切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年08月
ARCHIVE ≫ 2017年08月
      
≪ 前月 |  2017年08月  | 翌月 ≫

毛深くてかわいい? ゴマちゃんの花

 8月の上旬から、ゴマ(胡麻、学名:Sesamum indicum、ゴマ科ゴマ属、一年草)の花が咲き出していました。

 なんとなくシソの花みたいな小さな花を予想していたのに、けっこう大きくてきれいな花です。縦の長さは3cmくらいでしょうか。ちょっとジキタリスっぽいかも…。
 花も葉も細かい毛が生えているのが、霧雨の付き具合でわかりやすいでしょ。
ゴマの花

 ゴマの花は黒ゴマだと薄紫で白ゴマは白っぽいらしいのですが、我が家のゴマ(黒ゴマ)は蕾のうちは白っぽくて、その後、薄紫になってました。たまには右の写真のように白いままの花もあります。
ゴマの花 ゴマの花 ゴマの花

 だんだん鞘もできてきていますが、雨続きなので、どうなるか心配…。
 「日照りゴマに不作なし」というそうですが、真逆の天気ですからね…。
ゴマの種 ゴマ畑

 ほとんど晴天に恵まれたことがない我が家のゴマの花ですが、がんばってたくさん種をつけてほしいものです。…無理?

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

多肉屋さんに行ってきました

 今日は、そこそこ暑かったので、庭の徒長気味だった植物はぐったりしていたりします…w

 さて、8月17日に、多肉植物の生産・販売をしている、ゆうゆうグリーンの増田さんのハウス(栽培場)に行ってきました。
 
 ハウスのなかは、当然ながら、多肉植物がいっぱい…。
 ずっと天気が悪かったので、色がぼけちゃってる、とのことでしたが、素人さんの私には問題なし…。端から端まで見て回ってました…w
多肉屋さん

 エケベリアがメインですが、ほかにもハオルチア、ユーフォルビア、サボテンなどもありました。詳細に説明したいところですが、力不足で、それは不可能…。(画像はクリックで拡大します。)
多肉屋さん 多肉屋さん

多肉屋さん 多肉屋さん

 この日は1.5時間くらいしかなかったので、いろいろ質問したいことがあったはずなのですが、それはそっちのけで、あちこち見回して、懐具合と好みとで4つばかりの多肉を選んで購入、1つおまけをもらって帰ってきたのでした。
 今欲しいと思っているのは、リトープスと小さい(お安い?)ハオルチアだったりします。残念ながらリトープスはあまりなかったのですが、ハオルチアは大小いろいろあったので、とりあえず3つほど選んできました。あとはセデべリアのファンファーレ(右下)というのがきれいだったので。エケベリアのバイオリーナ(左下)がおまけ。
お買い上げ品+おまけ

 私は、多肉に付いては「セデべリア? それは初耳…」という程度の人ですし、お買い物もたいしてしないのに、好き放題見て回らせてくれて、増田さん、ありがとうございました! また見せてね!

ゆうゆうグリーンさんの栽培場
宮城県黒川郡大和町小野字堂ノ前6-2 (県立図書館前から北に約5km、當寿院となり
月金を除いて、増田さんの都合のいいときには訪問可能です。訪問する場合は、前もって連絡のこと
(連絡先TEL: 090-9422-0708)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

ボタンヅル&寒さの夏もおしまい!

 一昨日、小雨のなか道路わきで撮ったボタンヅル(牡丹蔓、学名:Clematis apiifolia、キンポウゲ科センニンソウ属、落葉つる性半低木)です。

 直径2cm足らずの花ですが、たくさん咲くので見応えがありますよね。香りもいいです。
ボタンヅル

 5mほどの木を覆うように繁っていて、ツルの先は枝垂れていました。
 近所ではちょこちょこ見かけますが、大きくきれいに繁っているのは、なかなか見つけにくかったりします。ヤブ化してたりして…w
ボタンヅル

 さて、当地方は昨日で31日連続降雨で(強調しちゃいます)、連日低温及び濃霧注意報が出ており、夏という感じではありませんでした。
 雨と言っても、土砂降りなわけではなく、霧雨が強くなったり弱くなったりという感じなので、日常生活には洗濯物が乾かないというくらいで不便というほどのことはないのですが、日照不足と湿気はボディブローのように植物を弱らせている感じでした。

 そんなもやもやの天気のなか、道路わきに咲く白いボタンヅルが目についていたのですが、この天気は「やませ」のせいで、「雨ニモ負ケズ」の「サムサノナツハ オロオロアルキ(寒さの夏は おろおろ歩き)」 の「寒さの夏」状態…。日によっては最高気温も20℃程度なので、肌寒い日もありました。

 昨日も霧雨(天気予報は曇りと言ってたけど)で、ご覧のような空模様…。最高気温も24℃ほど。
 ほんとは、奥の灰色の空の下には、別の山とか家とか、普段なら見えるものがいろいろあるんですけど…。
もや もや

 稲の状態は、こんな感じ…。
 私には稲のことはよくわからないけど、TVで言っていたところによると、現状は7月上旬の高温のため生育に影響は出ていないけど、これ以上低温&濃霧が続くと、いもち病とか、各種の問題が出てきそう、とのことでした。
 庭の植物にも、カビたり腐ったりするものが出始めており、そろそろ限界な気分でした。
稲

 そして、曇り&雨の予報だけど気温が平年並みに戻ると言っていた本日、朝から、ちょこっと青空が見えちゃいました! 霧雨の降っていない状態自体が久しぶり! 午後からは雨らしいですが、すでに洗濯物乾いちゃいました!

 どうやら予報通り、やっと寒さの夏期間が終了しそうです。…そして、夏休みも、そろそろお仕舞い…w
 あー、よかった。(ぬか喜び、じゃないよね…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

涼しすぎる夏の庭から

 夏休み中ですが、登校日ということにして…。

 当地方は、梅雨明けごろから、ずっと梅雨みたいな天気です。
 昨日も、曇りで夕方から小雨…。気温も25℃程度をうろうろ…。
 それでも比較的天気がいいほうだったので、セミが寂し気に鳴き、蝶は蜜を求めてパタパタ…。

 小庭にも、ツバメシジミ(燕小灰蝶、学名:Everes argiades)がおりました。
 後翅にちょっと突起があるのでツバメシジミで、開いた翅が青っぽいので雄(雌は黒っぽい)です。
ツバメシジミ

 見つけたときは、逆さまになってヌマトラノオ(学名:Lysimachia fortunei )の蜜を吸っていました。
 この個体は右側の後翅が、ちょっと縮んだようになっています。でも、飛ぶのに支障はない程度のようです。
ツバメシジミ

 去年はだいぶ葉焼けしていたホスタは、今年は元気でゆっくり咲いています。
ホスタ

 白いエキナセアは固まったように咲いています。多少雨が降っても風が吹いても、かっちり…。
エキナセア

 暑ければ暑いで文句が出るのですが、こう涼しくて雨が続くと、夏らしくない…。
 今朝も雨で最高気温は23℃の予報。もう、このまま秋かも…。

 結局、今日の最高気温は20℃で、肌寒でした…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

夢色アジサイ、と勝手に名付ける…

 一昨日梅雨明けしたはずですが、今朝も小雨…。

 先日、近所の公園に行ってみたら、はっきりしない空の下に、はっきりしないアジサイが…。
 だけど、ちょっと力を抜いてみると、なんだか素敵な世界…。
公園のアジサイ

 花の盛りを過ぎて、ぼんやりしているようだけど…。
公園のアジサイ

 そこには、真の花。
公園のアジサイ

 こんな時期のアジサイもいいですよね。…庭なら花柄摘んでしまっているだろうけど…。
公園のアジサイ

 明日からしばらく、夏休みに入ります。皆様、体調に気を付けて、楽しい夏を!…正直、今朝は寒い…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

夏はフロックスで行ってみよう、かな(フレックルブルーシェードほか)

 夏に長く咲く花で、けっこう気に入ってるのが宿根フロックス(学名:Phlox paniculata、和名:クサキョウチクトウ、別名:オイランソウ、ハナシノブ科フロックス属、多年草)だったりします。

 けっこう華やかでしょ? 涼しく見えるように、白~青系にしたいかなと…。
宿根フロックス

 左は上の写真の一番奥の花で、6月下旬に咲き出していたブルーパラダイス。中央は実家からもらった名称不明さん。
 右は去年の秋に購入したデイビッド ラベンダー(David Lavender)です。
 でもね、朝写真を撮ってるときは、いいんですけど、実際にはブルーパラダイスもデイビッド ラベンダーも、暑い時間帯はけっこうピンクになります…。
宿根フロックス 宿根フロックス 宿根フロックス

 もう一種類、追加投入したのがフレックルブルーシェード。
 ラベルには「1株から伸びる花茎毎に薄色、濃色、白色のボカシ、ストライプなど水彩画のようなカラーバリエーションを楽しめる最新の注目品種」とありました。例によって、とことんな見切り品だったので、ひ弱に育ってますし、いつの最新かは不明ですが、問題は花色。ブルーっていう感じじゃないような…。
 どうもフレックル(そばかす?)タイプのフロックスにはほかにもレッドシェード、ピンクシェード、パープルシェードとか種類があるみたいで、ラベル違いじゃないかという疑惑…。ま、青を期待したほかの花も紫外線強いとピンクっぽくなるから、同じようなことかもしれませんが…。来年にははっきりするんではないかと。
 なお、ラベルでは草丈約50cmとなっており、宿根フロックスとしては低めかと。
フレックルブルーシェード フレックルブルーシェード フレックルブルーシェード

 青系にしたいと思いつつ、ピンクっぽさが増しているような気もしますが、それなりに落ち着いてきているような気もする小庭でした…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

赤いトマトの収穫は難しいらしい…

 今日も朝は畑に収穫に行ってまいりました。
 我が家では収穫は主に家族に任せているのですが、家に帰って収穫袋からトマトを取り出して、ちょっとびっくり…。

 左が今日家族が収穫したトマト。…なんだか青い…。
 うちの畑のトマトだって赤くなってますので、右に今日採ったほかの野菜と日曜に私が採ったトマトの残りを入れて写真を撮ってみました。中玉だってミニだって、ちゃんと赤いでしょ…。
トマト収穫 収穫

 我が家の家族は色覚異常で赤と緑の区別がつきにくいせいなんですが、普段は忘れちゃっているんですよね…。
 畑を始めて、トマトの収穫で不自由を感じるとは思いませんでした。…去年も言ってたんだけどね…。

 そこで、検索してみたところ、色覚異常の場合の見え方のシミュレータがあったので、試してみました。
 「Colblindor」というサイトのCoblis — Color Blindness Simulatorを使うと、ファイルをドロップすると、いろんなパターンの色覚異常の見え方に変換してくれます。

 ということで、我が家の収穫物の写真を、赤が区別できないパターンに変換してみたら、右のようになりました。家族が実際見えているものと同じではないとは思うけど、「黄色いトマトのほうが収穫しやすい」と言っていたので、似たような感じなのかな…。青っぽいトマトも、黄色っぽく見えるし…。
収穫 シミュレータ

 ついでに、以前撮った、実っている状態の画像もシミュレート。…これじゃ、全然わからないんじゃないの…。青いほうが、色が薄くて熟しているっぽいかも…。
実っている状況 実っている状況
 
 いじめているわけじゃなかったけど、明日からトマトの収穫は私がやります。
  …収穫はわかりやすくて楽しい仕事だと思ってただけなんだよ…。…来年は、白いトマトも作ってみようか?
 そうすれば、ばあちゃんに、「熟したトマト、早く採ったら?」って、言われることもなくなるだろう…。

 ま、みんな同じ世界を見ているなんていうことは、ないわけで…。パソコン変えてから、画像の見え方が変わっちゃったし…。私自身の目だって、ど近眼だし…。

 ついでに、「目ディア」というサイトに目の診断テストを見つけたので、よかったらお試しを。カラーチャートで何色判別できるかというものです。
(私は34色だったけど、家族は36色見えるって言うんだよ? なんか変だな…。)
http://eye-media.jp/entertainment/%E3%80%8E4%E8%89%B2%E5%9E%8B%E8%89%B2%E8%A6%9A%E3%80%8F%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F/


以下は、色覚異常について、ちょっとだけWikipediaより抜粋

 「先天性色覚異常を持つ人は、日本においては男性で約5%、女性で約0.2%の割合であるが、フランスや北欧では男性で約10%、女性で約0.5%であり、アフリカ系の人では2~4%程度である。」

 「かつて色盲(しきもう)と呼ばれたことから、「白黒に見える」ような誤解があるが、それはまれな全色盲の場合である。先天色覚異常の大多数を占める赤緑色覚異常の当事者は有彩色を感じ取っている。」

 「日本の小学校では、…(中略)…2003年度より色覚検査を定期健康診断の必須項目から削除した。」

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ