切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年06月
ARCHIVE ≫ 2017年06月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2017年06月  | 翌月 ≫

オニシモツケがきれい過ぎるので

 去年、とっても小さな苗をいただき、今年は咲かないと思っていたオニシモツケ(鬼下野、学名: Filipendula camtschatica、バラ科シモツケソウ属、多年草)の花が咲き、改めてきれいだなと…。

 蕊の目立つ小花が集まった花には好きなものが多いのですが、なかでもオニシモツケは極め付け…。おとなし気に見えて、白い花弁から伸びた白い蕊が華やか。
オニシモツケ

 多少の風や雨にも崩れないあたり、さすが美人の特質を備えています。ウドンコ病にもかかりません…。
オニシモツケ

 小庭は居心地がイマイチでしょうが、来年は、もっと大きく、もっと気高く咲いて欲しいもの。
 周りの花を整理して、なるべく住み心地よくしますから…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

ルナラスくんのフワフワ

 春に常緑クレマチスのペトリエイの花がよかったので、その後、同じくフォステリー系(オセアニア系)のルナラス(Clematis x cartmanii 'Lunar Lass')を見つけ、入手しておりました。我が家の3つめのクレマチス…。

 これしか写真を撮っていなかったのですが、入手して植え替えたあとです。5月半ばです。草丈は10cm程度。
ルナラス

 そのルナラスくんが、今はフワフワ、モヤモヤしています。
 このモヤモヤの違いは花の違いと関係あるのかと、最初の花の写真を探してきたけど、一枚しかないので役に立たず…。
ルナラス

 2種類のフワフワがあるので、それぞれつまんでみました。
 小さいフワフワが左、大きなフワフワが右。右はどう見ても種…。…左は受粉しなかったとか、そういうこと?
ルナラス ルナラス

 フォステリー系のクレマチスは雌雄異株(一般的なクレマチスは両性花)ということで、雌株と雄株では花の形(蕊の様子)が若干違うらしいです。それで、ルナラスはどっち?と思っていました。花の形ではよくわからなかったんですよね…。
 種を付けたので、雌株であるのは確か。(雌株でも少しは花の中におしべがあって自家受粉でも種をつけるみたいです。)

 こちらはペトリエイの現状。花の後になにもない…。雄株?(もしかして、気が付かないうちに、フワフワ飛んじゃった?)
 ペトリエイの花はこちら→(ショボくても)美少女、クレマチス ペトリエイ
ペトリエイ

てことは、ルナラスくんはルナラスちゃん、ペトリエイは美少女じゃなかったってこと…?

 フォステリー系のクレマチス、もうちょっと増やしたい気分になっているので、雄株と雌株の違いにも、気を付けていきたいと思っています。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村     爪に縦線が入るのは、ただの老化なんだって…。ただの…。

雨の後、庭で見つけたもの

 おととい雨が降って梅雨入り。
 昨日は何かと切り戻したり、増えすぎた下草を抜いたりしました。

 そしたら、地面にこんなものが…。
 5cmほどの緑の先に8mmほどの茶色いものが…。あ~、このぺったらこい種には見覚えある…。
 はい、ユリの芽が出ていたのでした。
ユリの芽

 すっかり忘れていたけれど、去年の秋遅く、採っていた花一つ分のユリの種をどうしようかと処分に困り、結局、庭のあちこちでバラまいたのでした…。…けっこうな数でしたね…。

 周りを見れば、ピョンピョンと、かなりの数の芽が出ています。
 全部育っても困るけど、とりあえずは芽の周りの下草を抜いたりして、ちょっと整理しておきました。
ユリの芽

 そのあと、ひとしきり、何ユリの種だっけ?!
 我が家には3種類のユリがあるし、散歩でヤマユリの種でも採ってきたっけ?…ウバユリじゃないよね…などと。
 しばし記憶をたぐった結果、我が家のシンテッポウユリ(新鉄砲百合、Lilium x formolongo)の種だったはず…。

 近所には勝手に増えたタカサゴユリがけっこう生えてまして、それはそれできれいなので、我が家にも欲しいなと思っていました。
 が、抜いてくるのもなんなので、うちにある新テッポウユリをちょっと増やそうと思ったのでした。シンテッポウユリは「テッポウユリとタカサゴユリがかけ合わされた交雑種」(wiki)で、種から一年程度で開花するそうです。これなら手軽だなと考えた記憶…。

 何の種か思い出せたのはよかったけれど、かかった時間の長さに、がっくり…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村     撒いた種は、けっこう生える…ときもある。

白いけど、ムラサキの花

 5月下旬から、ムラサキ(紫、学名:Lithospermum erythrorhizon、ムラサキ科ムラサキ属、多年草)の花が咲き続けています。古くから乾燥した根を粉にして、紫色の染料として用いられてきた植物です。去年、園芸店で購入したもの。

 こちらは咲き始めのころの写真。花の直径は8mmほどで、さすがムラサキ科らしい形のすっきり白い花です。
ムラサキ

 左から花のアップ、茎のアップ、全体の様子です。我が家のムラサキは現状3本ほど茎が出てます。一番背が高いものは草丈55cmほど。(画像はクリックで拡大します。
ムラサキ ムラサキ ムラサキ

 似た花にはセイヨウムラサキやイヌムラサキがありますが、以下のことから上の花はムラサキでいいかと。
 ムラサキとセイヨウムラサキの違いとしては、ムラサキが白い花なのに対してセイヨウムラサキは黄色味を帯びているということです。また、ムラサキの根は紫ですが、セイヨウムラサキは白だそう。(花色のみ確認、根は折を見て…)
 イヌムラサキは花の直径が4mmくらいで、ムラサキの半分程度と小さいようです。


 ムラサキは絶滅危惧種で、減ったのは「種の発芽率が低い上、ウイルスなどに弱いため、株を増やすのは困難」(Wikipedia)ということですが、ムラサキ - 岩手県ホームページを見ますと、種まきした時の覆土の調整で発芽率はだいぶよくなるみたいです。

 こちらは一昨日のムラサキ。後ろの斑入りアジサイに紛れちゃってますが、、だいぶ咲き進んでいます。残念ながら、今のところ種はできていないみたい…。…バックのミヤコワスレはだいぶ色褪せた感じ…。
ムラサキ

 染料にするほど増やすつもりはありませんが、もうちょっと増えたら、根っこを確認してみたいと思っているのでした。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村     昨日は冷たい雨で20℃なかったけど、今日は暑くなるらしい…。

先行き不安なテイカカズラ&アメリカノウゼンカズラなど

 テイカカズラ(定家葛、学名: Trachelospermum asiaticum、キョウチクトウ科テイカカズラ属、つる性常緑低木)がたくさん花を付けました。いい香りです。

 花弁が風車みたいに並んだキョウチクトウのような花です。房になって咲いていますが、蕾の形がおもしろいです。
テイカカズラ

 ツルなのに、絡ませどころが見つからず、とりあえず地植えして、冬には踏みつけ(!)状態で早3年、短めのツルを増やして今年は花もたくさんになりました。よそで大きくたくましく育っているのを見ているので、早く定位置を決めたいと思いつつ、決まらないまま…。きれいな花はうれしいけれど、内心、どうしたものか…。
 家の植物を見ていると、3年めで本領発揮するものが多いようで、決断を迫られている感じ…。
テイカカズラ

 こっそり、こちらにも気になるツルが…。
 フェンスに伸び始めたのは斑入りのアメリカノウゼンカズラ。これでも3年目。
見切り苗をダメ元で植えていて、リフォーム工事の際に踏まれたりして、一時はいなくなっちゃった?と思っていたものが、今年はびゅーんと伸びてきました。これも大きくなるんですよね。。。鉢に入れたままの斑入りのヘンリーヅタは、、、当分このままでしょうし…。…ほかにも普通のヘンリーヅタ、ロニセラなんかも…。
アメリカノウゼンカズラ

 我が家には道路に面した場所にフェンスがあるわけでもなく、ベランダは1階の屋根より内側だし…。ハンギングをぶら下げるには風が強い…。
 なかなかツルものの落ち着き場所が見つからないのにツルが好き…。
 いつか、いいことを思いついて、うまいことできるだろうと、将来の自分に期待…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村       いつだって明日がある、わけでもない…。

恥ずかしながらタマネギとニンニクを収穫

 先週末(6/18)に、タマネギとニンニクを収穫しました。

 タマネギは以前お伝えしたように、秋に強風でマルチが飛ばされ、苗もだいぶ傷むという被害に会い、あまり育っていません。
 しかし、だいぶ倒れちゃったし、「これ以上、タマネギくんに恥ずかしい思いをさせちゃいけない!」という家族の強い言葉に促され、収穫を決意…? たぶん、保存性はいいでしょう…。100本植えて、大小78個収穫…。
タマネギ タマネギ

 一方、一見順調そうに見えたニンニクですが、掘ってみたら、意外と不揃いな出来。 きれいに5粒揃っているものが少なく、2粒だけだったり…。種球には去年収穫したニンニクの残りを使ったので、もしかして、それがいけなかったのか…。
ニンニク ニンニク

 とりあえず、ニンニクは粒が揃ってなくても大丈夫、味は同じだろう、ということで、早速ニンニクの醬油漬けを一瓶作り、あとは陰干し中…。

 だけど、去年のニンニクの醤油漬けは粒の小さいもので作ったので、今年のニンニクの醤油漬けがやけに大粒になってしまったみたい…。お皿の黒いのは去年のニンニク、白いのは、今年の一粒のニンニク…。
ニンニクの醤油漬け

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村       自家消費だから、いいんだもん…。

増えすぎですか?なプルネラくん

 小庭でプルネラ(学名:Prunella vulgaris、和名:西洋ウツボグサ、シソ科ウツボグサ属、多年草)がわさわさ咲いています。
 ウツボグサとそっくりですが、少し花が大きい感じです。花色も白やピンクもありますが、我が家のは紫。
プルネラ

 去年はおとなしめだったけど、今年は通路を埋めそうに繁ってます。これでも春にだいぶ整理してたのですが。
 現状、ノコギリソウと勢力争い中だったりします。
プルネラ

 それでも、それなりに繁らないと良さがでないと思うので、OKとしているのですが、ほかの花との色合いは考えたいですよね。
 リシマキア プンクタータの斑入りと黄金葉のムラサキツユクサは、プルネラの雑草感を増しているような気がします…。
プルネラ、スターケイト

 たぶん私は、リシマキア プンクタータを撤去するんじゃないかな…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村       

連れて帰ったのは、酔湖姫だった件

 先日のアジサイ品種展で購入したのは、酔湖姫(スイコヒメ)というヤマアジサイでした。

 購入した苗の花をアップで。花弁は現状、黄緑っぽい色合いで、真の花は薄紫。花粉が少し黄色みを帯びていて、全体的に、はっきりしない色合いですが、それはそれでよかったりして…。
酔湖姫

 左が苗の全体。
 そして、右の中央のほとんど水色に見える花が、展示会場にあった酔湖姫だったりします。(画像はクリックで拡大します。) 残念ながら展示されている酔湖姫のアップは撮ってませんでした。
 アジサイなので土や時期によって色は変わるのかと…。名前からして、ピンクっぽくなりそうな感じでもありますが…。検索してみたら、ヤマアジサイとコガクアジサイの自然雑種だそうです。
酔湖姫 酔湖姫

 ちなみに、展示会のヤマアジサイはほとんど行燈仕立てになっておりました。
 ここでは机に載っていますが、下に置いたら花がもっときれいに見えそうで、こういう仕立て方もいいなと。
アジサイ展の様子

 我が家は西日のあたらないヤマアジサイに良さそうな場所があまりないので、たぶん鉢で育てることになりそう。
 しばらく展示品の姿をお手本にして育ててみようと思っています。

 …結局、名前がなんとなく気に入った、苗がよかった、展示品の感じがよかった、といったところで選んだのでした。展示会の終盤で、欲しい苗がなかったということもあり…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村       お隣の木にキジバトが巣を作るみたい…。さっきから、我が家の庭を右から左にバタバタ…。

クランベリーの花&ほかのベリー達

 庭のモミジの下に植えているクランベリーに花が咲いていました。

 クランベリーと呼ばれるものにはツルコケモモ、ヒメツルコケモモ、オオミノツルコケモモなど種類があるようですが、とりあえずツルコケモモ(学名:学名:Vaccinium oxycoccos、ツツジ科スノキ属ツルコケモモ亜属、常緑低木)じゃないかと思ってます…w もともと見切り品でラベルなしでした。

 小さいので最初は目立たないのですが、数が増えると、ほわほわとして可愛げのある花です。
クランベリー

 春に、伸びすぎていたところを切ったけど、ツルを伸ばしてあちこちで咲いています。
 去年は2粒しか実らなかったので、挿し木して鉢植えを作って実をたくさん採りたいものだと思いつつ、放置…。紅葉もきれいなので、見ているだけでもいいかな…。
クランベリー クランベリー

 庭にはこの時期、ワイルドストロベリーやイチゴも実ってます。今年は梅雨が遅いのでナメクジにかじられることもなく、けっこう家族の口にも入っています。庭で過ごしていると、ほのかにイチゴの香りがしてきます。
 こちらも定まった場所があるわけではなく、隙間に…。…冬には緑が残るし…。
ワイルドストロベリー イチゴ

 あとは、ずっと鉢のままのブルーベリーや、樋の修理のとき折れちゃったチョークベリーことアロニアもちょぼちょぼ実を付けています。
 右はベリーじゃないですが、ちょうど赤い実を付けていたヤマウグイスカグラ(山鶯神楽、学名:Lonicera gracilipes var. gracilipes、スイカズラ科スイカズラ属)。ひこばえをもらってきて2年経ち、数粒実りました…w 小さめのサクランボみたいでしょ?
ブルーベリー アロニア ヤマウグイスカグラ

 収穫はたいして望めないけれど、小庭の彩りと、庭仕事のおやつになったりもするベリーなのでした。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村       食べれる実、いいですよね。たっぷりなら、もっと…。

コアジサイは買えなかったけれど

 週末に、昨年も行った「あじさい品種展示会」に行ってきました。
 荒井俊雄さんというアジサイ愛好家の方が育てているヤマアジサイ(学名: Hydrangea serrata、アジサイ科アジサイ属)の展示会です。(去年の記事はこちら→ヤマアジサイに魅せられて

 いろいろ素敵なヤマアジサイがありましたが、今回はなかでも青がきれいだったもの(で、比較的写りが良かったもの…w)を中心に載せてみました。

 青さが際立っていたのが「リオの花火」
リオの花火

 左の「瀬戸の潮風」は小ぶりでしたが青がきれいで葉が明るめ。右は「土佐茜」で、こちらも葉色が明るく、花の青がきれいに見えました。(以下、画像はクリックで拡大します。)
瀬戸の潮風 土佐茜

 左の「九重の花火」は花弁がきりっと見え、右の「土佐のまほろば」は、水色っぽい花色で優しい感じ。
九重の花火 土佐のまほろば

 左の「虹」は花弁の端が赤紫がかあっていて微妙な色合い。右は「雅」で装飾花の白が上品な感じ。
虹 雅

 左の「伊予テマリ」は色も形も好みだったので…。白も少しということで、右は「白マイコ」です。
伊予テマリ 白マイコ

 どれも素敵でしょ?
 他にもたくさんのヤマアジサイがあり、花色、花形、葉の違い、茎の色の違い、名付けの工夫、仕立て方など、ヤマアジサイを堪能したのでした。


 会場では苗の販売もあり、去年行ってそれはわかっていたので、「コアジサイだけ買おう」と決めていたのですが、残念ながら、今年もコアジサイの苗はなし。それでも魅力的なヤマアジサイが山ほどあるので、選び始めたらあっという間に2時間近く経過…。あれも欲しい、これも欲しい…。結局、一つで思いとどまりましたが、この記事を書きつつ、これも買っておけばよかった、などと…。
 (コアジサイについてはこちら→コアジサイと運命の出会い!?

 花を見てきれいだな、で止まるといいんですが、「欲しい」が始まると、ちょっと怖い…。
 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村     …さて、私は何を買ったでしょうね…。
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ