FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2013年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年12月
ARCHIVE ≫ 2013年12月
      
≪ 前月 |  2013年12月  | 翌月 ≫

綿菓子のようなススキ、じゃなくてオギ…

 ほんとうは、2枚目の写真みたいなのを最初にするつもりでしたが、思ったように撮れない…。それで、別の、空を向いて撮った写真がトップ。だから、綿が足りない感じですが…。

  これまで、オギ(荻、学名:Miscanthus sacchariflorus、イネ科ススキ属、多年草)といっても、ハギ(萩)と漢字を間違わないように、としか気にしていなかったです…。山の下の田園地帯のススキの穂が、やけにふわふわできれいだ、と思ったら、ススキではなくオギでした。

ススキの種

 左下は、後ろが杉林で、その上から出ている太陽の光がオギにあたっているところ。毛が白くきれいです。実はここには、ススキも多少混じっています。痩せた穂に見えるのは、たぶんススキ…。右は普通に撮ったオギ。ほら、もやもやが、たくさん。
ススキの種  ススキの種

 左下はオギとススキを並べてみたところ。クリックで拡大します。左がオギで右がススキ。種についている毛の長さがだいぶ違います。そのせいで、オギのほうが白っぽく、ススキは茶色ぽく見えます。右の写真はオギを刈ったところ。種はだいぶ飛んでます。ススキのように株にはならず、地下茎で増えるので、みんなまっすぐ。
オギとススキ  オギ

 オギは、ヨシよりは乾燥したところ、ススキよりは水辺を好むそうですが、パッと見は、ススキ…。混じってる時もあるし…。いままで区別してたか疑問…。今回見ていたら、オギのほうが赤っぽくきれいな色に枯れてるみたい…。茅葺き屋根の材料にしてたそうです。

 以上、綿菓子のように写真がうまく撮れない…という記事のはずが…。
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ