切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPあ行 ≫ まさかアジサイ、いえ、オオカメノキ(ムシカリ)…

まさかアジサイ、いえ、オオカメノキ(ムシカリ)…

 木の芽の様子を見ながら山沿いの道を歩いていたら、突然目に入った大きなアジサイのような花…。なんだか真っ白で造花みたいに見えたのですが、オオカメノキ(大亀の木、学名: Viburnum furcatum 、別名:ムシカリ、スイカズラ科ガマズミ属、落葉低木)の花のようです。

 周りに緑が少ないので、ちょっと浮いて見えた白い花…。中央の小花が両性花で、白い5弁の花は装飾花だそう…。ヤブデマリと似てるけれど、5弁のサイズが同じくらい(ヤブデマリは1つだけ小さい)あたりが見分け方…。
オオカメノキ

 ネットで見ると両性花も真っ白の画像が多いのですが、この花は両性花の蕾も花も赤っぽく色づいていました。ムシカリ(虫狩)という別名は葉が虫によく食われていることから、「虫喰われ」が訛って、みたい…。オオカメノキというのは、葉がカメの甲に似ているからのよう…。
オオカメノキ

 やがて緑になる葉も、この時期はベージュっぽいです。葉脈が深く刻まれてます。
 面白かったのが、枝と芽の表情。右のように、裏が白っぽい厚手の葉が、規則的に出ていました。これが、もっと早い時期だと、頭を抱えた彫刻みたいに見えていたので、冬でも見分けられそうです。
オオカメノキ  オオカメノキ

 同じガマズミ属のガマズミやオトコヨウゾメはまだ咲いていません。
 オオカメノキ、去年は気が付かなかったので、この時期に咲いているのが普通かどうか、気になったのですが、付近に3本ばかり咲いている木を見つけました。

 思えば、このあたりで、ガマズミかな?みたいな実を見かけていたので、今秋は実の違いにも注意したいと思います。

 間違えやすい花というヤブデマリを見たのは、去年は5月になってからで、オオカメノキとは時期が少しずれている気もしてますが、4~6月が花期と言うことで、これから共演…?

関連記事:
朝露が似合う白い木の花

ブログランキング・にほんブログ村へ

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ