FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2013年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2013年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年09月
ARCHIVE ≫ 2013年09月
      
≪ 前月 |  2013年09月  | 翌月 ≫

とってもメルヘンなネコジャラシ

 先日見つけた、指人形のウサギみたいなネコジャラシことエノコログサ(狗尾草、学名:Setaria viridis、イネ科エノコログサ属、一年草)です。
 たぶん、ムラサキエノコロ…。

エノコログサ

1つだけ、不思議に枝分かれした穂。右下は二股のオオバコの花。

エノコログサ  オオバコ

ということで、エノコログサ特集?準備中。
スポンサーサイト



ソバのつく花

 昨日はお使いに行った先で、ソバ(蕎麦、学名 Fagopyrum esculentum、タデ科ソバ属の一年草)の畑を発見。このところ、タデ科のお花を集めていたので、さっそく撮影。草丈は70cmくらいあります。

ソバ

 ソバ畑は白いお花がいっぱいでなかなかきれい。ソバには赤花もあるようですが、この辺で見るのはだいたい白です。畑はちょっと、むっとする匂いがします。
 ソバの花は総状花序なので、蕾を見ると穂に似て見えます。

ソバ  ソバ

 ついでに下は、トゲソバの別名を持つママコノシリヌグイ(継子の尻拭い、学名:Persicaria senticosa、タデ科イヌタデ属、1年草)。花の形は違うけれど、葉っぱや茎の感じが似ているかな。(アレチウリやクズの隙間から顔を出している三角の葉です。)なよなよしてますが、1m以上のツルになっています。

ママコノシリヌグイ  ママコノシリヌグイ

 写真のように茎や葉の裏にトゲがありソバに似ているので、トゲソバ。あとは、継子いじめの材料にいいから?ママコノシリヌグイという名が付いたらしいですが、ぼーっとしていると、なぜか私の頭のなかでは、シリコノママヌグイ???という意味不明な言葉に置き換わるので、個人的にはトゲソバを使いたいなと思います。
 でも、ソバにも細い刺というか毛のようなものが少し生えていますよね…。

ミゾソバもヒメツルソバも見つからない…探すのをやめると見つかるはず…。はい、ソバでまとめたかったんです…。

直後、ミゾソバらしき花発見…追加します。やっぱりね…。

ミゾソバ  ミゾソバ

 あんまり形がきれいではないのですが、なにしろ側溝…たぶん、ミゾソバ(溝蕎麦、学名:Polygonum thunbergii、タデ科イヌタデ属、一年生草)。近くに葉っぱはたくさんあったので、これからたくさん咲く模様。きれいなのが取れたら、差し替えよう…。
 それにしても、ミゾソバもとげとげしているのに、なんでトゲソバだけ…みたいな。

薄暗がりのトンボの写真

 夕方のトンボの写真3枚と夕焼けの写真1枚です。

 暗くなってきた散歩の帰り道、ススキにトンボさんがとまってるwと思っていたら、この方、急に飛び立ち、獲物をくわえてすぐ戻り、何事もなかったようにむしゃむしゃ。

 トンボは薄暗がりでも目が見えるんだね。

夕方のトンボ

 左はワレモコウにとまっているトンボ。ワレモコウはちょうどいい止まり木のよう。右は田んぼのギシギシに止まっているミヤマアカネ。

夕方のトンボ  夕方のトンボ

 下は数日前に撮った変な空。夕焼け空ふうですが、地面近くに低く重そうな暗い雲がもくもく。車の窓から。

夕焼け

以上、暗いからボケたのか、ボケたから暗いのか、わからない写真4枚でした。
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ