FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ●風景
CATEGORY ≫ ●風景
       次ページ ≫

仙台七夕まつりの花…

 毎年8/6~8/8に催されている仙台七夕まつりですが、宮城に住むようになって、初めて駅前に行って楽しんできましたw
 自称、仙台出身の家族の案内で、初日の午前中という一番いい時間帯?にお出かけ…。

 駅前周辺の商店街に豪華な飾り付けがされていて、猛暑にも関わらず人がいっぱいでした。竹飾りは約3000本、だそうです。我々は駅前から勾当台公園という定番コース?を歩きました。
仙台 七夕

 飾りの中でも、吹き流しが一番良く見える部分だったので、いろんな吹き流しを撮ってみました。
 お花をあしらった感じのものが多くて、なかなかきれいだけど、飾りつけ、大変だったろうなあ…。ちなみに吹き流しは織姫の織り糸を表しているそうです。(画像はクリックで拡大します。)
七夕飾り 七夕飾り 七夕飾り

七夕飾り 七夕飾り 七夕飾り

 こちらは仙台市内外の小中学校約200校の子供たちが東日本大震災からの復興を願って作った折り鶴8万8000羽の七夕飾り。折り鶴の吹き流しの数は千本…。
七夕 折り鶴

 左は、ふと目に入った短冊…。みんなの願いが叶うといいな。
七夕 短冊 仙台七夕祭り 仙台七夕祭り

 たくさんの飾りとたくさんの人を見て、何年かぶりに地下鉄に乗って、電車の冷房って気持ちいいね!と…w (そろそろ我が家もクーラー必要…。)

 8/5には前夜祭の花火大会もあります。来年はそちらにも行ってみたいな…w

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

植物は別物のような、別物でないような…

 先週の土曜日(5/11)に、近所のお山をちょっと覗いてきていました。
 そこは少し前にはニリンソウがたくさん咲いていた場所で、そろそろヤマブキソウ(山吹草、学名:Hylomecon japonica、ケシ科ヤマブキソウ属、多年草)の時期かなと…。

 ちょっと遅かった感じもしましたが、場所によっては見ごろのヤマブキソウが咲いていました。
ヤマブキソウ

 ここは落葉樹の山なので、落ち葉がいっぱいで木の葉が繁るまでは日差しが暖かい場所です。
ヤマブキソウ

 切り株の上にはタニギキョウがこんもり…(左の写真)。傍らにはコバイケイソウ(右の写真)がたくさん繁っています。
 実は、こういうのを見ると、植物って、まったく別の生き物だよな、という感が…。
 なぜかというと、タニギキョウは目立って咲いているのは切り株の上だけですが、あちこちの落ち葉の陰からひょっこり葉が顔を出していたりして、現実には恐ろしい数のタニギキョウが付近に生息しているのを感じるから…。
 でもって、このコバイケイソウは、花の時期にはすごかろうと思うけど、実際にはこの後すぐ木の葉が繁って暗くなる山のなかでは、ほとんど花の咲くものがないことを去年確認していたから…。
 結局この場所できれいに咲くのはニリンソウとかカタクリとかヤマブキソウとか、葉が茂る前に咲くものが多いわけ…。
タニギキョウ コバイケイソウ

 花を咲かせ種をつけ、子孫を残し人生(植生?)をまっとうするのが幸せ?としたら、花を咲かせようが咲かせまいが、一寸先は闇だろうが、延々と生き続け、ある日雷でも落ちて木が一本枯れて日が差す空間ができたら、花が咲くこともあるかもね、といった状況…。
 これはもう、何も考えてない、という感じ…。人間とは全く別…。膨大な無駄…。

 ところが、ふと気づいてみれば、我が家には子供がいません。
 あれ? 私はコバイケイソウ?…何も考えてなかった? ………膨大な無駄…?
 ……いやいや、この場所のコバイケイソウは咲かないけど、別のところでは咲いているじゃないか! うちに子供がいなくても、地球上には溢れるほど人間がいることだし…w と、「風の中のマリア」状態w
 それになにより、私はけっこう幸せ…。

 反対側の山を見れば、どれだけの環境の違いのせいか、そちらにはたくさんのヤマツツジ。
 もっと里に近づくと、フジの花も咲き出して…。
ヤマツツジ フジ

 フジが咲いたからには、そろそろ野菜苗を植えなくちゃ、と思ったのでした…。

 (一番大きな問題は、どうやって自力で棺桶に入るか。旦那さんは、弱ったら棺桶ベッドにしよう!って。 で、同時に息絶えるのが望み…。…それじゃ「きみに読む物語」みたい…。…ボケたくないし、自分のことは自分でしたいし、、、願望はいろいろ…。…このへんは、植物くんとは違いますね…。…いや、植物も何か考えてるかも…。)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

きらきら、フワフワ、さらさら…

 昨日の朝は、そこそこ雪が積もっていて、除雪車が今季初出動でした。
 私も朝から雪かきしていたのですが、とても軽くてさらさらで、日が当たるとキラキラのきれいな雪でした。

 それで、公園に行って、雪撮影を試みました。

 綿菓子みたいな雪って、こういうのかな?
雪

 密度が低くて、掌の上ですぐに融けそう。
雪

 キラキラしているのは雪の結晶がふんわり乗っかっているせいなんだけど、カメラの画面を覗いても暗くてうまく撮れないぞと…。
雪

 適当に撮った中で、一番まともに写っていたもの…。
雪

 朝暗いうちに外を見たときは、静かに降る雪が街燈の光でキラキラして、本当にきれいでしたが、そういうのは私では絶対に撮れないでしょう…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

初雪

 今朝は我が家周辺でも雪がちらついていましたが、予定通り、岩手の実家に行ってきました。…予報では朝方降っても晴れるはずだったので…。

 高速では途中0℃になったりして、もさもさ雪が降る時間帯もありましたが、積もることなく無事実家に着き、金ヶ崎駒ヶ岳方向の温泉に行ってきました。(実家の山に行ってワサビを掘る予定でしたが、それは無理そうということで。)
 ここはその周辺の牧草地。すっかり白くなってました。…ここは晴れてましたが、西の山は雲に覆われてました。
初雪2018

 緑の草が雪で覆われていたり、色を残した木がところどころにあったので、この辺もたぶん初雪だったんじゃないかな。
 初雪なので、みんなで「きれいだねー」と。…だんだん、うんざりしちゃったりするんだけど…。
初雪2018 初雪2018

 家には夕方帰りつきましたが、暮れ行く景色の中、泉ヶ岳のスキー場に雪が積もっているのが見えました。泉ヶ岳の初冠雪は平年より17日遅れ。。
初雪2018

 団地には雪が積もるほどではなかったけど(我が家周辺は根雪はないです)、山から吹いてくる風がすっかり冷たくなって、いよいよ冬っていう感じ…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

ちょっと遅かった鳴子峡&鳴子温泉

 金曜日に近所の紅葉の記事を書いた勢い?で、土曜日は紅葉の名所であるところの鳴子峡&鳴子温泉に行ってきました。
 
 ですが、これがベストショット…。
 遊歩道を歩いて大谷橋の下から撮ったもの。この右側の木々はちょっときれいな色で残っていてくれたのですが…。
鳴子峡

 レストハウスから大谷橋を望むポイントで撮った写真を見るとお分かりいただけるように、紅葉はほぼお仕舞い…。全体に茶色っぽくなっていました。この木々が赤や黄色に明るく染まった様を思い浮かべていただけたら、ベストシーズンならどんなにきれいかおわかりいただけるかと…。
鳴子峡

 ちょこちょこときれいな色も見えるけど、、、、あと一週間早かったらなあ、と思う色合いだったんですよね…。周りには他にも落葉樹いっぱいの山がたくさんあったけど、いずれもちょっとくすんじゃってました、残念…。
鳴子峡

 たぶん、この川は大谷川というのだと思いますが、鳴子峡を刻んだ川。水がとてもきれいでしたし、木々の紅葉がいいときなら、もっときれいに見えたでしょう…。
 (大谷橋の近くに駐車場があり、そこにレストハウスもあります。そこから、川沿いを歩く遊歩道に行けます。)
鳴子峡

 紅葉はちょっと残念でしたが、この日は天気も良く、ものすごい人出でした。
 我が家は早めに行ったので駐車場にもスムーズに入れましたが、どんどん車がやってきて渋滞していました。

 午前中には鳴子峡から鳴子温泉に行き、温泉神社や御神湯の滝の湯に入り、お昼を食べてから早稲田桟敷湯にも入って帰路に。
 反対車線には、まだ鳴子方面に行く車が数珠つなぎだったので、「早く出てきてよかったね!」とにこにこだったのですが、温泉2つ入って、体がぽかぽか。天気もよかったけど、高速を走っているときは、温度計は17℃だったのに、家族そろって汗だく…w もう額からツブツブと汗が噴き出してました。…鳴子のお湯は、暖まります…w

 鳴子に行くのは今回が初めて(もしかしたら、記憶にない子供の頃行っているかもしれないけど…)でした。
 とてもいいお湯だったので、次回はもっとゆっくり湯めぐりしてみたいです。…できたら、紅葉のベストシーズンに…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

それぞれの彩り

 このところ風が吹いて晴れたり降ったりが目まぐるしく変わる天気が続いていましたが、今日は雲はむらむらしてたけど、ほぼ晴れ。
 ということで、しばらく前からきれいだった買い物途中の木々の紅葉を撮ってみました。
 
 小学校のクヌギと、もう一本はなにかな…w 黄緑っぽくなっています。この木はこれから茶色くなって、だいぶ遅くまで葉が残るタイプだったと思います。
soreiro_01.jpg

 街路樹のモミジバフウもいい色です。木によって、赤さの具合が違ったり、紅葉の進み方も違うので、並木がきれいです。
soreiro_02.jpg

 この団地の街路樹にはイチョウもあります。電線の関係上、けっこう剪定されていたりしますが、多少木が貧弱でもイチョウの紅葉はやっぱり素敵。
soreiro_03.jpg

 いつもの公園は、、、ありゃ、ほとんど葉が落ちた木になっちゃってました。
 向こうに泉ヶ岳が見えてますが、昨日あたりはその左奥あたり(?)に見える山が雪を被っていました。
 畑に行く途中に見かけて、家族と「蔵王? 奥羽山脈?」と、何年か前から解決しないままの謎(!?)について、ひとしきり楽しい会話をして、寒くなったわけだね、と話しました。
soreiro_04.jpg

 団地のあちこちは落ち葉まみれ、っていう感じですが、彩りを見ながら、やっぱりきれい…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

お久しぶりの、「ほんにょ」くん

 一週間前に、南三陸町に行ってきました。
 岩手の実家に寄って母を乗せてから、宮城の栗原市、登米市を通って行ったのですが、途中の楽しみにしていたのが、「ほんにょ」を見ること。

 「ほんにょ」とはご存知の方はご存知のとおり、これですw
 実家周辺でも最近は見かけなくなってきたので、ぜひ、栗原市のほんにょを見たいと思っていました。なにせ、栗原市のマスコットキャラクターは「ねじり ほんにょ」。東北自動車道を通っても、栗原市を通ると、ねじりほんにょのイラスト付きの看板に、「寄ってって、栗原」と、控えめなお誘いがあったりします。
 でも、栗原市ではほんにょの近くに車を止められなかったので、写真は隣の登米市のほんにょ…w
ほんにょ

 稲はだいぶいい具合に乾いていて、まるで米の流れのよう。道路の反対側の家では、ちょうどほんにょから外した稲を脱穀していました。
ほんにょ

 実家のあたりだと、ほんにょは田んぼの中に立ててますが、ここでは畔に立てるみたいです。
ほんにょ

 ちなみにこちらの動画で、ねじりほんにょのイラストおよび着ぐるみがご覧いただけますw …単調なので、チラ見で…。…ほんにょは着ぐるみには向かない形だと思うし…。


 せっかくなので、人気だという栗原市の動画も…。…「仙台が衝撃だった」という歌詞は、岩手県出身の私も小学生のとき感じたこと…w


 同じ宮城県でも私が住むあたりでは、ほんにょは全然見かけません。ほんにょ文化圏?みたいなのがあるのかも…。
 近所では稲を干しているところ自体、今年は2か所しか見かけませんでした。案山子もほとんど見かけないし…w (田んぼで人を見かけることも少ない…w)

 こちらは9月半ばの近所の田んぼ。案山子の代わりに鳥が飛んでました。奇抜な案山子より、こういうののほうがいいかもしれません。秋の風景もどんどん変わるけど、それでも心地よいものであったらいいな…。
近所の田んぼ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

朝霧の晴れる頃

 今朝は霧がかかっていました。霧が晴れる前だと涼しいので早めに畑に行きたかったのですが、ちょっと出遅れ気味…。

 我が家のある団地から、長い坂を下って畑に向かうと、晴れかかった霧を背景に月見草というか、オオマツヨイグサ(学名:Oenothera erythrosepala)が鮮やかに見えました。近づくと、いい匂い…。
朝もやと月見草

 何枚か写真を撮っていたら、どんどん晴れて暑くなってきたので、畑への道を急ぐことに…。
朝もやと月見草

 坂を下ったら、下の方はまだもやっていて、田んぼに張った蜘蛛の巣が逆光でくっきり…。(写真はくっきり写ってないけど…。)
 おっと、蜘蛛の巣だらけだ…。風がない夜のうちに張ったんでしょうね…。
田んぼの蜘蛛の巣

 近づいて見ると、みんなきれいな形の蜘蛛の巣ですが、写真を撮るときは眩しくてよく見えず、適当に撮ったら、やっぱり適当な写り具合でした…。
田んぼの蜘蛛の巣

 逆を向けば、きれいな田んぼで、蜘蛛の巣なんかないみたいに見えます。
 今年は暑かったから、稲の生育はとっても順調みたいで、昨日のテレビでは早生の品種はもう稲刈りを始めたと言ってました。
稲の様子

 こうして、途中で油を売って、すっかり暑くなっちゃったところで畑に到着…。
 ちょこっと収穫と、昨日蒔いた種に水やり…。(昨日はジョウロを忘れた…。)

 一時は涼しくなるかと思いましたが、日中はまだ30℃を超える蒸し暑い日が続き、暑くて汗を掻いているのか、夏風邪の熱のせいなのかわからない感じです。

 今日も雨が降らない暑い日、のはずでしたが、予報ははずれ、午後に土砂降り…。
  …蒔いた種が流れちゃうんじゃないかと心配になるほど…。ふう…。
 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

緑がきれいに見える日に

 昨日は空気が澄んでいたのか、緑が鮮やかで景色もいつもよりきれいに見えました。
 朝から灯油を買いに出かけたら、遠くのお山の上の雪を被った山並みが見えて、「蔵王?」「もっと向こうじゃない?」「奥羽山脈…?」みたいなヘンテコな会話…w
 畑に行ったりあれこれした後の夕方、せっかくだからと近所の田んぼの写真を撮りました。

 田んぼはちょうど田植えが終わったばかり。
tauedoki_01.jpg

 こんなふうに撮ると、団地のある小山がなんだか南の島みたい…w 稲は小さなマングローブ…w
tauedoki_02.jpg

 もっと面白い映り込みが撮れないかなと、奥のほうの田んぼにも行って見たけど、奥の田んぼは大豆当番らしく、水が入っていませんでした…残念。(減反がなくなっても、大豆当番はあるそう…。)
tauedoki_04.jpg

 しつこく、もう少し先に行って見たら、たくさんの藤の花、だけど、写真にはうまく写せないんですよね…。…ちょっと遠いし、小さい花だし、逆光だし…とかなんとか…。
tauedoki_05.jpg

 朝は7℃程度だったのに、夕方は5時過ぎてもそこそこ暖かく、咲き始めたニセアカシアの甘い香りが漂う夕方…。
 ケロッピの声だけが響く、とっても穏やかな休日…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

雪が少なくても寒いのよ…

 今回の寒波では当地方では雪はさほど降らず助かったのですが、今朝も冷え込み、今季最低気温でした。
 ということで、寒さが分かるものはないかと、畑の代わりに団地の下の河原のツララポイントにチェックに行ってきました。

 寒さが厳しいせいか、今年は鍾乳石みたいになってました…。
ツララ

 土が削れた山肌もすっかり凍って…。
ツララ

 もっとえぐれたところの地面は、水分が少ないみたいな霜柱状態。
ツララ

 引いてみるとこういうところです。
 地表からしみ出した水分がツララ化するもよう。
 一昨年の水害で、川岸の土が以前記事にしたときより削れています。そのせいか、今年はコケも目立ちません…。
ツララ

 帰り道に、凍った田んぼも撮ってみました。ね、雪はあまりないでしょ。でも、寒いのさ…。
 ちなみに、我が家は左側の低い丘の上の団地…。
田んぼの氷

 今日の午後は暖かく、明日からしばらく暖かいようだし、これが今季の寒さの底だといいな…。
 雪も、もうあまり降らないといいな…。…甘いか…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ