切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年05月
ARCHIVE ≫ 2017年05月
      
≪ 前月 |  2017年05月  | 翌月 ≫

シラネアオイのある風景に

 連休中の話に戻りますが、野草園では、シラネアオイ(白根葵、学名:Glaucidium palmatum Siebold et Zucc.、キンポウゲ科シラネアオイ属、多年草)が見ごろでした。

 園内の複数の場所に植えてあり、場所によってうまく育っているところは、いい感じでした。
シラネアオイ

 斜面いっぱいに咲いているところもあれば、白花と青花が咲いているところもあり…
シラネアオイ シラネアオイ

 なかでも、一番素敵に見えたのは、ここ…。大きな木の下に咲いていたシラネアオイ…。
 野草園なので、ここも人手をかけて植えたものではあるでしょうが、こんなふうに咲いているんだろうなあと…。(天気がいまいちだったので、くっきりしていないけど…。天気頼みで写真を撮っている私…。)
シラネアオイ

 シラネアオイが自生しているのは、まだ見たことがありません。
 実家の庭にあったので、子供のころから知ってましたが…。
 親はけっこう大事にしていたみたいだけれど、そんなに素敵な花と思ったことはなかったです。
 だけど、山のなかで、こんな景色に出会ったら、地面にひれ伏しそう。

 ちょっぴり山歩きを初めて、きれいなものは山の中にもたくさんあることがわかって、花の見方も少し変わった気がしています。
 花は、合った場所、合った背景があってこそ、と…。

 あー、山が欲しい…。  …近場に…。

  …山に行きたい、じゃなくて、欲しいというあたり、やっぱり面倒臭がり屋だからかな…。

オオヤマオダマキ、大株化…

 一昨年、庭に咲いたオオヤマオダマキ(大山苧環、学名:Aquilegia buergeriana var. oxysepala、キンポウゲ科オダマキ属、多年草)と思われるオダマキ(初めて咲いたときの記事はこちら→なぜか咲いてる、オオヤマオダマキの花)ですが、モミジの木の下にあり、去年も前年とほぼ同じか、やや小さい?みたいな感じでした。
 それで、植え場所を花壇に移してみたところ、別人のように大株になりました。

 花弁が黄色で、萼片が赤紫っぽい花です。
オオヤマオダマキ

 それが、これくらい、大株化…。約80cmほどの高さ。
 花が咲く前は、ここに植え替えたことを完全に忘れていて、「ブラックバローだ」と。蕾ができてきて、「ブラックバローが一重になっちゃった?」と…w 葉色から違うんですけど…。
 この辺にはブラックバローとチョコレートソルジャーを植えていて、どうも去年の秋にオダマキでまとめようと思ったみたいです……。(ほかのオダマキは少し遅れて成長していて、オオヤマオダマキの陰になっちゃった…。)
オオヤマオダマキ

 ということで、花が咲いたのはうれしいけれど、早くも移動が必要な感じのオオヤマオダマキでした…。


 今年はミヤマオダマキの青と白も咲いています。お友達の家から来ました。
ミヤマオダマキ ミヤマオダマキ
ミヤマオダマキ(白) ミヤマオダマキ(白)

 オダマキは、白いミヤマオダマキとブラックバローを優先的に増やしたいのですが、どのオダマキも、どこにどんなふうに増やすかという構想がはっきり決まってなくて、そのときどきの対応になっちゃってます…。
 だから、種を採っても、結局、あちこちにばらまきになったり…。

 こうなったら、みんな、あちこちに咲いていただいて、良さそうな位置のだけ残して、少しずつ場所決め、っていうのでもいいかもしれない…。

 ↑こういうことを、ほかの植物でもやっているので、なかなか、何も決まらない状態……。
 (しかも、意図的にやったことも忘れたりする……。
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ