切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPあ行 ≫ エゾノコリンゴでいいのかな&白い木の花

エゾノコリンゴでいいのかな&白い木の花

 昨日の続きです。(今日も、いいのかなシリーズで失礼します…。

 山で落葉樹の多いあたりを歩いていたら、背の高い笹薮の向こうに白い花をたくさんつけた数メートルの高さの木がありました。笹薮を漕いで、カイガラムシ?の白い汚れをいっぱい付けて近づいてみたら、なんとなくリンゴの花のようでした。

 エゾノコリンゴ(蝦夷小林檎、学名:Malus baccata var. mandshurica、バラ科リンゴ属、落葉小高木)ではないかと思いますが、どうでしょう。日本に自生するリンゴ属の木はエゾノコリンゴ、ズミ、オオウラジロノキ(ズミノキ)、ノカイドウ(霧島山にのみ自生)があるようです。エゾノコリンゴは本州中部地方以北から北海道それにサハリンや朝鮮半島、中国東北部に分布。

 直径3cmほどの5弁の白い花です。ズミの場合、蕾はピンクだそうですが、この木の蕾は白でした。だけどエゾノコリンゴは、蕊がもっと短くて花の中央に寄っているもののような気もします…。
エゾノコリンゴ

 ズミでは葉が中裂するそうですが、この木の葉は楕円…。
エゾノコリンゴ

 幹は直径20cmくらいではなかったかと。細めなのに枝は横に広く伸びていました。
エゾノコリンゴ

 もしかして、リンゴの木という前提が違っているかもしれないんですけどね…。同じ木の小さいものも、別のところにあったりしました。
 エゾノコリンゴなら、秋に1cm程度の赤い実が実っているはずなので、また見に行きたいです。

 (なんというか、エゾノコリンゴという名前が気に入ってしまい、エゾノコリンゴならいいなあ、と思っています…。
 「あら、これクラブアップル?」「いえ、エゾノコリンゴ…w」とか言ってみたい…!?)

 ほかにも、オトコヨウゾメ(左)、ミツバウツギ(右)などが咲いていました。一番数多く見かけたのは、ミツバウツギ…。
オトコヨウゾメ ミツバウツギ

 あとは、ヤブデマリも咲いていました。
koringo_06.jpg

 以上、この時期の山には、ツツジも咲いていましたが、白い花があれこれ目立ったのでした。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

Comment

Re: かめさんランナー さん
編集
かめさんランナーさん、おはようございます。
エゾノコリンゴじゃなかったら、ごめんなさいね…w
もっとちゃんと観察してくればいいんですけど、なんだか駆け足…w
知らないものばかり出てくるので、楽しいんですけど…w
2016年05月29日(Sun) 04:05
No title
編集
エゾノコリンゴですか。
きれいですね。
白い山の草花もいいですね。
これから山歩きするときは、私も注意してみようと思います
2016年05月28日(Sat) 22:52












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ