切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP ≫ CATEGORY ≫ わ行
CATEGORY ≫ わ行
      

庭にもほしいワサビの花

 しばらく前に山の小さな流れで、ワサビ(山葵、学名:Wasabia japonica、英名:Wasabi、アブラナ科ワサビ属、常緑多年草)らしきものを見つけました。こんなところにワサビがあってもいいの?という気もしましたが、、とりあえず、花が咲くのを待っていました。ワサビって、すごい山奥の清流に生えるんではなかったっけ? まあ、クマが出るらしいので、十分山奥かもしれませんが、ここは私の散歩道…。
 
 こちらが、ワサビの花。薄日が射す山の中です。白いきれいな、アブラナ科らしい花です。もう少し上まで咲いたほうがきれいですが、待てませんでした…。
ワサビ

 小さな流れのそばにだけ、ぽつぽつと生えているのですが、誰かが植えたわけでもないですよね…。
ワサビ  ワサビ

 ワサビは流水のあるところで育てると根茎が大きくなり、そういうのを「水ワサビ」または「沢ワサビ」、畑で育てるのを「畑ワサビ」または「陸(おか)ワサビ」といいますが、植物としては同じものだそう。
 水ワサビでないと、根茎は大きくならないわけですが、葉や茎もワサビ成分を含んでいるので、畑ワサビでも料理に使えます。粕漬けとかしょうゆ漬けとか…。

 以前、庭に畑ワサビを植えていたことがありました。ほとんど株が大きくなることもなかったのですが、春の白い花は、なかなか素敵です。大きなアリッサムみたい?w 葉はつやつや。冷涼な気候を好むということですが、関東で、アジサイの陰に植えっぱなしにしていました。
 今は涼しいところに住んでいるので、増やして食べられるかな…。実家から持ってこようか…。

 ついでに山で見つけた食べられるもの…。左下は山菜として知られるミズ(ウワバミソウとも)。芽を出していました。ミズタタキ、おいしいですよね…。右下はご存じのフキ…w
ミズ  フキ

 サンショウの木とか、ミョウガとかが庭にあると、なにかと便利ですが、できればミズやフキも、庭にほしいもののうち。日陰でも育つし…。そうすると、ちょっと楽しい…。あとは、コゴミ…。


ブログランキング・にほんブログ村へ

ワレモコウは上から咲くのか

 独特な形がおもしろい、ワレモコウ(吾亦紅、吾木香、学名:Sanguisorba officinalis L.、英名:Great Burnet、Garden Burnet、バラ科ワレモコウ属、多年草)です。
 家のヒメワレモコウも近所の空き地のワレモコウも、1か月ほど前から咲いているのですが、なんとなく、秋っぽいイメージな気がします。
ヒメワレモコウは草丈20cmほど、空き地のワレモコウは1.2mくらいあります。ヒメワレモコウは増えて困るという人もいますが、我が家ではおとなしいです。いつも春先元気でも、そのあと静かになって、結局あまり増えないまま…。隣に植えたオミナエシとまったくバランスとれてません…。

ワレモコウ

ワレモコウ  ワレモコウ(つぼみ)  ワレモコウ
下の2枚目はつぼみの頃(茎がまだ伸びてませんね)、3枚目は花きセンターの栽培種のワレモコウ。

 ワレモコウ、かなり接近しないと花のかわいさがわからないぞ、、ということで、同属別種のサラダバーネット(オランダワレモコウ)の花を検索して見たら、、、これが、極めてかわいらしい。葉っぱも食べられるし、、これ、植えてみたいなあ。…ヒメワレモコウは……どうしようか。

 ワレモコウについて、拾い読みしていたら、上から花が咲く有限花序(下から咲くのは無限花序)であ~る、という記載を見かけました。確かに上から咲いてます。
 で、そういうお花って、ほかになにが?と考えて検索してみたけれど、いまいちピンときません。ニッコウキスゲが有限花序といわれても、下から咲いてるぞ?みたいな。上下がわからない、もやもやもや。天気ももやもやもや。人生ももやもやもや。

ワイルドストロベリー、茂ってます。

 ワイルドストロベリー(英名:wild strawberry、学名:Fragaria vesca、 和名:エゾヘビイチゴ、別名:ヨーロッパクサイチゴ、バラ科耐寒性多年草)が、北東北につれてきて2年目の春になったら、ほんの数株だったのが、一面に茂ってます。
 以前の庭はせまかったので株の整理をしてましたが、こちらに来て放任したら、このありさま。耐寒性は問題ないようです。(和名にエゾがついてるし。でも、和名ではあんまり売れそうにありませんね。)あまり病虫害がない(我が家では)し、葉も花も実もかわいらしいです。
 実は甘くてそこそこおいしいですが、小粒で、おやつにはさびしい。たくさん作ってジャムにするようですが、うちでは基本鑑賞用です。(なんで実の写真がないの?というと、今年はふつうのイチゴのほうに夢中だったから……)

ワイルドストロベリーの花(去年5月初め)  ワイルドストロベリーの花(今年5月下旬)  ワイルドストロベリーの種(今年7月中旬)

 イチゴなので、やはり株分けして連作を避けて植え場所を変えるといいようですが、結局放任。弱った株を取り除いたり、重なってるところを透かしたり、伸び出たランナーの株を他に植えたりしてその場しのぎをしてます。
 しかし、ランナーの伸びていく様子を見ていると、あまり日の当たるほうにも行かず、日の当たらないほうにも行かず、といった感じで、好きな場所を選んでるようです。植物って、こうやって好きなところを見つけますよね。今、ワイルドストロベリーは、、東南の日が当たり、西日や強風は塀で遮られる隅にいます。

 春か秋にを撒いても増やせる(好光性種子)ということで、一度はやってみようか、と思いました。が、、庭に茂っているワイルドストロベリー、勝手に種でも増えてるんだろうな~。
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ