切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPや行 ≫ なぜか咲いてる、オオヤマオダマキの花

なぜか咲いてる、オオヤマオダマキの花

 我が家には勝手に芽を出したオダマキがあったりするのですが、去年は咲きませんでした。葉だけで、「ああ、オダマキだ…」と思っていて…。それが一昨日開花したのですが、検索してみたら、どうも、オオヤマオダマキ(大山苧環、学名:Aquilegia buergeriana var. oxysepala、キンポウゲ科オダマキ属、多年草)のよう…。北海道、本州、四国、九州に分布…。
 うちにもともとあったのは違うオダマキだったはずで、オオヤマオダマキ、どっから来たんでしょう? 一番ありそうなのは、実家からもらった植物に付いてきたというところかな…。

 萼片と距が赤紫色で、5枚の花弁は薄黄色。ちょっと落ち着いた感じですが、セイヨウオダマキにもありそうな感じの花です。距が内側に強く丸まっているのが特徴…。ヤマオダマキは似た花ですが、距がこれほどは丸まっていないそう。(オオヤマオダマキはヤマオダマキの変種…。)
オオヤマオダマキ

 うつむいているところを申し訳ないのですが、ちょっと上向きになっていただきました…。光を通すと、ぼおっと光っているように見える、いい感じの花です。
オオヤマオダマキ

 全体はこんな感じで、高さは40cmくらいでしょうか、すらっとした美人さん…。
オオヤマオダマキ

 日本のオダマキといったら、ミヤマオダマキとヤマオダマキ。
 ミヤマオダマキ(深山苧環、学名:Aquilegia flabellata var. pumila)は、北海道~中部地方以北に分布する高山植物ですが、よくみかける園芸品種のオダマキ(Aquilegia flabellata var.flabellata)はミヤマオダマキを改良したものだそうです。(下の写真はオダマキ
オダマキ  オダマキ

 実家の庭には昔からミヤマオダマキがあったのですが、園芸品種のオダマキとミヤマオダマキの違いがよくわからず、たまたま行った植物園で聞いたら、「ほとんど同じ」ということでした…。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Comment

Re: はなちゃん
編集
はなちゃん、こんばんは。
私も写真を見て、同じこと思ったwww
上から見ると俯いているから小さく見えるのかも…。(手も小さいんだけどねw)

オダマキと言ったら、やっぱりミヤマオダマキだよね、昔からのは。
こぼれダネで増えるし、葉が少し青みがかっているところが、好きです。
セイヨウオダマキも華やかでいいけど、このところ、馴染みのある花が落ち着く気がしたりして…w
2015年05月02日(Sat) 23:06
No title
編集
こんばんは。

きくちゃんの手が小さいのか、お花が大きく見えますね。

ミヤマオダマキ、我が家で沢山増えて。
オダマキ、昔は余りすきではなかったのですが、
最近こぼれ種で増えてくれるのでいいのかなーと。
簡単に邪魔なのは抜けれるし。

色々種類が多いですね。
2015年05月02日(Sat) 20:04












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ