FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2014年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年04月
ARCHIVE ≫ 2014年04月
≪ 前月 |  2014年04月  | 翌月 ≫

ぽろっと咲いてたウスバサイシン

 キクザキイチゲの開花を待って、杉林をうろついていたら、ウスバサイシン(薄葉細辛、学名:Asarum sieboldii、ウマノスズクサ科カンアオイ属、多年草)が、ころっとした花を咲かせていました。ちょっと、かわいいでしょ?

 1.5cmくらいの小さな花ですが、赤紫色と丸っこい形で、何かの実のように見え、近づいてみました。薄くすべすべの2枚の葉の間に花がついており、近くには葉を展開中の仲間も…。
ウスバサイシン

 顔を見てみると、どうもカンアオイの仲間らしいので、帰宅して調べたら、ウスバサイシンというようです。「葉が薄いこと、味が辛いことが名前の由来」(wiki)ということで、根は解熱、鎮痛作用がある生薬です。
 生薬として知られているものって、カワラケツメイもですが、漢語でちょっと武士っぽい名前が多いですね…。
ウスバサイシン  ウスバサイシン

 ここは暗い杉林。ウスバサイシンは1本の太い杉の根元にこっそり生えていました。この杉山を下ってきて、川まで行くのが私の散歩の1コース…。山から川へは細い湧水みたいな流れが何本も出ています。だから、長靴で散歩…。
 このぬかるむ散歩コースにネコノメソウやチャルメルソウ、エンレイソウ、くるくるなどなどが生えてます…。杉もこんなに湿気っているところが好き?みたいです…。
山  川

 川沿いに出ると明るくなるので、ショウジョウバカマがたくさん咲いているのですが、イワウチワも見つけました。先日の神社のものより花も葉も大きく、葉は5~6cmくらいあり、ぴかぴかしていました。
イワウチワ  イワウチワ

 で、当初の目的のキクザキイチゲなんですが…2つしか花を見つけてないのですが…開かないぞ……。この杉のなかで、いつ日が当たるのか、計り知れず……。


ブログランキング・にほんブログ村へ

2か月経ったベロニカ グレース

 真冬に買った、見切りのベロニカ グレース(Veronica GRACE、ゴマノハグサ科クワガタソウ属、常緑多年草)が、しばらく前から咲いています。

 こんな感じの紫の花です。左は日陰にして撮ったせいもありますが、右の咲き初めよりは、咲きすすんだせいで、少し色が薄くなっています。
ベロニカグレース  ベロニカグレース

 左は購入時の様子。寒い時期は銅葉になるはずのところ、園芸店のなかにあったので、緑のままでした。花は切られてましたが、以前店内で見た花は青に近い色でした。右が現在。葉の色がすっかり変わってます。(鉢は二回りほど大きいです…)
ベロニカグレース  ベロニカグレース

 花期は春から秋みたい(四季咲きとも…)ですが、真冬でも、窓辺でそれなりに成長していました(うちは東北だし、窓はペアじゃない…)。今咲いている花は購入時についていた小さな蕾が成長して、咲き始めたもよう。お店じゃなくてずっと日に当てていたら、冬でもずっと咲き続けていたのかな?
 とりあえず、寒さに強いらしいことは、確かみたい。雪が融けてからは、軒下に出してます。今のところ大事にしているので、氷点下のときは室内に入れたけれど…。

 花はこれからは、伸びた枝の先に付き、もっとたくさん、少し尖って咲くのではないかと思います。あとは、暖かくなってきたので、葉は緑になるはず…。なんだか忙しい?w

 春風が強く、写真を撮った後、一番大きな枝が風で折れました…。

関連記事:
2週間目のベロニカ グレース


ブログランキング・にほんブログ村へ

春の木の花 … 黄色

 すみません、失敗…。なんでデフォルトが公開なんだろう…。取り急ぎの記事で失礼いたします…。

 先日、神社でサンシュユ(山茱萸、学名:Cornus officinalis Sieb. et Zucc.、ミズキ目ミズキ科、落葉小高木)の花がきれいだったので、黄色い木に咲く花をちょっとだけ…。 

 サンシュユでいいかと思いますが、ダンコウバイやアブラチャンなど、似た花があるようです。花弁の形や花柄の有無が見分けるポイントのようです。
サンシュユ

サンシュユ  サンシュユ

 ヒュウガミズキ。こちらもトサミズキと似ているらしい…。薄い黄色のお花…。
ヒュウガミズキ  ヒュウガミズキ

 レンギョウ…。この木は、どうも樹形がいまいち…。
レンギョウ  レンギョウ

 山で見つけた、やせっぽっちのキブシ…。普通はもっとふさふさですよね…。花を覗くと小さなバラみたいです。薄い黄色が素敵…。
キブシ  キブシ

 こちらは1か月くらい前に撮ったミツマタ…。何度か見に行ったけれど、なかなか咲かなくて、そのまま…。もう咲いたかな…。花は黄色…。
ミツマタ  ミツマタ

 ふう…………。花粉症で鼻にティッシュ詰めて口で息しながら書いてました…。(これでくしゃみすると、、怖いんですよ…。)


ブログランキング・にほんブログ村へ

庭にもほしいワサビの花

 しばらく前に山の小さな流れで、ワサビ(山葵、学名:Wasabia japonica、英名:Wasabi、アブラナ科ワサビ属、常緑多年草)らしきものを見つけました。こんなところにワサビがあってもいいの?という気もしましたが、、とりあえず、花が咲くのを待っていました。ワサビって、すごい山奥の清流に生えるんではなかったっけ? まあ、クマが出るらしいので、十分山奥かもしれませんが、ここは私の散歩道…。
 
 こちらが、ワサビの花。薄日が射す山の中です。白いきれいな、アブラナ科らしい花です。もう少し上まで咲いたほうがきれいですが、待てませんでした…。
ワサビ

 小さな流れのそばにだけ、ぽつぽつと生えているのですが、誰かが植えたわけでもないですよね…。
ワサビ  ワサビ

 ワサビは流水のあるところで育てると根茎が大きくなり、そういうのを「水ワサビ」または「沢ワサビ」、畑で育てるのを「畑ワサビ」または「陸(おか)ワサビ」といいますが、植物としては同じものだそう。
 水ワサビでないと、根茎は大きくならないわけですが、葉や茎もワサビ成分を含んでいるので、畑ワサビでも料理に使えます。粕漬けとかしょうゆ漬けとか…。

 以前、庭に畑ワサビを植えていたことがありました。ほとんど株が大きくなることもなかったのですが、春の白い花は、なかなか素敵です。大きなアリッサムみたい?w 葉はつやつや。冷涼な気候を好むということですが、関東で、アジサイの陰に植えっぱなしにしていました。
 今は涼しいところに住んでいるので、増やして食べられるかな…。実家から持ってこようか…。

 ついでに山で見つけた食べられるもの…。左下は山菜として知られるミズ(ウワバミソウとも)。芽を出していました。ミズタタキ、おいしいですよね…。右下はご存じのフキ…w
ミズ  フキ

 サンショウの木とか、ミョウガとかが庭にあると、なにかと便利ですが、できればミズやフキも、庭にほしいもののうち。日陰でも育つし…。そうすると、ちょっと楽しい…。あとは、コゴミ…。


ブログランキング・にほんブログ村へ

気になるアオキの下半身…

 最近、この辺でもアオキ(青木、学名: Aucuba japonica、アオキ科アオキ属、常緑低木)の実が赤く色づいています。ということで、薄暗い杉林で見つけた4m近いんでは?と思われる大きなアオキの木の実を見上げてみました…。 ……アオキって、こんなに大きくなるんだっけ……?

 これは、上半身…。この林は暗いので、まだ青い実も多いですが、赤い実もちらほら…。
アオキ

 上の実は撮れそうもないので、下のほうにあった、青い実…。ちょっといびつな青い実がありますが、これは虫こぶみたい…。これだけだと寂しいので、右下は別の日当たりのいいところの木の赤い実…。
アオキ  アオキ

 ここで、アオキの下半身に目をやると、大きなアオキのまわりには50cm前後の子供たちがびっしり…。子だくさんだな…。
アオキ

 さらに子供たちの下の地面によって見ると、こんな赤ちゃんたちもみっしり…。
アオキ

 ここに、これから赤い実が、また落ちるというわけか……。

 微笑ましい大家族みたいにも見えるけど……この先、この子たちはどうなるんだろう? みんな元気に育つの????


ブログランキング・にほんブログ村へ

ピンクのぎざぎざ、イワウチワ

 日曜日、近くの神社の野草園では、イワウチワ(岩団扇、学名:Shortia uniflora、イワウメ科イワウチワ属、多年草)が、花盛りでした。イワウチワは「本州の中国地方以北の山地帯の林内や林縁に分布」(wiki)する日本の固有種で、英名はNippon Bells。

 葉の形からついた名前はごついのですが、花は薄ピンク(ほぼ白のものも見かけました)、ぎざぎざの花弁がかわいらしいです。3cmほどの花で、5つの花弁はくっついており、散るときは、ぽろっと落ちます。
 こういう花弁って、カーネーション咲きとかフリンジ咲きっていうのでしょうか? ちょっと違う?…
イワウチワ

 後ろから見ると、縁のぎざぎざがくっきり、赤みを帯びた茎や萼の重なりもかわいいです。背が10cmちょっとと低い割に花が大きいのも、かわいげに見える理由かな…。
イワウチワ

 咲くと薄いピンクの花ですが、蕾は花弁が重なって、きれいなピンク…。
イワウチワ

 かなりの傾斜地で咲いており、近所にはショウジョウバカマも…。ちなみに、右側の写真の場所には「イワウチワの壁」と看板が…w
 イワウチワの葉は質感はアイビーみたいで、艶があり、ちょっと硬いです。地下茎で増えているようで、ロゼット状の葉を間隔をあけて広げて株を作っているもよう。
イワウチワ  イワウチワ

 ここは落葉樹の山で、整備もされていて明るいのですが、うちの近所のかなり暗い山の中でもイワウチワらしき葉を見かけます。常緑なので、冬には何かのツタの葉?と思っていました…。ショウジョウバカマみたいに暗めのところでも咲くのか、様子見中…。かなり丈夫そうに見えますが、暑さに弱いらしいです…。

 この野草園では、4月の花としてはセリバオウレン、イワウチワ、カタクリが紹介されていました。セリバオウレンは終わりつつあり、カタクリは咲き始めたところ。随時いろんな山野草が咲くみたいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

不思議な花弁のチャルメルソウ

 先日見つけた花ですが、チャルメルソウ(哨吶草、学名:Mitella furusei var. subramosa 、ユキノシタ科チャルメルソウ属、常緑多年草)の仲間みたいです。チャルメルソウにも、いろいろあるようで、これは分布からいって、コチャルメルソウではないかと…。

 その花は、こんな感じ…。はい、ボケてます…。小さいうえに暗いので…。2回撮りに行ったのに…。…申し訳ございません…。たぶん、次回はうまく撮れる…かも…。
 この赤い枝分かれしたものが、花弁…。…内側の白い5つの点が雄しべ…。
コチャルメルソウ?

 この草は常緑なので、冬の間から気になっていました。どうみてもユキノシタ系だし、葉の形はヒューケラみたいだし、耐寒性ありだし……たぶん、ユキノシタみたいな花が咲くのかな~と。茎にも葉にも短い毛が生えてます…。
コチャルメルソウ?  コチャルメルソウ?

 咲いてみたら…なんだか、まつ毛がついているような、とっても変わった小さな花の集まりでした。
コチャルメルソウ?

 チャルメルソウは種類によって、花色や葉の形が微妙に違っているもよう…。それぞれ住んでいる地域があるようですが、種類を問わなければ、なにかしらのチャルメルソウが、あなたの地域にも…。湿った日陰が好き…。

 チャルメルソウの名は、実の形がラッパの一種のチャルメラに似ているために付いたということで、今後も見守りたいと思います…。

 もっとヒューケラみたいに葉と花のバランスがきれいになるみたいなんですけど、時期が少し早いのと、とっても杉の葉とかがたくさん落ちているところのせいで、きれいな株がみつかりませんでした…。これから新葉が伸びてくると、株もきれいに見えてくるかな…。湿った林の地面いっぱいに生えており、今後に期待…。


ブログランキング・にほんブログ村へ

雨上がりのエンレイソウは

 雨上がりの山で、エンレイソウ(延齢草、学名:Trillium smallii、別名:タチアオイ、ユリ科エンレイソウ属、多年草)を撮ってきました。

 ふつうなら、花から載せるところですが、なにしろエンレイソウは茎と葉が立派…。
エンレイソウ

 ほ~ら、遠目にも目立つ太い茎に大きな葉…。杉の落ち葉の間から伸び出した、きれいな緑。花は小さいです…。直径3cmくらいです。
 地中から葉が伸び出してきて、何か中に隠している? 覗いてみると中に花、みたいなw
エンレイソウ

 花に近づいてみると、小さ目で、うつむき加減で、おとなしそうな、赤紫をしていました。3枚の花弁のように見えるのは萼片です。
エンレイソウ  エンレイソウ

 3枚の大きな葉を持つエンレイソウは、葉の表情で、エリマキトカゲのようにも、大き目のコートを着ている人のようにも見えました…。濡れているところを見ると、嵐の中の雨がっぱ…。
エンレイソウ  エンレイソウ

 近縁のミヤマエンレイソウやオオバナノエンレイソウは、3枚の花弁を持ち、花色も白いので、エンレイソウより華やかみたいです。そちらにも、会ってみたいです。

 おいしそうなエンレイソウですが、有毒植物。ただし、根茎は薬用、実は食用にされることも。多量にとらなければ大丈夫らしい…。黒く熟した実はグレープフルーツに似た味だそうですが……ちょっと、食べたい?


ブログランキング・にほんブログ村へ

ショウジョウバカマの猩々

 まだ満開とはいきませんが、だいぶショウジョウバカマ(猩々袴、学名: Heloniopsis orientalis、ユリ科ショウジョウバカマ属、常緑多年草)が咲いてきました。

 いまさらですが、ショウジョウバカマは、「花が赤いのを猩々(中国の伝説上の動物のこと)になぞらえ、根生葉の重なりが袴に似ていることから名付けられたとされる」(wiki)そうですが、猩々の赤、猩々緋はこんな色…。
猩々緋#CE313D

 ちなみにショウジョウバエは「代表的な種が赤い目を持つことや酒に好んで集まることから、顔の赤い酒飲みの妖怪「猩々」にちなんで」(wiki)だし、ポインセチアの和名はショウジョウボク。モミジにも出猩々という品種がありました。みんな、ずいぶん、赤いです…。

 というわけで、猩々緋に似ているかな?という花色を最初に持ってきてみました。実際には、そんなに濃い色の花は見つけられなかったので、なぜ猩々と付いたのか、ちょっと不思議…。…あとは、花の感じが髪がばさばさの動物っぽいのかな?
ショウジョウバカマ

 花色としては、近所では、左のようなもっと薄い色とか、右のような、もっと青みの強いものを見かけました。
ショウジョウバカマ  ショウジョウバカマ

 ショウジョウバカマの花は6弁の花が複数まとまっているわけですが、株によって花数はいろいろ。見かけた中で、一番少なかったのは、左下で、2つだけ、です。かなり、さびしいですw 
 右下は、ショウジョウバカマにハナバチが来ていたので…。
ショウジョウバカマ  ショウジョウバカマ

 ショウジョウバカマは左下のような、開けた岩斜面のようなところにも、引っかかるようにして咲いてます。そういうときは葉が小さ目で、貼り付いてるように見えます。右は山の中の薄暗い斜面。風当たりは少なそう。ここの株は全体に緑が濃く、葉も大きかったです。立派なハカマを付けた、猩々に見えますか?……もう少し、飲んだほうが、よさそうですねw
ショウジョウバカマ  ショウジョウバカマ

 ショウジョウバカマの花色は生えてる場所により違うようで、実家(隣県)の庭では、もっと濃いピンクだったと記憶。だけど、実家から持ってきた家の花は、最初の写真と同じくらいのピンク…。機会があったら実家の写真を撮ってきます。
 栽培は、東北だと平地でふつうに庭植え(西日は避けますが)で大丈夫なので、山野草といわれるもののなかでは、ずいぶん育てやすいのではと思います。垂直分布が広いというのも、うなづけます。



ブログランキング・にほんブログ村へ

フキノトウにクジャクチョウ

 散歩の途中で、クジャクチョウ(孔雀蝶、学名:Inachis io、タテハチョウ科)に会いました。クジャクチョウを撮ったのは、去年は1度だけ。今回が2回目です。

 翅の目玉模様が特徴のチョウです。下翅が眉毛付の目みたいです。孔雀の羽に似てるから、クジャクチョウ…。滋賀県以北に分布し、山にいるそう…。北海道、東北だと平地でも見られるそうで、ここは、南東北の山の上の住宅地なわけです…。 
クジャクチョウ

 表は派手ですが、裏翅は地味なので、左上のように、翅を閉じていると、地面と融合…。ぱたぱたしないと、わかりません…。翅の目玉模様で、外敵から身を守っているそうですが、翅を閉じたら、外敵も見つけにくそう…。
クジャクチョウ

 一生懸命、フキノトウの蜜を吸っているわけですが、雄花のようです。蜜や花粉は雄花にあるそうで、やっぱり、雄花がおいしい?…。
クジャクチョウ  クジャクチョウ

 このチョウも成虫で越冬するそうですが、林のなかで翅を閉じていたら、まったく目立ちませんね…。だけど、活動開始すれば、ご覧のように、鮮やか…。…上手に撮れば、もっと鮮やか…。
クジャクチョウ

関連記事:
ノリウツギにクジャクチョウのリボン


ブログランキング・にほんブログ村へ
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ