FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2020年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年12月
TOP ≫ CATEGORY ≫ さ行

焦り気味に、タリアとエイリッチャーと

 かねてより、白いスイセンが欲しいと思っておりました。
 それで去年はついに2種類の球根を買って植え(→やっぱり鉢? バルボコディウム モノフィラス&白いスイセン)、それがやっと開花しました。

 一つはタリア(Narcissus 'Thalia')。これが欲しかったんですよね、だいぶ前から。
 理由は、ごらんのような花姿…。清楚で優美で…。うん、植えてよかった。
 …欲しかったら、さっさと買えよ、っていう感じですが、中古の庭に黄色いスイセンがたくさんあるので、なんだか買いにくかったんですよね(ほかのもっと高いものを買ってたりするけど…)…。でも、やっぱり、白がいい…。
タリア

 もう一つはタリアと同時に購入したエイリッチャー(Narcissus 'Erlicheer')。購入したときのラベルにエイリッチャーとあったけど、エルリッチャーと言ったりも…。
 こちらは売り場でついつい手が伸びたものですが、八重咲で花弁に白とアイボリーがあって、ちょこっと黄色もついてたりして、可愛らしい感じです。
 まだ咲き初めで、これから房がもっと大きくなりそうですが、これから雨で、3日くらい雨がちみたいなことを天気予報が言っていたので、早めに写真を撮って記事にしてます。
エイリッチャー

 白いスイセンの周りには白い芝桜とか、ウツギやミナヅキの斑入りとかも植えています。
白いスイセン ミナヅキ

 あ、、、風が強い中、庭の片づけをしながら急いで写真を撮っていて、香りをかぐのを忘れちゃいました…。
 …雨が過ぎたら、ゆっくり楽しみたいな…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

意外と素敵な近所の桜

 我が家のある小山の上の団地から降りると、泉ヶ岳の裾野に続く田園地帯があります。
 田んぼの周りに小山がぽこぽこある地形で、田んぼの中の国道を行くと、あちこちの小山に桜が咲いているのが見えます。
 昨日は天気も良く、桜も見ごろだったので、何があるのかわからないけど、きれいに見える桜を目指してドライブ…。

 最初に行きついたところは、白石城跡でした。
 ここが今回の桜巡りでは一番よかったです。高台の草地の周りに桜がたくさん。好天の休日なのに、見かけたサクラ見物の人も3人ばかり。見晴らしはいいし、桜はきれいだし。
宇佐八幡

 室町時代の城跡だそうですが、私には高台としかわかりませんでした。
 現在は宇佐八幡宮、三十三観音、栽松院(伊達政宗の祖母で、晩年ここに住んでいたそう)の墓碑などがあります。
宇佐八幡 宇佐八幡

 上からも下からも桜、みたいな…。
 古くて大きな桜のほか、最近植えたような小さな桜も…。もう少し手入れが良ければ、もっと人が来そうなところですが、静かに花を見るには、今のままでもいいのかも…。
宇佐八幡

 次に向かったのは、こちらの桜。
 近づいてみたら、中学校の桜でした。ここにはかなり長い桜並木がありました。
 左に見えている山が泉ヶ岳で、ちょっと尖ったてっぺんに少しだけ雪…。
sakura_19_05.jpg

 3番目に行きついたのは、松森山 東泉寺というお寺でした。
 1622年(元和8年)に天台宗の寺として開山、正保4年に無住職となり中興開山した際に曹洞宗の寺となったそう。
sakura_19_06.jpg sakura_19_07.jpg

 ちょっと華やかな枝垂れ桜。
 境内には椿もたくさん咲いていました。ここも無人みたいに静かで(建物の中には誰かいるんでしょうが)、聞こえたのは鳥の声だけ…。
sakura_19_08.jpg

 その隣といった位置関係のところにあったのが雷(なりがみ)神社。
 創立年代は不明ですが、雷除けと日照りの時の降雨祈願をかねて作られたそう。
 国道のすぐ横の高いところに鳥居や桜が見えていて、一度覗いてみたいと思っていましたが、駐車場があるわけでもなく、いつも通り過ぎるだけだったのを、なんとか車を停めて…。
sakura_19_09.jpg sakura_19_10.jpg

 急な階段を昇って振り返れば、桜越しに、田んぼの向こうに中学校の桜が見えました。
sakura_19_11.jpg

 最後は、朝、畑を覗いたときに撮った畑のばあちゃんちの桜。
 ばあちゃんちの隣は神社なのですが、神社の桜は小さくて、ばあちゃんちの桜の方が立派…。(右側にちょっと映っているのが、秋に苦労して実を採っていた柿の木…。)
sakura_19_12.jpg

 以上、昨日3時間ほどかけて回った桜。
 いつもは国道を泉ヶ岳目指して行くか、街のほうに行くことが多く、近場の桜をよく見ていなくて、意外といい場所があるのを見逃してました。

 ほかに川沿いなどにも元は立派な並木だったんだろうと思われる桜などもありましたが、草刈りする人もなく他の木に負けて枯れていたり。だんだん人が減って、農家の庭の名残のような、桜やほかの木が取り残された空地もあったりして…。

 新しめの道路を中心に見ると、雑然としたものが目立つ場所も、桜を頼りに見て回ると、以前あったと思われる、もっとなだらかで手入れの行き届いた風景が思い浮かんできたりしたのでした。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

かわいそうな、白くまくん(サルビア アルゲンティア)と…

 我が家には十分な場所がない可哀想な植物がたくさんありますが、我が家に来て3年くらい経っている白くまくん、ことサルビア アルゲンティア(学名:Salvia argentia、シソ科サルビア属、多年草)もその一つ…。

 こちらは去年の6月の様子。
 白くてほわほわの葉がきれいでしょ? 大きめの葉なんですよ…。
サルビア アルゲンティア

 でもね、引いてみればこんなふうで、大きなホスタの葉に負けてます…。
 同じく6月の右の写真のように、周りには白い花とか白っぽい葉のものを植えていて、ホワイトガーデン風にしたいと思っているのですが地面が足りてなくて…。
 うちでは咲いたことないけど、白くまくんも白い花を咲かせるものだったりします。
サルビア アルゲンティア 6月の庭

 でもって、左2枚は昨日の白くまくん。ホスタはまだ芽をだしていませんが、白くまくんも小さくなってます…。
 春かと感じ出したころにはもう少し大きかったんですが、寒の戻りを繰り返すうちに、どんどん小さくなってます…。
 そして、右は今朝の白くまくん…。また、べたべたの雪に埋もれちゃった…。
 白くまくんと呼ばれているからと言って、雪が降って喜んだりはしないんだよね。寒いとやっぱり傷むわけ…。耐寒性は10℃ちょっとあるみたいだけど…。
 うちの白くまくんの場合、もっと広い場所に移さないと…。…日当たりがよくて水はけよくて、夏に蒸れないところが好きらしいけど、そういうところに空きがない…。
サルビア アルゲンティア サルビア アルゲンティア shirokuma_06.jpg

 今朝は10cmちょい雪が降りましたが、昨日の段階で、スイセンはだいぶ蕾が膨らみ、黄色のプリムラやミニスイセンのティタティタが咲いていましたが、また雪で、お気の毒…。
スイセン プリムラ ミニスイセン

 今朝は雪かきしてから近所の小学校の花壇と、私の桜開花の標準木を見回り…。
 この雪が融けたら、開きかかったサクラも安心して咲けるんじゃないかな…。
shirokuma_13.jpg shirokuma_14.jpg

 さすがに今季はもう、雪はない、だろうと信じています…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

もう見切り品には見えません!(…よね?)

 昨日今日と気温が上がり、そろそろシクラメンシーズンも終わりに近づいてきました。
 シクラメンの生育適温はだいたい5~18度くらいみたいです。暑すぎも寒すぎも嫌い…。
 昨日あたりでも日向に置いていたら、水切れというわけでもないのに、しなっとなってました。

 ということで、シクラメン記事の今季の締め…w

 1月に入手していたシクラメンの「天使のはね」の見切り品(→こうして私は「天使のはね」を3鉢入手してしまいました…)もかなり復活ました。

 こちらが花なし見切り品から復活した「天使のはね」1号ですが、どうでしょう?
シクラメン 天使のはね

 アップで見ても上から見ても、横から見ても、立派な花鉢じゃないですか?w まだ花が少なめですが、蕾がたくさんあります。
 これをラッピングしてプレゼントにしたら、見切り品とは思われないと思いますよね? (なぜこの時期にシクラメンなの?と思われる可能性は大ですが…。)
シクラメン シクラメン シクラメン

 「天使のはね」2号も、花が咲き出しています。
 もう少し咲いたら、かなり見栄えが良くなりそう。花色もなかなかいい感じ。
シクラメン シクラメン

 かなりカッパハゲ状態だった「天使のはね」3号は、さすがに花は無理かも。まだ、蕾もとても小さいです。
 シクラメンは「葉芽と花芽は一対一で発生して行く」(Wikipedia)ということで、やはり入手時の葉の状態に応じた復活状況になってます。
 3号はたぶん、真っ白い花だと思うけど、実際咲いてみないと確信はなし。
シクラメン シクラメン

 こちらは我が家にある5鉢のシクラメンを並べてみたところ。鉢は4号のと5号のがあります。
シクラメン

 最後にしつこく、我が家に来て4年か5年? 今年もいっぱい咲いているチモくん…。
 昨日が暖かすぎて、花弁の色が褪せてきました…。花柄摘みの前に撮っておこう…。まだ蕾もたくさんありますが、もう花が長持ちしなくなりますよね。
シクラメン

 もう少ししたら、シクラメンは涼しいところに移動して、夏は休眠させる予定。
 休眠させないほうが開花が早いのですが、我が家ではどんどん葉が減って、自動的に休眠したほうがいいモードになることが多いので、たぶん断水休眠…。

 秋から活動開始してもらうと、花は2月3月が見ごろで、お店で売っている時期よりは遅くなります。園芸種のシクラメンは原種のペルシカムがもとになっているので、本来春咲きなんだと思います。夏越しシクラメンの記事を検索すると、たいがい年を越してから咲いてるようです。
 我が家では休眠しないで夏越ししたときだけ、12月から咲いてました。でも、葉が少なかったので最初は花も少なく、バリバリ咲いたのはやはり年を越してからでした。

 もっと別のガーデンシクラメンも入手したことがあったのですが、夏越しを失敗したり、手入れをさぼったりして、長生きしているのはチモくんだけだったりしますが、天使のはねも丈夫な品種らしいので、長生きしてくれるといいなと思います。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

チモくんの現状と、だいぶ元気になった「天使のはね」

 1月の記事では、まだ咲いていなかったシクラメンのチモ(→白いチモくんを入手)がだいぶ咲いています。ピンクのほうですw

 雑な扱いにも負けず、例年たっぷり咲いてくれて、ときどき申し訳ない気持ちになるほど…w
チモ

 いつもは3月下旬ころに満開の記事を載せてますが、今年は早め。暖かいせいもありますが、まだ蕾が次々育っている状態なので、満開手前というところ。
 右は1月に福引でもらった白いチモくんと並べたところですが、こちらの白は残念ながらうまく行っていません。
 蕾はたくさんあるし、葉も出ているのですが、葉を出しても萎れてくる部分があります。…病気なのかな? どうなるか、様子見中…。
チモ チモ

 さて、1/20の記事(→こうして私は「天使のはね」を3鉢入手してしまいました…)で、見切り品購入したシクラメン「天使のはね」を3つ載せていました。

 その頃は、中心部がこんなで、特に右側の2鉢は茎が色褪せて、くねくねと蕎麦っぽくなっておりました…w
 (左の1鉢は2週間ほど早く購入して日光浴させていたし、少し高かったので、それほど弱ってない感じです。)
天使のはね 天使のはね 天使のはね

 あれから一か月ちょっと経った写真がこちら。
 日に当てて、ときどき液肥も…。(やりすぎるて球根にひびが入ったことがあるので、ほどほどにしているつもり…。)
 みんな元気です。左のものは花が咲き始めました。中央のものは、日が当たった時に撮ったため色が薄く写ってしまいましたが、これも元気で蕾が育ち、もうすぐ咲きそうです。
 右側のものも元気ですが、中心部にやっと花芽が覗きだしたところ。これは今季中には咲かないかも。
 復活具合はいろいろですが、いずれも葉が育ち、茎の色褪せや曲がりもなくなってきました。
天使のはね 天使のはね 天使のはね

 3つならべると、みんな葉がもさもさ…w 来季に備え、栄養溜めてるのかなあ。
天使のはね



にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

こうして私は「天使のはね」を3鉢入手してしまいました…

 今日はシクラメンの「天使のはね」の話ですが、きれいな状態を見たい方はこちらをどうぞ…(→これは欲しい…、シクラメン「天使のはね」)。

 実は私、1/5に元旦に行ったのとは別の園芸店で、見切り品の「天使のはね」を入手しておりました。
 その日は植物30%引きだったので、見切り品1000円のものが700円だったんですよね。基本、もう少しお安いものしか買わない私ですが、とりあえず1つは育てて見たかったもので…。
 そのとき入手したのがこちら。左が入手当初で右が2週間ほど経った状態。なるべく日に当てて元気を取り戻してもらってます。
天使のはね 天使のはね

 そして昨日、また2鉢入手してしまいました。
 理由は……1つ200円になっていたんですよね。しかもシクラメンだけさらに30%引きになっていたの…。
 残っていた「天使のはね」は2つ…。どちらも葉は元気そう…。…こんなとき、あなたならどうする?
天使のはね touyu_06.jpg

 普通なら、すでに1つ持っているからパス、でしょうかね?
 …でも、そういうふうには考えなくて、これを100円台で入手できることはもうなかろう、と思っちゃうんですよね…。それに、花色は違っているはずだし…。
 (かといって、私がシクラメン大好きかというと、そういうことでもないんですよね…。…なんなんでしょうねえ。。どのシクラメンでもいいなら、「育てられる方、ご自由にお持ちください」となっているシクラメンもあったりしましたが、どれでもいいというわけでもなく。。。)

 ちなみに3つの「天使のはね」は、枯れたところを取って、中央部を見ると現状はこんな感じです。
 左の1号はだいぶ元気になって葉や蕾が上がってきてます。中央と右の入手したてのものは日照不足が顕著だけど、これから日に当てれば、何とかなるんじゃないかな、たぶん…。
天使のはね 天使のはね 天使のはね

 …この状態から元気になって、みんなきれいに咲いたら、楽しいだろうなあ。

 家族には来年3つとも元気に育っていたら、一番好みのものを家に残して、あとの2つは誰かにあげる、って言ったけど、花を見て優劣付けられなかったらどうしようか、などと今から悩んでいたりして…。。。。
 
 ところで昨日は、ちょっと離れた灯油が安い店に行くのがお出かけの第一目的でした。…園芸店はその近く…。
 左が購入したお店。右は我が家の直近のスタンド。18リットルで200円近く違ってました。…団地に来ていた灯油販売は18リットル1,750円でしたね。
touyu_01.jpg touyu_02.jpg

 きく:  だいぶ違うよね…。
 家族: そうだよね、「天使のはね」が買えちゃうね!
 きく:  …うん(一つだけ、ならね…。。)

 こうして「天使のはね」とはいっても、花のない見切り品の鉢が3つ、他の植物とともに家族の寝室の枕元に並ぶことになりましたとさ…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

白いチモくんを入手

 今年も例年通り、元朝参りのあと、元日から園芸店の初売りに行っておりました。
 例によって、福袋ではなく、必ず使う肥料とかを購入して、カレンダーと小物をもらって、福引を一度やってきたのでした。我が家はくじ運がとっても悪いんですが、こちらの福引は空くじなしだから安心…w

 福引は5等までで、今年は4等でした。去年は5等だったので、今年は運がいいと喜ぶ我が家…w
 景品は植物や雑貨のなかから選べるのですが、今年はこれをいただいてきました。
 八重咲きのシクラメンのチモです。ラベルが見えなかったので、景品のなかから元気そうで好きな感じの花を選んだら、鉢の土に埋もれてチモのラベルがありました。ほぼ真っ白…。いいでしょー。
チモ ホワイトウイズアイ

 チモにはピンク系、パープル系、ローズ系、そしてホワイトウイズアイというのがあるようですが、我が家には、同じお店で4、5年前の福引でもらったピンクのチモがあるので、並べてみました。ピンクのほう(右)は、まだ蕾で花は咲いてないですけど…。(例年3月下旬から4月頭に満開になります。休眠させないで夏越しすると早く咲くようですが、夏は水絶ちしてました。)
チモ

 それぞれの中央部分をアップにしてみると、白(左)もピンク(右)も蕾がたくさん。
 しばらくしたら、ピンクも咲くし、白いほうも形よくなるんじゃないかなw
チモ ホワイトウイズアイ チモ ピンク

 今年は近所のスーパーの福引も1本引いて、そちらは3等1000円の商品券でした。いつも最下位の50円券だったので、家族に「よくやった!」と褒められました…w

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

なぜか今頃サンパチェンス

 今年も一年、あまり更新しないブログをご訪問くださいまして、ありがとうございました。
 皆様の年末年始が健やかで楽しいものでありますように。

 以前の記事で我が家の窓辺にサンパチェンス(学名:Impatiens hybrida ’Sun Patience’、ツリフネソウ科ツリフネソウ属、寒さに弱い多年草)が置いてあるのに気づいた方はいたかな?

 こちらは11/22に撮ってた我が家のサンパチェンスのどアップ…。
サンパチェンス

 サンパチェンスはサカタのタネが開発したインパチェンスの改良種(インパチェンス属の種間雑種)で、インパチェンスより生育が旺盛で夏の暑さにも強い品種…。

 ちなみにこちらが7/14に園芸店の店頭で撮ったサンパチェンスの見本鉢(左)と苗(右)の様子。
 春に苗を買って秋まで楽しめる花なんです…。
サンパチェンス サンパチェンス

 寒さに弱いので、世間では今の時期には終了しているサンパチェンスが何故我が家の室内にあるかというと…。

 こちら、7/5の我が家のサンパチェンスの様子…。
 5月ごろに「さくさくシリーズ」のホワイトを買って新しい培養土に植えたのに、7月になっても小さいまま。葉の先は茶色くなるし、蕾は着くけど花首が伸びない変な咲き方でした。
 ということで、とりあえず抜いてみたところ、根っこは大丈夫そう…。ということは、ウイルス病かなにか?
サンパチェンス サンパチェンス

 諦めるには惜しかったので、悪そうなところを切って、赤玉と鹿沼にマグァンプを入れただけのあっさりした土に植え替えてみました。それからだいぶ経った11月下旬の様子が右および最初の写真…。
 10月頃から大きくなりだし、11月頭位から咲き出したのでした。(…11月後半には室内に入れました。)
サンパチェンス サンパチェンス

そして、コタツの上で撮った昨日の写真がこれ。
 微妙に花が増えたかな…w
12月のサンパチェンス

 もっと暖かいところで鉢も大きくすればどんどん育つでしょうが、さすがにこの時期鉢増しはしたくない…。
 冬越しの温度をキープするのも大変そうだし、年が明けてもっと寒くなったら枯れちゃう気がしますが、もう少し飾っておきます。

 サンパチェンスは我が家で2年前に貰い物のサンパチェンスを育てたときは普通に育ってた(→白い花(シロクジャク他)と白いアマガエル…)のですが、今回はなんらかの不都合があったみたい。
 復活したところを見るとウイルス病ではなかったみたいなので、たぶんダニ系の小さな虫とかの仕業だったのかな?

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

やっぱり鉢? バルボコディウム モノフィラス&白いスイセン

 一週間ほど前に馴染みのお花屋さんから白いペチコート咲きのスイセンをいただきました。 …ほんとはシクラメンをくれるって言ったんだけど、こっちがいいと選んじゃった…w シクラメンの1/4の値段だったし…。

 どんな花かというと、こんなかわいいスイセン…。ラッパの部分が大きくて、透き通るような感じ…。これがたくさん増えたら、素敵でしょ?
モノフィラス

 頭大きめに写してますが、サイズは身長が12cm、ラッパの部分の直径が2cm、横顔の長さが4cmほどです。葉は細いです。
shirosui_01.jpg shirosui_01.jpg

 ラベルには「原種系スイセン バルボコディウム・モノフィラス」とありましたので、バルボコディウム モノフィラス(学名:Narcissus bulbocodium var.monophyllus、ヒガンバナ科スイセン属)だと思いますが、開花時期については記載がありませんでした。近所にそっくりなスイセンの黄色版みたいなのが地植えでたくさん増えている家があり、そちらは春に咲いていたので、たぶんいただいたスイセンも早く咲かせているけど地植えでOKだろうと思ったのですが…。

 家に帰って「バルボコディウム モノフィラス」で検索すると、開花期は1~3月くらいなんだって。ということは、我が家の辺りだと、咲いても雪や寒風で花が傷むんじゃないかな。
 以前地植えにしていた日本スイセンも、真冬に咲いて花が見る影もなく傷むので、今年は鉢にしたところ…。…バルボコくんも、やっぱり鉢かな…。

 (でもね、なんだかよくわからないんですよね…。
 検索するとバルボコディウム(Narcissus bulbocodium)のほうは黄色で早春に咲くとあったりする…。
 一方、Narcissus bulbocodium var. monophyllusの同義語としてNarcissus cantabricus subsp. monophyllus が挙げられていたりして、カンタブリクス(Narcissus cantabricus)は冬咲きの白いペチコートスイセンと書かれていたりする…。
 早春と冬って、同じ? 違う? みたいな…w
 …しばらく鉢植えにして、増えたら地植えにもできるといいな、という感じかな…。)


 以下は追加のスイセンのこと。
 我が家には、中古の家に元から植えてあった黄色のラッパスイセンと八重のスイセンなどがあるのですが、白いスイセンが欲しくて、10月に2種類植えていました。

 1つは前からほしかったタリア。それから売り場でついつい手を伸ばしてしまったエイリッチャー。エイリッチャーはラベルの写真も素敵でしたが、球根が思いっきり大きかったので…w
タリア shirosui_05.jpg shirosui_06.jpg

 ということで、白花を地道に増やしていたりします…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

これは欲しい…、シクラメン「天使のはね」

 昨日は生花を買いに花屋さんに行ったのですが、園芸店でもあるので店内に入ったら当然鉢花も見回り…。
 そこには季節柄、シクラメンがたくさんありました。この時期のシクラメンは母の日の時期のアジサイみたいに華やかでいろんな種類があり楽しいですが、お使い物ならともかく自分用にはなかなか買いません(買えません…w)。
 でも、昨日は自分用に欲しいと思うシクラメンを、見つけてしまいました…。

 それは、「天使のはね」というのですが、こんなシクラメン…。
 ちょっと小ぶりなシクラメンで、下向きですが、上から見ても、花弁になにか仕掛けがありそう、と思うでしょ?
天使のはね

 その通りなんだけど、下から見ると、思った以上にすごかった。
 ほら~、花弁にヒラヒラが付いてる?!
 いくつか種類があったのですが、種類が違うせいか開き具合の違いか個体差かわからないけど、それぞれ色の混じり具合とか、花型も違いがあるみたいで、見惚れちゃいました。…この時点で、買うならどれがいいかを考え始めて…。だがしかし、今日は生花を持って行くところがある…。
天使のはね 天使のはね 天使のはね

 ということで、時間がないのを思い出してシクラメンをささっと見渡して写真を撮らせていただいて、生花をささっと選んで花束3つ買って出たのですが、頭の中はシクラメン…。
 「天使のはね」にはパッと見ても、真っ白、うっすらピンク、濃いピンクとかもあったので、家に帰って通販サイトを見てみたら、ピンクホワイト、パープルローズ、ピンク、ホワイト、パープルピンクといった種類があるようです。(名前からすると、けっこう微妙な違いのものもあるような気がしますが。)
天使のはね 天使のはね 天使のはね

 「天使のはね」はラベルによると細金裕さんとハクサンインターナショナル(株)の共同開発のシクラメンの新品種。「世界で初めて園芸品種x原種系品種との種間交雑に成功」したものだそう。「原種との交雑品種のため寒さにも強く~(中略)~屋外でも楽しめます。」となっていました。耐寒性については耐寒何度といった具体的な記述はなく、どの原種との交雑かわかりませので、東北の冬も外でOKとは思えませんが、ガーデンシクラメンと同程度の耐寒性はあるみたいです。
 そのへんは、うちの辺りだと結局室内なので大した違いはないのですが、「天使のはねをイメージした」シクラメンということで、花型がいいですよね。下向きの花が、天使の背の羽のよう。花弁についたヒダヒダがフワフワの羽感を醸し出してる感じ…。
 真っ白もいいけど、少しピンクが入ってもいいな…意外とパープル系も怪しく青っぽく見えるところがあったりしてよかったし…。
天使のはね

 ささっと見てきた割には写真をたくさん撮って(撮りたくなる花だし、写りもいい気がする)、どれがいいか、際限なく迷っている私…。…ラベルも可愛いね…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ