切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPさ行 ≫ 写真写りもいいので、センニンソウ…

写真写りもいいので、センニンソウ…

 我が家の近所で、フェンスにセンニンソウ(仙人草、学名 Clematis terniflora、キンポウゲ科センニンソウ属、多年草)を絡めている家を3軒ばかり見かけました。1軒は勝手に生えているみたいでしたが…。

 白い花をたっぷり咲かせるセンニンソウは、とてもきれい。
センニンソウ

 山野に咲くクレマチスの仲間には、よく似たボタンヅル(牡丹蔓、学名:Clematis apiifolia、キンポウゲ科センニンソウ属、落葉つる性半低木)もあるけど、意図的に植えた風に見えるのは、たいがいセンニンソウ…。
 昨日は、園芸店でセンニンソウの大鉢を見かけたこともあり、やっぱり、庭植えするならセンニンソウのほうが鮮やかな花なのかな、などと思ったのでした。

 我が家には、ちょっとセンニンソウやボタンヅルを絡める余裕はないかな…。…フェンスもないし…。

 参考までに、以下に、ありがちですが、両者の違い…。
 まずは、わかりやすい葉の形の違い…。
 左のセンニンソウは、葉の周りが丸っぽく(羽状複葉で卵形の葉)て、右のボタンヅルは葉の縁がぎざぎざ(三出複葉でボタンに似た鋸歯の多い葉)…。好みは分かれるところですが、センニンソウのほうが葉がすっきりして、花が目立つかも。ボタンヅルは繊細な印象にはなるけれど、葉がうるさいと感じるかも…。…ちょっと暗くなってからの写真で、しかも花が終わって種になりつつあるボタンヅルは、写真的に不利ですが…。
センニンソウの葉  ボタンヅルの葉

 花も少し違い、両者とも4つの花弁のような萼がありますが、センニンソウの萼のほうが少し長めで、蕾が尖っています。色も真っ白。右のボタンヅルのほうは萼と蕊が同じくらいの長さで、蕾は丸く、花色も少しクリームがかった感じ。センニンソウのほうが、花がくっきり目立つような気がします。ボタンヅルのほうが、もやもや霞むかも…。
センニンソウ  ボタンヅル  

 コボタンヅルやコバノボタンヅルは、こちらには分布していないみたい…。暖かいほうが、植生は豊富な感じですよね…。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ