみたけど、砂の底に白っぽい砂岩?みたいのがあったりして…。砂のところには、ほとんど根は回っていませんでした。根だけでなく、生命のきざし?が見えないんですけどね…w
庭の土掘り  庭の土掘り

 思うに、砂は保水性も保肥性もないので、根は少しは風化物があって水分のある地表を走り、雨水升の水分を見つけ、水が流れてくる樋へと辿って行ったのではと考えられます…。
うちは築25年の中古だったんですけど、庭には草もあまり生えてなかったりして…ww

 去年は、家に近づきすぎている根をだいぶ切り、モミジ周辺に落ち葉を埋めたり、幹の周辺にマルチングしたり、といったことをしたのですが、冬近くに引っ越してきたこともあり、たいしたことはできませんでした。

 そこで今年は、より抜本的?な対策をということで、モミジの周辺の土を幅50cm深さ80cmほど、ぐるっと掘って、そこに松葉やら落ち葉やらを入れて、こねこねして、埋め戻すということをやってみてます。…モミジの真下や至近距離は、掘りにくいし、資材はタダで入手できるものということで…。
土に松葉

 砂は掘って埋め戻すだけだと、また掘る前と同じ状態みたいだから、松葉や落ち葉で隙間を作っているつもり…。水分も含むだろうし、そのうち腐葉土になるだろうし…。松葉は腐葉土になりにくいけど、隙間をしばらくキープする役をするのではないかと…。これでモミジも私も気持ちよく暮らせるといいのですが…。

 で、作業は終了したかというと、まだ少し残ってますw …だから、画像も、これまで…w


ブログランキング・にほんブログ村へ

我が家の安直な庭作り~1か月

 花盛りの5月ですが、我が家は引っ越ししたてで、雪融けを待って、気分が乗るのを待って、実質4月から庭作りを始めたところ…。…まだ、八重桜咲いてますので…w
 ということで、約1か月経過した庭作りの一部を…。作業者、1名…w

 ■建物:築25年の中古の建売
 ■既存の植物:大小のモミジ7本と水仙、枯れかかった生垣
 *土は、ほぼ、手つかず…。土は粘土質の上に砂を入れたものなので、庭中にモミジの根が回っていました…。

 Before
 3月末のダイニング側の庭…。
 モミジの木を剪定(3本は抜いた…)したり、根っこを切ったり、少し置いてあった古いレンガや棒で線を引いてみたりしてました…。水はけを良くしようと、土を掘って落ち葉をあちこちに入れてみたけど、ぬかるんで水たまりができてますね…。この後、堆肥も混ぜたけど、焼け石に水?w
 問題は土……右が我が家の軒下の土…。どうみても、完全な砂…。これで築25年の家の軒下…。雨が当たらない場所のせいもありますが…この砂の下は粘土…。
庭の一部  軒下

 土づくりや庭作りには、それなりに時間がかかります。
 短縮するには、お金がかかります。
 それなりの庭には、すぐしたいけど、お金をかけたくない我が家…。
 しかも、日当たりとか、よくわからないし…。生垣も生きる気かどうか、不明だし…。

 はっきりしているのは、こんなこと…。
  ●残したモミジを生かす。
  ●土を良くする。
  ●庭で読書したい。
            …で、買い物は最小限に…。

 結局、暫定的で、それなりに見える空間にするには、適当な区画割と緑、椅子があればいいさ、ということで…。

●1つ78円のレンガを100個ほど買って、適当に区画割…。レンガを置くだけなら、あとから変更も簡単だし、古レンガも使えるので…。
レンガ

●緑追加と土作りのため、庭の一画に緑肥になるというライムギを4月初旬に種まき…。
ライムギ  ライムギ

●緑追加のため、安いレンガの縁には、絶対育ちそうな草…。
 左のマンネングサとか、右のヘビイチゴとか…。ほかにもサギゴケなんか…。…緑が明るい草が好き…。
マンネングサ  ヘビイチゴ

●落ち葉や米糠、堆肥を混ぜて、土づくり中の場所も…。グリーンシートで緑? というつもりは、ございません…。落ち葉はグランドに吹き溜まっていたもの、米糠は精米機から…。
土づくり

●通路には、松葉…。
 砂利やレンガは変更が面倒だしお金がかかるので、一応中央が高くなるようにして、鉢に泥はねしないように、かつ、少しは土を良くするように、風が吹いても飛ばない松葉を敷きました…。もっと拾ってこないと…。
松葉

 以上に加えて、

●少し盛り土したモミジの下には丈夫そうな植物…。
 ギボウシやフッキソウ、キチジョウソウ、コクリュウ、アジュガなど…。隙間には草除け堆肥…(なにかで覆わないと、とっても白っぽい土だったりするんですよねww)。

●春先に買った見切り苗や、50円草花等の鉢植えを彩りに置き…。

●最後に、楽天で見つけた格安ガーデンセット(6,980円)を配置すれば…。

 After
 いかにも庭っぽい空間ができている!………と、思ってくださいw
現状

…モミジとテーブルセットがあれば、それなりに見える、っていうのは、言いっこなし…ww やっぱり、大きな木がないと、高さが出ませんよね。

 今朝、家の中から撮ったところ。花鉢の位置が上の写真とは違うあたりが、見どころ?w
庭

 この安直な庭のいいところは、変更が気分的にも物理的にも、楽ちんなところ…。

 これで暫定庭ができたので、これから、気長に庭作りをします…。

    あ~あ、強剪定した生垣がきれいに復活してくれたらいいな…。

 以上、我が家のケチンボな庭作りの一端でした…。


ブログランキング・にほんブログ村へ

腐葉土作り

落ち葉が腐葉土に RL:遅ればせながら「落ち葉が腐葉土に」という製品を使って、腐葉土を作ることにしました。転居してすぐ雪が降ったので45リットルほどの落ち葉ですが、ビニール袋で手軽に腐葉土が作れるところがいいかなと。
 空気抜き穴を2、3個あけたビニール袋に約45リットルの落ち葉を入れ、「落ち葉が腐葉土に」100gと4リットルの水を入れ、踏んで踏んで半分くらいにして、重しにブロックを2個ばかり乗せておきました。
 あとは月1度、混ぜ混ぜして、春にはきれいな腐葉土が出来上がるはずです。。。
(「落ち葉が腐葉土に」は(株)大和さんの製品で500g入りで数百円、ちょい時期外れだったので安く入手できました。)

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。