FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月

メセンの花をちょっとだけ

 9月、10月に咲いていたリトープスの花ですが、もっと咲くものがあるといいな、と思って記事にするのを待ってたけれど、もう咲きそうもないので、記事にしときます…w
 我が家の最初のリトープスであるところのアルビニカなんかも咲くのではないかと期待していたのですが、咲きませんでしたね…。大きさは十分な気がするんだけど…。

 今秋咲いていたのは結局4つで、そのうち2つは弁天玉でした。
 こちらは2頭揃ってきれいに咲いていました(10/28)。
リトープスの花

 左(9/28)は去年、郡仙園さんから購入した弁天玉(C1)で一頭。置き場所が悪かったみたいで、お花が横向きに咲いちゃいました…。上の弁天玉より、だいぶ早く咲いていました。
 中央は李婦人(10/28)。白花のほうが好きなんですが、今年は1つだけで寂しそう。
 右(10/8)は朝貢玉(C120)。リトープスの花は黄色と白がほとんどだけど、朝貢玉系は少し変わった花色らしいということで、HCで購入していました。オレンジっぽい、いい感じの色でした。こちらは2頭咲いたけど、時期が微妙にずれてました。できたらテキサスローズが欲しいけれど、まだ実物を見たこともない…。
リトープスの花 リトープスの花 リトープスの花

 我が家の花だけだと寂しいので、9月28日に多肉即売会で見かけた、多肉愛好家のsolisさんのコノフィツム(hermarium)の花も載せておきます。ピンクで小さくて、とっても可愛かったです。…非売品でした。
mf_18_05.jpg

 我が家の3種類のコノフィツムは、ちょっとだけ頭数は増えたけど花は咲かないみたい…。
 どうもリトープスもコノフィツムも育て方がいまいちよくわかっていない感じ…。この時期にはこの環境、というのが掴めていない…。バタバタ倒れていくということでもないけど、リトープスは突然くしゅっと逝っちゃったりするんですよね…w 特に夏の終わりから秋口がよろしくない…。コノフィツムはなかなか皮をかぶらなかったし…。
 …だからね、あまり増やせないの…。置き場所もないけど…。

 すでにリトープスもコノフィツムもリビングの窓辺に移動済みなので、冬中、眺めているつもり…。じっくり語り合いたいところですが、この時期口を開かれても困るか…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

これは欲しい…、シクラメン「天使のはね」

 昨日は生花を買いに花屋さんに行ったのですが、園芸店でもあるので店内に入ったら当然鉢花も見回り…。
 そこには季節柄、シクラメンがたくさんありました。この時期のシクラメンは母の日の時期のアジサイみたいに華やかでいろんな種類があり楽しいですが、お使い物ならともかく自分用にはなかなか買いません(買えません…w)。
 でも、昨日は自分用に欲しいと思うシクラメンを、見つけてしまいました…。

 それは、「天使のはね」というのですが、こんなシクラメン…。
 ちょっと小ぶりなシクラメンで、下向きですが、上から見ても、花弁になにか仕掛けがありそう、と思うでしょ?
天使のはね

 その通りなんだけど、下から見ると、思った以上にすごかった。
 ほら~、花弁にヒラヒラが付いてる?!
 いくつか種類があったのですが、種類が違うせいか開き具合の違いか個体差かわからないけど、それぞれ色の混じり具合とか、花型も違いがあるみたいで、見惚れちゃいました。…この時点で、買うならどれがいいかを考え始めて…。だがしかし、今日は生花を持って行くところがある…。
天使のはね 天使のはね 天使のはね

 ということで、時間がないのを思い出してシクラメンをささっと見渡して写真を撮らせていただいて、生花をささっと選んで花束3つ買って出たのですが、頭の中はシクラメン…。
 「天使のはね」にはパッと見ても、真っ白、うっすらピンク、濃いピンクとかもあったので、家に帰って通販サイトを見てみたら、ピンクホワイト、パープルローズ、ピンク、ホワイト、パープルピンクといった種類があるようです。(名前からすると、けっこう微妙な違いのものもあるような気がしますが。)
天使のはね 天使のはね 天使のはね

 「天使のはね」はラベルによると細金裕さんとハクサンインターナショナル(株)の共同開発のシクラメンの新品種。「世界で初めて園芸品種x原種系品種との種間交雑に成功」したものだそう。「原種との交雑品種のため寒さにも強く~(中略)~屋外でも楽しめます。」となっていました。耐寒性については耐寒何度といった具体的な記述はなく、どの原種との交雑かわかりませので、東北の冬も外でOKとは思えませんが、ガーデンシクラメンと同程度の耐寒性はあるみたいです。
 そのへんは、うちの辺りだと結局室内なので大した違いはないのですが、「天使のはねをイメージした」シクラメンということで、花型がいいですよね。下向きの花が、天使の背の羽のよう。花弁についたヒダヒダがフワフワの羽感を醸し出してる感じ…。
 真っ白もいいけど、少しピンクが入ってもいいな…意外とパープル系も怪しく青っぽく見えるところがあったりしてよかったし…。
天使のはね

 ささっと見てきた割には写真をたくさん撮って(撮りたくなる花だし、写りもいい気がする)、どれがいいか、際限なく迷っている私…。…ラベルも可愛いね…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

きれいで美味しい干し柿くん

 この時期、近所の農家の軒先には干し柿がきれいに並んでいます。
 ということで、畑のばあちゃんちの納屋の軒先…。これでも干してある柿の1/3くらい。
 いい感じでしょ? 
干し柿

 ばあちゃんちの柿は実るのが遅いけど、大きくて立派な柿です。大きいのはリンゴ大。我が家でもここ3年ばかり頂けているので、ベランダで干し柿づくりをしています。今年も11/18に55個ばかりいただいていました。ベランダの角に、ちょこっと引っかけているだけですが…w
干し柿 干し柿

 いただきものの柿はもう一種類あって、こちらはOさんに毎年頂いています。今年は70個ほど。
 こちらの柿は扁平な形で小ぶりです。秋田のご実家の木から採ってくるということで、ばあちゃんちより半月くらい早くもらえます。
 今年も10月25日にいただいて、すぐ干し始めたので、すでにおいしくなって、食べ始めています。
 なに? あまり美味しそうじゃない? いえいえ見た目より美味しいです…。小粒なので、私にはちょうどいいサイズ。ばあちゃんちの柿は干し柿にしてもお腹いっぱいになる感じw
干し柿 干し柿

 我が家では干し柿は、主に家族のお弁当のお供。干し柿好きなんです。
 で、ばあちゃんちの柿の木にはまだたくさん実が残っていたので、「もっと柿もらえたらよかったのにね」と話していました。そしたら、先日、ばあちゃんから、「柿、自分で採れるようなら、いくらでも持ってけ」、と…。(いつもは息子さんが採ってくれているのでした。)

 そこで、道具を借りて、はりきって柿採りを始めた家族…。
 でもね、ばあちゃんちの柿の木はとっても大きいし、下の方の実は採り終わっているので、なかなか大変…。脚立もあるんだけど、それでも難しい…。
 竹の先を割った棒に柿の枝を引っかけて折り採っているのですが、首が疲れるし、よく見えない…w
 それでも頑張って、30個ほど追加で頂いてきました。…いつも採ってくれている息子さんへの感謝の気持ちも深まりました…。
柿採り中

 いつもは、ただ皮を剥いて干しているだけの我が家の干し柿ですが、今年はこちらの記事(→古くから日本人になじみ深い食べ物「干し柿」の種類とその製法)を参考に、ちょっと揉んでみたりしてます。
 たぶん、それで表面に糖分が出てきて、きれいに白く粉を吹くはず…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

ダイコンくんは干したり漬けたり…

 今年はわりとダイコンがうまくできました。
 2週間ほど前に全部抜いて、春まで食べる分は土に埋めて置きました。首のところが凍ると腐っちゃうので。(葉を切って黒ビニールに入れておいてもいいそうですが、黒ビニールを置いておく場所が面倒…。この辺は根雪がないので、畑に行ってちょこっと抜いてくる方が楽…。…ということで、葉を残して本体を埋めてます。)

 他のダイコンは、おでんとか、それなりの料理で食べてますが、小さかったり、虫食いがあったりしたものは、漬けたり、干したりしてます。

 今年初めて作ってみたのは、がっくら漬け…。
がっくら漬け

 秋田だと、ナタ漬けっていうそうです。ダイコンをナタで切ったので付いた名前だそうです。実家では、ダイコンに包丁を入れて半分くらいは割るみたいな感じで切ります。
 あとは一晩塩漬けして水を出しして、水切りしたダイコンに、タカノツメを切って散らして甘酒に浸ければOKなので、簡単。…もっと早く作ってみればよかった…。

 干すほうは、まずは切り干し…。
 干し始めは(左)、「我が家ってこんなに切り干し食べるうちだっけ?」という感じでしたが、一週間後には右の写真のようになり、これで完成した切り干しはジップロックM袋1つです。
切り干し 切り干し

 次に割り干し…。
 傷アリのダイコンは割り干しもしてみました。干しあがったものは、即席の沢庵漬けとか、福神漬けにしてみてます。検索すると、手軽に作れるいろんな漬物があって、驚くほど。漬物は面倒だという先入観があったけど、ものによるみたい…。
 右は即席沢庵漬けですが、こちらのレシピを参考にしました。→Nadia 糠を使わずに作るたくあん
 干しダイコンに酢と砂糖と塩で味付けするだけの簡単なものなのに、家族は「普通に沢庵だ!」と。(色付けは上のサイトではクチナシの実を使ってましたが、なかったのでターメリック(うこん)を使いました。)
割り干し 即席沢庵漬け

 それと丸干し…。
 丸干しは、糠を使った沢庵漬けにする予定。去年は塩漬け止まりでした…。ま、「たくあん混合糠」なんていうものを買って来たので、楽ちんですw 
 ダイコンは小さなダイコン20本ほど干しましたが、干したらもっと小さくなったので干し始めの写真で…。…スーパーでも沢庵漬け用の干しダイコンを売ってるのですが、とっても長くて立派なダイコンですよね…。
丸干し 沢庵漬けの混合糠

 ついでに、これは去年塩漬けを作った時の様子。即席漬けしかしたことがなかったので、容器も石も適当で…。石は川に行って拾って来たのですが、ちょうどいい大きさのを見つけて大喜びしたのでした…w これはこれでおいしかったです。コンブとかザラメとか鷹の爪を入れました。
ダイコンの塩漬け ダイコンの塩漬け

 という感じで、ダイコンの身の振り方が決まって、一安心。
 …それはね、あちこちにダイコンが並んでいて気になって仕方なかったから…。あとは丸干しだけ…。

 半端なダイコンもサイズいろいろに切って干せば、時間差で加工出来るからいいね、と思ったのでした。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

越冬前の畑…エンドウくんとか

 今日は寒かったけど天気が良かったので昼過ぎに畑に行ってきました。
 先週末にダイコンも抜いちゃったし、これと言ってやることはなかったのですが、様子見…。

 11月頭に蒔いていたスナップエンドウは、これくらいになりました。参考書(「完全版 自給自足の自然菜園12カ月」 宝島社)に従って、麦の種もちょこっと一緒に蒔いてます。春になると、麦にエンドウが絡みついて伸びるんじゃないかな…。
 いつもはツルありを植えてますが、今回はツルなしにしてみてます。後ろの畝への日当たりが気になるので…。ツルなしでも1mくらいは伸びるみたい。
スナップエンドウ

 左はタマネギ。今のところ元気そう。
 右はネギで、左は分けつタイプで右は去年蒔いた一本ネギです。一本ネギから食べてます。
タマネギ ネギ

 左はもらった苗を植えてみたつぼみ菜。収穫は春みたいです。
 右は中心を収穫済みのブロッコリー。脇芽がいっぱい育つといいな…w
つぼみ菜 ブロッコリー

 畝の間にも麦の種(ライムギ)を蒔いてましたが、こちらはまだ出たばかりで赤い芽。
 畑の脇のビワの木には今年も花がたくさん。前回の冬は雪が多くて花が落ちてしまい、実が全く生りませんでした。今回は実るところまで行って欲しいもの…。
ライムギの芽 ビワの花

 以上のほかに、道の駅で買ったニンニクを植えてみた(芽の出が悪く、失敗だったみたい…)りとか、多少ホウレンソウを蒔いてたりとかしてますが、あまりうまく行ってないのは載せないでおこう…!?

 よその畑にはこの時期、ハクサイとかキャベツも植わってますが、我が家は場所不足もあり、植えてません(ばあちゃんがくれるのを期待してるかも…)。

 冬の間は畑作業はお休みで、晴れた日にネギとか埋めてるダイコンを取りに行くとか、ばあちゃんの顔を見に行くとか、散歩に行くとかするくらい…寂しい…w

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ