切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ●植物(名前の五十音)
CATEGORY ≫ ●植物(名前の五十音)

紫の雫&黄金葉の西洋ツユクサ、スイートケイト

 昨日は一日雨。
 朝の庭で黄金葉の西洋ツユクサの葉に黒い雫?と思ったら、花色が溶け出していたのでした…。

 しぼんだ紫の西洋ツユクサの花についた雨の雫に指を伸ばしてみたら…
西洋ツユクサの露

 とっても紫な雫でした…。…その後、近所の野良ムラサキツユクサの雫の色を確かめて回り、花色に応じているのをチェック…。…葉の色が濃くて花色が薄めだと雫の色はわかりにくいのさ…。
西洋ツユクサの露

 ということで、以前、園芸店の見本園で見かけて気になっていた黄金葉の西洋ツユクサです。(その時の記事はこちら→こっそりメモ書き? 黄金葉のムラサキツユクサ
 その後、無事入手したのですが、なぜか2つ…。

 こちらは一昨年、園芸店で購入したスイートケイト(Tradescantia x andersoniana 'Sweet Kate'、別名:Blue and Gold)です。(画像はクリックで拡大します。)
 雨が上がった今朝、たくさん咲き出していました。
スイートケイト スイートケイト

 そして、こちらは去年の春、道の駅で購入したもので、確か「ゴールデン」と書いてありました。こちらは数日前から大分、咲いていました。
ゴールデン? ゴールデン?

 写真で見ると若干違いがあるかも?という感じもしないでもないですが、実物を見ると、ほとんど同じ感じです。
 ただ、ゴールデンのほうが全体に少し大きくて、花の幅を測ってみたら、スイートケイトが約4cm、ゴールデンが5cmでした。
 植えている場所のせい(スイートケイトは込み合ったところに植わっている)かもしれないので、様子見します…。

 なお、画像で見ると、かなり青っぽいですが、実物は濃い紫という感じです。

 スイートケイトの背景にも写っているとおり、我が家にはムラサキツユクサがたくさんありますが、そちらはまだ開花していません。
 あまり黄金葉ばかりでもうるさいので、2つの黄金葉を観察して、良さげなほうを少し増やしたいと思っています。

 最後に、しつこい追加画像は、スイートケイトの奇形花。花弁が4枚…。
スイートケイト 奇形花


にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村     今日は午後から雨、最高気温16℃の予報…

ブラックバロー(オダマキ)はたくさん咲いたけど

 去年初めて咲いて、今年も開花を楽しみにしていたブラックバロー(学名:Aquilegia vulgaris plena 'Black Barlow'、キンポウゲ科オダマキ属、多年草)が満開中。(去年の記事はこちら→気に入っちゃったブラックバロー(オダマキ)

 名前通りの黒っぽい花色の存在感がいいです。
ブラックバロー

 去年は花茎は一本だけでしたが、今年は三本になり、ちょっとにぎやかになりました。
ブラックバロー

 後ろの青みがかったホスタと重ねて見るのが好きだったりして…。
 それに、ブラックバローは後ろから見るのもいいですよね。萼の裏の黒の感じが、表とはまた違って…。
ブラックバロー

 たくさん咲いたのはよかったのですが、気になるのは、去年より花のサイズが少し小ぶりになったような気がするところ。
 今年はちょうど、数日続いた暑い時期に咲き出したせいかもしれませんが、隣に植えたオオヤマオダマキが大きく育ってしまったせいではないかと…。…単に、たくさん咲いたからかもしれないけど…。

 オダマキは6種類になりましたが、キープするものを決めて、場所決めもちゃんとしないと…。

 種を採っても、ばらまいていちゃダメですよね…。(葉で区別がつく、と、去年は思っていましたが、当てにならないし…。)

 そろそろ、ざっくり集めていた植物もなんとなく性質がわかってきたし、とりあえず植えておく、という状態から脱却したいと思っています…。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村     今日は雨、カエルが喜んでます…。寒いので、カレー…。

微妙な青のカマシア ブルーメロディ、かな

 昨日、近所で素敵な青の花を見つけました。早速、おうちの方に断って撮影…。
 早朝から暑くてボーっとしながら、確か、去年もここには同じ花、ちょっと考えたら名前を思い出すだろうと、花の名前は聞きませんでした。それにしても、去年よりいい色のような気がするなどと思いながら…。

 家に帰って、じっくり考えたら、確か以前同じところにあったのは、ツルバキアのシルバーレースでした。
 今回撮った花はざっくりは似ている(?)けど、明らかに別な花、ということで、検索してみた結果、カマシア ブルーメロディ(学名:Camassia quamash 'Blue Melody'、ユリ科カマシア属、多年草)ではないかと思います。

 これが、そのお花…。
 北側に植えてあったので、少し弱々しいかもしれませんが、花色が目を引きました。青なのですが、蕾ほど緑がかっている感じ…。
カマシア

 何本かあって、左は別の株です。蕾が多く、より緑がかって見えました。ヒスイカズラとかイキシアのビリディフローラの青味が強い版みたいな色合いです。
 ここのグランドカバーは斑入りのセリで、緑と白とピンクが入り混じったような感じなのですが、そこに青い花がくっきり…。葉も斑入りで珍しい気がしました。
カマシア 斑入りのセリ

 カマシア属の植物自体、認識したのは初めて。
 アマゾンなどでも販売しており、そちらの画像を見ると、もっとがっしりしているもののよう。葉は斑入りヤブランのような感じ。花は蛍光っぽい青に見えます。草丈は50~70cmとなっており、私の見た花より少し大型。

 カマシアは秋植えの丈夫な球根植物のようなので、今後、ちょっと気を付けてみたいなと思ったのでした。

イワヤツデの育ち具合

 ちょっと、時期をはずしちゃったので、取り急ぎアップ…。
 去年、山形の道の駅でイワヤツデ(岩八手、学名:Mukdenia rossii、別名:タンチョウソウ(丹頂草)、ユキノシタ科イワヤツデ属、多年草)を買っていました。

 名前は、岩場に生えてヤツデに似た葉だから、ということのようです。別名のタンチョウソウは、蕾が赤味を帯びることからみたいです。

 これが去年の5/3、購入して間もないころ…。花弁がたくさんあるように見えて、いい感じです。
イワヤツデ(タンチョウソウ)

 左は今年の5/9、花茎が伸びて、花がばらけている時期のもの。このころになると、最初黄色っぽかった花の中心も赤っぽい感じです。今年も元気で咲いてくれました。
 さて、中央と右の写真は野草園で5/4に撮っていたものです。ここのイワヤツデはとても大きく育っていて、葉色も濃く、ちょっと別の植物みたいに見えました…。イワヤツデだけに、岩が住み心地いいんでしょうね…。(画像はクリックで拡大します。)
イワヤツデ(タンチョウソウ) イワヤツデ(タンチョウソウ) イワヤツデ(タンチョウソウ)

 イワヤツデは冬は地上部は何もなくなります。春に蕾と葉とほぼ同じくらいに出します。
 最初は赤味を帯びて丸まっていて、赤ちゃん状態…。
 それから少しずつ白い花が咲いて、瑞々しい緑の葉もだんだん開いて…。

 このヤツデみたいな葉が、花が終わってもきれいなので、よかったなと思っていましたが、野草園のがっしりしたイワヤツデは、ちょっと私のイメージのイワヤツデと違っていました…。…たぶん、あっちが本来の姿…。
 
 我が家のイワヤツデは、少し、ひ弱な雰囲気に育っているみたいな気がしてきましたが、とりあえず、瑞々しい感じなのでいいことにしておこうかと…。…なにせ鉢植え…。

なんだか可愛いユーフォルビア ゴールデンレインボーの花

 ユーフォルビア ゴールデンレインボー(学名: Euphorbia × martinii 'Golden rainbow'、トウダイグサ科トウダイグサ属、多年草)の花穂?が大きく膨らんでいたので、写真を撮っておこうかと近寄ってみたら、一つ一つの花が、着ぐるみを着た人形のように見えました。

 どうでしょ? なんだか、可愛いでしょ?w 人形みたいでしょ?
 色合いもオモチャみたいですが、被り物をかぶって、背中に羽までつけているみたいじゃないですか? この形がいったん頭に入ると…
ユーフォルビア ゴールデンレインボー

 横並びも可愛い…。
ユーフォルビア ゴールデンレインボー

 たくさんいるのも可愛い…という気になりました…。
ユーフォルビア ゴールデンレインボー

 冬にポット苗を入手したばかりで、一つしか花柄がないんですけどねw
ユーフォルビア ゴールデンレインボー

 ユーフォルビアの花は構造がとても変わっていて、よくわかりません!w
 以前、ナツトウダイの花の構造を書いてみたりしたんですが(→どうしてこうなる、ナツトウダイの花、かなり苦しかったです。

 だから、今回は、日中暑くてぼーっとしちゃったことでもあるし、「面白い形だね!」で、まとめましょう!


 なお、こちら4月29日に撮っていた写真ですが、このときは脚が出てないし、人形みたいじゃありませんでした…。
ユーフォルビア ゴールデンレインボー

小さな庭に、小さなヒメシャガくん

 庭のヒメシャガ(姫射干、姫著莪、学名:Iris gracilipes A. Gray、アヤメ科アヤメ属、多年草)が、だいぶ増えて、いい感じに咲き出しました。

 大きく撮ってますが、実物の花のサイズは4cmくらいです。
 シャガに似ていて小さいからヒメシャガ、ということですが、全体の印象はかなり違うかも…。
ヒメシャガ

 アジュガとどっこいどっこいの身長ということもあるけど、なにしろ葉がきれいです。黄緑っぽくて、シャガのように乱れたり、先が枯れてたりしてません。(以前、山に咲いているヒメシャガを見たときの記事はこちら。シャガの写真もあります。→ヒメシャガは、端正…また、シャガは常緑ですが、ヒメシャガは冬には葉が枯れます。
ヒメシャガ

 そんなわけで、小さな庭の小さなヒメシャガを、ガリバーみたいにしゃがみこんで写真に撮って、広い世界が広がっているような錯覚に浸ってみたり…。←これ、我が家の庭の基本かも…。


 ついでに青系の花ということで、ベロニカ ミッフィーブルート(学名:Veronica chamaedrys 'Miffy Brute'、オオバコ科クワガタソウ属、多年草)も…。
 ヒメシャガは薄紫というか青紫というところですが、こちらは青というか水色というか、ですね。
ベロニカ

 青系といっても、花色はさまざま…。花形によっても、葉によっても印象はさまざま…。…でも、やっぱり青系は落ち着く気がします…。

追加 上の写真は2日前に撮ったものですが、今日の夕方見たら、日に透けたヒメシャガはこんな感じでした。
ヒメシャガ

気になるピンクのクリンソウ

 私のパソコン机から見える庭、視線の斜め前に、少し前からピンクのクリンソウ(九輪草、学名Primula japonica、サクラソウ科サクラソウ属、多年草)が咲いています。

 こんな感じで、小さめですが、日に日に茎が伸びてるようで、すっと伸びて、色の少ない庭で目に付きます。中途半端に鉢に入っているのは、ほんとはこのクリンソウ、ユキザサの入っているポットに紛れ込んだものだったので、ポットから植え替えたものかどうか迷っているうちに咲いちゃった、というわけ…。
 ポットだから、動かすのは簡単だけど、ここで気持ちよさそうに咲いているし…。
クリンソウ

 同じサクラソウ属のサクラソウは、離れた場所でこんな感じに咲いています。好みとしては左のような色合いのほうが落ち着くわけで…。…といいながら、やっぱり小さなピンクもあるんですけど…。好みの右の花は、今年は一輪しか咲かなかった…。
サクラソウ サクラソウ サクラソウ

 白が好きということで、去年白のクリンソウをいただいて、そちらはサクラソウと同じ場所に置いています。
 でも、それは葉は繁ったけど、咲かなかったんですよね…。

 ということで、期せずして咲いたピンクのクリンソウを見ながら、
  「これはこれで、きれいじゃないか…」
  「でも、なんか…」
 と、ここのところ、どうしたものか自問自答中…。

 何度も見ていたら、クリンソウが迷惑そうな顔をした気がしました…。

(キランソウ改め)ツクバキンモンソウとニシキゴロモ

 先日図書館の裏山のさんぽの折、出会った花の一つをキランソウとしていましたが、ブロ友さんのニシキゴロモ(錦衣、学名:Ajuga yezoensis、別名:キンモンソウ、シソ科キランソウ属、多年草)か、変種のツクバキンモンソウ(筑波金紋草、学名:Ajuga yezoensis var.tsukubana)ではとのご指摘で調べてみたところ、ツクバキンモンソウではないかと思います。教えてくれて、ありがとうございました!

 先日記事に載せた写真は、この株を縦に撮ったもの…。花色は白っぽい薄紫です。
ツクバキンモンソウ

 近所には、大小の株がありました。株によって葉の形や色味は多少違い、右の株は葉の横幅が広く、紫っぽさは少なく、花も白っぽかったもの。(画像はクリックで拡大します。
ツクバキンモンソウ ツクバキンモンソウ

 これも近所の株の一つですが、ツクバキンモンソウはニシキゴロモの変種なので、よく似ているけれど、花の形が違うそうです。どちらも、下唇が三裂、上唇が二裂していますが、ツクバキンモンソウの上唇はとても短いため、目立ちません。この花、上唇、短い(というか、下の三裂しか目立ちません)ですよね?
ツクバキンモンソウ ツクバキンモンソウ

 一方、こちらは去年山形に行った折に4/30に撮っていた写真です。この株一つしか見かけなかったのですが、今見直してみると、こちらはニシキゴロモのようです。右の花の部分の拡大写真を見ると、上唇の二裂した花弁が、上のツクバキンモンソウとは違って、明らかに長いのが分かるかと思います。
ニシキゴロモ ニシキゴロモ

 『日本の野生植物 Ⅲ』 (平凡社)によるとツクバキンモンソウは「関東から四国の太平洋側の山地にはえる」し、ニシキゴロモは「北海道・本州・九州の主として日本海側に分布」するそうなので、ちょうど分布もあっているみたいです。

 それじゃあ、キランソウは?というと、たぶん、こちら…。ニシキゴロモより葉は小さめで、もっと地面にピタッとしている感じです。
 キランソウについては、以前書いたこちらの記事どこから来たやら、キランソウのほうがいいみたい…。 なお、花色はキンモンソウにも紫色の強いもの、キランソウにも白色のものがあったりするようです。
キランソウ

 本当は写真を撮り直してから書きたかったのですが、週末ずっと雨で、図書館の裏山は立ち入り禁止になっていたので、先日撮った写真を見直して記事にしてみました。

 以上、ほかにも仲間がいるようなので、見落としがまだありそうですが、次回からは、もう少し気を付けて観察したり書いたりしたいなと思った次第…。

シラネアオイのある風景に

 連休中の話に戻りますが、野草園では、シラネアオイ(白根葵、学名:Glaucidium palmatum Siebold et Zucc.、キンポウゲ科シラネアオイ属、多年草)が見ごろでした。

 園内の複数の場所に植えてあり、場所によってうまく育っているところは、いい感じでした。
シラネアオイ

 斜面いっぱいに咲いているところもあれば、白花と青花が咲いているところもあり…
シラネアオイ シラネアオイ

 なかでも、一番素敵に見えたのは、ここ…。大きな木の下に咲いていたシラネアオイ…。
 野草園なので、ここも人手をかけて植えたものではあるでしょうが、こんなふうに咲いているんだろうなあと…。(天気がいまいちだったので、くっきりしていないけど…。天気頼みで写真を撮っている私…。)
シラネアオイ

 シラネアオイが自生しているのは、まだ見たことがありません。
 実家の庭にあったので、子供のころから知ってましたが…。
 親はけっこう大事にしていたみたいだけれど、そんなに素敵な花と思ったことはなかったです。
 だけど、山のなかで、こんな景色に出会ったら、地面にひれ伏しそう。

 ちょっぴり山歩きを初めて、きれいなものは山の中にもたくさんあることがわかって、花の見方も少し変わった気がしています。
 花は、合った場所、合った背景があってこそ、と…。

 あー、山が欲しい…。  …近場に…。

  …山に行きたい、じゃなくて、欲しいというあたり、やっぱり面倒臭がり屋だからかな…。

オオヤマオダマキ、大株化…

 一昨年、庭に咲いたオオヤマオダマキ(大山苧環、学名:Aquilegia buergeriana var. oxysepala、キンポウゲ科オダマキ属、多年草)と思われるオダマキ(初めて咲いたときの記事はこちら→なぜか咲いてる、オオヤマオダマキの花)ですが、モミジの木の下にあり、去年も前年とほぼ同じか、やや小さい?みたいな感じでした。
 それで、植え場所を花壇に移してみたところ、別人のように大株になりました。

 花弁が黄色で、萼片が赤紫っぽい花です。
オオヤマオダマキ

 それが、これくらい、大株化…。約80cmほどの高さ。
 花が咲く前は、ここに植え替えたことを完全に忘れていて、「ブラックバローだ」と。蕾ができてきて、「ブラックバローが一重になっちゃった?」と…w 葉色から違うんですけど…。
 この辺にはブラックバローとチョコレートソルジャーを植えていて、どうも去年の秋にオダマキでまとめようと思ったみたいです……。(ほかのオダマキは少し遅れて成長していて、オオヤマオダマキの陰になっちゃった…。)
オオヤマオダマキ

 ということで、花が咲いたのはうれしいけれど、早くも移動が必要な感じのオオヤマオダマキでした…。


 今年はミヤマオダマキの青と白も咲いています。お友達の家から来ました。
ミヤマオダマキ ミヤマオダマキ
ミヤマオダマキ(白) ミヤマオダマキ(白)

 オダマキは、白いミヤマオダマキとブラックバローを優先的に増やしたいのですが、どのオダマキも、どこにどんなふうに増やすかという構想がはっきり決まってなくて、そのときどきの対応になっちゃってます…。
 だから、種を採っても、結局、あちこちにばらまきになったり…。

 こうなったら、みんな、あちこちに咲いていただいて、良さそうな位置のだけ残して、少しずつ場所決め、っていうのでもいいかもしれない…。

 ↑こういうことを、ほかの植物でもやっているので、なかなか、何も決まらない状態……。
 (しかも、意図的にやったことも忘れたりする……。
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ