FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2014年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年07月
ARCHIVE ≫ 2014年07月
      
≪ 前月 |  2014年07月  | 翌月 ≫

懐かしい花、ハナガサギクは…

 小庭の端に、背の高い花が咲きだしました。昔むかし、おばあさんの庭にたくさんあって、お盆のお花にもしていた花です。懐かしいと言ったら、実家の近所の人が分けてくれたもの。
 名前を知らなかったのですが、どうもヤエザキオオハンゴンソウ(八重咲き大反魂草、学名:Rudbeckia laciniata var. hortensis、別名:ハナガサギク、キク科オオハンゴンソウ属、多年草)だったみたいです…。はい、ルドベキア(オオハンゴンソウ)属のオオハンゴンソウ(一重)の八重咲き種で、別名がハナガサギク、です。

 草丈は現在1.5mくらい。花径は7cmほど。背が高く、すっと伸びています。花は、咲くと重いらしく、首をかしげますが、全体が倒伏したりはしません。
ハナガサギク

 蕾は、たくさんの花弁がだんだん色づいて大きくなっていく様子がいいです。葉は写真のように3裂または、5裂します。だけど、この感じはオオハンゴンソウ、ですね…。毛はないようです。
ハナガサギク  ハナガサギク

 オオハンゴンソウは特定外来生物なので、駆除しないといけない植物です。オオハンゴンソウは明治中期に観賞用に導入されたもの。調べてみたら、八重咲きオオハンゴンソウのほうは園芸種で、特定外来生物ではないけれど(ですよね?)、これも野生化しているから、いっしょの扱いで駆除しましょう、というところもあるようです…。…我が家では、とりあえず、鉢植えにして、花柄は摘むとして…。OKだよね…。

8月19日追記
 環境省の外来生物対策室に問い合わせましたところ、特定外来生物は種としての指定で、亜種・変種、園芸種を含むものとのことです。ということで、Rudbeckia laciniata とつくものは特定外来生物ということで、ハナガサギクもアウトということでした! 我が家のハナガサギクは撤去します…。雑草好きさん、ありがとうございました!


 背が高くて、小庭植えにはあまり向かないし、派手だし、田舎っぽい花だと思っていたけど、紫苑みたいに、昔の記憶のなかにあった花でした…。今では実家の近所で1軒でしか見かけなかった。

 今見ると、きれいな黄色が、少し、さびしそうに見える花…。

 みなさんの記憶のなかの、懐かしい花は、どんな花達なんでしょうね。


kotobank.jpで外来生物法を検索してみると、
日本在来の生態系を損ねたり、人や農林水産物に被害を与えたりする恐れのある外来種を「特定外来生物」に指定し、許可なしに飼育や栽培、保管、持ち運びや輸入を禁じる法律。2004年に制定、翌05年に施行された。違反した個人は3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金、法人は1億円以下の罰金が科される。…以下略

 ということで、植物にも特定外来生物に指定されているものがあります。オオキンケイギクとか、オオハンゴンソウとかとか…。アレチウリは当然…。



ブログランキング・にほんブログ村へ
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ