FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2014年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年07月
ARCHIVE ≫ 2014年07月
      
≪ 前月 |  2014年07月  | 翌月 ≫

ノギランの居場所…

 7月になって、やっと咲き出した、この花はノギラン(芒蘭、学名:Aletris luteoviridis、キンコウカ科ソクシンラン属、多年草)のようです…。
 ノギランというけれど、ラン科ではなく、花が芒(のぎ、稲や麦などの先端にある棘状の突起)をつけているように見えるランみたいな花、ということのようです。
 南千島、北海道、本州、四国、九州に分布。

 こんなふうに穂状に咲く花で、花の直径は1cmちょっとというところ。薄緑色で、葯はオレンジ色…。花茎は1本だけのものもあれば、途中で枝分かれし、私が見たものの中では5本に分かれているものもありました。下から少しずつ咲き、上まで行かないうちに、下から種になっていくようで、満開感?が、ちょっと足りないかも…。大人しい印象の花です。
ノギラン

 ここは、草刈りされた明るい山の端で、たくさん生えています。草丈は40cm前後…。
きれいに見えるときもあるのですが、雨に濡れるとイマイチで、おお!きれい!と言いそうで、言えないまま、みたいな感じですw
ノギラン

 少し前までは、左のように、周りの草丈も短かくて、ノギランの根出葉(ロゼット)がよくわかります。それが、あっという間に全体に草丈が伸び、上の写真を撮った後、ノギランも周りの草も半分くらい刈られてしまいました…。
 右は、去年の花というか、種の殻?と一緒に咲いているところがあったので…。
ノギラン  ノギラン

 ノギランは、最初は、山の薄暗いところでしか、見つけていませんでした。
 左は4月18日に撮ったもの。そのときは、なんだかわからなかったのですが、ノギランの新芽だったもよう。
 その後、ショウジョウバカマに似たロゼットだけど、ちょっと明るめにみえる葉を見つけていたのですが、右(5月23日撮影)のような花茎が伸びてきて、咲くのを楽しみにしていました。
ノギラン  ノギラン

 ノギランは根出葉(ロゼット)しか葉がないので、ほかの草丈が高いものの中では、陰になって光合成がしにくいらしいです。そこで他の草が少ない、暗めの林の下などに生えていたりするのですが、最初のほうの写真のように、草刈りされた山の端だと、競合が刈られたせいで、たくさん育っていたもようです。ロゼットは、草刈りには強いし…w
 それが、梅雨だし、他の草も伸びて、再び草刈り周期がめぐってきて、せっかく咲いた花が刈られちゃったりもするわけです…。どうも、居場所が難しいですね…。

 ノギランはショウジョウバカマ(常緑)と似た葉ですが、上の写真のように、春に芽を出します(ショウジョウバカマは花後に新芽を出してきます)。花期も違います。花茎をロゼットの中央ではなく、横から出すあたりも違っています。


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ