切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP●野菜もやってます… ≫ 手乗りキャベツは、失敗の証し?

手乗りキャベツは、失敗の証し?

 連休中に、バタバタと畑仕事…。草取りやら、ジャガイモを植える準備やら、室内越冬しちゃったエンドウの植え付けやらをやっておりました。

 その流れで昨日、手乗りキャベツを2つばかり収穫。
 去年、時期遅れで植えていた、プチヴェール1本、キャベツ4本をついに収穫してみたわけ…。

 ●手乗り、その1: プチヴェールです。ケールと芽キャベツを交配して作られた野菜だそうで、栄養価が高く、見た目は結球しない芽キャベツみたい…。
 見切り品を購入して1本だけ植えていました。なかなか大きくならないので放置していて、最近になって頭を収穫すると下が育ってくる、というブログの記事を見かけ、今頃ですが、頭を採っちゃった…。
 頭だから、当然1つ…。葉の模様がきれいでしょ? 
プチベール プチベール

 ところがどっこい、帰ってちゃんと調べたら、違っていましたね。頭の葉を残して、下葉を落とし、脇芽に日が当たるように育てるものでした…。へへへ…w

 たぶん、私が読んだ記事の人は、茎ブロッコリーと間違えたんではないかと思います。それが、茎ブロッコリーの収穫の仕方を覚えたてだった私の頭に、すんなり入ってしまったようで…。

 そこで、今日になって、左のように頭のなくなったプチヴェール本体から、今さらですが、右のように下葉を落としてみました。
 そしたら、寸詰まりな体型ですが、たくさんプチっ子ができていました。本来なら、もっと茎が長くなって、そこにできる子株を下から採取するものなのですが、なんとなく、本来のプチヴェールの面影がないでもない…。プチヴェールは、もっと手にたくさん乗ってもいいサイズのものでした。
プチベール プチベール

 ●手乗り、その2: 雪中キャベツです。
 10月に安くなっていたキャベツの苗を4本ばかり植えていました。球が大きくならないまま彼岸を迎えました。周りの葉は固くて食べられそうもないので剥いていったら、このサイズ。畑に植わった様子は、一見大きな紫キャベツみたいなんだけれど、中身はレタスみたい…。…ふわふわ…。
 …だけど、柔らかくて甘くて、とてもおいしかったんですよ…w 虫もほとんど食ってないです。
キャベツ キャベツ

ということで、

 教訓: 植え時は逸しない。育て方は、ちゃんと調べろよ~~~、でした…。

 もうすぐ畑一年生も修了することだし、今年は上手に野菜を作りたいです…。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

Comment

Re: 椎たけ夫さん
編集
椎たけ夫さん、おはようございます。
秋はとくに気を付けないといけないみたいだよね。
寒くなる前にある程度そだってないと、時が止ったようになっちゃう…w

> やった後には安くて虫食ってなくていいもの、なんてのを簡単には言えんですよ(笑
これがね、けっこう産直とかだと安いから、驚きます。
作るより買うほうがいいかもと思うこともたびたび。
(自分作ることに意味を見出すためにも、上手に作りたいものですw)
2016年03月22日(Tue) 02:47
No title
編集
何事も経験ですな。
植え付け1日のがすだけでもかなり遅れることがあるので、
その年の天気を見ながら毎年うまく育てるのって大変なんす。
やっぱりやってみなけりゃわからんですよねぇー
やった後には安くて虫食ってなくていいもの、なんてのを簡単には言えんですよ(笑
2016年03月21日(Mon) 20:04












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ