切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ●野菜もやってます…
CATEGORY ≫ ●野菜もやってます…
       次ページ ≫

花オクラさん、咲き過ぎです…

 台風の後、気温が上がったのが気に入ったのか、今朝は花オクラことトロロアオイ(黄蜀葵、学名:Abelmoschus manihot 、アオイ科トロロアオイ属)が山ほど咲いていました。
 
 いっぱい咲いているでしょう?
 畑に着く前に、家の隙間から畑がちらっと見えるのですが、遠目にもたくさん咲いているのがわかりました。
花オクラ

 家族が数えたら、105個咲いていたみたい…。植えた本数は12本くらいだったと思います。
 花オクラを植えたのは3回目ですが、こんなに一度に咲いたのは初めて。
花オクラ

 普段は自宅用に10個前後収穫して、多く咲いているときは、種取り用に残したり、ばあちゃんや近所の人におすそ分けしています。
花オクラ

 今日は、70個くらい収穫し、近所にだいぶ回して、残りは今晩の花オクラ御膳(?)に使う予定。

 メニューはね、
  花オクラの酢の物(ポン酢と甘酢)
  花オクラの天ぷら(花オクラとシシトウとキスを天ぷらにする予定)
  花オクラのサラダ(花びらでハムとクリームチーズを巻く)
  花オクラのスープ(コンソメにするか澄まし汁にするか、迷っているところ…。…中華風にしようかな…。)

 ということで、普段は作らない天ぷらのため、(コツのいらない)天ぷら粉も買ってきたし、あとは料理するだけ…。
 (なんだか簡単にできそうなんですが、出来上がりの写真を撮る余裕と自信がない…w

 …朝採った花オクラはビニール袋に入れて冷蔵庫に入れておくと、夕方になってもシャキッとしています。

約3時間後の追記:
 ・天ぷらは、失敗した…。コツはいらなくても、油はたっぷり使うべきだった。パリッとじゃなくて、ぐんにゃり揚がった…。花オクラの天ぷらとしては、花びら1枚と、3枚のものを作ってみたけど、私は1枚、家族は3枚がよかったって。
 ・生の花びらで包むものとしては、クリームチーズはそれほど美味しいと思わなかった。トマトのほうが合ってる気がした。あと、以前キュウリとチクワを巻いたのも美味しかったし…。
 ・酢の物は甘酢よりポン酢が我が家ではうけた。
 ・花オクラの中華スープ(肉団子入り)が今日のメニューの中では、一番おいしかった。
                                                           以上

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

待ってました、花オクラの開花

 しばらく前から待っていた花オクラことトロロアオイ(黄蜀葵、学名:Abelmoschus manihot 、アオイ科トロロアオイ属)が、今朝、咲き出しました。 …実家から種をもらい、去年から、こちらの畑でも栽培…。
 ぬるぬる野菜が大好きな家族が、楽しみにしていたもの。今年は料理方法を増やそうと、私も楽しみにしていました。

 大きな花です。家族が写真を撮りやすいように、支えてくれました。
花オクラ

 明け方まで雨で、畑についたときの花オクラは、まだ開ききっておらず、雨の雫がついてうなだれ気味。作業しているうちに、どんどん開いていったのでした。今日咲いていたのは4つほど。明日からは、どんどん咲くと思います。
 開花がうれしくて、家に帰って、ちょっと花びらを取って遊んだりしました…。花の直径は20cm以上あります。花弁は5枚、1枚の横幅は13cmほどありました。
花オクラ 花オクラ 花オクラ

 この花は夕方にはしぼんでしまうので、市場にはあまり出回りませんが、実家(岩手)のほうのスーパーでは見かけたことがあります。花の萼が面白くて、二重になってます。外側の細いのが副萼、内側の分かれていない長いのが萼、みたいです。アオイ科やバラ科に、こんなふうな構造のものがあるみたいです。
 萼や蕊を取って、花びらを食べます。軽く茹でてポン酢で食べるのが実家の定番で、我が家もそれを踏襲。右は花3つ分を茹でたところ。茹でるとぬるぬるがアップします。
花オクラ 花オクラ

 去年はポン酢で食べてただけでしたが、ほかにも食べ方を試そうと思っています。
 今日は花びらとハムを重ねて巻いて食べたりもしてみましたが、生でも癖がなくて食べやすいです。
 あとは、スープも近々作ってみるつもり…。
 天ぷらにもするようですが、我が家は家では揚げ物はあまりしないんですよね…。…誰か作ってくれないかな…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

ツルムラサキはどこまで伸びるのかな

 今年は1本だけツルムラサキ(蔓紫、学名:Basella alba、ツルムラサキ科ツルムラサキ属、つる性一年草)の苗を植えました。
 種を採るのも簡単ということで、ツルを2本だけ伸ばしてみてます。

 こちらが現状…。
 支柱は210cmのものです。支柱からはみ出しても伸び続けていて、花を咲かせる気配もなく…。ま、下を通るときも邪魔にならない高さではあります…。
ツルムラサキ

 伸びた先も、下の葉も、どこもピカピカで柔らかくて、美味しそうなツルムラサキです。下のほうで伸びたツルを時々採って食べているのですが、美味しいです。ほとんど茹でてメカブとポン酢で食べてますが、ニンニクや肉と炒めても美味しいらしいです。
 だがしかし、種も採りたいが、花も美味しいらしいので、早く花も見たい…。そろそろ花がついてもいい時期なんじゃないかと思うのですが、こんな育て方ではいけなかったのでしょうか。ひたすら伸びてるだけみたい…。
ツルムラサキ ツルムラサキ


 今朝は寒かったけど朝から晴れ。
 畑に行く途中で車を降りて撮影。
秋晴れかな

 ついでにヤブツルアズキの様子をチェック。今年もアズキは道端で採取できそうです。
 去年は普通のアズキを畑で作ったけど、虫がたくさん付いて懲りちゃった…。…それで今年は畑にはゴマ…。
ヤブツルアズキ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

またしても、雨に濡れてる8月下旬の畑

 8月はほとんど雨ばかりでした。
 数日気温が上がった後の今朝、また濃霧、雨。最高気温も23℃くらいの予報で、もうこのまま秋ですね。
 雨の時は土が固くなるので畑には入らないほうがいいらしいですが、そんなことは言っていられませんです。

 畑の縁では、ニラの花がきれいです。その横には排水用に小さな溝を掘ってますが、今年はしょっちゅう水が溜まってます。
ニラの花 畑の水

 こちら、第一畑。手前にはラッキョウを植え、あとはニンジン、ネギ。トウモロコシや枝豆は食べちゃったので、後にダイコン、カブ、スティックセニョールを植えました。一番奥が夏野菜コーナー。
 夏野菜は、キュウリは早々に終了しましたが、トマト、インゲン、ナス、シシトウは、ちょこちょこ採れていて、我が家には十分。トマトは家族に黄色いトマトはもう食べたくないと言われてます…。中玉はゆっくり生るし、プチプヨは割れて腐りやすかったけど、黄色のアイコはたくさん実る上に割れも少なかったせい…。
第一畑 トマト

 こちら第二畑。手前からシソ、キク、ダイコン。
 奥のもやもやに近づいたのが右の写真で、エゴマ、花オクラ、ゴマ、ヤーコン、挿し木のトマト、モロヘイヤ、ラッカセイなどが繁ってます。見えないけど、サトイモ、オクラ、ショウガなどもちょっとだけ…w
第二畑 もやもや

 成長著しいものを少しあげると、左のゴマちゃんは気温が上がった時にぐぐっと伸びました。
 真ん中のサツマイモは3ポットだけなのに通路を埋めても伸び続けています。イモがちゃんと生ってるかは不明…。
 右はレモンマリーゴールド…。畑に植えたら、こんなにもっさり…。切り戻ししたんですけど。剪定した枝を、その辺に置いとくと、勝手に発根してます…。
ゴマ サツマイモ マリーゴールド

 ぬるぬる野菜を少し…。
 左はモロヘイヤ。これはほとんど毎日メカブと混ぜて食べてます。ツルムラサキも1つだけ植えたので、それもたまに混ぜてます。
 右の花オクラは、先日気温が上がった時に、目に見えて育ちました。やっと蕾も大きくなってきたので、早く口に入ってほしいもの…。
サツマイモ 花オクラ

 ということで、雨続きでもそれなりに収穫しています。今年は少量でも作る種類を増やしていたのがよかったね、と家族と話しています。
 できたらもっと畑を広くしたいな、とも…。ばあちゃんに、お願いしよっかな…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

毛深くてかわいい? ゴマちゃんの花

 8月の上旬から、ゴマ(胡麻、学名:Sesamum indicum、ゴマ科ゴマ属、一年草)の花が咲き出していました。

 なんとなくシソの花みたいな小さな花を予想していたのに、けっこう大きくてきれいな花です。縦の長さは3cmくらいでしょうか。ちょっとジキタリスっぽいかも…。
 花も葉も細かい毛が生えているのが、霧雨の付き具合でわかりやすいでしょ。
ゴマの花

 ゴマの花は黒ゴマだと薄紫で白ゴマは白っぽいらしいのですが、我が家のゴマ(黒ゴマ)は蕾のうちは白っぽくて、その後、薄紫になってました。たまには右の写真のように白いままの花もあります。
ゴマの花 ゴマの花 ゴマの花

 だんだん鞘もできてきていますが、雨続きなので、どうなるか心配…。
 「日照りゴマに不作なし」というそうですが、真逆の天気ですからね…。草丈は1mくらいと標準的に育っているみたいですが。
ゴマの種 ゴマ畑

 ほとんど晴天に恵まれたことがない我が家のゴマの花ですが、がんばってたくさん種をつけてほしいものです。…無理?

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

赤いトマトの収穫は難しいらしい…

 今日も朝は畑に収穫に行ってまいりました。
 我が家では収穫は主に家族に任せているのですが、家に帰って収穫袋からトマトを取り出して、ちょっとびっくり…。

 左が今日家族が収穫したトマト。…なんだか青い…。
 うちの畑のトマトだって赤くなってますので、右に今日採ったほかの野菜と日曜に私が採ったトマトの残りを入れて写真を撮ってみました。中玉だってミニだって、ちゃんと赤いでしょ…。
トマト収穫 収穫

 我が家の家族は色覚異常で赤と緑の区別がつきにくいせいなんですが、普段は忘れちゃっているんですよね…。
 畑を始めて、トマトの収穫で不自由を感じるとは思いませんでした。…去年も言ってたんだけどね…。

 そこで、検索してみたところ、色覚異常の場合の見え方のシミュレータがあったので、試してみました。
 「Colblindor」というサイトのCoblis — Color Blindness Simulatorを使うと、ファイルをドロップすると、いろんなパターンの色覚異常の見え方に変換してくれます。

 ということで、我が家の収穫物の写真を、赤が区別できないパターンに変換してみたら、右のようになりました。家族が実際見えているものと同じではないとは思うけど、「黄色いトマトのほうが収穫しやすい」と言っていたので、似たような感じなのかな…。青っぽいトマトも、黄色っぽく見えるし…。
収穫 シミュレータ

 ついでに、以前撮った、実っている状態の画像もシミュレート。…これじゃ、全然わからないんじゃないの…。青いほうが、色が薄くて熟しているっぽいかも…。
実っている状況 実っている状況
 
 いじめているわけじゃなかったけど、明日からトマトの収穫は私がやります。
  …収穫はわかりやすくて楽しい仕事だと思ってただけなんだよ…。…来年は、白いトマトも作ってみようか?
 そうすれば、ばあちゃんに、「熟したトマト、早く採ったら?」って、言われることもなくなるだろう…。

 ま、みんな同じ世界を見ているなんていうことは、ないわけで…。パソコン変えてから、画像の見え方が変わっちゃったし…。私自身の目だって、ど近眼だし…。

 ついでに、「目ディア」というサイトに目の診断テストを見つけたので、よかったらお試しを。カラーチャートで何色判別できるかというものです。
(私は34色だったけど、家族は36色見えるって言うんだよ? なんか変だな…。)
http://eye-media.jp/entertainment/%E3%80%8E4%E8%89%B2%E5%9E%8B%E8%89%B2%E8%A6%9A%E3%80%8F%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F/


以下は、色覚異常について、ちょっとだけWikipediaより抜粋

 「先天性色覚異常を持つ人は、日本においては男性で約5%、女性で約0.2%の割合であるが、フランスや北欧では男性で約10%、女性で約0.5%であり、アフリカ系の人では2~4%程度である。」

 「かつて色盲(しきもう)と呼ばれたことから、「白黒に見える」ような誤解があるが、それはまれな全色盲の場合である。先天色覚異常の大多数を占める赤緑色覚異常の当事者は有彩色を感じ取っている。」

 「日本の小学校では、…(中略)…2003年度より色覚検査を定期健康診断の必須項目から削除した。」

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

お肌の悪いジャガイモくん…

 はい、バラの次は、ジャガイモです!

 先週の木金の朝、ジャガイモを収穫しました。
 梅雨前半は空梅雨だったのが、このところはっきりしない天気が続いているので、2日ほど雨が降らなかった隙に急いで収穫したわけです。

 イモの写真だけだと、ちょっと寂しいので、収穫物の写真の前に、まずは、6月に撮っていた花の写真をば…。
 左はトウヤの白い花、右はメークインの青い花…。
トウヤの花 メークインの花

 そして、こちらが収穫したジャガイモ。
 収穫後の畑には、ミニトマト大のトウヤの実がぽろぽろ…。 丸いのがトウヤ、楕円っぽいのがメークイン…。4月15日に種イモを植えたもので、小さいトウヤ12個、大きなメークイン7個(たぶん各1kg)でした。
ジャガイモ トウヤの実

 去年記事にしていなかったので、ついでに去年の収穫物の写真も…。
 去年は男爵とメークインとシャドークインを作りました。収穫したのは7月13日でしたね…。右の写真のように、まだ葉が緑だけど採っていたみたい。今年はしっかり枯れるまで待ちました。
ジャガイモ去年 シャドークイン

 で、やっとタイトルの件ですが、収穫したジャガイモのお肌がちょっと汚いのでした…。トウヤもメークインも写真のように、黒っぽいカサカサ、ヒビヒビがあります。
 検索してみたら、どうも象皮病類似(亀の甲)症というあたりのジャガイモの病気ではないかと思います。
 食べるのには支障はないということで、自家消費の我が家としては、問題なし!…で、いいですよね?w
ジャガイモの病気みたい

 原因としては石灰を撒いたとか、イモの太る時期に乾燥が続いた後に湿気過ぎたとか、いくつかあるようです。
 我が家では、前作を撤収した後には、いつでも(自動的に!)米糠、蛎殻石灰、堆肥をパラパラしていたのでした…。
 
 なお、ジャガイモの病虫害については、「ジャガイモ博物館」というHPの塊茎の異常を診断が、詳しいです。ほかにもジャガイモについて、いろいろ面白いことが満載…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

収穫が楽しい7月中旬の畑

 どこも暑いですが、7月前半、当地方は最高気温の平均が平年より6℃高かったということで、いつもの年よりかなり暑かったです。朝から暑くて、なかなか畑で写真が撮れなかったのですが、野菜は採れてます。

 昨日はミニトマトとトウモロコシを初収穫。
 トウモロコシは朝食べて、ほかの野菜は夕食に。ナスとひき肉のカレーになりました。ほかにモロヘイヤの煮びたし、自家製ラッキョウも。カレーに入れたタマネギやニンニクも自家製だったので、ちょっと自給自足気分。
収穫 ナスカレー

 一昨日の朝の収穫はキュウリとナスとインゲンとモロヘイヤとシソ。
 この日は山形のダシを作りました。
 ナスは、今年は普通の中長ナスと、丸い民田(みんでん)ナスを作っています。山形の野菜で、身が詰まっていて、漬物に、向くそうです。民田(みんでん)は地名です。…知らなくて、ミンダナスって、響きが楽しい、と思って植えてみたのでした…。
野菜 民田ナス

 さて、野菜の様子です。
 左のトマトは中玉・ミニを計5本植え、2本立ちにするはずでしたが、整枝が遅れ、いつものようにもちゃもちゃ…。福建と、イエローアイコとプチプヨを植えています。これからは、どんどんトマトが食べられます。
 中央はキュウリとインゲン。これももちゃもちゃ…。今年は支柱をしっかりさせていて、よかったです。
 右はトウモロコシ。初めて植えてみたので、病虫害対策はすべて後手後手でしたが、それなりの実がなったのでOKということで…w ちょっと歯っかけだったりしますがw カラスの害はないみたいなので、ネット等はしていません。
トマト キュウリ トウモロコシ

 これからなのは、左からラッカセイ、枝豆、サツマイモ。
ラッカセイ 枝豆 サツマイモ

 まだ小さいのが左の花オクラ、そしてもっと小さいのがゴマちゃん…。この後間引きました。
花オクラ ゴマ

 ということで、トマトも色づいて、収穫が楽しくなった畑でした。

  …でもね、ほんとはね、収穫は家族がやって、私は草採り担当…。なにしろ、朝30分足らずの作業なので、手分けしないと…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

とっとと漬けちゃった、ラッキョウくん

 今日は一日、ラッキョウ作業三昧でした。
 今日の午後から雨になる予報で、その後も雨がちの天気になるということで、朝、大急ぎで掘ってきて、気力が萎えないうちにとラッキョウ漬けにしました。

 こちら、完成品。今年は大瓶(900ml)3つと小瓶2つとジャムの瓶1つのラッキョウ漬けになりました。余りはジップロックで…。ちょうどラッキョウ酢1.8リットル使いました。
ラッキョウ

 こちらは、今朝畑で撮った収穫時の写真です。
 葉があまり枯れてないので、もう少し後で掘ったほうがいいかと思っていましたが、掘ってみたら、なんだかとってもいい感じ…。 
ラッキョウ ラッキョウ

 ラッキョウの出来がいいのに気を良くして、家に帰って選別等の作業。
 去年のラッキョウ100個を種球として植えていたのですが、今回掘ってきたラッキョウを数えてみたら、747球になっていました。
 左は次の種球用に取り分けた大きめの110球です。右はラッキョウ漬けにした637球。
 一応、大小選り分けたので、別の瓶のラッキョウ漬けになっています。
ラッキョウ ラッキョウ

 なお、今年のラッキョウ漬けは、こちらの動画を参考にしました。…去年のとあまり違いはないんですが…。
 ラッキョウの産地、鳥取県のJAによるもので、頭にラッキョウ栽培の様子、ラッキョウの花など、いい風景も載ってます。


 大した量ではないけど、ラッキョウ作業がさっさと済んで、すっきり…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

それでも気分は自然菜園

 すみませんが、今日はちょっと長いです。

 無料で借りている約20坪の畑での野菜作りも6月で丸2年になりました。
 適当にやっていた畑ですが、今年はもっと計画的にしたいと春先に図書館で本を探し、いい本を見つけたので購入。

 はい、こちらの本です。
 規模に応じた畝の作り方から収穫まで、丁寧に解説されています。ちゃんと読んで実行すれば、かなりいいことが起こりそう…。
 でも、いっぺんには頭に入らないので、少しずつ参考にさせていただいています。
 「完全版 自給自足の自然菜園12カ月」 監修:竹内孝功 著者:新田穂高 発行:宝島社
参考書

 基本は、相性のいい作物の混植や緑肥、草マルチの利用といったことで畑の植生を豊かにして、作物をうまく育て地力も上げるということじゃないかと…たぶん。

 そこで、これまでとは違うはずの、今年の夏野菜の様子。(画像はクリックで拡大します。)
 手前はトマト。中玉3本、ミニ2本植えてます。参考書には支柱や整枝についても書いてありますが、植えるときに根元にニラやネギなどをいっしょに植えるといいというので、ニラやチャイブを植えてみました。ほかにバジルも間に植えてます。
トマトトマトトマト

 キュウリのところには、ツルありインゲンを間に植えてます。…キュウリ苗は購入、インゲンは去年の豆を取っておいたもの。
キュウリキュウリインゲン

 ナスの間にはラッカセイやバジルも植えました。ラッカセイとバジルは庭でポット育苗したもの。
 真ん中の写真の場所ではトウモロコシと枝豆が交互に育っているはずでしたが、直播した種がうまく発芽せず、トウモロコシは苗(キャンベラ)を買って植え替え…。枝豆は2本くらいしか大きくなってません…w
 右の写真は畝の間の緑肥。家にあった去年のライムギと赤クローバーの種を畝の間に撒きました。…ちょっと時期遅れで…。
混植トウモロコシ緑肥

 左は第2畑で、連作ゾーンということになってます。シソ、キク、ジャガイモ、モロヘイヤ、花オクラ、アスパラ、ヤーコンなどが植えてあります。
 右は先日植えたヤーコンの現在。最初は不揃いだったのが、だいたい同じくらいの大きさに揃いました。
第2畑 ヤーコン

 こんな感じでちょぼちょぼ育てています。
 草マルチをもっとたくさんしたいのですが、草が足りてません…。足りないところには、ばあちゃんにもらった藁をなるべく敷いているんだけど…。
 もっとふかふかに草マルチしたいのですが、草取りしちゃうから…。
 野菜を植えていないところの草は、伸びたら刈る程度にしたい…。
 でも、草が目立つと畑を貸してくれているばあちゃんが嫌がるので、緑肥の周りも草取りしてます…。…土を固くしないためにも畝の間に緑肥を植えてるんですけどね…。

 おまけ。
 私の残渣処理スペース付近で育っているゴボウとトマト。…ゴボウは去年種採りしたけど撒いてません、でも、どんどんこぼれ種で発芽…。
 右は畑の端のビワの様子。やっと色づいてきました。楽しみw
ゴボウ ビワ

 というわけで、多少ちぐはぐなんですが、方向は自然菜園…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村     畑は車で約4分。「アナと雪の女王 ~ありのままで~」を歌うとちょうど着きます…。
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ