切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年05月
ARCHIVE ≫ 2017年05月

小さなハオルチア(らしきもの)が2つ…

 ハオルチア(ハオルシア)をハルオチアだと思い込んでいた私ですが、我が家にも、小さなハオルチア(学名:Haworthia、ツルボラン亜科ハオルチア属)らしきものが2つだけあります。

 最初に入手したのは、左のもの。いろんな小さな多肉が入った黒トレイのなかに、一つだけありました。去年の9月でした。たぶん、オブツーサっていうんじゃないかな…。
 右側は別のところで一か月後に入手。やっぱりラベルなしで、「祝宴」っていうのに似てるような気がするけど、似たようなのがいろいろあるので、なんだかよくわかりません…w …どちらも確かなのは「多肉」っていうだけ…。
ハオルチア ハオルチア

 最初はもっと小さかったけど、半年以上過ぎて、少し大きくなりました。仮称オブツーサくんは元は500円玉程度でした。
 二つとも素焼き鉢に入っているのは、窓辺に置いていてカーテンが引っかかって落っことすということが頻発したため、重くしてみました…。
ハオルチア

 ちなみに、お値段は150円と250円くらいでした。苗はなんでも安め購入を目標?にしているので、ハオルチアが欲しいと思ったけれど、なかなか見合うものはなく、これまで出会ったのは、この二つだけ。たぶん、もっとも普及している種類じゃないかと。
 高いものはお店で鑑賞、家では小さく気長に……。……それでもって、たま~にジャ~ンプ!?………

 ハオルチアもネットで見ると、とっても安く(ときには無料で)譲ってくれる人もいるみたいだけど、近所にはいないので、たとえ150円でも、これを枯らしたら、なかなか次はないと思うと、自分的には緊張感があったりします。


 多肉自体、手を出したのは冬が寂しいここに引っ越してきてからですが、一緒にしばらく暮らしてみたら、この2つは、なかなかいい感じ。なにしろ

 置き場所が年中室内の窓辺でもOKで、移動が少ない
 成長が遅いけど、それなりに育って、変化が楽しい(変化なさすぎもつまらないが、増えすぎても大変)

ということで、場所も手間もなにかと収まりがいい感じです…。←年々、省力化…。

 家族には
  「ほら、透き通ってるでしょ、これを窓っていうんだよ」
 とか、

  「日本人がきれいな新品種をいっぱい作っているけど成長が遅くて数が少ないから、大きくてきれいな株を〇国人が盗むんだって」
 とか言って、

 付け焼刃な話をしています…。

(キランソウ改め)ツクバキンモンソウとニシキゴロモ

 先日図書館の裏山のさんぽの折、出会った花の一つをキランソウとしていましたが、ブロ友さんのニシキゴロモ(錦衣、学名:Ajuga yezoensis、別名:キンモンソウ、シソ科キランソウ属、多年草)か、変種のツクバキンモンソウ(筑波金紋草、学名:Ajuga yezoensis var.tsukubana)ではとのご指摘で調べてみたところ、ツクバキンモンソウではないかと思います。教えてくれて、ありがとうございました!

 先日記事に載せた写真は、この株を縦に撮ったもの…。花色は白っぽい薄紫です。
ツクバキンモンソウ

 近所には、大小の株がありました。株によって葉の形や色味は多少違い、右の株は葉の横幅が広く、紫っぽさは少なく、花も白っぽかったもの。(画像はクリックで拡大します。
ツクバキンモンソウ ツクバキンモンソウ

 これも近所の株の一つですが、ツクバキンモンソウはニシキゴロモの変種なので、よく似ているけれど、花の形が違うそうです。どちらも、下唇が三裂、上唇が二裂していますが、ツクバキンモンソウの上唇はとても短いため、目立ちません。この花、上唇、短い(というか、下の三裂しか目立ちません)ですよね?
ツクバキンモンソウ ツクバキンモンソウ

 一方、こちらは去年山形に行った折に4/30に撮っていた写真です。この株一つしか見かけなかったのですが、今見直してみると、こちらはニシキゴロモのようです。右の花の部分の拡大写真を見ると、上唇の二裂した花弁が、上のツクバキンモンソウとは違って、明らかに長いのが分かるかと思います。
ニシキゴロモ ニシキゴロモ

 『日本の野生植物 Ⅲ』 (平凡社)によるとツクバキンモンソウは「関東から四国の太平洋側の山地にはえる」し、ニシキゴロモは「北海道・本州・九州の主として日本海側に分布」するそうなので、ちょうど分布もあっているみたいです。

 それじゃあ、キランソウは?というと、たぶん、こちら…。ニシキゴロモより葉は小さめで、もっと地面にピタッとしている感じです。
 キランソウについては、以前書いたこちらの記事どこから来たやら、キランソウのほうがいいみたい…。 なお、花色はキンモンソウにも紫色の強いもの、キランソウにも白色のものがあったりするようです。
キランソウ

 本当は写真を撮り直してから書きたかったのですが、週末ずっと雨で、図書館の裏山は立ち入り禁止になっていたので、先日撮った写真を見直して記事にしてみました。

 以上、ほかにも仲間がいるようなので、見落としがまだありそうですが、次回からは、もう少し気を付けて観察したり書いたりしたいなと思った次第…。
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ