切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2014年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2014年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年02月
ARCHIVE ≫ 2014年02月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2014年02月  | 翌月 ≫

誰も知らない?サランコバナ

 サランコバナといっても、たぶん、分かる人はほとんどいないはず…。なにしろ、母から教わった方言ですw もったいつけずにいうと、オオイヌノフグリのことです。
オオイヌノフグリ

 サランコバナというのは、サランコ(お皿)のような花、ということだと思いますが、オオイヌノフグリの花に触ってみると、ぽろっと花弁が全部落ちちゃうんですよね…。オオイヌノフグリの花弁は4枚ですが、この4枚は元のところでくっついていて、触ると、ぺらっと、花全体が、簡単に落ちます。その形が、お皿みたい、ということのようです。
 よく見ると、花弁の形も、みんな同じではないのですよね。
オオイヌノフグリ  オオイヌノフグリ

 大雪が融け、気温が上がったら、わっと咲いちゃうサランコバナ…。右は、葉が色づいているのが面白かったので…。
オオイヌノフグリ  オオイヌノフグリ

 オオイヌノフグリの呼び名はいろいろあるようですが、サランコバナが、一番好きかも…。
 そうです、私の故郷は、べごっこ、うまっこ、の世界ですw
 ん? なんで、人っ子一人いない、って言うんだろな? 標準語?w

関連記事:
寒さに強いオオイヌノフグリ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村

今年は巣箱をどうするか

 我が家では、おととし、去年と2年続けて、巣箱を春先にかけてます。が、2年とも失敗…。

 1年目は、シジュウカラが巣に入ったのですが、卵を産んだら、カラスに襲われてしまいました…。カラスがしつこくつついて、巣箱を壊してしまい、コケと獣の毛でできた巣の残骸と割れた卵を残し、シジュウカラはどこかへ…。

 去年は、前年の反省を踏まえ、カラスが近寄れないよう、ベランダの軒下に巣箱を設置。やっぱりシジュウカラが入ったのですが、今度は、スズメがやってきて、シジュウカラを追い出してしまいました。そのままスズメが居座るのかと思ったら、スズメもどこかへ…。だったら、邪魔しなきゃよかったのに…。 空いた巣のなかには、卵が残されていたけれど、親鳥は戻らず…。

 最初の年の巣箱。地元の緑化まつりのとき、作ったもの。組み立てればいいだけになっていたので、楽でした。
巣箱

 見た目もかわいいし、屋根が取れるようになっています。だけど、材が柔らかくて、カラスに割られました…。あまり実用的ではなかったかも…w 庭の柿の木に取り付けたのでした。…失敗だったけど、見かけがよかったから、写真はこれ…w …ちょっとさびしい…本当は鳥が巣立ったとき、記録をアップする日を待っていたんだけど…
巣箱

 去年の巣箱は、見た目はただの箱だけど、厚めの木で、接着も、木ねじにしました。だから、壊れはしなかった…w たぶん、しっぱいは穴が少し大きかったのかも…。シジュウカラなら2.7cm、スズメなら3cmくらいが目安ということで…。(3mmくらいの差は、あまり関係ないようにも思うけど…)

 ということで、2回の失敗を踏まえ、今年はどんな巣箱を、どこにかけようか、検討中…。

 毎日、せっせとコケやらなにやら運んでいる鳥さんを見ているのは、心和むものです。(って、鳥さん、和めなかったよね…今年は、安全を保障できるといいんだけど…)

 場所選びがまた、けっこう難しい…。観察しやすくて、私が庭に出ても脅かさなくて、安全で住みやすいとこ…どこかな…?


にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村

ムクゲの種を撒いてみる?

 だいぶ前に見つけていたムクゲ(木槿、学名:Hibiscus syriacus、英語: rose of Sharon、別名:ハチス、アオイ科落葉低木)の種です。いつアップしようか、迷っているうちに、もう2月も末…。ということで、残り少ない種を…。

 ムクゲはけっこう、小さい木が勝手に芽吹いてたりするので、種から育てるのも面白いかも…。春先に撒いてもいいようだし。………小さい木から、のほうが、いいかw

 ムクゲの種は、こんな風に側面にくるっと毛が生えていました。この毛の生え方は、あまり見ない気がするw 右の鞘?のなかにも、1つだけ種が残っているのですが、うまく写っていないような…。左下あたり…。
ムクゲの種  ムクゲの種

 こちらは、去年撮っていて、アップしないでいたムクゲの写真…。なぜかというと、ムクゲの品種名をはっきりさせるのが、難しかったのでした…。最初の花は日の丸かと思ったけど、中央が赤くなるものにもいろいろあるみたいです…。下段の左は、白祇園守。これは我が家の木…。
ムクゲの花  ムクゲの花

ムクゲの花  ムクゲの花  

 ムクゲって、暑い時期に、長く咲いて耐寒性もあり、花もきれい。いろんな種類があるようなので、今年はどこか、品種名のわかるところで写真が撮りたいです。

 我が家にはムクゲの小さい木が2本ありまして、一緒に引っ越しました…。

こちらに、こぼれダネで生えているムクゲの写真もあります。
関連記事:
青(っぽ)い、ムクゲの花


にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村

ごめん…、ヒヨドリ…

 もしかして、一番はっきり撮れた、鳥の写真かもしれません…。

 このところ、毎日、会うヒヨドリ(鵯、学名:Hypsipetes amaurotis、スズメ目ヒヨドリ科)ですが、鳴き声があまり好きではない…ということで、いまひとつ、親しみが湧きませんでした…が…先日のこと…。

 寒風のなか、モミジの枝をつついている、ヒヨドリ…。
ヒヨドリ

 そこに、下からの突風…。身を伏せて枝にしがみつくヒヨドリ…。……およ?
ヒヨドリ

 シャッターを押しながら、スローモーションで見ている絵柄を認識しつつ、目はそのままなんだけど、どこかで見てはいけない、という意識が湧きあがってくる…。そういうつもりは、なかったんだけど…。…春風の、いたずら…。

 …………いちおう、サムネイルにしといたから…。
…毎日、寒いよね…。朝は特に…。 私だって、この間、パジャマで雪かきしてるところ、見つかっちゃったんだ…。……ちょっと、違うか…。

 その後、珍しく下に降りてきて、むつくれているみたいな、ヒヨドリさん、です…。
ヒヨドリ

 …以上、「ごめん…、ヒヨドリ…」でした…。


ご不快に思われた方がいらっしゃいましたら、申し訳ございませんです。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村

ムスカリの芽を見ながら

 いくつか鉢植えにしている球根の1つは初売りで安かったムスカリ(Muscari、別名:ブドウヒヤシンス、ユリ科(分類体系によりヒアシンス科)ムスカリ属)) です。1月に買ったので、当然、最初から芽が(3㎝も)出ていました。ムスカリなら、植え時を多少はずしても安心だろうと…w

 実はムスカリは、私が初めて買った球根でした。アルメニアカムでした。もう3つ前の庭のとき…。たくさん増えるので、きれいだったけれど、それ以来、植えていませんでしたが、今の庭は、まだ腐葉土作っている段階?wなので、鉢植えに…。球根はあまり地植えにしないようにしているし…。植え替えたほうが、葉を短くできるし…。

 今回植えたのは、バレリーナフィニス(水色)とアズリューム アルバ(白)。ラベルに、芽が出たら、毎日しっかり水やり、って書いてあります…。
 
 現状、ムスカリは、あまり伸びていないけれど、葉は葉として開いてます。根も伸びていると、いいけれど…ムスカリなら、大丈夫だろう…。毎日土が凍って、鉢から浮き上がってますが、元気です。
ムスカリ

 こちらは、ブルーマジックのポット苗が徒長して、見切りになっていたもの。やっぱり、ムスカリはかわいいな。甘い香りがします。ムスク(麝香)の香りというけれど、ムスクがわかってないかも…。
ムスカリ  ムスカリ

 ムスカリの芽を見ながら、あの頃、ムスカリを見ていた、はちきれそうに幸せな気持ちを、ちょっとだけ思い出してました。  …今も幸せですけど…w
↑おことわり、あくまで園芸にめざめた?頃の気持ちですw

 ムスカリの花言葉:寛大なる愛、明るい未来、通じ合う心、失望、失意(wikiより)

関連記事:
この植物は、なあに?


にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村

ちょっとだけルビーネックレス

 園芸店の片隅に、放置気味に置かれていた大鉢から垂れ下がっていたルビーネックレス(学名:Othonna capensis、別名:紫月、キク科オトンナ属、常緑多年草)、姿は乱れていたものの(写真も乱れていますが…)、一部がとってもルビーで、素敵な色合いでした。…多肉、詳しくないんですけれど…。

 上のほうには、紅葉して真っ赤になった葉が…。だけど、そのほかは、けっこう緑だ…。この赤が、ルビーだよね? 赤くなるのは日当たりのいいところで、根元付近なのか?
ルビーネックレス

 下のほうは、こんな感じで、紫と緑の混じり方が絶妙な感じ…。
ルビーネックレス

 検索してみると、全体がもっと紫色になるのが健康的?だと思うのだけれど、こんな感じも、一人アンティークみたいで、いいな…。鉢の色もぴったり…。

 耐寒性は2℃前後、多肉としては強いほう? こんな色合いが出るなら育ててみたいかも…。黄色い小さな花も咲きます。

 さて、私が育てたことがあるのは、グリーンネックレス(緑の鈴)止まりなのですが、ちょこっと、名前に「ネックレス」が付く多肉?を、まとめてみました…。みんなツルです…。
グリーンネックレス(緑の鈴)お馴染み、葉が丸い粒々の多肉(キク科セネキオ属)
パールネックレス(緑の鈴錦)グリーンネックレスの斑入り(キク科セネキオ属)
ピーチネックレス丸くない(丸みが足りない?w)グリーンネックレス?
(キク科セネキオ属)
三日月ネックレス(弦月)三日月みたいに、反った感じの葉(キク科セネキオ属)
アーモンドネックレス
(大弦月城)
三日月ネックレスより丸い?薄い筋が入ってる?
(キク科セネキオ属)
ルビーネックレス(紫月)オトンナ カペンシス(黄花新月)の紫葉の品種(キク科オトンナ属)
エメラルドネックレスディスキディア ベンガレンシスの斑入り
(ガガイモ科ディスキディア属)
ツインネックレスディスキディア ヌンムラリア(ガガイモ科ディスキディア属)
 *下の2つは、肉厚だけど、平面?の葉です。

 といったところでしょうか?… なんだか、いろんな種類の名前が混じってます…。 ダイヤは、、まだないみたい…。
 まだ、出てきそうなのですが、このへんで…。間違いにお気づきの方は、お知らせいただけると、ありがたいです…。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村

2週間目のベロニカ グレース

 普通なら、とっくに紅葉しているベロニカ グレース(Veronica GRACE、ゴマノハグサ科クワガタソウ属、常緑多年草)ですが、買ったばかりなので、今頃、少しずつ紅葉してきました。
 園芸店で花が咲いているときから見ていたのですが、しばらく我慢。…花もなくなり、草花ポット苗並みの価格になったので…購入。え?

 左は、買ってから約2週間後の現在、上からだんだん、チョコレート色の葉になってきました。寒くても、元気です。なるべく日に当てています。右は買ったばかりのとき。店内の置き場にあったため、葉が緑色。葉に艶があり、茎が赤っぽいので、それなりにきれいですが。
ベロニカグレース  ベロニカ グレース

 この花は、2010年頃から、出回っているようです。

 青系の花だし、耐寒性が強(葉が傷むので霜や雪には当てないほうがいいみたい)、常緑多年草で寒い季節は銅葉になりカラーリーフのよう、長期間咲く(春~秋)、と、プラスポイントがいろいろ…。
 今も小さな蕾があるのですが、咲く気なのかなあ?

 暑さや蒸れに、やや弱いようですが、半日陰でもOKということで、置き場を考えれば長く楽しめそうです。
 草丈は50cm程度らしいです。

 葉が傷むのを気にしなかったら、地植えでも平気?… 今は、試したくないな…、増えたら、考えよう…。現状、日中だけ、軒下に出してます…。

 枯らさなければ、とっても、お買い得だったね、ということで…w お花の写真がなくて、ごめんなさいね。穂状というか、ちょっともこもこしたお花です。

 さ、銅葉になりきったら、今度は、春いつくらいから緑になるか、観察しよう…w


にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村

タシギさんは保護色なんだけど

 雪が少し融けてきたので、散歩。タシギ(田鷸、Gllinago gallinago、チドリ目シギ科)に会いました。

 雪の間で餌をつついている鳥がいる…背中の線が目立つな、と思っていたら、急に上げた頭に付いた嘴の長さに、およ…。
タシギ  タシギ

 野鳥の本には背中の黄褐色のもようは、枯葉のなかの優れた保護色、とあります。なるほど…。
タシギ

 だけど、雪の上では、どうかな…。しかも、歩きが、いまひとつ、ぎこちない…。
タシギ  タシギ

 実はこの雪、ざらざらで、端っこ以外は表面が凍ってたりするんですよね…。
タシギ

 おちょぼ口?で、無口にみえるし、顔までしっかり保護色…。そのうえ、上目使いなものだから、とっても臆病そうに見えたタシギさんでした…。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村

突然ですが、ブリエッタ

 ペチュニア(学名:学名Petunia x hybrida、ナス科ツクバネアサガオ属、耐寒性一・二年草)(&カリブラコア)が、もう店頭に並んでいるお店もあるようですが、一般的には3月くらいから?

 と考えながら、先日、園芸ネットのメルマガで新商品情報を見ていたら、ブリエッタローズイエローがサントリーフラワーズさんから発売されていました。あれ?と思って検索してみたら、サントリーフラワーズさんのHPに、昨年末の日付で以下の第一園芸さんの花苗を今年からサントリーフラワーズさんで販売するとのお知らせが。(とっくにご存じの方も多いでしょうが…。)

ブリエッタ
ブリエッタローズ
ララン
ラブリカ
フェアリースター
ソワレ
ミルククラウン
キャンディフロス(「フェスティバル」より名称変更)
フライングエッグ
パナスカリ
ウィンティー
ハッピークローバー

 ということで、今年のサントリーフラワーズさんの春夏商品ラインナップに、昨年まで第一園芸さんだった、ブリエッタをはじめとする商品が載っていました…。
 実はブリエッタ、発売された年からのファンなんですよね…。サントリーさんのサフィニアは…一度も買ったことない…。単に花が大きいから。ミリオンベルは買ったことあります…。だけど、いろいろ違いがありますが、ブリちゃんほど、株が大きくはならない…。

 …だけど、ブリエッタの販売だけサントリーフラワーズさん、っていうこと(で、いいのかな?)は、値付けはどうなるんだろう? 

 …だけど、とりあえず、私の住む街でも、いろんなブリエッタが店頭に並ぶ、っていうことなのかな? なにしろ、ブリエッタ、店頭で探すのが大変でしたので…。そのへんが、第一園芸さん、厳しかったのかな…。

 実際どうなるのか、ペチュニア&カリブラコアの入荷時期が楽しみなような…。

 とりあえず、今年の「花とおしゃべり」には、ブリエッタも仲間入りしてるってことか…。

ブリエッタ
 おととしのブリエッタのアメジストブルーの画像で、すみません…。なにしろ去年は買えなかった…(近所で売ってなかったから…ラランにした…)。1株で成長途上…。ちゃんと育てると、1株で直径1mくらいになるんです…。今年の新商品は、黄色の八重咲きブリエッタローズイエローだって。

関連記事:
ブリエッタが欲しい…
ステラバイオレット、かなり復活(ペチュニア)

アカシアは偽が好き

 植えられないシリーズみたいですが…ミモザアカシアが咲き始めている写真を見て、春にはいい色だな~と思いつつ、できたら植えたい別のアカシアがあることを思い出しました。
 それは、ニセアカシア (学名:Robinia pseudoacacia、和名:ハリエンジュ、マメ科ハリエンジュ属、落葉高木)…。

 以前住んでいたところでは、堤防沿いに大きな大きなニセアカシアの木がたくさんあり、5月の末あたりから咲いて、近くを通ると甘いいい香りがしました。花色、香り、葉の形、どれも大好きなのですが、大きくなるし、増えやすいので庭には向きません。広いところなら、とっても素敵。…どれくらいの広さ?w

 風になびくところが素敵な木です。
ニセアカシア

ニセアカシア ニセアカシア

 ニセアカシアは、明治時代(1873年)に導入されたとき、アカシアと紹介され、あとから本来のアカシアが導入されたため、ニセアカシアと呼び換えられたそうです。今でも、私の周りでは、ニセアカシアをアカシアと呼ぶのがふつう。

 ニセアカシアの花は天ぷらで食べると母が言っていましたが、花以外にはロビチンという毒があり、胃腸炎や嘔吐などを引き起こすそうです。

 フリーシアという黄緑葉の品種は、葉色がいいので、庭植えしているのを見かけますが、持て余し気味のところも多そう…。切ってしまった家を何軒か見ました…。だけど、やっぱり、きれい…。ダメもとで一度試したくなる…。でっかい鉢? 寒さには、強いぞ!w

 商品情報ですが、フリーシアの葉色はこんな感じ。
 

 ニセアカシアは「緑化資材として、ハゲシバリの別名で知られる。マメ科植物特有の根粒菌との共生のおかげで成長が早く、他の木本類が生育できない痩せた土地や海岸付近の砂地でもよく育つ特徴がある」(Wiki)ということで、堤防沿いに多いのもそのせいかな。今度の近所にも、あるといいな…。
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ