切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP●複数の植物 ≫ テマリシモツケ"サマーワイン"ほか

テマリシモツケ"サマーワイン"ほか

 寒い時期に見切りで買った花木が、咲き出しましたので、ご紹介…。

 西洋テマリシモツケのサマーワイン(学名:Physocarpus opulifolius 'Seward' Summer Wine、バラ科テマリシモツケ属、落葉低木)です。銅葉も花も気に入ったし、丈夫で耐寒性も問題なしです。ラベルの写真よりも、おとなしい感じの花で、よかったです。真冬の落葉樹の見切り品は、お買い得が多い気がします…。
 テマリシモツケのなかでも矮性品種ということですが、1.5mくらいに育つみたい。樹形はシュラブ。現状50cmくらい。地植えにする予定…。もっと大型のディアボロという品種もあるようです。
テマリシモツケ  テマリシモツケ

 ラベルはなかったのですが、セアノサス(学名:Ceanothus、別名:カリフォルニアライラック、クロウメモドキ科ソリチャ属、常緑小低木)のパシフィックブルーだと思います。花が終わって見切りになっていたものですが、本来の花期になって、また咲き始めました。
 セアノサスは関東にいたとき、一度枯らしたことがあります。蒸し暑いのに弱いのは覚えていて、南東北にいるし、見切りだしと購入したのですが、半耐寒性(-5℃)でしたね…。今度は冬に枯らすんでしょうか…。樹形もいまいちなので、挿し木したほうがいいかもですね…。
 とりあえず、この花が好きなので、良しとしてます…。花の香りも、まあまあ。
 セアノサスは何種類もあり、耐寒性・耐暑性ともあるベルサイユといった品種もあるようです。
セアノサス  セアノサス

 配置の都合上、大きな写真になってますが、写真の下のほうに、ちょっとだけ写っているのが、斑入りヒサカキ(姫榊、学名:Eurya japonica Thunb.、ツバキ科ヒサカキ属、常緑小高木)のトリカラー。こちらは地味な花は終わって、やっと新葉が展開中。赤くなるはずの新葉ですが、あまり赤くなっていません…。右のほうに、ちょっと茶ばんでいるところがあるのは、新芽の赤ではなく、葉焼け…。暑い日に水やりしたとき、白いとこが葉焼けしちゃった…。花は普通のヒサカキ同様、タクワンっぽい香りでした…。
斑入りヒサカキ

 買った時の画像を見たら、ヒサカキくん、育ってない…。
 あとはユーカリくんがいますが……ちょっと葉が出てきただけで、ほとんど変化なしw いいのかな…w

 以上、昨日の最高気温16度、今朝もうすら寒い南東北から…。

関連記事:
さらに非サカキ、斑入りヒサカキ


ブログランキング・にほんブログ村へ

Comment

Re: トリカラー!
編集
witchkingさん、こんばんは~。
斑入りで新芽が赤いというタイプの木は、いくつか思い浮かびます。
個人的には、新芽は黄緑でいいかなとw

ツルニチニチソウは、丈夫なので好きです。
日陰でも大丈夫だし。
斑入りの葉だと、明るく見えるのでいいかなとw
2014年05月29日(Thu) 19:27
トリカラー!
編集
ヒサカキにもトリカラーがあるんですね!
知らなかった。

ヒサカキの上の花はツルニチソウ?
これも斑がきれい!
2014年05月29日(Thu) 12:10












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ