FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2014年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年07月
ARCHIVE ≫ 2014年07月
      
≪ 前月 |  2014年07月  | 翌月 ≫

ここにも咲いてたハナハマセンブリ

 山沿いの道端で、ピンク色のかわいらしい花を見つけました。検索してみると、ハナハマセンブリ(花浜千振、学名:Centaurium tenuiflorum、リンドウ科シマセンブリ属、一年草)というようです。初めて認識した花でしたが、1988年に報告された、ヨーロッパ原産の新しめの帰化植物のようです。センブリといったら、子供の頃に、白いセンブリを見ただけだったんですよね…。
 よく似た花に、もう少し古い帰化植物でベニバナセンブリ(学名:Centaurium erythraea、リンドウ科シマセンブリ属、二年草)という帰化植物があるそうですが、ハナハマセンブリのほうが勢力拡大中みたい…。

 花径1cm弱の小さな花です。花冠は5裂。ベニバナセンブリだと、もう少し大きめらしい…。
ハナハマセンブリ

 花は茎の先端にまとまってついており、大きい株だと、葉脇からも茎を伸ばして花を付けています。萼も蕾も長いです。この花は夕方には閉じていました。ベニバナセンブリは閉じないらしい…。
ハナハマセンブリ

 30cm程度の草丈で、遠目には、ムシトリナデシコかな?と思うような色合い、姿です。根元にロゼットは見られませんでした。ベニバナセンブリでは、花期に根生葉があるそう。
ハナハマセンブリ

 私の住んでいるところは、山を削った団地…。だから、舗装道路の上にはみ出た山の土の上に、ウメガサソウやフデリンドウが咲いているかと思えば、ハナハマセンブリも咲いていたわけです。ミントもヤマユリもアスヒカズラもいっしょ…。邪魔になれば一緒に削除されたりします。
 だから、そこに建てられている「自然を大切に」という看板の意味するところは、けっこう、深遠かも…。
 単に、不法投棄するな、っていうだけのようですが。



ブログランキング・にほんブログ村へ
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ