切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2011年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年12月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ●野菜もやってます…
CATEGORY ≫ ●野菜もやってます…
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

どうなるかしらなダイコン&最近撒いたもの

 ダイコンを撒くのは、去年に続き2回めです。
 去年は時期が遅れて(9月の20日頃に撒いていました…)、あまり大きくならなかったので、今年は時期を失しないようにと思っておりました。
 畑を貸してくれているばあちゃんが、ダイコンはお盆を過ぎた頃に撒く、と言っていたので、8月の20日頃に撒いたのでした。時期はよかったはず、ですが…

 こちら、我が家の大根の現状です。黒虫(たぶんカブラハバチの幼虫)をせっせと退治して、ここまで育ちましたが、ちょっとひ弱な感じかも…。根の部分もまだ直径5mmくらいのもの…。
 種袋に一か所に「3~5粒撒く」とあったけど、種が余るので、10粒以上撒いちゃったのが悪かったみたいで、しょっちゅう間引いたけど、まだ一か所に2、3本生えています…。種同士も十分離していなかったし…。
ダイコン ダイコン

 こちらはお隣の床屋さんの畑。我が家より一週間くらい早く撒いていたみたいですが、すでに左のようにダイコンが直径5cmくらいにはなっています。ちゃんと間引いていない所は右のように混雑しているけれど、一か所に撒いた種が我が家ほどにはくっついていないみたい…。ちゃんと緑が濃く、がっしり育っているように見えます。
ダイコン ダイコン

 そして、こちらはばあちゃんの畑。今年は体調がいまいちで、撒くのが遅くなったようで、まだ小さいですが、ちゃんと種を離して5粒くらいずつ撒いたのが、遠目にもわかります。これなら間引きも、やりやすそう。
ダイコン

 ということで、三者三様…。
 我が家は今年は時期はよかったと思うけど、1か所に撒く数が多すぎたし、種同士がくっつきすぎていたね、と、早くも反省モードです…。

 ほかの野菜はどうかというと…

 左はダイコンとは対照的に、とっても畝幅が広く植えられたネギですが、けっこう元気w 右の葉が大きくなったニンジンは、根っこは三寸ニンジンだったりしますが、我が家的にはOK。
ネギ ニンジン

 最近撒いたものはというと、9/17に撒いたミズナは芽が出そろい、22に撒いた赤カブの芽も顔を出しています。
ミズナ 赤カブ

 9月初旬に植えたラッキョウも芽を出しているし、年内に撒いたり植えたりするのは、あとはホウレンソウ、タマネギ、ニンニクくらいでしょうか。

 …撒き方も畝の作り方もインチキくさいですが、なんとかそれらしく、取り繕ってる畑です…w

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。
スポンサーサイト

9月初旬の畑のもやもやゾーン

 我が家の畑の一画が、ちょっとヤブ化しています…。

 こちら、9/10の写真ですが、アズキが1mくらいに伸び葉も繁ってもさもさ…。なんだか虫がついているみたいなんですけど、手の出しようがない感じ…。(クリックして拡大していただくと、ちょっと迫力出ます…w
 右は角度を変えて見てますが、右奥がアズキ、中央が花オクラとマリーゴールド、左がトマトとシソになってます。
hmoyamoya_01.jpg hmoyamoya_02.jpg

 反対側には、左にアスパラがもやもや、その横でヤーコンがわさわさ…。ヤーコンの横には色づきだした挿し木のトマトが、いい加減な支柱のせいで、ぐにゃぐにゃ…。
 hmoyamoya_04.jpg hmoyamoya_03.jpg

 ということで、このコーナーには1~1.5mくらいの高さのものが、ひしめき合っております…。
 込みすぎちゃって、近寄ると蚊に刺されるので、あまり近づきたくないゾーンになってます。

 でもね、7/25ごろには、みんな、こんなに可愛かったんですよ…。
 左はアズキ、右は花オクラ…。
hmoyamoya_06.jpg hmoyamoya_05.jpg

 そして挿し木のトマト…。手前にはバジルも元気でした。このバジル、今では花が咲いているのですが、花オクラとの間で見えません…。ヤーコンとアズキの間にもマリーゴールドが咲いていましたが、今では葉の下ですね…。
hmoyamoya_07.jpg hmoyamoya_08.jpg

 それなりに十分な間隔を取ったつもりだったんですが、見積もりが甘かったようで…。今じゃ、畝の間に入るのが怖い…。
 
にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

大きく咲いた花オクラ

 昨日の朝2日ぶりに畑に行ってみたら、花オクラの花が沢山咲いていました。和名はトロロアオイ(黄蜀葵、学名:Abelmoschus manihot 、アオイ科トロロアオイ属)というようですが、オクラに似た花を咲かせることから花オクラとも呼ばれるそうです。

 薄い黄色のアオイ科らしい5弁の花で、中心付近は海老茶色です。花の直径は大きなものは24cmほどあり、フラガールの真似をすると、顔が半分隠れます…。
 一日花で夕方にはしぼむので、今朝は咲いていた12個の花を収穫してきました。
花オクラ

 実家からもらった種をポット撒き(5月頃と記憶…)して、その後畑に植えたものですが、7月には15cmくらいしかなかったのが、今では1.5mほどに育ち、窮屈そうです。
花オクラ

 左は上と同じ花オクラの花ですが、右側はふつうのオクラ(英語: okra、秋葵、学名: Abelmoschus esculentus、アオイ科トロロアオイ属)の花。似たような大きさになっちゃってますが、花オクラのほうが倍くらい大きいです。
花オクラ オクラ

 花オクラは花を食べるために栽培していますが、食べ方は、ちょっと酢を入れた水で湯がいてポン酢で、というのが実家の定番です。我が家もそれに習い、まずはお浸し。ぬるぬるで、おいしいです。ほかにもサラダや天ぷらもおいしいみたいです。

 食べるのは花弁の部分だけ。海老茶のところも食べられるけれど、お浸し等のときは色がにじむので黄色いところだけ…。

 *トロロアオイは中国原産で、本来は「主に根部から抽出される粘液を「ネリ(糊)」と呼び、紙漉きの際にコウゾ、ミツマタなどの植物の繊維を均一に分散させるための添加剤として利用される」(wiki)ものだったようです。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

美味かった、うり坊(小玉スイカ)くん

 お久しぶりです。近所の学校は先週から始まってますが、私はずるをして、もう少しお休み、と思ったら、広告が出てたので急きょ復帰…。

 今年の夏は、指が短くなるんじゃないかと思うくらい草取りに明け暮れ、真っ黒になっちゃいました…。(我が家の草じゃないですよ…。)もう少し、この状況が続くみたい…。
 台風の被害は、我が家周辺では、これといってありませんでした。


 こちら、8/6に収穫した我が家の小玉スイカ(うり坊)の第一号の写真です。約束していたので、これはモモちゃん用です。(といっても、画像だけなので、なんの有難味もないと思いますが、食べるとき、モモちゃんもスイカ食べてるといいな、と思いながら食べてました…。)
 今年は積算温度と叩いたときの音で食べごろを判断しましたが、ちょうどよい時期に収穫できました。
うり坊

 家族が持っているのは第2うり坊です。1本のうり坊に8つ実がついて、最初の4つはお盆前に収穫でき、親や兄弟におすそ分け。残り4つは、消化中です。育てるとき、向きを変えて日に当てていたのがよかったのか、おいしくできました。残念なことに、台風で1つ割れちゃいましたけど…。
うり坊 うり坊

 こちらは育っていないと思っていた、30円の見切り品のほうについていた実。1つだけ丸いのができていました。これはまだ、味見していません。
uriuma_04.jpg

 ということで、2度目の小玉スイカ栽培は、収穫時期もうまくいっているみたいです。
 暑いうちに消化します…。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

チョロギくんの花盛り、そして…

 今年は最初は快調に育っていた夏野菜ですが、雨続きとテントウムシダマシで、ちょっと不調…。
 そんななか、ずっと元気なのはチョロギ(学名はStachys affinis、シソ科スタキス属、多年草)…。

 ただいま、短いながらも一畝に植えたチョロギが花盛りです。くすんだピンクというか薄赤紫のなかなか可愛らしい花です。…植えると分かるのですが、かなり元気のいい植物でして、あっという間にもさもさ…。
cho_hana_01.jpg

 こちら、参考までに、先日記事にした、同じスタキス属の庭のスタキス モニエリ(学名:Stachys monieri、シソ科スタキス属、多年草)の今の様子…。
cho_hana_02.jpg

 チョロギは去年は庭にも植えていましたが、日当たりのせいか、あまり育っていないように見えました。
 それで、秋に抜いたつもりでしたが、抜き残した塊茎があったようで、気が付いてみれば庭にもチョロギが繁り花が咲いていたりします。こちらは随時撤去…。

 どれが花やら野菜やら、と思いつつ、ま、観賞用の花と野菜の花も区別はないといえば、区別はないわけで…。
 な~んて思いながら、wikipediaのチョロギの花を見ると、もっと紫色だし、葉の形もなんだか我が家のチョロギとは違い、スタキス モニエリに似ているような気がしてきました。

 それで、あれこれ検索していたら、カッコウチョロギ(学名:Stachys officinalis)などというものもあるようで、どうも、こちらの花のほうがwikipediaのチョロギの花に近いように見えます。

 カッコウチョロギはヨーロッパ原産で鎮痛作用があり、英名はベトニー(betony)で、ハーブとして用いられるそう。青紫~赤紫の花で、白花の園芸品種もあるようです。やっぱり、きれいと思う人の多い花なのでしょうね。…白花なら庭に植えたい気がします。カッコウチョロギならチョロギのような根塊はないみたいなので、増えすぎる心配もないかも…。

 ちなみにチョロギにも鎮静効果があるほか、痴呆防止の効果も注目されているみたい……。
 そのせいかどうか、花言葉は「楽しい人生」…。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

収穫時期が問題だね、うり坊くん

 本日は、例によって畑仕事…。

 小玉スイカの「うり坊」は、ちゃんとスイカらしくなってきました。家族がときどき回転させて、むらなく色づくようにお手入れ…。
うり坊

 今年は「うり坊」が1本育っているだけですが、去年の紅小玉スイカ2本並みに葉は繁っています。そこそこ大きくなっている実は、今のところ4つ…。本当はもう1本植えていたのですが、見切り品30円のものは、育ちませんでした…。
うり坊

 ここまで育ったら、あとは収穫適期を見極めるのが残された関門です。
 去年は紅小玉スイカの場合、受粉から35~38日くらいが目安ということでしたが、最初に生った実はそれくらいだったかもですが、後半の実はもっと早く甘くなっていました。
 ほかにも縞模様がくっきりするとか、音とか、ツルの枯れ具合とか目安があるようですがは、経験不足で今一つはっきりわからなかったりします。
 そしたら先日、訪問させていただいているブログ(農業大学8期生の畑だよ~ん)さんで、積算温度を目安にする方法があることを知りました。
 積算温度の計算プログラムはこちら→積算温度算出プログラム

 このプログラムを使うと、上の写真のうり坊の今日現在までの受粉日からの積算温度が518.4℃というのが簡単に計算できます。(交配日は7/2でした)
 スイカの収穫の目安としては、大玉スイカは受粉日からの積算温度でおよそ1,000~1,100℃、小玉スイカで850~900℃ということなので、あと300℃くらい必要ということみたいです。これも目安ではありますが、なかなか良さそう。

 今日も最高気温が22℃だった当地、うり坊がおいしくなるのはいつ頃かな…。…まだ受粉させるつもりなので、受粉日を記録するのを忘れないようにしないと…。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

今度は芽が出そろったニンジン

 ニンジンは、これまで2度種を撒いており、一勝一敗でした。
 発芽まではたっぷり水やりしたほうがいいということですが、それは天気次第で…。(最初に庭に撒いたときは毎日水やりして発芽が揃ったけれど、去年の夏に畑に初めて撒いたときは天候が合わず、ほとんど発芽しませんでした…。)

 三度目の今回は、失敗覚悟でダイソーさんの「春紅五寸人参」の種を7/2に撒いておりました。
 結果、雨が多かったので無事発芽…。ただし、土砂降りがあったので、種が流れたようで、筋がわからないところも…。…芽が出てくれれば、多少列が乱れていても、問題ありません…。
ニンジン

 こちらは7/2に撮っていたニンジンの花。もとは、去年、畑の横に、ポイしたニンジンの小苗…。きれいに飾ればレースフラワーみたいな感じです。今は、花はそろそろ終わりです。
ニンジンの花 ニンジンの花

 せっかくなので、次回はこのポイ捨てニンジンの種を撒くつもり…。
 
にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

作業着調達&うり坊(小玉スイカ)の様子

 本日は最高気温が30℃くらいで、当地としては約3週間ぶりの真夏日だったようです。久しぶりの日差しでした。
 週末は畑のことが多いのですが、昨日は、これからしばらく続きそうな草取り用の作業着調達をしてきました。

 これが完成図…(?)。
 パーカーとレギンスはユニクロ、鎌はホーマック、その他はワークマンで調達…。こだわりは、草色のレギンスと土色のタオル…?
isyo_01.jpg

 ワークマンには今回初めて入ってみたのですが、長靴の種類が多くてよかったです。と言いつつ、購入したのは一番安かった写真の品。なにしろ780円。HCより安いし、履き心地もそこそこいいので満足。しかもサイズが合ってる。これまで男物のサイズが合わない長靴を履いていたので、格段に履き心地がアップしたわけ…。
 それと顔は日焼けしたくないので、右のような帽子も入手。こちらは410円。
isyo_02.jpg isyo_03.jpg

 普段は草は手で引き抜くことが多いのですが、草が多いと握力がなくなるので、今回は草取り鎌を入手してみました。…そんでもって、柄についていた「取り扱い上の注意」を書いたシールを剥がしていて、さっそく鎌で指を切ってしまったアホな私…。注意書きには、刃が鋭いから、触るなって書いてありました…。

 形は整ったので、たぶん、効率よく、せっせと草取りできることでしょう…。

 少しだけ、畑の様子も…。

 7/2に左のように受粉させていた小玉スイカの「うり坊」ですが、今日は右くらいのサイズになっていました。ほんの7cmくらいですが…w
うり坊 うり坊

 ということで、小さな小玉スイカ畑には、小さなスイカが現在3つ生育中…。
うり坊

 ここで、うり坊のテーマ…

 ラリ坊~? うり坊~! スイカになるの~♪
 (Let It Go の曲に合わせて歌ってね!

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

アズキくんは、何粒生き残るかな

 我が家は今年、一昨年と、お正月にはアズキの野生種であるところのヤブツルアズキをいただいておりました。(→さ、ヤブツルアズキを食べてみよう!
 ヤブツルアズキも慣れると、なかなかおいしいのですが、採集が面倒。生えているところを確認しておいても、突然刈られたりするもので…。ま、雑草ですから…。

 ということで、今年はほんもののアズキ(小豆、荅、学名:Vigna angularis、マメ科ササゲ属、一年草)を畑で作ってみています。

 6/25に豆を埋め、ちょうど一週間経った7/2には発芽がほぼ揃っておりました。とっても砂地な畑です…。
アズキの芽

 二日もすれば、こんな感じに勢ぞろい…。
アズキの芽 アズキの芽

 元のアズキは、これです。近所の店では売っていないと話したら、畑を貸してくれているばあちゃんが、お友達からもらってきてくれました。ちょうど70粒です。(ばあちゃんには、ヤーコンと花オクラをお返しに差し上げてますw) 発芽したのは、62粒でした。
アズキ

 そこそこ順調そうなのですが、困っているのが、「ネ」の付くもの二つ…。ネキリムシとネコ…。
 せっかく芽が出たのに、ネキリムシにやられて、ぱったり倒れた苗や、ネコに掘り返された畑を見ると、がっくり…。
 今朝は62本が58本に…。
 ネキリムシ対策に、明日はペットボトルの輪っかを設置してみようと思ったりしています。ネコのほうは、藁マルチでなんとかならないかな…。

 70粒のアズキ、何粒生き残って、秋には何粒実るかな…。

---------------------------
 こちら、アズキ以外に今年初めて育てているものを2つ…。
 左の花オクラは、実家から種をもらってきてポットで育苗していました。とても小さく育っていて、畑に移植して、やっと少し育ってきたところ。
 右はヤーコン。春先にHCで2芽購入。発芽したのは1芽。そこで苗を1本追加投入。暖かくなってきてから成長が良くなりました。
花オクラ ヤーコン
 
にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

ゴボウの花、ついに咲き出す

 約一年前に始めた、ゴボウ(牛蒡または牛旁、悪実、英: Burdock、学名: Arctium lappa L.、キク科ゴボウ属、多年草 )の花を咲かせようプロジェクト?がついに成功した模様です…w(ゴボウの花が、見たくって…

 畑のサラダゴボウが、赤紫色の花を咲かせ始めました。総苞がとげとげで、これはもう、アザミと言われたら、うなづきそうな花です。
 我が家の花はこういう色でしたが、種類によって花色は濃淡があるようで、白っぽいものもあるようです。
ゴボウの花

 現状、咲いているのは上の写真の部分だけで、ほかは山ほど、緑のイガイガの蕾です。
 この蕾の状態になってから、だいぶになるので、咲いたところを見つけて一安心…。これから、順次、咲いていくことと思われます。
ゴボウの花

 全体はこんな感じで、背丈は2mを超えており、隣の食用菊が迷惑そうにしています…。
ゴボウの花

 花が咲いたら、根はすかすかになって抜きやすいようなので、そこは安心しています。作ってみて実感しましたが、ゴボウは抜くのがとっても大変でした。…それが花が咲いている理由の一つかも…。

 せっかくだから、ゴボウの種を採ってみようかな…。ゴボウの種は解毒作用等があり民間薬や漢方薬になってます。残念ながら、苦いらしいです…。
 
にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。