切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPあ行 ≫ 我が家で一番かわいいグランドカバー?(オオヤマフスマ)

我が家で一番かわいいグランドカバー?(オオヤマフスマ)

 約2年前に近所の空き地からもらってきたオオヤマフスマ(大山衾、学名:Moehringia lateriflora、ナデシコ科オオヤマフスマ属、多年草)ですが、我が家の隅っこで、元気に咲いています。
 オオヤマフスマを見つけたときの記事はこちら→小さいけど大きい? オオヤマフスマ

 直径1cmほどの、白い小さな花ですが、雄蕊が目立って、離れた花弁の間から覗く萼の感じが素敵。
オオヤマフスマ

 我が家では草丈は15cmほど。日当たりのいいところだと、もっと締まって短めに咲いていますが、道端などでは日当たりを求めて道路にしだれるように長めに伸びだしていたりもします。
オオヤマフスマ

 2年前に数本植えたところ、今年は敷地の境界沿いに横幅50cmくらいに増えました。
 ここは分譲住宅の、家の横の幅1mほどの狭い通路だったりします。雨があまりあたらない砂地ですが、オオヤマフスマには合っていたようです。
 右側の万年草やタイムは、もっと雨があたらないところなので、あまり増えてないんですけど…。
(もうちょっと、周りがきれいだったらいいんだけど、手が回っていません…)
オオヤマフスマ

 この雑然とした一角の画像を載せたのは、オオヤマフスマの明るい緑の葉や白い花が、ほわほわと優しく目立っているところを見せたかったから…。

 オオヤマフスマは北海道から九州まで分布し、山や丘陵にふつうに生えているそうで、山の上の団地であるところの我が家の近所にも、あちこちに生えています。…団地ができなかったら、我が家の立っているところにも生えていたのかも…。

 ……ところで、このオオヤマフスマ、いわゆる生きた化石(学術的には遺存種。太古の地質時代に生きていた祖先種の形状を色濃く残している生物)らしいです…。「遺存種なので生存力が弱い」といった記載が、あちこちにありました。…だがしかし、たとえばメタセコイアの生存力って弱いのだろうか?と思ったりもします…。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ