切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPは行 ≫ たぶんたぶんのハナショウブ

たぶんたぶんのハナショウブ

 我が家には、実家からもらってきた、たぶん、ハナショウブ(花菖蒲、学名:Iris ensata var. ensata、アヤメ科アヤメ属、多年草)と思われる花があります。で、品種はたぶん、愛知の輝き、ではないかと思います。

 黄色い花色と、黄緑っぽい葉色が好きだったりします。この時期に庭にふつうに咲いているので、ハナショウブでよいかと…。黄色い花菖蒲を検索してみて、黄緑色の葉で小型のハナショウブ、愛知の輝き、に、よく似ていると…。
ハナショウブ

 ハナショウブはノハナショウブの園芸種ということで、もともと黄色はなかったものを、キショウブとの種間交配で黄花が作られたそうです。愛知の輝きは、初期の代表品種。1950年(1962年という記載も…?)の作出。

 ところで、アヤメ、ハナショウブ、カキツバタの見分け方として、外側の3枚の花弁の根元の模様の違いがあげられます。
アヤメは網目、ハナショウブは黄色い目、カキツバタは白い目…。
では、うちのハナショウブは? 網目っぽくない? と、ぶつくさ言っていたら、家族から、横線がないから網じゃないとw


 主に江戸時代に武士に好んで栽培され、交配されたハナショウブということで、王道?の楽しみ方は、花型もですが、白から紫の花色の濃淡にあるようで、我が家のハナショウブは、亜流かも…w

 花に近づいて写真をとっていたら、花弁みたいなものの裏側に蕊のようなものが…。そういえば、この花の構造ってわからないなと、調べてみました。右の写真を見ると、花の内側から3枚ずつ、3セットの花弁が重なっているように見えますが、この一番内側の3枚は根元でくっついている雌しべなのだそう。あとの2セットが花弁。
 で、左の画像にもどると、雌しべの裏側についている濃い模様みたいに見えるのが雄しべ…。拡大すると、ちょっとはボケ写真でも見やすいかと…。で、雌しべの柱頭は、端っこじゃなくて、雄しべのちょっと上あたりにあるんだって…。梅雨時でもOKな仕様…。変わってますよね…。
ハナショウブ  ハナショウブ

 今日になって、花の構造を調べたけど、うちのハナショウブは、昨日で終わった…。(全部で4つしか咲いてないけど)もしかして、もう1つくらい咲いてくれないかな…。そしたら、柱頭を、しっかり見ておくんだけど…。
 まだ咲いているハナショウブが身近にある人は、見てみると、おもしろいかも…。


ブログランキング・にほんブログ村へ

Comment

Re: ノハナショウブの
編集
payaさん、おはようございます。
ある程度、手の力を借りないと、うまく撮るのは難しそうですね。
地面の状態もあるし、なかなか大変な形w
2014年07月02日(Wed) 01:04
ノハナショウブの
編集
造りの写真を撮影したんですけれど、
風が強くてぶれぶれでボツばかり。
自宅に生えてるといいな~
キショウブとまた違って、
柔らかな感じが優しげでいいですね。
2014年07月02日(Wed) 00:07
Re: みーさん
編集
みーさん、おはようございます。
うちのハナショウブ、実は葉のほうが好きだったりしますw
黄緑色で、とってもきれいw
梅雨はこれからが本番みたいだし、
雨続き…。だけど、暑くなれば、暑いっていうんでしょうねw
2014年07月01日(Tue) 02:35
No title
編集
愛知の輝 其方でも咲いたんですね。
他の花ショウブと比べ少し花が小ぶりですが黄色が入っていると
全体が映え きれいに見えます。
知人たちからアヤメ、カキツバタ、花ショウブの違いをよく聞かれ
ますが、説明が面倒なので、コピーしてあげています。
2014年06月30日(Mon) 07:32












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ