切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ま行

白いけど、ムラサキの花

 5月下旬から、ムラサキ(紫、学名:Lithospermum erythrorhizon、ムラサキ科ムラサキ属、多年草)の花が咲き続けています。古くから乾燥した根を粉にして、紫色の染料として用いられてきた植物です。去年、園芸店で購入したもの。

 こちらは咲き始めのころの写真。花の直径は8mmほどで、さすがムラサキ科らしい形のすっきり白い花です。
ムラサキ

 左から花のアップ、茎のアップ、全体の様子です。我が家のムラサキは現状3本ほど茎が出てます。一番背が高いものは草丈55cmほど。(画像はクリックで拡大します。
ムラサキ ムラサキ ムラサキ

 似た花にはセイヨウムラサキやイヌムラサキがありますが、以下のことから上の花はムラサキでいいかと。
 ムラサキとセイヨウムラサキの違いとしては、ムラサキが白い花なのに対してセイヨウムラサキは黄色味を帯びているということです。また、ムラサキの根は紫ですが、セイヨウムラサキは白だそう。(花色のみ確認、根は折を見て…)
 イヌムラサキは花の直径が4mmくらいで、ムラサキの半分程度と小さいようです。


 ムラサキは絶滅危惧種で、減ったのは「種の発芽率が低い上、ウイルスなどに弱いため、株を増やすのは困難」(Wikipedia)ということですが、ムラサキ - 岩手県ホームページを見ますと、種まきした時の覆土の調整で発芽率はだいぶよくなるみたいです。

 こちらは一昨日のムラサキ。後ろの斑入りアジサイに紛れちゃってますが、、だいぶ咲き進んでいます。残念ながら、今のところ種はできていないみたい…。…バックのミヤコワスレはだいぶ色褪せた感じ…。
ムラサキ

 染料にするほど増やすつもりはありませんが、もうちょっと増えたら、根っこを確認してみたいと思っているのでした。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村     昨日は冷たい雨で20℃なかったけど、今日は暑くなるらしい…。

レモンマリーゴールドは残った…

 去年の夏ごろ見切り品を購入したレモンマリーゴールド(学名:Tagetes lemmonii、キク科コウオウソウ属、多年草)が生きていて、ほっ…。
 毎年一年草のマリーゴールドを植えるのが面倒(!)なので、店頭で見かけたら欲しいと思っていた宿根性のマリーゴールドでした。

 こちら、去年の11月15日の様子です。見切り苗だったので弱々し気です。花が咲くのは遅めのようで、秋になって咲き始めたのでした。それでも、雪が降りだしてもしばらく咲いていました。
レモンマリーゴールド

 性質等は、ラベルを見ていただきましょう…w 耐寒性は-5℃となっているので、我が家のあたりでぎりぎりかな? だけど‐5℃でも越冬できないものもあるので、けっこう寒さには強いかも…。
lemon_m_02.jpg lemon_m_03.jpg

 左が昨日の様子。木質化した根元に、小さな葉が出ています。この時期これなら育つんではないかと。繁り始めたら、挿し木で増やすといいみたいです。畑にも植えたいと思ってます。
 ついでに右は、これも小さな葉を出してくれたコレオプシスのウリドリーム。去年きれいだったので、今年も大きく育ってほしいです。
lemon_m_04.jpg lemon_m_05.jpg

 大丈夫そうと思ったのに枯れてしまったようなのは、ダンギク…。2月まで青々としていたのに、残念…。
 繁りすぎたら困るかもと思ったルリマツリモドキも、我が家ではあまり繁らず、冬に枯れたみたいです。これから出てきたりするかな…。

ウドンコでも、咲いたら(そこそこ)きれいなモナルダの花

 ずっと雨続きでしたが、昨日は若干日が出て、蕾の期間が長かったモナルダ(学名:Monarda didyma、和名:タイマツバナ、別名:ベルガモット、シソ科ヤグルマハッカ属、多年草)も一斉に咲き出しました。ウドンコ病で下の葉が落ち、足長になっていますが、やっぱり咲いたら、きれいです。

 近づいてみると、葉に白いものがちらついていたりしますが、上半身は葉もたくさん…。近づいてみると、ベルガモットオレンジに似ているかどうかは定かではありませんが、ほんのりいい香り。
モナルダ

 雨に打たれて、倒れ掛かっていたものを、ひもでくくっていたりします…。それで、花が少しくっつき過ぎになっていますが、直径1mくらいの花束みたい…。
モナルダ

 あーあ、これでウドンコ病にならなかったら、もっといいんですけどね。
 モナルダにはウドンコ病に耐性がある品種もあるようですが、やはり日本の気候だと完全にウドンコ病を避けて通るわけにはいかないみたいです…。このモナルダの葉の落ちた足元を見たい方は、こちらにお写真、ございます…。→我が家の庭の変なもの…

 実は大きな声では言いにくいのですが、このモナルダ、約5年前の購入時に、値切りました…。通常、見切り品ばかり買っているし、園芸店で値切る余地があることはないんですけど…。この花に限って、花後だったけど、そこそこのお値段で、それでも欲しいかなと…。そのせいで余計ウドンコ病になるんじゃないかと、なんとなく後ろめたい思いが…。大変、申し訳ございませんでした…。
 ここで懺悔したから(?)、来年はもっと元気に育つかな…。


にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

ニシキギの仲間だったのね、マサキの実

 12月になって、慣れてない体に寒さが堪える今日この頃、普段は地味目な木の赤い実がうれしかったりします。
 マサキ(柾、正木、学名: Euonymus japonicus、ニシキギ科ニシキギ属、常緑低木)の赤い実もその1つですが、葉が少し変わっていると、余計きれいに見えたりします。

 こちら、近所の斑入りマサキの実。まだ、実が裂けていませんが、濃いめの赤くて丸い実…。赤い実がついていると、葉の縁のぎざぎざと、斑入りのぎざぎざ感で、なんとなく斑入りのヒイラギかなにかのように見えるのでした。…こちらは、生垣の木です。
マサキ  マサキ

 こちら、我が家のオウゴンマサキ。春ほどではありませんが、この時期も、葉の先は黄色っぽくて明るい雰囲気。
 すでに赤い実が裂け始めていて、なかからオレンジ色の皮に包まれた種が出てきています。
マサキ  マサキ

 マサキは常緑で紅葉したりはしないけれど、気づいてみればニシキギ属ということで、なるほど、実の様子はツリバナやマユミなどと、似ているみたい…。
 ツリバナとマユミの実はこちら→ぷらぷらの、ツリバナとマユミの実

 こちらは本家?ニシキギ。左は9/30、右は10/22に撮っていたものです。
 まだ葉が緑のうちから実ができていました。マサキより小粒で、だんだん紅葉して、今の時期はそろそろ葉が落ち終わったかな、というところ…。
 マサキとは木の感じはだいぶ違いますが、実が裂けて、オレンジ色の粒々が出てくるところは似ているかも…。
ニシキギ  ニシキギ


にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

メタセコイアの落ち葉の使い道

 土曜は天気がよかったので、メタセコイア(学名:Metasequoia glyptostroboides、和名:アケボノスギ、ヒノキ科(またはスギ科)メタセコイア属、針葉樹)のあるところを何か所か巡ってみました。

 だいぶ葉が落ち、幹のたくましさが目立っていました…。
メタセコイアの紅葉

 日が当たると、落ち残った細かな葉がオレンジ色に輝いて…。
メタセコイアの紅葉

 メタセコイアのきれいな木は、何となく、別な世界、別な時代を思わせます…。


 …我に返って下を見れば、たくさんの落ち葉…。歩くと、ふかふか…。
メタセコイアの落ち葉

 この落ち葉、舗装道路の上に落ちていると、簡単にたくさん集められます…。
メタセコイアの落ち葉 メタセコイアの落ち葉

 ということで、ちょっとロマンチックな気分でメタセコイアの木を見上げたあとは、庭の通路に敷くために、メタセコイアの落ち葉を拾って帰る、趣味と実益(趣味の実益?)を兼ねた散歩に早変わり…。

 去年は庭の通路のマルチの大半は松葉(ごく一部メタセコイア)を敷いたのですが、メタセコイアの葉のほうがきれいだし、簡単に集めることができたのでした…。今年のマルチはメタセコイア単体に決定…。松葉同様、飛びにくいんですよね…。

 去年のマルチの様子はこちら→土は勝手には、良くなってくれないみたいなので…

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

お試しは楽しい、メリアンサス マヨール

 庭の整理、鉢減らし&取り込み等に忙しい今日この頃、時節に反して、室内越冬植物を増やしました。
 その一つが、メリアンサス(ツス) マヨール(学名:Melianthus major、メリアンサス科メリアンサス属、常緑小低木) …。…例によって、見切り品で、お試し価格になっていたので…。先日のビオラくらい…。

 室内用の鉢に植え替え済みです。地上部の身長約40cmで、青緑色の、ぎざぎざのある羽状の葉です。この葉は60cmくらいになるもよう…。…きれいな葉って、大好き…。
メリアンサス マヨール

 お疲れ気味の見切り品が多い中で、とても生き生きしていました。根元には新芽も…。
メリアンサス マヨール メリアンサス マヨール

 原産は南アフリカ、最終樹高は1.5~2.5mくらいで、巨大なシダのような繁みを作るようです。…万が一、それだけ繁ったとき、どうするかは、あまり考えてないです…w タテはともかく、横が…。
 春から夏に、臙脂っぽい色の花も咲くようです。

 こちらはWikipedia commonsから借りてきた花の時期の画像です。University of California Botanical Gardenでの写真。
メリアンサス マヨール メリアンサス マヨール

 耐寒性はそこそこあって、0℃くらいは大丈夫だけれど、霜に当てると地上部は枯れるみたい。…上は枯れても、下から芽吹いたりもするようで…。(RHSの耐寒ゾーンではH3になっていました。)
 ということは、冬の間は観葉植物だと思って育てたらいいかなと…。

 春になったら外に出して、花が咲くくらいに育てられたらいいな…。花からは蜜が滴るそうで…。だから英名はGiant honey flower…。…とはいっても全草毒(にも薬にもだけど)…w

 失敗するかもしれないけれど、初めてのおもしろそうな植物を育てるときは、いつもウキウキ…。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

そろそろお別れのマリーゴールドは最盛期?

 落ち着いた庭が好きなはず、なんですが、今年はマリーゴールドをたくさん蒔きまして、霜が降りそうなこの時期、マリーゴールドが元気いっぱい…。だけど、庭の構造改革?等の都合上、そろそろ撤収して、細かくして土に混ぜ込む予定です…。
 大人しく咲いていた時の様子はこちら…マリーゴールドの花の種類に迷って 

 一時は葉ばかりだったのが、今は花だらけ…。3列になっていますが、左の2列の間は通路だったりして、花を避けながら歩いています。真ん中の列は一重のシルビア、あとの2列はプチゴールド。
マリーゴールド

 プチゴールドは、同じ種袋の種なのですが、いろんな花が咲いています。
マリーゴールド マリーゴールド

 左もプチゴールド、右はシルビア。
マリーゴールド マリーゴールド

 家族は、花がたくさん元気に咲いていれば、なんでも大喜び。だから、工夫のない植栽でも満足してくれています。
 が、来年は、こんなふうには植えないつもりです…。…つもり…。
 なんといっても、一気に寂しくなるのは嫌だから…。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

マリーゴールドの花の種類に迷って

 今年、我が家の庭には4種類のマリーゴールドが咲きました。いずれも国華園さんの50円(だったと思う)種…。

 左はフレンチマリーゴールド(学名:Tagetes patula)のジェスター、右はメキシカンマリーゴールド(学名:Tagetes tenuifolia)。
 ジェスターは花だけなら、とても気に入ったんですけど、種袋でも背丈が50cmと高めで、やや日当たりに難があるせいか我が家の庭では乱れがち…。メキシカンマリーゴールドは去年育てて秋に漉き込んだら、芽を出して咲いちゃったものですが、1.5cmほどの花で葉も細かく可愛らしいです。少し背が高くなるけど…。
マリーゴールド  マリーゴールド

 こちらの2つはフレンチマリーゴールドで、左はプチゴールド、右はシルビアです。
 プチゴールドは黄色一色なはずですが、ときどきオレンジのも混じってます。ふつうのマリーゴールドと同じ感じですが、少し小ぶりでコンパクトにまとまります。シルビアは、黄色一重ですが、思ったより野暮ったい?印象の一重でした…。
マリーゴールド  マリーゴールド

 実はマリーゴールド自体は、あまり好きではありません。花色が限られているので…。(匂いは好きだけど…w
 それでも、土にいいかなというのと、虫もつかず花期が長いから植えています…。
 できれば、メキシカンマリーゴールドサイズの花で、プチゴールドみたいに株がまとまって、花色はクリーム色、なんていうのがあるといいんですけどね…。…えへへ…。

 アフリカンマリーゴールド(学名:Tagetes erecta)の白(キリマンジャロ)を植えたこともあったのですが、花が大きすぎるし、ちょっと茎が弱かったりして…。

 ということで、来年はどんなマリーゴールドにしようか、今から考えていたりします…。花が気に入ったものをピンチして育てればいいのかとか…。レモンマリーゴールドがいいかな、とか…。

 おすすめのマリーゴールドがあったら、教えてください…。

*写真はすべて、少し前に撮ったものです。現状は葉ばかり大きくなってたりして…w なにしろ、8月下旬の日照時間が2.9時間…。お日様がもどって、また花が増えるといいな…。

関連記事:
今年は小さなメキシカンマリーゴールド
白いマリーゴールド、キリマンジャロ

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

モウズイカ(バーバスカム)の、モウズイチェック…

 今年も田んぼの周りでビロードモウズイカ(天鵞絨毛蕊花、学名:Verbascum thapsus、ゴマノハグサ科モウズイカ属、二年草)の黄色い花を見かける季節になりました。帰化植物といっても、なんとはなしに愛嬌があるやつです。

 モウズイカ属という属名は、雄蕊(おしべ)に毛が生えていることから付いた名ということで、今更ながら、毛蕊(モウズイ)をチェック…。

 ボケてて済みませんが(いつものことですが…)、5弁の黄色い花のなかに、黄緑の雌しべが1本と、橙色の花粉が目立つ雄しべが5本…。雄しべには白い毛がふわふわ…。さすが、モウズイカ……。
ビロードモウズイカ

ビロードモウズイカ  ビロードモウズイカ

 それじゃ、バーバスカムって呼ばれる、園芸種のモウズイカはどうかな…。全体が毛深くなくて小ぶりのやつ…。

 ということで、こちらは我が家のバーバスカム サザンチャーム(Verbascum hybridum 'Southern Charm'、多年草)…。冬に見切り品で買ったばかりで、やせてますが…。
 毛色は紫だけど、やっぱり雄しべには毛がふさふさ…。サザンチャームには花色がいろいろあるようですが、我が家の場合、花色と蕊の色がお揃いみたいです。
バーバスカムの蕊

 でもって、こちらは近所の、たぶんバーバスカム ウエディングキャンドル(Verbascum chaxii 'Wedding Candles'、多年草)…。
 花弁が白いところに紫の毛なので、毛蕊がよくわかります…。
バーバスカムの蕊

 以上、ちょっと見ただけですが、モウズイ(毛蕊)は、共通のよう…。みんな、やっぱり、毛蕊花…。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
↑「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

多少、影が薄い気がするミズキの花

 ハナミズキ(花水木、学名: Cornus florida、ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属、落葉高木)はお馴染みでも、ミズキ(水木、学名:Swida controversa、ミズキ科ミズキ属、落葉高木)の花は、ちょっと印象が薄いかもしれないと思ったりしています…。

 ミズキは4弁の白い小さな花が集まって咲いています。近づいて香りをかぐと、ちょっとむっとする匂いがして、ハナアブがたくさん集まってたりします…。ハナミズキの場合、実際の花弁ではなく、総苞が大きな白やピンクの花弁のように見えているため、もっと華やか…。
ミズキの花

 雌しべが1つ、雄しべが4本ありますが、雌しべの元が最初は透明っぽかったのが、だんだん黄色味を帯び、少し赤っぽくなって、やがて実を結んで行くようです…。この実はやがて、黒っぽく熟します。
ミズキの花  ミズキの花

 近所には大きなミズキの木がたくさんあり、形よく花を付けていますが、この時期になると、カラフルな草花のほうに目が行くせいか、ミズキの花の印象は、春に咲く似たような花、たとえばガマズミなどより薄い気がします…。
ミズキの花  ミズキの花

 なにを隠そう、これがミズキの花と知ったのは、去年のこと…。
 ミズキは、けっこう馴染みのある木だったはずなんですけど…。それは、北東北の実家で小正月に餅花を飾るのに使う木だったから。冬に堤防にミズキを探しに行って、赤みを帯びたミズキの木を見分けられるのを得意に思ったこともありました。…それなのに、花は知らなかったんですよね…。

 今年の小正月に近所の農家で飾っていた餅花にもミズキが使われていました。高木だし、水が好きなようで、家の周りには植えないほうがいいと言われたりしているミズキの木ですが、誰かさんが小正月に枝を取りにいくことができるよう、ずっと、そのへんにちょこちょこ生えていてほしい木だったりします…。虫さんにも人気があるようですし…。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
↑「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ