FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ●植物(名前の五十音)
CATEGORY ≫ ●植物(名前の五十音)
       次ページ ≫

あのビカクシダはどうなったかといえば…

 今年の4/18に鉢植えから板付けに植え替えていたビカクシダ(麋角羊歯、学名:Platycerium、別名:コウモリラン、ウラボシ科ビカクシダ属)のその後です。(→ビカクシダの、恥ずかしい板付け…

 我が家には現状4つ、ビカクシダがあり、品種はネザーランド、ビーチー、たぶんビヒツカルム、それとリドレイです。

 4月の状態では、胞子葉と貯水葉が入り組んで、だいぶ形が崩れていたビカクシダですが、その後、何度か整形を行っていました。

 こちらが10/13のネザーランドの様子です。これが一番格好が良くなっていたので最初に載せてます…w
 胞子葉で板付けの紐も隠れてますw ね、わりときれいでしょ?
 右上の小さいのがリドレイで、こちらも後から板付けしていましたが、貯水葉のみで胞子葉は出ていません…。今日現在も、芽は出ているけど、まだ伸びてこない…。。
ビカクシダ

 こちらは11/7の写真です。
 左上が最初の写真のネザーランドで、右下がビーチーです。
 寒くなってきて、ネザーランドには黒いシミが出来てしまいました…。ネザーランドのほうは大丈夫…。でも、胞子葉はほんの1cmくらいで、なかなか大きくなってくれません…。
 (ちなみにビカクシダをぶら下げているのは、要らなくなった障子の枠(桟)を縦2/3で切ってペンキを塗ったものです…w 残りの1/3は塗らないで最初の写真のように室内に立ててます…w)
ビカクシダ

 こちらは11/7の、たぶんビヒツカルム。
 これが一番、板付けの時に苦労したものですが、一応、胞子葉も育ってきて、多少はいい感じになってきたかな、、というところ…(元を思えば…w)。
 それにしても、板が大きすぎて、水やりやら置き場所やらに苦労しています。短くしたいけど、板に穴を空けるのが大変だし、HCにこのまま持っていくわけにもいかず、そのままになってます…w やっぱり板と本体のバランスが悪かったみたい…。
 これは写真では隠れている右下のところにも小さな胞子葉が出来て、別の成長点も育っていたりします。
ビカクシダ

 4月に植え替えたときは、今頃はみんな物凄く格好良く変身しているだろうと思っていましたが、まだまだでした…w

 寒くなったので、今はみんな室内ですが、日当たりがいまいちだし、春までなるべく傷まないように過ごせるといいんですが…。…リドレイは危ないかもしれない…。ほかは傷んでも生き延びるだろうと思うけど…。

応援よろしく…。カテゴリーはお好みで…。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へにほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

ロシアンオリーブの挿し木をしていた…

 かなり前にロシアンオリーブ(学名:Elaeagnus angustifolia L.、英名:Russian olive、和名:ホソバグミ、ヤナギバグミ、グミ科グミ属、落葉低木)の挿し木をしていました。

 やっと、鉢植えにしました…w 赤い実が付いていたので、赤い鉢に…。
ロシアンオリーブ

 こちらが親…。
 まだ暑い時期に、庭に葉が白っぽい木が欲しいなあ、と思っていたら、ちょうど美容院で剪定中だったのでした…w 
 剪定前はもっと大きくて(正直言うと格好も良かったんですが)、なかなかきれいでした。もうちょっと丁寧に剪定してあげてもよかったように見えますよね…w
ロシアンオリーブ

 けっこう大きな枝をもらえたので、家に帰って7本ほど挿し穂を作り、いつもの発泡スチロールの箱に鹿沼土で挿し木。左が9/3、右が11/15です。多少葉が落ちましたが、みんな元気そう。
 …挿し木したときには小さな花が付いていたけど、それが赤い実に変わっていたので、少し前に見て、「たくましい…」と思っていたのでした。ロシアンオリーブの挿し木は簡単と検索したとき書いてあったけど、確かに…。
ロシアンオリーブの挿し木 ロシアンオリーブの挿し木

 7本もどうしようかという感じで、しばらく放っていたのですが、このまま越冬というわけにもいくまいということで、鉢に植えたのでした…。
 植え替えの時見たら、みんな根が出ていましたが、左の2本は抜くときに根が切れたみたいです。発泡スチロールに根が食い込んでいたせいもあるけど、けっこう切れやすい根でした。
 4本は右の2鉢にして、1本は最初の写真の鉢にして、根が少なかった2本は庭の適当なところに植えてみました。…根が少ないのに、かわいそうな気もするけど、、、、今からほぼ挿し木状態でも根付きそうな気もします…w
ロシアンオリーブの挿し木 ロシアンオリーブ

 1本、元気に育ってくれたら十分なんですが、挿してみないとわからないので多めに挿したら苗が出来過ぎてしまったということで…。

 ロシアンオリーブといってもオリーブではなくグミの仲間で、耐寒性たっぷりで丈夫ということはわかってたけど…。…問題は繁りすぎることらしい…w …とかいって、春までに全部枯れたりしたら、、大笑い…w

応援よろしく…。カテゴリーはお好みで…。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へにほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

来たビオラ&行くキク…

 11/5にビオラの寄せ植えを2鉢作ってました。…力入ってませんが…w この時期いろいろ植えても冬傷むので…w

 今年買ったビオラはこの6ポット。
 小輪の花の方が好きなので、例年パンジーはあまり買わず、ビオラ優先…w
ビオラ ビオラ

 色は春になると白っぽいほうがいいなと思うけど、購入時は冬に向けてやっぱり色もあったほうがいいかなと青とか薄い黄色とかも買ってしまいます。…さらに今年は珍しく赤紫っぽいのも1つ…。
ビオラ ビオラ

 ということで、青とピンク系のだけラベル付きでした。今は鉢も隙間がありますが、すぐにいっぱいになるはず…。
 あとは、春になったら白いビオラをいくつか買って、地植えにすることにしています。
ラベル ビオラの寄せ植え

 庭に咲いているのは、この時期はもっぱらキクの花…。
 左2枚のノコンギクと小菊はまだ咲いてますw 右は少し前に終わってしまった浜菊…。
ノコンギク ノコンギク 浜菊

 緑の菊は日当たりを求めて背高に咲いてます…w シオンは先日刈り取り…。右はもちろんキクではなくサフランで、まだちょっとだけ残っているかな…w
キク シオン サフラン

 イソギクとノジギク。
 ノジギクは咲き終わって、もう刈ってしまいました。今はイソギクが小さな黄色い花を咲かせています。
イソギクとノジギク

 イソギクを刈り取るころには庭の花も終わりかな…。…バラはまだ少し咲いているか…。

応援よろしく…。カテゴリーはお好みで…。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へにほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

台風前の玄関先で…

 週末は台風で大変そう、ということで、家の周りをちょっと片付けてました。
 危なそうな鉢とかは室内に取り込み済み…。
 玄関先にもいろいろ鉢植えがあるので、移動しつつ掃除…。
 作業しなが、今年のストレプトカーパスは大きく育ったなあ、とか、この時期のヒューケラは色がきれいだな、とか思っちゃって、何枚か写真撮り…。

 寒さに弱いので、毎年、冬が終わるころには15cmくらいの水挿し苗数本になってしまうストレプトカーパス サクソルム(学名:Streptocarpus saxorum、イワタバコ科ストレプトカルペラ亜属、常緑多年草)ですが、今年は暖かかったせいか例年になく大きく育ってます。
ストレプトカーパス

 この鉢も、夜には玄関に取り込みますが、その前にヒューケラと並べてみたり…
ストレプトカーパスとヒューケラ ヒューケラ

 ヒメツルニチニチソウの鉢のほうに持って行ったりして、どこが似合うかなと遊ぶことひとしきり…。
ストレプトカーパス

 …写真を撮っていたら、タイルが汚れているのが気になりました…。これでは花がきれいに見えない…。
 (今日の記事には間に合わないけど…)台風が過ぎたら、洗おう…。…それでピントも合うならいいのにね…。

応援よろしく…。カテゴリーはお好みで…。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へにほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

アズキは確保! ヤブだけど…

 昨日までの数日は、気温高めの晴れが続いていました。
 湿度も低くカラッとしていたので、ヤブツルアズキ(藪蔓小豆、学名:Vigna angularis var. nipponensis、マメ科ササゲ属、つる性一年草)の殻が爆ぜている様子が頭に浮かびました…w
 そこで、いそいそと出かけ、天然ヤブツルアズキ畑で採集してきました。

 こちらが、採集してゴミも取ったヤブツルアズキ…。ゴマよりちょっと大きいかな、というサイズの原種のアズキです。
ヤブツルアズキ


 以下はこうなるまでの様子…。

 天然ヤブツルアズキ畑は田んぼを見下ろす斜面にあります。
田んぼ

 ヤブツルアズキは鞘が黒くなり、すでに爆ぜているものもありました。
 田んぼの景色は気持ちいいけど、ヤブツルアズキはツル性なのであちこちに絡んで、ヤブ化してます。そこでズボンにドロボウを付けながら採集…。
ヤブツルアズキ ヤブツルアズキ ドロボウ?w

 ヤブツルアズキは鞘のなかにこんな感じで入っています。
 右の写真の左の鞘は、まだ爆ぜてないもの。これが十分熟して乾くと右のように鞘がねじれて、豆が飛び出します。
 採集するのはまだ爆ぜてない鞘。採集時に鞘の端を親指の爪で切るようにしながら摂ると、鞘が弾けて後の処理が楽になります…w
ヤブツルアズキの実 ヤブツルアズキの実 

 こうして集めたヤブツルアズキをしばらく日に干して、完全に爆ぜていない鞘には爆ぜていただいて、豆と鞘を分け、ゴミをとったものが、最初の写真になります。
ヤブツルアズキの乾燥 ヤブツルアズキの採集

 小2時間の採集で、カップ2つ分のヤブツルアズキを入手。
 これでお正月の小豆は確保できましたw(もう一回採りに行くかもしれないけど…w)

 去年は草刈りされて入手できなかったヤブツルアズキが採れて、家族も喜んでいます。
 味も、煮方が上達したのか、年々美味しく感じられるのでした…w

関連記事:
 ヤブツルアズキの花はこちら→アズキは順調、ヤブだけど…

応援よろしく…。カテゴリーはお好みで…。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へにほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

リコリスの咲く庭

 今年も我が家の庭に、リコリスのフォーン(Lycoris cv. fawn、ヒガンバナ科ヒガンバナ属、多年草)が咲く時期となりました。
 
 今年は20本も花茎が出て、これまでで最多。
 ちょっと球根を植え広げておきたかったけど、しそびれたので、なんだか窮屈そう…。…来年の夏こそ、植え替えます…忘れなかったら……。
リコリス フォーン

 我が家の庭には珍しい華やかめの花なので、上から撮ったり…
リコリス フォーン

 横から撮ったりして、今年も楽しんでます…w
リコリス フォーン

 他にも、ここには写っていませんがセンニンソウもちょこっとだけ咲いてたりして、季節の変化を見せてくれています。
  …センニンソウは鉢植えで、ちょっとしか咲いてません…。地植えにするのは、怖くて…w

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

見せたいような恥ずかしいような、ミセバヤ…

 2016年から育てているミセバヤ(学名:Hylotelephium sieboldii 、ベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属、宿根草)です。
 大概のところで問題なくきれいに咲いているのを見かけるのですが、我が家ではなかなかうまくいってませんでした…w
 今年も難ありな感じですが、一応たくさん咲いているので…。
ミセバヤ

 今年のミセバヤは、こんな感じでもこもこになって、咲いています。
 一応、360度咲いているので、鉢花としてはいい感じかも…ということにしています…w
ミセバヤ

 参考までに、左が2019年、右が2018年…
ミセバヤ ミセバヤ 2018

 そして2017年のミセバヤ…w
ミセバヤ 2017

 2017年にはなんとか360度咲いてましたが、密度が低い…。2018年はいびつで一部欠けてましたね…。(2016年には90度しか咲いてませんでした…w)
 今年は360度繁っているし、密度もあるけど、どうもミセバヤの規則的な美しさが出ていません…。

 去年の鉢をもっと大きくして、もっと日に当てて育てるという反省から、ミセバヤは3/18に、まだ芽が小さいときに植え替えていました。
 このとき、株を分解してしまったせいか、きれいな放射状には成長せず、あちゃこちゃに広がってしまったのでした…w
 それと、成長途中に、たぶんハダニにやられて、葉が傷んだところもあります(アーリーセーフで対処)。
ミセバヤの植え替え ミセバヤの植え替え

 これはもう、植え替えず育てても、きれいな放射状にはならないのか?
 日当たりを考えて鉢の移動をしていたのですが、鉢の向きに気を付ければ何とかなるのか…。
 その辺が気がかりではありますが、ハダニに気を付けたら、来年はもう一段階きれいなミセバヤになってくれるでしょうか…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

夏越しシクラメンを植え替えました。

 今日は時に激しい雨模様でしたが、今日を境に気温が下がるようなので、夏越しシクラメンの植え替えをしました。 
 赤玉6:腐葉土4くらいの土に根を傷めないようにやさしく植え替えるみたいです。が、土はけっこう適当…w 気分で軽石を混ぜたりしてます。元肥にマグァンプを入れました。根にはハイフレッシュをパラパラ。

 植え替え前も後もあまり変わりませんので、植え替え後の写真…。
 「天使のはね」3鉢は、いずれも葉を付けたまま夏を越しました。寒さにも暑さにも強い品種みたいです。
 左の2つは問題なし。中央は葉茎がくねってますが、日照不足のせいだと思います。
 右は一見元気そうですが、球根が割れちゃってます。夏越し中に気が付いて殺菌消毒して水を減らして、一応傷口はなくなってますが、えぐれているところがあり、先々どうなるかなというところ…。
シクラメン シクラメン シクラメン

 「チモ」2鉢はどちらも葉が無くなり、休眠して夏越し。
 左は問題なく、葉が出始めてますが、右は雨がかかったせいか、ちょっと球根が柔らかくなってしまい、危ない感じ…。一応植え替えたけど、水やりはまだしないでおきます。汚れを取ってハイフレッシュまぶして植えました…w
シクラメン シクラメン

 この記事を書くにあたり、以前のシクラメンの記事を見ていたら、2015年の植え替え直後らしきチモの写真がありました。
 左上のチモと同じものです。この年は葉が少し残っていたようですが、驚いたのはずっと同じ鉢でしたね…w たぶん2015年は張り切って大き目の鉢にしたけど、みたいな感じだったかな…w ずいぶん球根が大きくなりましたが、とりあえず今年も同じ鉢で…。
シクラメン

 夏越し中は家の北側に置いていたシクラメンは、しばらく同じ場所に置いて、徐々に南に持っていく予定です。
 葉がたくさん残っていた「天使のはね」は、たぶん年内に咲いてくれると思います。

 昨日庭を見ていたら、リコリスのフォーン(Lycoris cv. fawn、ヒガンバナ科ヒガンバナ属、多年草)が花茎を伸ばしていました。残暑が厳しかったけど、時期をあやまることはないらしいです…。
シクラメン

関連記事:
 →6月のシクラメン

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

アズキは順調、ヤブだけど…

 5年ほど前からヤブツルアズキ(藪蔓小豆、学名:Vigna angularis var. nipponensis、マメ科ササゲ属、つる性一年草)を採取して、お正月に食べています。
 畑でアズキを作ってみたこともありましたが、あまりうまくいかず、我が家はヤブツルでいいか、ということになって…w
 残念ながら去年は、土地の持ち主の方の草刈り時期がずれたようで、ヤブツルアズキはほとんど実らず、お正月のヤブツルアズキもなし…。
 今年はどうなるかと、畑に行く途中にある天然のヤブツルアズキ畑?の様子を春から見ていましたが、いい感じに育っておりますw

 黄色い花が咲いて、鞘もできています。
ヤブツルアズキ

 上の写真はきれいなところを選んで撮ってますが、だいたいがヨモギとかススキとかの上に絡んで這い上がって、生い茂っています。小豆は直立してますが、原種のヤブツルアズキはツル性…。
ヤブツルアズキ

 天然ヤブツルアズキ畑は田んぼの横の斜面に広がっています。
 写真だとわかりにくいですが、田んぼよりだいぶ高くて、団地に向かう道路脇という立地。こんな斜面が何十メートルか続いているので、採集も楽。しかも競合がいませんw
 散歩の人も通る道で、採集していると「何取ってるの?」と興味を示す方もおり、説明するのですが、ヤブツルアズキのサイズを見ると、みんな興味を失うようで…w
ヤブツルアズキ

 以前実を見せたら、「ゴマ?」と言った方もおりました。
 そこまで小さくはないですが、かなり小さいヤブツルアズキ…w
 皮が厚い小さなアズキ…。

 今では家族が「普通のアズキじゃ物足りない!」と言うほど我が家に馴染んでますw
 今年はたくさん収穫できそう…。
 (これから草刈りしたりはしないはず…。…たぶん。。。)

ヤブツルアズキの採集およびアズキとのサイズの違いがわかる記事はこちら→美味しいものは採集で! アズキの場合

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

伸び伸び咲いてるフロックスの花

 あーーーー、暑い…w
 今日は夕方、庭で撮った写真です。…だから、、余計ボケてる…w
 朝は、朝仕事が終わるころには暑すぎでした…。

 今はユリのほかに、宿根フロックスが2種類咲いています。
 左はデイビッド ラベンダー(David Lavender)で、右は実家からもらってきた名称不明のもの。このデイビッド ラベンダーが、なんだか背高になって、私の身長くらいになってます。梅雨寒のせいで徒長したのかもだけど、白い方はそんなに伸びてないし…。
宿根フロックス 宿根フロックス

  並んでいるところを見ると、身長差が歴然…w
 前は同じ高さに咲いていたのに…。(→夏はフロックスで行ってみよう、かな(フレックルブルーシェードほか)
宿根フロックス

 横から見ると白い方は、半分程度の身長に見えますが、こちらも1mちょっとくらいあります。
 この右に、少し前に咲いていたフロックスのブルーパラダイスがあって、そちらは切り戻したので、もう少ししたら、また咲き出すことでしょう。
宿根フロックス

 フロックスの伸び具合もちぐはぐですが、ほかにもちぐはぐなものが…。
 庭のモミジは、とっても美味しいのか、あっと言う間にセミだらけ…。
 セミの声がうるさい我が家の北側では、ビオラが、まだ元気で満開中だったりして…。オリヅルランの花と一緒に咲いてます。
楓にセミ 8月のビオラ

 まだ暑くなって数日なのに8月になっちゃって、私の気分もちぐはぐ…。
 あ~あ、スイカ植えてたらよかったのになあ…w

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ