切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ●植物(名前の五十音)
CATEGORY ≫ ●植物(名前の五十音)

懐かしい、シオン

 バスで出かける家族を送りにバス停に行く途中、シオン(紫苑、学名: Aster tataricus、キク科シオン属、多年草)が咲いているのを見かけました。
 我が家の庭でも咲き出しているのですが、それほど多くはないので、帰りに撮ってきました。

 淡い紫色を紫苑というのは、この花の花色からだそう。

 シオンは実家の庭に昔あったので、花を見ると懐かしい感じがします。実家には他の花もいろいろあったけど、この花が何故か一番懐かしい感じがして、若かった両親、小さかった自分を思い出します。
シオン

 1.5mほどと背が高く育つので、この背が高いシオンを、周りの看板や家や信号が入らないように撮ろうとしたら、こうなりました…。
 画像をアップしてから、「私のブログの背景は白だった…」ということに気づいたりして…。
 畑周りに植えられているシオンは、栄養たっぷりそうに育ってたりもしますが、ここのシオンは、ほっそりしていて、野菊らしい感じがしました。
シオン

 曇り空を背景に、やたらと、こんな写真を撮りまくり…。ま、あらゆる写真をメニューのクローズアップで撮ってるだけですが…。
シオン シオン

 シオンは環境省レッドリストでは絶滅危惧II類 (VU)になっており、自生はほとんど見られないみたいです。

 「君の事を忘れない」、「遠方にある人を思う」という花言葉も、なんだか寂しげ。

 観賞用にはけっこう栽培されていると思いますが、地味目だし、背が高いしで、どうしたって流行りからは、はずれちゃってますよね…。

 でも、どうしても、この花は好きな花です。
 ほかの花と比べてきれいか、そうでもないか、とかいうこととは関係なく…。…なんだか、恩があるような気がする花…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

秋の方がきれいに見える黄金葉の西洋ツユクサ

 同じ花でも季節によって、違って見えるものです。

 黄金葉の西洋ツユクサ、たぶんスイートケイト(Tradescantia x andersoniana 'Sweet Kate'、別名:Blue and Gold)じゃないかと思っているものも、その一つ。

 この花の場合、秋の方が断然きれいに見えると思います。
 まず、花色。5月には濃い紫色という感じだったのが、この時期には、青、といっていいかなと。
黄金葉の西洋ツユクサ

 その花色が、朝の光できれいに輝く黄金葉に映えて、鮮やか。
 葉も初夏ほど伸びていないせいで、折れたりしていません。
 この感じが好きで入手したんだよ、と、うれしくなります。
黄金葉の西洋ツユクサ

 初夏にはもっと繁って、花もたくさん咲いていたのに、もしゃもしゃし過ぎた感じで、今一つ、私が気に入っていたイメージと違う、と思っていたけど、秋の花を見て、これこれ、と、一人、庭でにやにやしていたのでした。

 これなら、Blue and Gold の別名も納得…するよね?

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

コスモスみたいなコレオプシス ホワイトナイト

 我が家だって、もっと花いっぱいの花壇にしたい、と思うことがあります。
 だがしかし、庭にはそれぞれの制約があったりするわけです。

 私が最初の2年、ジニアを植えていた場所は、もちろん我が家としては比較的日当たりのいい場所なのだけど、春から初夏くらいはいいとして、だんだん、日当たりが悪くなるところ。
 それで、ジニアはどんどん傾き、支柱をしても間に合わず、葉が枯れたり、曲がった茎が折れちゃったりして、早々にお引き取り…という場所でした。

 去年はそこにコレオプシス(学名:Coreopsis rosea x verticillata、キク科ハルシャギク属、多年草)のウリドリームシリーズのホワイトナイトを植えてみたところ、なかなかに快調。
 草丈40cm程度でふわっと育つので、傾いても目立たないし、葉が傷むこともなく、長く咲いてくれました。

 そして今年もホワイトナイトが咲いています。
 春先にはやっと冬を生き延びた、という感じ(→レモンマリーゴールドは残った…)でしたが、その後、挿し木やらで4本ほどになりました。
ウリドリーム

 去年の9月11日には、もっと白っぽい花だったけれど(→当たりだった、コレオプシス ウリドリーム(ホワイトナイト)、今年は気温が低めだったせいか、切り戻した後の花は、花ごとに薄っすらピンクや黄色が度合いを変えて混じっています。この花は寒くなると、もっと赤味を帯びます。
 直径3cmほどの花ですが、アップで見ると、まるでコスモス。
ウリドリーム

 寒さにも強く、病虫害も今のところなし。それでも見た目はたおやかで、ふんわり…。…そういうものに 私はなりたい…ん?

 残念なのは、咲き始めがちょっと遅いこと。もっとマルチをして越冬をうまくすれば、咲き出しも早くなるかな…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

窓辺の白いもこもこ…

 天気が崩れる前に、銅葉フジバカマことユーパトリウム チョコラータ(学名:Ageratina altissima 'Chocolate'、キク科アゲラティナ属、多年草)を撮ってみました。…去年と同じ感じかもしれないけど…。

 一つの花は小さいですが、集まって、もこもに咲いているところは、雲のようにも雪のようにも見えてきて、風情がある気がします。葉色や茎の色も白い小花を引き立てています。
チョコラータ

 我が家ではポット苗を植えて2年になり、今年は高さは1mほどで、直径1mほどに繁っています。
 窓との間には通路もあるし、1m以上空間があるのですが、こんな風に撮ると、窓辺がチョコラータで埋められているみたいです。…ん? 地味っぽい? 地味でもいいじゃないか!w
チョコラータ

 別の隅には西洋フジバカマこと、ユーパトリウムとかコノクリウム(学名:Conoclinium coelestinum、キク科コノクリウム属、多年草)と呼ばれるものの白花が咲いています。
 こちらは草丈4~50cm、ちょっと日当たりが悪いので、あまり繁ってはいませんが、チョコラータと同様、ポヤポヤした花は可愛げがある気がします。花はチョコラータより、すっきりした感じ。
コーパトリウム

 春や秋には、朝方、夕方の薄暗い時間帯に、白い花を見るのが大好きです。白っぽい葉もいいです。
 浮かび上がって、とてもきれいだけど、そういう時間は、うまく写真に撮れないです。
 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

こんなときには、コスモスでも

 曇り空だし、ぶろぐ村はポイント障害でポイントが付かないし、FC2の新着記事は反映されないし、検索キーワードはずいぶん前から表示されないし、夏野菜は枯渇しつつあるし、おかずは減るし、お腹も減った…。
 (ぶろぐ村は、来週の火曜日頃の復旧(ポイント反映)を目処として作業中みたいです。

 という理由で、今日も園芸店でハオルチアを1つ買ってきちゃったわけだ…。

 帰り道、道路の脇にコスモスがきれいに咲いていたので、これはモモちゃんに見せなくちゃ、と撮ってみたけど、曇りすぎて(るせいも多少あっ)て、ボケた…。

 コスモスは、花びらがきれいだと思う。シワも、重なり具合も。だから、裏から撮るのが好きかも。
コスモス

 青空がいいんだけど、灰色でもOKさ…。
コスモス

 同じ花を上から撮ってみたりもして。こんなに曲がっても花は上向き。
コスモス

 上から見ても、花びらが重なっているところがいい。薄い花びらが、そこだけ透けてなくて。
コスモス

 これは昨日の朝、近所の畑の脇のコスモス。
 倒れまくっていたけど、それでもいいさね。
コスモス

 コスモスを庭に植えたのは2013年が最後。
 秋に生まれて秋に死んじゃった人の病室に飾ったっけ。
 私も秋に生まれたから、秋に死ぬと思う、って言ったら、明るい家族が、「それはいいね!」って、力づけてくれた…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

いいサイズかも、エノテラ レモンドロップ

 夏に買っていた見切り品の一つ、エノテラ レモンドロップ(学名: Oenothera hybrid、アカバナ科マツヨイグサ属、耐寒性多年草)が、庭の隅で咲いています。

 名前のとおりの、明るい黄色の昼咲き性の月見草です。花の直径は4cmほど。
エノテラ レモンドロップ

 背丈は小さくて、20~30cmほど。ラベルによると半立ち性ということで、繁ったらふんわりするみたい。
 見切り品なうえに、主な花期は春から初夏ということですが、植えてひと月も経たずに、花を見せてくれました。
エノテラ レモンドロップ エノテラ レモンドロップのラベル

 レベルの「最低温度 約-20℃」「日向から半日陰でも楽しめる」といったところにひかれて(見切りで50円だったし…)購入したのですが、この時期でも咲いていたりして、けっこう我が家にちょうどいいかも、と喜んでいます。…我が家は小庭なうえに、日当たりがいまいち…。

 以前エノテラ パリダを種から育て(→ぎざぎざハートのエノテラ パリダ)、白い花がきれいだったのですが、サイズ的に、小庭には場所が見つけられず、移動を繰り返して枯らしてしまったのでした。今度の月見草は長く付き合えるといいいなと。

 なにしろ、月見草は香りがいいです。…来年は、ふわっとした姿と香りを楽しめるかと…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

花は水色、シカクマメ

 夜じゅう風の音がしていました。
 明るくなって、外を見たら、バナナ君の大きな鉢が倒れています。が、しばらく救出には行けなさそう…。起こしても、すぐ倒れるだろうしなあ…。

 昨日は雨がひどくなる前に、畑を借りているばあちゃんのハウスの中のシカクマメ(四角豆、学名:Psophocarpus tetragonolobus、マメ科シカクマメ属、多年草)を見せてもらいました。

 最初に単体で見せてもらった実の形も面白かったのですが、花も薄い青というか水色で、とてもきれいなものでした。
 花弁も少し厚めで、3cm以上ありそうな大きめの豆の花。水色と黄緑色の優しい色合い。
シカクマメの花

 そして、ばあちゃんの手をお借りして、豆の撮影。大きいでしょ。
 植えてあったシカクマメは2本ほどで、それほど繁ってはいませんでしたが、ヒダのついた鞘がプラプラ、たくさん実っておりました。この鞘がまた、縁が波々の形も面白いですが、艶のある緑色。
シカクマメの実 シカクマメの実 シカクマメの葉

 Wikipediaによると、シカクマメは「長さ15cmくらいの若い莢を煮たり、炒め物や揚げ物(天ぷら)などにする。軽い苦味があるもののさっぱりした味でくせがなく歯ごたえを楽しめる。さやだけに留まらず、花や葉、熟した豆、そして地下根(芋)も食用になる」ということでした。

 実は前日、ばあちゃんが、「このマメ知ってる?」と、1つくれたので、夜、検索して、その後、食べてみました。
 茹でてオクラみたいに切って食べてみたのですが、苦みは、ほとんど気にならず、マメのような味で歯ごたえが良く、美味しかったです。
 断面は四角の角にヒダが付いたような形なので、シカクマメの名前はそこからのよう。

 熱帯アジア原産で寒さに弱いため、ここ東北で作るには向かないようですが、「ウリズン」という品種改良されたものだと、結実時期が早めで、なんとか栽培できるみたい。…機会があったら植えたいリストに入れておこう…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

なぜか2色になった、ダンギクの花

 去年、見切り苗を買って植えたダンギク(段菊、学名:Caryopteris incana 、シソ科カリガネソウ属、多年草)の花が意外と好きな感じだったのですが、残念ながら、越冬しませんでした。
 種を採っていたので、春に撒いて、今年も少し前から咲きだしたのですが、なぜか花色が増えました。

 なんだか、ボケがちの写真ですみませんが、薄ピンクと青っぽい色ですよね?
 もともとの花色は青っぽいほうだけでした。
 (こちら、去年の花です。こっちの写真のほうが、ちょっとマシ…。→おしゃれな気がするダンギクの花
ダンギク

 アップにしても、はっきり見えないあたりが、私の写真ですが、左が青、右が薄ピンクで、葯の色も違っています。クリックで拡大すると、少しマシかも…。青いほうは青緑色で、ピンクのほうは花色と同じような葯の色だったりします。
ダンギク ダンギク

 ダンギクには青のほか、薄ピンクや白のものがあるようですが、青い花から採った種なのに、と、ちょっと不思議な気がしたのでした。


 こちらは去年採っていたダンギクの種です。
 春にこの種の一部を蒔いたのでした。発芽率はとてもよく、ほぼ100%かと思うほど。だけど、植え場所がなかったので、半分くらいモミジの陰になってしまうところに数本だけ植えたのでした。日当たりがいまいちのせいもあり、小ぶりに育ったダンギクですが、今年も咲いてくれてよかったです。
ダンギクの種 ダンギクの種

 また種を採って来年蒔いたら、白も出てきたりして…。…そうだと、うれしい…w

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

私が種を蒔いた? らしい…

 春に、メタセコイアらしきものが庭の通路に芽を出していたので、2本ほど鉢に植え替えておりました。
 メタセコイアの実も混じった落ち葉を通路のマルチにしているので、生えてきたのは当然といえば当然の結果…。
メタセコイアの幼木

 だがしかし、メタセコイアの根元にたくさん芽を出してきた、この植物は何? やけに揃ってますよね?
 しばらくの間、見守っておりましたが、ここまで育てば、これはもうムシトリナデシコ(虫取り撫子、別名:コマチソウ、学名: Silene armeria 、ナデシコ科シレネ属、越年草)でしょう。
コマチソウの芽

 こちら、6月に咲いていた白のムシトリナデシコです。この種を採った記憶は確かにある…。
コマチソウの白花

 だが、メタセコイアの鉢に蒔いた記憶がない…。…しかも、みっしり…。

 ま、この雑なやり口は、どうしたって私…だいたい、うちの庭で何かするのは私だけ…。
 ちゃんと苗を植え替えて、ムシトリナデシコが増えたら、それでよし……そうかあ?

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

地味庭の華やぎ

 今年もヒガンバナの季節になりました。
 我が家の庭にもリコリスフォーン(Lycoris cv. fawn、ヒガンバナ科ヒガンバナ属、多年草)が咲き出して、地味庭がちょっと明るくなっています。

 飴色というか蜜色というか、大好きな色合いです。
リコリス フォーン

 去年より少し、花数が増えたもよう。球根を植え広げたいけど、今年は時期を失しました…。花が重なって、ちょっとごちゃごちゃ…。
リコリス フォーン

 周りは全部、葉っぱだけ…w
 隣の空き地には、春に咲くシラー ぺルビアナの球根が埋まってます。こちらは、そろそろ葉が出始めています。
 リコリスは花のあとに葉が茂るので、冬にはリコリスとシラー ぺルビアナの葉が、貴重な緑になります。
リコリス フォーン

 球根植物は植えた場所を忘れちゃったりするので、あまり植えないのですが、葉も楽しめるものは、いいかなと…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ