切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPあ行 ≫ ここが難しい? オミナエシとオトコエシ

ここが難しい? オミナエシとオトコエシ

 オミナエシ(女郎花、学名:Patrinia scabiosifolia、オミナエシ科オミナエシ属、多年草)オトコエシ(男郎花、学名:Patrinia villosa (Thunb.) Juss.、オミナエシ科オミナエシ属、多年草)も丈夫で長く咲き、これといった病虫害もありません。
 だけど、庭に植えていると、いくつか気になるところもあったりします。

 こちら、我が家の庭のオミナエシとオトコエシ。左の後ろのほうに咲いているのがオトコエシです。
オミナエシ

 一応アップで、左がオミナエシ、右がオトコエシ…。
 どちらも、雨が降っても乱れませんし、花柄摘みも必要ありません。
オミナエシ オトコエシ

 それで、どこが難しいのかというと、最初の写真にも虫が写っていますが、とにかく虫がよく集まってくるところ…。蜂とかハエとか蝶とかカメムシとか、みんなこの花が大好きみたい…。だからね、虫の邪魔をしないように写真を撮るのが難しい…w
 花の匂いがいまいち、というのも難点なんですが、今年は超長雨にあたったせいか、例年ほどは気になりません…。
オミナエシ

 それと、最初の年は両方とも背が高くなりすぎて、オトコエシは支柱が必要になりました。それで去年からは6月中に切り戻して、草丈を低くしています。
 今年も同じように切り戻したはずですが、オトコエシが低め…。…高さの調節も、難しいと言えば難しい…w

 あとは、同じ場所に毎年咲かせるようにするのが少し面倒。オトコエシはランナーを出して少し離れたところに子株を付けるので、それを移動させています。オミナエシも地下茎で、親株から離れたところに子株を作ったりするので、それを植え直しています。花のない時期だと、どっちがどっちの子株か、首を傾げることも…。

 多少面倒なこともありますが、なにしろこの時期、咲いている花があまりない…。
 匹敵する花と言ったら、我が家では他にはルドベキア タカオくらいでしょうか…。←白があったらいいのにね!

 ほかに何かおすすめはないでしょうか?
 病虫害なし、花期が長い、雨に負けない、花柄摘みがいらない、毎年咲く、できれば白い花…。
 …オミナエシやオトコエシも好きではあるのですが…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ