切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPは行 ≫ クリスマスのヒイラギって、なんじゃらほい

クリスマスのヒイラギって、なんじゃらほい

 キリスト教徒じゃないけど、ケーキを食べました、朝ご飯に…。皆様も何かいいことがある日でありますように…。

 クリスマスのヒイラギっていうと、当然、赤い実なわけですが、モクセイ科のヒイラギは花期も実の時期も違い、実は黒っぽいです。 
 赤い実の植物のほうは、セイヨウヒイラギ(西洋柊、学名:Ilex aquifolium、モチノキ科モチノキ属、常緑小高木)という、モチノキ科の別の植物だったりします…。お店ではクリスマスホーリーの名で出てたりします。
 
 ということで、クリスマスホーリーを載せたかったけれど…見つからなかったので、そっくりさんの近所の赤い実を…。

 これはたぶん、チャイニーズホーリー(学名:Ilex cornuta、別名:シナヒイラギ、ヒイラギモチ、流通名:チャイニーズホーリー、常緑小高木)ではないかと思います…。…でかすぎ?w 花期は4月~5月頃です。
holy_01.jpg

 昨日撮ったんですが、降った雪が融けたところで、濡れてます…。
holy_02.jpg

 園芸店ではチャイニーズホーリーもクリスマスホーリーの名で流通しているようで、区別がわかりにくいのですが、クリスマスホーリーのほうが葉のトゲトゲが多く、艶があるような気がします…たぶん…。

 セイヨウヒイラギは、「キリスト教では、キリストの足元から初めて生えた植物とされる。また、トゲトゲの葉や赤い実はキリストの流した血と苦悩を表す。そこから別名「キリストの刺」「聖なる木」とも呼ばれる…(中略)…魔力があると信じられていて、キリスト教にもそのことが取り入れられ、同じく魔力を持つと信じられていたアイビーとともにクリスマスの飾り付けに用いられる」(wiki)そうです

 ヒイラギとセイヨウヒイラギは、葉は似てるけど違う植物だけど、ヒイラギが節分の魔除けに使われていたりして、セイヨウヒイラギっていう名前を付けたのには、イメージ的な共通性もあったからなのかも、と思ったりしたのでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Comment

Re: 椎たけ夫さん
編集
椎たけ夫さん、おはようさん。
そちらだと…たぶん…雪の下にすべてが潜んでいる…かな…w
ヒイラギはあまりないかも…寒さにちょっと弱いんでなかったかな。
赤い実のセイヨウヒイラギは、基本、学校給食のケーキについていた飾りのイメージ…w
こっちは、現状、雪が積もった、融けた、積もった、融けたの繰り返し状態…。
2014年12月26日(Fri) 08:31
No title
編集
柊なんて見ることないですねぇ。
ここら辺にあるのかな??
あったとしてもこっちじゃそれどころじゃないですね(大汗
2014年12月25日(Thu) 20:52












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ