FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2013年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2013年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年09月
ARCHIVE ≫ 2013年09月
      
≪ 前月 |  2013年09月  | 翌月 ≫

ツバメシジミ

 今日、マタタビ空き地で撮ったツバメシジミです(よね?w)。

 こちらはメス。ツバメシジミは後翅の先に細い突起があり、それが「ツバメ」の由来。メスの表翅は黒っぽく地味そうですが、きりっとして、目立ちます。

ツバメシジミのメス

 後翅の突起以外にも、裏翅にオレンジが入っているところなどが、ヤマトシジミなどとは違います。
ツバメシジミのメス

 こちらはオス、表翅は青っぽい色です。
ツバメシジミのオス

ん? もっと、くっきりした写真がいい? 私も…。

一生分?のモウズイカの種

 8月に倒れて、その後懸案?だったモウズイカ、バーバスカム・ボンビシフェラム(Verbascum bombyciferum、シルバーマレイン)の種を採りました。こんな種です。

モウズイカの種

 左下の写真は乾燥中。参考までに上の方にマツヨイグサの種w 右は穂のアップ。このイガイガの綿毛の下に鞘があり、中に種が入っています。

モウズイカの種  モウズイカの種

 鞘1つは5mm程度。それを割って(自然に割れたのはもう空…そっちのほうがいい種?)種を採ったのですが、綿毛やら鞘の割カス?で綿ぼこり+砂?みたい…。吹くと種まで飛びます。
 サイズ的には松葉ボタンの種を思い出しましたが、できあがりはきれいにはいかない…。1つの鞘に入っている種は約70(数えたのは1つだけだけど…)。

 上から撮ったので、平面的になってしまいましたが、種は山になってますから!w
 これだけにするのに、、計約2時間……。結局一番太い茎についた種だけ採りました。
いったい私は何本モウズイカを育てるのだろう? これで一生モウズイカは買わずに済む?などと考えながら…。一生分、プラス、後世に残るくらい、モウズイカの種を採ったかな…。

サイズは……こんな感じ。

モウズイカの種

 ビロードモウズイカの場合、「種子は10年以上、時として100年以上もの間、発芽能力を保ち続ける」(wiki)そうで、何年も眠っていても開けた生育に適した環境になると発芽するそうで、山火事のあととか、工事現場にひょっこり、みたいな感じで現れます。ということで、来春、この家の軒先には、ボンちゃんの小苗がぴょこぴょこ出ているかも…。

関連記事:
モウズイカ、倒れる
育ててみてます、モウズイカ

ツリバナ…マユミちゃん

 実家のツリバナ(学名:Euonymus oxyphyllus、別名:ツリバナマユミ、ニシキギ科ニシキギ属、落葉低木、雌雄同株)の実が、ぷらぷらしてきれいです。この木、母はマユミと言っていたのですが、どうもツリバナのよう。

ツリバナ

 なんだか、こんな感じの針刺しがあったような…。
ツリバナ  ツリバナ

 ツリバナは別名ツリバナマユミということもあるようで、母がマユミといっていたのはそのせいでしょうか。母が、マユミという名前の人に、実生苗をあげたと自慢していたので、ちょっと気になります…。だって…。

 この木、マユミっていうのよw かわいいでしょw 私と同じw
 え? ツリバナでしょ!?

みたいな…w あ、、私もあげたな……。別のマユミちゃんに……。

関連記事:
ツリバナとマユミの実はこちら→ぷらぷらの、ツリバナとマユミの実

ツリバナとマユミの違いについては、こちらがわかりやすかったです。
園芸センター過去ログ ツリバナマユミ?
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ