FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP ≫ CATEGORY ≫ た行

それでも咲いてる? 「常山アジサイ 碧のひとみ」(ディクロア)

 一昨年の秋に花後の見切り品を入手したディクロア(学名:Dichroa febrifuga、和名:ジョウザンアジサイ、アジサイ科ディクロア属、常緑低木)です。「常山アジサイ 碧のひとみ」の名で売っていることが多いです。

 蕾も可愛い花なので、まずは蕾…w 手毬みたいです。 葉はちょっと、いじけている感じかも…w
ジョウザンアジサイ 碧のひとみ

 開くと、きれいな青い花です。開いた花はまだ少しだけど、けっこう蕾だくさんに育ちました。花がいっぱい咲いているより、蕾だくさんで花が少し、という時期のほうが好き…。
 (耐寒が−5℃くらいということで、我が家では鉢植えです。)
ジョウザンアジサイ 碧のひとみ ジョウザンアジサイ 碧のひとみ

 この花、今年は咲かないだろうと思ってました。
 それは…

 こちらは今年の3/19の写真…。(お見苦しい写真で、すみません…w)
 冬の寒さのせいだと思いますが、ディクロアの葉が黄ばんだり黒くなったりしています…。
 (前年の冬はずっと室内に置いていて、葉はきれいなままでした。この冬は暖冬だったこともあり、外の軒下に置いていた期間が長かったです…。)
 これはまずい、ということで、3月だけど右のように切り詰めて、一応消毒…。
 検索すると、ディクロアの剪定はアジサイと一緒で、花後すぐ。夏から秋に花芽ができる(花は旧枝の先に咲く)ので、遅くに剪定すると花が咲かないとなっています。
 それなのに3月にかなり切ってしまったので、これはもう、今年の花は諦めるしかない、と思ってました。
ジョウザンアジサイ 碧のひとみ ジョウザンアジサイ 碧のひとみ

 それが、先の写真のように、ちゃんと蕾をたくさんつけてくれたので、ディクロアの剪定って、よくわからないなあ、と…。

 なお、この花は、花後に剪定しないと青い実を付けるけど、実を付けると翌年の花付きは悪くなるとのことです。
 (それで、去年は実は諦めることにして、花後に剪定していました。…さらに春にも剪定しちゃったわけ…w)

 花が咲いて嬉しいけど、さて花後の剪定をどうしようかな…。実もみたいなあ…。
 と、今年も剪定に悩むディクロアです…。

関連記事:
 →剪定に迷う、ジョウザンアジサイ 碧のひとみ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

よく日に当てたら、こうなりました…

 2年ほど前に入手していたドリミオプシス マクラータ(学名:Drimiopsis maculata、キジカクシ科ドリミオプシス属、球根植物)です。
 最初に見かけたころは高かったけど、丈夫でよく増えるせいか、100均で売ってたりもしたようです…w

 冬は葉が枯れてしまいますが、春になると葉が出てきます。
 わりと日陰でも育つようですが、日に当てると斑点模様が鮮やかになるということで、春から2階の日当たりのいい部屋に置いて、その後ベランダに出してました。
 結果、どの葉にも、くっきりと、きれいな斑点模様がw
 入手したころの葉(→山野草トレイからドリミオプシス マクラータ)は、だいぶ斑点少なめだったんですよ。
ドリミオプシス マクラータ

 でもって、この時期花を咲かせていたりします。お花は地味ですが、香りはいいですw
 適当な土で適当に育ててるのに、球根はどんどん増えているので、基本、丈夫です。
ドリミオプシス マクラータ

 記事を書きながら、育て方情報を検索しておさらいしていたら、直射日光を避けた明るい場所がいいみたいです! 明るいところに置くと斑点が鮮やかになるはずと、かなり日に当ててましたが…。…それでも問題ないくらい、丈夫…。
 今日からは、室内の植物がかなり減ってちょっと寂しいので、室内の窓辺に移動してみます…w

 さて、この植物の葉は、おもしろいし、可愛いからいいんですけど、日に当てる→斑点くっきり、を自分に当てはめると、ちょっと複雑…w
 なにしろ、畑や庭で日を浴びていたら、去年、ものすごい数のシミがくっきりとあちこちにできたから…。その頃は、いっしょに温泉に行った母が、早く病院に行った方がいい、と言うほど…。…病院には行ってたけど、内科で終了…。
 そんなことになったのは、去年は冬から春に全身蕁麻疹ができ、肌が弱っていたせいだろうと思います。(あとは、、年…。)
 その後、あれこれやって、だいぶ復旧したからよかったけど、皆さんも日焼けにはご注意を…。
 今は毎日、SPF47 PA+++の日焼け止めを付け、NORA STYLEブランドの農婦帽を被って作業してます…w

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

間引きダイコンを植え替えた結果

 今日は間引きダイコンを植え替えてみた結果です。
 今年は一度目に蒔いたダイコンの調子がいい感じだったので、間引き苗がもったいなかったし、隣の場所に空きがあったので、間引き苗を多めに植え替えてみていました。植え替えて少し経った頃の記事はこちら(→順調そうなダイコンくん、だけど…)。

 その植え替えた間引きダイコンも地中はともかく首は太ってきたようだったので、土曜日に10本ほど抜いてみました。

 結果は、こんな感じ。左が抜いたダイコン、右が抜く前の様子。左2列のなかの10本を抜きました。右一列は、少し遅れて蒔いた第二弾のダイコンの間引き菜を植え替えたもの。
植え替えた間引きダイコン 植え替えた間引きダイコン

 帰る途中で2本は知り合いにあげたので、8本になりましたが、家に帰って洗った様子がこちら。
 思っていたよりも、けっこうちゃんと育っていたので、干して漬物にする予定です。
植え替えた間引きダイコン

 左が一番股になってたもので、これは20cm弱のサイズ。他のダイコンも植え替えずに育てたものに比べると、少し横やら下に出ている根が多い感じですが、長いのは30cmくらいになっていたので、ふつうに食べられそうでしょ?
植え替えた間引きダイコン 植え替えた間引きダイコン

 こちらは少し早めにちょこちょこ食べている上の間引きダイコンと同じ時に蒔いて、間引かれなかった正統?ダイコン(これは10/31に収穫して写真を撮っていたもの)。
 うまく育って、おいしく食べています。
ダイコン

 ということで、今回の結果だけ見ると、間引き苗を植え替えても、小ぶりにはなるけど、けっこうダイコンとして食べられるみたいです。

 *ダイコンは間引いてすぐに隣の畑に植えました。畑には棒で穴を開けておいて、そこに苗を差し入れ、周りから土を寄せて水を掛けておきました。以前1本2本植え替えたときは、今回ほど大きくなりませんでした。今回は植え替え時の天気とか湿り具合も良かった気がします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

やっぱり、白が涼しそう

 当地方は昨日から、少し暑さが落ち付き、今日は30℃くらいの気温でしたが、やっぱり暑いです…w
 庭の土もカラカラな感じで、日中はうなだれている植物もありますが、そんな中でも涼しそうに見えるものをちょっと撮ってみました。

 左から、トワダアシ(十和田葦、学名:Phalaris arundinacea、イネ科クサヨシ属多年草)、エキナセアの白、ムクゲの白祇園守りです。
 やっぱり、白は涼しそうだし、これらはいずれも暑さに強いので、しゃきっとして元気そうなところもいいです。
十和田ヨシ エキナセア 白祇園守

 特に涼しそうに見えるトワダアシの周り。
 後ろのラムズイヤーも、朝方はもっと銀色っぽくてきれいです。日中は緑っぽく見えますが…。
ヨシまわり

 花がないので、先日入手したコレオプシスの鉢を近づけて…w このコレオプシスはスノーベリーという名前で、白い花弁の中央が赤なはずですが、この時期は花弁が薄い黄色になっています。
ヨシまわり

 こんなところで、7月下旬の庭は(も?)葉っぱのほうが目立ってます。
 こうしてみると、白もいいけど、青っぽい葉もきれいだなあと…。左下のほうにあるメリアンサス マヨールは青味を帯びた葉の色も羽のような形も大好き…。…いまだに花は咲いていませんが…。
7月下旬の庭

 今年は例年の10倍くらいセミが鳴いている気がします。
 夏休みも始まって、しばらく暑い日が続きそうですが、皆さん、体調に留意して、無事にお過ごしくださいませ…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

耐寒マツバギクの黄色が2つ

 一昨日は岩手に日帰りで行っていたので、昨日の午前中は家でゆっくり。
 昼近くにふと見たら、耐寒マツバギクがまぶしいほどに咲いていました。
 我が家では現状、白花の耐寒マツバギク2種を地植え、黄色2種と紫系2種を鉢植えにしているのですが、咲いていたのは黄色2種…。

 こちらは耐寒マツバギクという名で購入しましたが、検索してみたらデロスペルマ コンゲンスタム(学名:Delosperma congestum)のようです。
 よく見かけるデロスペルマ クーペリー(Delosperma cooperi)のレイコウと比べると、花が小さく(花径3.5cmくらい)、這性といってもあまり茎を伸ばさず、まとまりがいい感じです。花は春しか咲かなかったように記憶…。
耐寒マツバギク

 左の写真は上の花のアップ(クリックすると大きくなります…)ですが、右はもう一つ咲いている黄花で、冬に見切り品50円で購入していた京花美の黄です。ラベルにはツルナ科デロスペルマ属(Delosperma cv.)と。こちらは「3月から11月ぐらいまで楽しめます。」とありました。
 こちらはコンゲンスタムもどきの輝くような(目が痛くなりそうな…w)黄色に比べると、照りが少ない感じの黄色で、白い目が大きいせいもあり、おとなしい印象です。花径も少し小さめ(約2cm)。花色は、白や赤っぽいのとかもいろいろあったけど、黄色と紫を購入したのでした。
耐寒マツバギク 耐寒マツバギク

 耐寒マツバギクも、レイコウばかりではなく、色、花の大きさ、葉の感じがいろいろなものが出回ってきて、選択の幅が広がった感じ…。
 我が家の耐寒マツバギクは、地植えはもちろん鉢植えも、ずっと外です。昨冬は-10℃以下の日も多かったけど、大丈夫…。

 地植えしている白花についての記事はこちら→耐寒マツバギク(デロスペルマ)の、これを待っていた?

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

雪をかぶった、まりもちゃん

 低温は相変わらずで、日が照ったり雪が降ったりの天気です。
 庭はほぼ真っ白ですが、軒下加減のところに植えた緑の美女ナデシコ(学名:Dianthus barbatus、ナデシコ科ナデシコ属、多年草)まりもが雪を頭に、ぴょこ…。

 はい、こんな姿です。帽子を被っているみたいで、愛嬌があるでしょ?w
 これは花といっても、美女ナデシコ(ヒゲナデシコ)のヒゲ(総苞)が大きくなって花のように見える改良品種だそうで、本来の花は咲いていないわけ。
 去年の11月だったか12月だったかに値下げ品を購入し植えたもの。花は購入時に、ほぼ切られていて、残っている花もお疲れな感じではあったのですが、賑やかしに残しておいたのでした。咲き始めだと、もっと瑞々しくて丸っこいみたいです。
ダイアンサス まりも

 こんなラベルです。「日当たりと水はけの良い場所で」というと、どうしても軒下あたり…。
ラベル ラベル

 まりもは、おぎはら植物園さんの楽天のショップでも販売していて、そこの解説(宿根草 ナデシコ(ダイアンサス) まりも)によると、「切り花では有名で人気がありますが、苗や鉢植えは流通しませんでした。2016年3月より苗の流通が可能となりました」とのことです。
 去年の東北らん展で、この花を使ったハンギングが多数あったのも、その辺の事情のせいかもしれません。

 切り花では有名だということで、ちょっと検索してみたら、テマリソウとかグリーントリュフと呼ばれているのが、まりもと同じなんじゃないかと思ったのですが、まりものラベルにあるセレクタ・ワンのHPでダイアンサス/グリーンを見ると、そっくりさんがいくつかありました。
 それやこれやで、テマリソウ=まりもかどうかは、わからずじまい…。ご存知の方は、教えてちょんまげ…。

 耐寒性はけっこうあるけど、夏越しのほうが難しいみたいです。用途に「鉢物、寄せ植え」とあるのも、季節によって場所移動が必要だったりするせいかと。うちのあたりだと、気候的にはちょうどよさげですが、今年は寒すぎかも…。
 枯れてないように見えるけど、購入してからずっとなんの変化も見られない感じでもあり、ドライフラワー状態かも…w

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

痩せてるけど、そこそこ育ったドドナエア

 お寒うございます…。

 年末に写真を撮っていたけど、記事にするのをさぼっていたドドナエアのパープレア(学名:Dodonaea viscosa ‘Purpurea’、別名:ポップブッシュ、ムクロジ科ドドナエア属、常緑低木、雌雄異株)です。

 写真の左の小さいほうは去年の暮れ頃に150円で購入した同じドドナエアのヴィスコサグリーンで、右が2年ほど前に購入したパープレアです。パープレアは銅葉がおしゃれと思ったけど、去年緑を見かけ、緑も明るくていいかなと、買い足したのでした。
 パープレアも購入時はグリーンと同じく30cmくらいのポット苗でしたが、今は1.8mくらいになりました。もっと、わさわさに育つものらしいですが、鉢だし、日当たりイマイチだし、枝も切っているので、この程度です…。
ドドナエア

 グリーンのほうは年中こんな緑らしいです。パープレアのほうは、冬は銅葉に紅葉しますが、暖かい時期は緑色しています。どうもグリーンが基本種で、パープレアは変種のようです。
ドドナエア ヴィスコサグリーン ドドナエア パープレア

 パープレアは購入時に耐寒性は-5℃くらいということだったので、鉢植えにして軒下で越冬してました。最初は気温が低いときは室内に入れたりして…。でも大丈夫そうだったので、最近は年中外です。
 日当たり好きみたいで、軒下だと夏は日の当たるほうに曲がるので、場所を変えてます。去年は地味な花も少し咲き、種らしきものもできていました。

 冬は葉の色が恋しくなるけど、あまり常緑樹が多いと暗くなるし、雪折れもしやすいので地植えではあまり増やしたくありません。その点、ドドナエアは軒下に収まる程度で、葉も暑苦しくないので、窓の外に、ちょうどいい感じ。

 耐寒性はあれこれ見ると、-2℃くらいから-10℃くらいと、記述に幅があります。
 我が家周辺だと-5℃は確実にいっているので(ちなみに今日は-7℃)、-2℃っていうことはないと思いますが、東南向きの軒下に置いているので、どこでも大丈夫かどうかは?です。挿し木で増やして、ちょっと地植えも試そうかな…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

悩ましいチョコレートコスモス

 去年の秋というか冬に見切り品で買っていたチョコレートコスモス(学名:Cosmos atrosanguineus、キク科コスモス属、多年草)のチョカモカの花が咲いてきて、だんだん好きになってきました。

 チョコレート色というか赤黒?というか、この花色を撮るのは、私にはかなり難しく、これが中では一番ましに撮れたもの。
 花径は普通のコスモスより少し小さめな5cm弱というところ。花色も落ち着いていいんだけれど、質感もいい…。
チョコレートコスモス

 これが2番目にましだったもの…w あとは、、、という感じでしたw
 花色もですが、香りもチョコレートのようないい香り。チョコレートコスモスは以前から知っていて、匂いを嗅いだりしていたけど、それほどチョコ?と思っていたけど、うちのは、ほんとにチョコ。
チョコレートコスモス

 花色は、本当はもっと黒っぽい感じなので地味かと思えば、けっこう庭では映える色だったりします。
 左の写真で全体のイメージを…。ホントに全体を見せたいところですが、諸般の事情で、1/3ほど…。それでも正面に庭ゴミ用のバケツが写ってますが…w
 右は葉だけ撮ったもので、ちょっとブルーっぽいような感じもあって、この葉色で上の写真を修整して、花色にも修正かけてくれるといいかな…w
チョコレートコスモス チョコレートコスモス

 こんな素敵なチョコレートコスモスの、どこが悩ましいかといえば、やっぱり越冬…。
 もともと手を出していなかったのは、そのせいだったし…。
 ラベルには「最低温度 約0℃まで」となっているので、どうしたって地植えのままじゃ無理そうだし。
 去年は寒い時期に購入したので、ポット苗を鉢増しして家の中で越冬したのですが、今年は掘らないといけません…。それも割とすぐ…。

 買った時は、ラベルに「開花期 春~秋」となっていたので、一年楽しめたらいいかな、と思っていたけど、どうしましょうね…。
 (我が家では、最近咲き出したんですけどね…。蕾いっぱいなので、これからしばらく咲きそう…。)

 冬に家に取り込むものは極力減らそうと思っていたけど、思いのほかいい感じになって、心をぐらつかせるチョコレートコスモスなのでした…。

(以下、諸般の事情)
 写真ではわからないけど、うちのチョコレートコスモスは草丈80cmくらいにはなっていて、それが、庭のほうに倒れ掛かって咲いています…w 支柱をしていたのですが、それでも倒れちゃってて、写真に見えているのは、倒れた前面のほうなのでした。
 摘芯して育てたほうがよかったみたいです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

連休は、多肉三昧…せっせと散財編

 連休の土日は、先月も行った多肉即売会に行っておりました。

 土曜は雨で、お目当てのリトープスのお店はないのに、それでも行って、2つほど購入。無料の焼きそばもゲット。帰りにメセン好きのスーパーの店長さんのところを覗きに行って、店長さんがメセンを買うお店の情報を聞いちゃいました。
 日曜は、多肉即売会でリトープスを4種ほど購入したのでした。

 こちらは購入品とは関係ありませんが、この時期咲いているコノフィツムの花を3種ほど。左二つは即売会で、右の一つは店長さんのところで撮ったものです。
メセンの花 メセンの花 メセンの花

 こちらは即売会会場で、家族がえらく気に入っていたハオルチア。…私も気に入っているんですけど…。でも、左二つは非売品、三つめも、買えない…。
ハオルチア ハオルチア ハオルチア

 ということで、リトープスを左のトレイからいくつかと、右の小さな寄せ植え(480円)をお買い上げ…。…この右側の寄せ植えあたりが、私にはちょうどいい感じなんだけどね…。
リトープス リトープス

 即売会の帰り道には、前日店長さんに聞いたお店へGO!
 そこで初めて、郡仙園さんのリトープスを2つ入手(なかでは一番安かったものですが)。

 左がプリンス アルバート、右がディンターグリーンという名前です。
プリンスアルバート ディンターグリーン

 二日間の多肉行脚?(というか、どれを買うか決めるの)に疲れて、月曜はスーパー銭湯に行って、それから家族の好きな本屋に寄ったところで、かねてより欲しかった本を見つけ、買っちゃった…。
 …え? ハオルチア持ってるかって? ええ、まあ、極めてお安いものを1つか2つか3つか4つか…。
ハオルシアの本

 ということで、3日間でだいぶお買い物をしちゃったのでした。
 まずいのは、花を買うときは見切り品ばかり、50円~150円程度のものしか買わないのに、多肉となると単価が上がること…。即売会とかだと、雰囲気にも反応しちゃうし…。

 普通の園芸店だと多肉も見切り品で買っているのに、即売会になると見切り品はないし、比較的安いものを選んでも、結局はいつもより高めのお買い物…。

 これがきれいだ、と思っても値段的に手が出ず、それなのに比較的安いものを複数買って、結局、高いの一つ買える値段になって…。朝三暮四って、こういうことじゃないの…。
 (こういうところで度胸?の差が出るような…。)

 とりあえず、買い物はしばらくお預け…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

秋の方がきれいに見える黄金葉の西洋ツユクサ

 同じ花でも季節によって、違って見えるものです。

 黄金葉の西洋ツユクサ、たぶんスイートケイト(Tradescantia x andersoniana 'Sweet Kate'、別名:Blue and Gold)じゃないかと思っているものも、その一つ。

 この花の場合、秋の方が断然きれいに見えると思います。
 まず、花色。5月には濃い紫色という感じだったのが、この時期には、青、といっていいかなと。
黄金葉の西洋ツユクサ

 その花色が、朝の光できれいに輝く黄金葉に映えて、鮮やか。
 葉も初夏ほど伸びていないせいで、折れたりしていません。
 この感じが好きで入手したんだよ、と、うれしくなります。
黄金葉の西洋ツユクサ

 初夏にはもっと繁って、花もたくさん咲いていたのに、もしゃもしゃし過ぎた感じで、今一つ、私が気に入っていたイメージと違う、と思っていたけど、秋の花を見て、これこれ、と、一人、庭でにやにやしていたのでした。

 これなら、Blue and Gold の別名も納得…するよね?

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ