FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2014年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年07月
ARCHIVE ≫ 2014年07月
      
≪ 前月 |  2014年07月  | 翌月 ≫

オトギリソウの黒い点と線

 梅雨明け間近と思われる晴天の朝、散歩道でオトギリソウ(弟切草、学名:Hypericum erectum、オトギリソウ科オトギリソウ属 、多年生植物)が咲いていました。去年はコゴメバオトギリをオトギリソウかな?と思ったりしたのですが、今年のこの花は、たぶん、間違いなく?オトギリソウかと…w

 直径1.5~2cmほどの黄色い5弁の花です。雄しべがたくさんあって、ちらちらして、なかなか、きれいです。花弁や萼、葉などに黒い線や点があるのは、この花の特徴…。
オトギリソウ

 オトギリソウの名前の由来については、江戸中期(1718年刊)の百科事典、「和漢三才図会」(第九十四之末)の弟切草の項の以下のような話がよく知られています。

花山帝(在位984~986年)の御世に、晴頼という鷹飼いの技に精通したものがおり、鷹が傷つくと、薬草を塗って治していた。この薬の名を人が尋ねても、秘密にしていた。それを、弟が洩らした。晴頼は激怒し、弟を切った。以来、この鷹の傷薬が知られるところとなり、弟切草と呼ばれた…。(原文漢文)

 ということでした。あちこち検索すると、この時飛んだ弟の血が、弟切草の花弁の黒い線といわれる、とか、葉の黒い点といわれる、とか解説があり、そんなところにひっかかって、「和漢三才図会」を見てみたのですが、血痕云々という記述はありませんでした。

 アップで見てみると、雌しべの花柱は3つあって、その先は赤…。雄しべはというと、先端に黒い点があるものが多数、これも花弁の黒点と同じもの? この赤と黒のほうが、飛んだ血痕のイメージに近いような気が少し…。
オトギリソウ

 黒点がある、葉の表と裏…。この点については「葉の表面に褐色の油点が見られるが、これはヒペリシンという光作用性物質で、これを摂取した後に日光に当たると皮膚炎や浮腫を生じる」(wiki)そうで、鷹に限らず、人間の薬にもなるオトギリソウですが、使い方は慎重に…ですね。
オトギリソウ  オトギリソウ

 路傍に咲いているオトギリソウは、名前の由来とは関係なさげな、かわいい花…。40cmほどの草丈でした。
オトギリソウ

 なお、「和漢三才図会」は、島根大学付属図書館のShimane University Library Digital Archiveでちら見しました。
 ネットでこういう資料も手軽に見られるのは、とても便利ですね。

関連記事:
オトギリソウ(で、いいのかな?)

ブログランキング・にほんブログ村へ
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ