FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2014年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年04月
ARCHIVE ≫ 2014年04月
      
≪ 前月 |  2014年04月  | 翌月 ≫

ショウジョウバカマの猩々

 まだ満開とはいきませんが、だいぶショウジョウバカマ(猩々袴、学名: Heloniopsis orientalis、ユリ科ショウジョウバカマ属、常緑多年草)が咲いてきました。

 いまさらですが、ショウジョウバカマは、「花が赤いのを猩々(中国の伝説上の動物のこと)になぞらえ、根生葉の重なりが袴に似ていることから名付けられたとされる」(wiki)そうですが、猩々の赤、猩々緋はこんな色…。
猩々緋#CE313D

 ちなみにショウジョウバエは「代表的な種が赤い目を持つことや酒に好んで集まることから、顔の赤い酒飲みの妖怪「猩々」にちなんで」(wiki)だし、ポインセチアの和名はショウジョウボク。モミジにも出猩々という品種がありました。みんな、ずいぶん、赤いです…。

 というわけで、猩々緋に似ているかな?という花色を最初に持ってきてみました。実際には、そんなに濃い色の花は見つけられなかったので、なぜ猩々と付いたのか、ちょっと不思議…。…あとは、花の感じが髪がばさばさの動物っぽいのかな?
ショウジョウバカマ

 花色としては、近所では、左のようなもっと薄い色とか、右のような、もっと青みの強いものを見かけました。
ショウジョウバカマ  ショウジョウバカマ

 ショウジョウバカマの花は6弁の花が複数まとまっているわけですが、株によって花数はいろいろ。見かけた中で、一番少なかったのは、左下で、2つだけ、です。かなり、さびしいですw 
 右下は、ショウジョウバカマにハナバチが来ていたので…。
ショウジョウバカマ  ショウジョウバカマ

 ショウジョウバカマは左下のような、開けた岩斜面のようなところにも、引っかかるようにして咲いてます。そういうときは葉が小さ目で、貼り付いてるように見えます。右は山の中の薄暗い斜面。風当たりは少なそう。ここの株は全体に緑が濃く、葉も大きかったです。立派なハカマを付けた、猩々に見えますか?……もう少し、飲んだほうが、よさそうですねw
ショウジョウバカマ  ショウジョウバカマ

 ショウジョウバカマの花色は生えてる場所により違うようで、実家(隣県)の庭では、もっと濃いピンクだったと記憶。だけど、実家から持ってきた家の花は、最初の写真と同じくらいのピンク…。機会があったら実家の写真を撮ってきます。
 栽培は、東北だと平地でふつうに庭植え(西日は避けますが)で大丈夫なので、山野草といわれるもののなかでは、ずいぶん育てやすいのではと思います。垂直分布が広いというのも、うなづけます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ