切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP●多肉もちょっと ≫ 芽を伸ばし始めた、セダムって言っておこうかな

芽を伸ばし始めた、セダムって言っておこうかな

 冬の間に、あれこれお買いもの(安物漁り?)をしていたのですが、寒さに強くて育てやすそうな多肉もいくつか入手…。

 ぽつんと芽があるかないかだったセダムですが、やっと芽を伸ばしてきました。
 左上がセダム デザートブラック(Sedum telephium 'Desert Black')、右上がセダム ロゼッタ(Sedum telephium 'Rosetta')、左下がセダム タッチダウンフレイム(Sedum telephium 'Touchdown Flame')で、いずれもハルディンさんから出ています。ハルディンさんのセダムはアメリカのTERRA NOVA® Nurseriesさんのもの。これがHCで50円になっていたので、喜んじゃいました。
 右下はセダム ウィンキー(Sedum 'Winky')で、去年11月に、200円くらいで入手。これはアメリカのWalla Walla Nurseryさんのパテント商品のようです。
セダム

 こちらは上のセダムたちのラベル…。上記の学名は基本ラベルに準拠。ラベルには書いてないけど、みんな冬季落葉ですが、耐寒ゾーンなどを見ると、‐30℃くらいまで大丈夫みたいです。
セダムのラベル

 ところで、Wikipediaによると、「ムラサキベンケイソウ属(Hylotelephium)は、ベンケイソウ科に属する属である。…(中略)…。かつてはマンネングサ属と共にベンケイソウ属の一部だったが、この属(ムラサキベンケイソウ属)にベンケイソウなどが分割された」そうです。
 それで、上記のセダムと呼んでいるものも、ベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属なのでHylotelephiumで呼ぶ方がいいみたいだけど、、、とりあえず、言いやすいのでセダムと呼んでます…。


 他に芽を出しているものというと、左が日高ミセバヤ(Hylotelephium cauticolum)、右が斑入りミセバヤ(Hylotelephium sieboldii)…。斑入りのほうは入手したばかりなので、葉が大きくなってますが、前から我が家にいた日高ミセバヤは、まだ小さいです。…これらも、もとはセダムに入っていたみたい…。
日高ミセバヤ 斑入りミセバヤ

 ほかに芽が出ているものというと、左のタリヌム カリキヌム(Talinum calycinum、和名:クサハナビ、スベリヒユ科タリヌム属)も地上部がなくなっていましたが葉がだいぶ伸びました。一時室内に入れたせいで伸びが早いようです。耐寒-10℃くらいのようですが、0℃とあったりもしたので、念のため室内に入れたのでした。もっと増えたら、寒いところで…。
 右は地植えのキリンソウ(麒麟草、Phedimus aizoon var. floribundus、ベンケイソウ科キリンソウ属)。こちらは去年の春に地植えにしたものが、ちょっと増えてきたみたいです。
草花火 キリンソウの芽

 ということで、今は小さいけど、葉も花も楽しみな、ちょっと大きなセダムかな? な多肉他でした…。
 常緑じゃないのは寂しいけれど、外で越冬できればOKです!

 *あの…、冬季落葉性のものって、寒さにやられて枯れるように見えるけど、暖かいところでも、やっぱりどうしても落葉するんでしょうか…?w

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

Comment

Re: はなちゃん
編集
はなちゃん、こんばんは。
パセリー菜、よかったねw
私は買い物しなくても毎週園芸店に行きます!w 冬は特に。
植物見学…w 人が少ないから、ゆっくりできるしww 寒いけどw

クリローは、あまり安くならない気がします…w
残っても来年まで大きくするのかな?
(我が家の場合、庭の環境づくりがまだだったりするし。)

多肉は寄せ植えには、なかなか手が出せないんですよね…。
種類を増やして、子株を増やして、それからw
2016年03月09日(Wed) 17:51
No title
編集
きくちゃんに鉢の日の後押しされて、パセリ―菜まで。

まだ寒いせいかお花の数が少なくて。
その代り多肉をちょっと半額になってたクリローを一鉢。
いいなーと思うのは花が終わっていても安くなっていなくて、ガッカリ。
今日多肉を寄せ植えにしてみましたよ。

セダムって、よく見るとバラの花のように見えますね。

若泉ファーム、私もクリローの参考に時々見てますよ。
2016年03月09日(Wed) 17:06
Re: paya父ちゃん
編集
paya父ちゃん、おはようございます。
えへへw やっぱりそういう感じなんですねw
植物って日照とか気温とかの環境の変化に応じて変わるものだから、
環境の変化が少ない場合のことが気になっちゃいまして…w

どこか常春みたいなところの植物っていうのを、見に行ってみたいものです。
年中花が咲いているところの植物の棲み分けとか戦い?って、見てみたい…w
2016年03月09日(Wed) 04:13
No title
編集
きくちゃん、こんばんわ。
ミセバヤやマンネングサやベケイソウなどのいろいろな種類が、
天草や八代地方の無霜地帯で、石垣の垣根の上や軒先の鉢で
ほったらかしのような状態で植えられているのをたくさん
見かけます。真冬でもそれと分かりますので葉はあります。
大矢野岳の近くでは、ブーゲンビリアやアロエが真冬なのに
露地で花が咲いてました。
ミセバヤを育てたことがありますが、こちらでよほど
寒くない限り、葉は落ちなかったと思います。
また春に出た新芽の伸びたものにしか秋に花が咲かなかった
と思います。川尻の酒まっりでも軒先の鉢植えで見ました。
こちらでは、やはり梅雨時期の蒸れや夏場の高温での乾き
過ぎが最大の敵です。


2016年03月08日(Tue) 20:46












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ