FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2014年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年03月
ARCHIVE ≫ 2014年03月
      
≪ 前月 |  2014年03月  | 翌月 ≫

少し大人のフクジュソウ

 縁起のいい鉢物のなかで、花だけぴょこっと伸ばしているイメージがあるフクジュソウ(福寿草、学名:Adonis ramosa、キンポウゲ科フクジュソウ属、多年草)ですが、背が伸びて葉が出てからのほうが、素敵じゃないかと思っています。

 こちらは近所で庭植えしているフクジュソウ…。1株から種をまいて、どんどん増やしているそう。
 こんなふうに、葉をつけているほうが、私としては落ち着きますw
フクジュソウ

 たくさんの蕊がついた花は日差しに合わせて開いたり閉じたりします。大株になると、花もたくさん。
 最初はくすんだ色の葉は、これから色味が明るくなり、ニンジンの葉みたいになって広がります。…そして消えていくスプリングエフェメラル…。
フクジュソウ  フクジュソウ

 蕾も葉があったほうが、引き立ちますし、花後できてくる種も、葉の中のアクセント…。
フクジュソウ  フクジュソウ

 フクジュソウ属の属名Adonisは、ギリシャ神話の美少年アドニス(アドーニス)にちなむようです。だけどアドニスの血から生まれた赤い花は、アネモネだと言われていて、どうしてフクジュソウ属がアドニスなのかなと。
 そうしたら、フクジュソウ属の植物でも、ヨーロッパや北アフリカ辺り原産のものは、赤い花で、同じキンポウゲ科ということもあってアネモネと似た感じでした。夏咲きフクジュソウ(Adonis aestivalis)、秋咲きフクジュソウ(Adonis annua)と言われるものです。

 フクジュソウ属(Adonis)もイチリンソウ属(Anemone)もリンネの命名のようですが、どちらもイメージカラーは赤なのかな。

 咲き初めのフクジュソウは福娘ふうですが、だんだん大人びてくると、ちょっと美少年ふう?w

 紛らわしいですが、フクジュソウも園芸種には、かなり赤っぽいもの、白、段咲きなどもあります。

 野生のフクジュソウの、のびのびした姿は、ブロとものpayaさんの記事の画像が素敵です。福がもらえそうw
→ぱやんぷ一家参上 フクジュソウ


ブログランキング・にほんブログ村へ
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ