FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2014年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年12月

たぶん、シロワビスケくん、なんでしょうね?

 12月4日に行ったお寺で、白いツバキ(椿、学名: Camellia、ツバキ科ツバキ属、常緑樹)を見かけました。 
 私の大雑把なツバキとサザンカの見分け方だと、12月に咲いている(早めに咲いている)のはサザンカ、花期が遅くて花ごと落ちているのはツバキなんですが、この白い花は12月初旬に咲いてて、花ごと落ちているので、どちらかな?と、ちょっと思ったのでした…。

 はい、ヤブコウジとリュウノヒゲの上に落ちている花です…。ちゃんと上向きに落ちているから、地面の花かと一瞬…。
白侘助?

 何度か雪が降っているので、少し傷んでますが、木にも小輪の花…。
白侘助?

 この雰囲気は、たぶんツバキでもワビスケくんって言うんじゃないかと思い、帰宅後、検索してみたら、シロワビスケでよさそうな気がしてます。

 シロワビスケが早咲きというのも知らなかったのですが、特徴としては、以下のようなことが挙げられ、どれも当てはまっているみたい…。

 白5弁の小輪
  開花時期が11月から3月くらいと早咲き
  雄しべの葯が退化している(濃い黄色でなく、薄黄色に見えてるのはそのせいみたい…)
  花柱がくの字に曲がっている(これはね、もうちょっとわかる写真があるんだけど、汚いw 花柱は、長いです

 確認できなかった特徴としては
  微香がある
  子房に毛がある

 というところ…。
 もっといい写真で載せたかったのですが、たっぷり雪も降っちゃったし、お寺に次に行くのがいつになるやらということで、お許しを…。

 ツバキにも早咲きのものもあるし、HC等でも極小輪のものとか、香りツバキとかおもしろい品種を見かけるし、もう少しツバキに詳しくなりたいものです…。

 ちなみに左は12月14日に撮ったサザンカ…。右はこのサザンカの隣のツバキを17日に撮ったもの…。
 サザンカは上のワビスケくんと比べ、雄しべの元が筒状にくっついていません…。ツバキのほうは、まだ蕾…。サザンカと比べるとつやつやで大きめの葉のことが多いです。←大雑把……。
サザンカ  ツバキ

ブログランキング・にほんブログ村へ

キカラスウリの実は、ぷらぷら

 久しぶりに晴れたので、朝の散歩…。
 期待していたキカラスウリ(黄烏瓜、学名:Trichosanthes kirilowii var. japonica、ウリ科カラスウリ属、つる性多年草、雌雄異株)の実に会えました。

 以前、花を撮った場所のものは、すっかり片づけられてたのですが、もう一か所、見つけていたところに行ってみたのでした…。ドライブ中にもときどき見かけるのですが、車停められないんですよね…。

 大きな木に絡まって、プラプラしているキカラスウリの実は、縦10cm弱くらいのサイズ…。
キカラスウリの実

 鮮やかな黄色の実が、青空に映えて、きれいでしょ? 一番下の実に手を伸ばしたけど、届かず…。
キカラスウリの実

 だけど、落っこちてるのを1つ見つけました…。ぶら下がっているのみたいにピカピカではありませんが…。
キカラスウリの実

 ただいま、この実をどうしたものかと、テーブルの上に置いて検討中…。食べられるらしいんですけど…。
 種を撒いたら?…。割るより、このまま庭に放置がいいかな?とか…。


関連記事:
キカラスウリのグリーンカーテン?

ブログランキング・にほんブログ村へ

雪かきの合間に、トムヤムクン味カップヌードル…

 雪かき三昧しちゃったんですが、お昼に家族がタイ人からもらってきたトムヤムクンカップヌードルを食べました。

 NISSIN以外、なんて書いてあるのか、全くわかりませんが、おいしそうでしょ?…TOM YUM SHRIMP SABB Flavourっていうのも読めた…。
トムヤンクンカップヌードル

 カップを明けると、ペーストとフォークが入ってました。ペーストをいつ入れるのか?だったんですが、カップに描いてある絵を見ると、なにか粉末とお湯を一緒に注いでます…。粉末はなかったので、ペーストとお湯をいっしょに入れて、剥がれがちなフタをなんとかフォークで押さえて、3分待ちました。…ペーストはふつう、後入れですよね…、失敗か…。
トムヤンクンカップヌードル  トムヤンクンカップヌードル

 できあがり! 
トムヤンクンカップヌードル

 ずるずるっとすすったら、、、、むせた…。辛いこと辛いこと…。
 薄眼を明けると、目がひりひり…。
 ひとしきり咳き込んで、鼻水が出て、涙が出て…。
 
 心を落ち着けて、鼻水を拭いて、涙を拭いて、ご飯を投入して(辛さが薄まるかとw)、続き…。

 ……おかげさまで、すっかり、暖まりました…。

 (おいしいと思うんですが、もう少し辛くないほうがいいかな…。タイ人は全然平気な辛さと言っていたそうです…。日本でもトムヤムクンカップヌードルを売っているみたいですが、そちらは日本人向けにマイルドな味みたいです…。今度見つけたら、食べてみよう…。)

ブログランキング・にほんブログ村へ

やっぱり無理かも、アセビの蕾

 我が家には、小さなアセビ(馬酔木、学名: Pieris japonica subsp. japonica、ツツジ科アセビ属、常緑低木)の木が10本くらいあります。東北に移った3年くらい前に買ったもの。15cmくらいの小さな木を何十円かで買って、今は30cmくらいになりました。
 だけど、まだ一度も咲いていません…。

 今はこんなにたくさん蕾がついています。蕾をつけるのは3季目なのですが、前2回は、春には蕾がなくなってました…。雪で落ちちゃったみたい…。南東北に移った今年の春も記録的な大雪だったので、結局咲けませんでした。
アセビ  アセビ

 白いアセビなはずなんですが、今季は雪が早くて…。
 ご近所にもアセビの木はあって、春に花を咲かせていたけれど、うちのはまだ小さいから、雪に埋もれちゃうのがいけないのかな…。…1本だけでも、保護しておいたら花が見られるかも?

 寒そうな写真だけでは、なんなので、先日、雪が融けたときに撮っていた写真を…。

 温度が上がると、オオイヌノフグリはうれしそう…。 
オオイヌノフグリ

 田んぼの土手に咲いていました。まだ、豆がそのまんま…。
オオイヌノフグリ

 この花も今朝はまた、雪に埋もれていることでしょう。…だけど、雪の下でも元気なはず…そこそこ…。

ブログランキング・にほんブログ村へ

融雪剤(凍結防止剤)のこと

 ここに引っ越してきて、驚いたのが、市が融雪剤をくれること…。今年も玄関先に配布されていました。
 もっと雪の多いところにいたときも、使ったことがなかったのですが、「道路の凍結防止にご協力ください」ということのようで…。

凍結防止剤

 融雪剤というと、植物にもコンクリートにも、鉄にも良くないということで、あまり使わないほうがいいと思っていたんだけれど…。

 ここは雪は少ないけど、がっつり凍るんですよね…。大概は箒で掃けるような軽い雪なんですけど…少ない分、凍るのかな…。雪が降ってない日でも、車のガラスがごりごりに凍ってたりします…。

 なんだか、道路がつるつるになるのにちょうどいい気温と雪加減なのかな?

 以前は、融雪剤のあるところを通ったあとは洗車していたのですが、今となっては、毎日洗車するわけもございません…。…車はものすごく、汚れるんですけど…。

 あれやこれやで、融雪剤を撒きながら、後ろめたい…。…ま、適量散布で…

 去年の頭には、北東北で、屋根に上って雪下ろししたり、ブルドーザーが通るたびに、夜、駐車場の前の雪をよけるために外に出ていました。(ブルが通ると、固まった道路の雪を削って道路の両側に置いていくから、それを除けておかないと、朝凍っちゃって、車が出られなくなります。) 雪が多くなると、置き場もなくなって…。
 そういうところでは、融雪剤とかは、よっぽど撒かないと、効果はないでしょうしね…。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

冬に楽しむ、地味な緑…

 ここは太平洋側なので、積雪は少ないんですが、昨日の最高気温は1.5度ほどで、今朝は白い朝でした。
 雪掻きしたら、なんだか、どんより気分になっちゃった…。…通りすがりの小学生が、「雪は嫌いだ!」と言うのを聞いて、ちょっと寂しく思ったのに…、どうしたんだろう…。

 ということで、ちょっと記事に迷っちゃたりするわけですが、先日行ったお寺の、石に寄り添っている地味な緑たちを…。この庭には、ツバキやサザンカなどの、冬の花もあるのですが、雪が降ると傷んでしまいます。だから、雪にも負けない地味めな緑が、力強く感じられたりします…というあたりで、まとめようかと…。

 あっさりした石燈籠の頭は、コケやハナゴケでいっぱい…。
コケ

 石の階段の隙間には、リュウノヒゲ…。落ちた青い実が、スギゴケの間にありました…。
リュウノヒゲ  スギゴケ

 左の岩には、ノキシノブ…。右の岩のコケやハナゴケのなかで、ちょっと周辺が赤みを帯びてるシダは、小さなイワヒバ(岩檜葉、学名:Selaginella tamariscina、ヒカゲノカズラ植物門イワヒバ科)。もう少しすると、イワヒバはくるっと丸まるはず…。
ノキシノブ  イワヒバ

 コケとかハナゴケとかシダは、どうも苦手で区別が難しいのですが、この時期の石や木、地面には、普段は見過ごしがちな、いろんな種類の緑(や、灰色…w)が入り乱れていたりします。
 ここは根雪がない(はず)ので、雪の合間を見て、今季はもう少し、違いがわかるようになりたいな、と思うのでした…。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ヒメヤブランとヤブランとコクリュウの黒い実

 今年初めて認識した植物の1つに、ヒメヤブラン(姫薮蘭、学名:Liriope minor、キジカクシ科(旧ユリ科)ヤブラン属、多年草)があります。近所の庭で、うん?? きれいなリュウノヒゲの花??と思ったものを調べたら、ヒメヤブランでした。その後、近所の山でも見つけたのですが、そこそこの写真も撮れないまま、単体では、まとめられずにいたのでした…。で、黒い実で…w

 秋遅くに、左のような黒い実をつけていた、リュウノヒゲによく似た葉のヒメヤブラン…(11月29日)。
 近所の山で、リュウノヒゲより、すっきりとして、色も紫を帯びた花を咲かせていました(7月19日)。ヤブランのような大きな穂にはならず花もまばらですが、知人宅で見たものは、もっと花付がよかったです…。花や実がないと、まばらに生えてるリュウノヒゲみたいな印象です。サイズも…。
ヒメヤブラン  ヒメヤブラン

 比較のため、ヤブランも…。左は12月4日に撮った、ヤブラン(藪蘭、学名:Liriope muscari、キジカクシ科(旧ユリ科)ヤブラン属、多年草)の実。実つきがいいです。右は8月に撮っていた花です。ちなみに、斑入りヤブランの実も気を付けていたのですが、近所の大株にも実はつきませんでした。どうも、斑入りヤブランは、あまり実をつけないみたいですね…。
ヤブラン  ヤブラン

 好き好きですが、ヒメヤブランは、小さいけれど花としてはヤブランより、かわいくて気に入ったのでした…。
 ほかに、コヤブランというものもあるようですが、まだ見たことがありません…。

 以下はついでに、黒い実つながりで、こちらは我が家のコクリュウ。右のような紫がかった花が確か7月に咲いて、今は黒い実になっています、一房だけ…。…ハクリュウも植えたのですが、花は咲いたけど、実は生りませんでした…来年は生るかな?
コクリュウ  コクリュウ

 コクリュウはオオバリュウノヒゲの園芸品種ということで、これは近所の山のオオバリュウノヒゲと思われる実…。リュウノヒゲと比べると、葉が幅広く少し暗い色ですが、実もリュウノヒゲのような青ではなく、鈍い色合い…。これをもっと暗くするとコクリュウになるんだね…みたいな…w …花の写真も撮ったはずなんですが、見つけられず…。
オオバリュウノヒゲ

関連記事:
ご存じリュウノヒゲの仲間たち

ブログランキング・にほんブログ村へ

キュッと冷えたあとの、クリスマスカラー

 先日の積雪が融けたあと、田んぼ周りを散歩したら、ちょっとした暖かい色合いが…。

 おー、草の赤がきれい…。
kyutto_01.jpg

 中でも、スイバ(蓚・酸い葉、学名:Rumex acetosa、タデ科スイバ属、多年草)とか…
kyutto_02.jpg

 ギシギシ(羊蹄、Rumex japonicus、タデ科スイバ属、多年草)くんは、一人でクリスマスカラー…
kyutto_03.jpg

 この人たちは春先まで、もっと紫っぽくなったり、少し枯れちゃったりしながら、降ったり融けたりする雪の中、あぜ道を暖めてくれるんですよね…。

 スイバとギシギシは似ていますが、ギシギシのほうが大型のことが多いほか、葉の形もちょっと違うみたいです。スイバは葉の付け根が尖り気味で矢尻型ですが、ぎしぎしは丸っこいみたい…。だけど、スイバをギシギシと呼ぶ地方もあったりして、紛らわしいです…。

関連記事:
スイバの赤ジャム

ブログランキング・にほんブログ村へ

なぜか間違えちゃう、フッキソウとキチジョウソウ

 下草が目立つ季節ですが、今日は、少し明るめの緑が気に入っている植物を2つ…。

 気に入っているといいながら、名前を間違えがちな、フッキソウ(富貴草、Pachysandra terminalis、ツゲ科フッキソウ属、常緑小低木)キチジョウソウ(吉祥草、学名:Reineckea carnea、スズラン亜科キチジョウソウ属、常緑多年草)だったりします…。見た目は全然違うんですけどね。
 どっちも常緑で、少し明るめの緑がきれいで、めでたそうな名前だから……。どっちだったっけ?って、一度頭の中で考えてしまいます…w

 こちらはフッキソウ…。20cmくらいの高さになります。画像は残念ながら、我が家ではないです。うちのフッキソウはだいぶ前に買ったのですが、引っ越しのたびに少しだけ連れてきているから、まだ少ないまま…。
フッキソウ  フッキソウ

 フッキソウは北海道から九州に自生するそうですが、まだ、山で気が付いたことがありません。もっぱら庭で…。斑入りのものも見かけます。春に白い地味な花を咲かせます。

 そしてキチジョウソウ。写真は10月8日に撮ったもので、花の時期でした。今は花は終わってますが、葉は同じような感じ…。こちらはフッキソウよりはずっと増えやすく、1年でだいぶ広がったので、花後に株分けしました。植えていて、花が咲くと縁起がいいといわれるようです。……キチジョウソウを最初に見たのは、某スーパー銭湯の露天風呂の植栽でした…w
キチジョウソウ  キチジョウソウ

 キチジョウソウは自生は関東から九州だそうですが、寒さにも強く、北東北でも、ここ南東北でも元気に育っています。

 どちらも、グランドカバーにいいし、和洋どちらにも似合うと思います。

 wikiのフッキソウの項に、「常緑でよく茂ることから富貴草と呼ばれる。キチジョウソウ(吉祥草)ともいう」という記載があり、もしかしたら、やっぱり私みたいに「めでたい名前」っていうイメージで混じっちゃうのかもなどと…w

関連記事:
縁起をかついで、キチジョウソウ

ブログランキング・にほんブログ村へ

土は勝手には、良くなってくれないみたいなので…

 10月下旬から取りかかっていた冬越し準備が、やっと終わりそうです。もう、一回雪が積もって融けたんですけど…。
 我が家の場合、砂・粘土ばかりの土なので、とにかく有機物をいっぱい詰め込んで、土を良くしたいということで…。
 一応、住宅街のなかの家の庭なので、一見こざっぱりしてるように見せかけてたりして…。

 左の写真で、うちの庭の1/3くらいですが、庭全体で、ゴミ袋で40~50袋くらいの落ち葉を埋め終わったところ。小さな植物は移動しながら、大きいものは根の下を掘って、極力、全面に埋めました、レンガも置いてるだけだから移動して…が、表面的にはわからないですよねw (実際には地面が少し高くなったんですけどね…。)そこに雨が降って、全体がぬかるみ、埋めた葉が浮いてきたりしてます…w
 右が現状で、植物周りにはバーク、ほかは松葉なんかでマルチングしました。なんだか暖かそうでしょ? 
fuyugoshi_00.jpg  fuyugoshi_01.jpg

 マルチは上に載せるので楽でしたが、時間がかかったのが土のなかに落ち葉を埋める作業…。通路の土も含めて、とりあえず落ち葉が入ってます。通路部分は深めのところに埋めてます。畑にしている所は、たっぷりの落ち葉と米糠を混ぜて、土とも交ぜちゃってます。腐葉土化してからのほうがいいだろうけど、余裕がないので、とりあえず、砂や粘土が密着してる状態をどうにかしたくて…。
 途中で出てきた石のような粘土の塊は、別途、風にさらしてます…。だんだん、ひび割れて、ほぐれてきたみたい…。
fuyugoshi_04.jpg  fuyugoshi_03.jpg  

 これは通路のマルチに使ってるメタセコイアと松の落ち葉。春は松葉だけ使ったけれど、秋までには姿がなくなってて、飛びもせず、いい感じでした。メタセコイアもきれいだし飛びにくいので、先日、紅葉を撮ったときに拾ってきてました…。
fuyugoshi_05.jpg  fuyugoshi_06.jpg

 日当たりのいいほうに植え替えたネギも自前のライムギの麦藁で保温…。ネギの下にも、作業開始の頃に落ち葉や米糠を投入済み…。 藁は必要ないかもだけど、気分w 窓辺には一応、花もあります…。
fuyugoshi_7.jpg  fuyugoshi_08.jpg

 こうして、我が家の窓辺から見た庭は、こんな感じになって、見た目も土のなかも落ち葉がたくさん…。寒くても、雪が降って庭に出られなくても、その下では葉っぱが勝手にいいことしているはず、と想像すると…ちょっと幸せw …そんでもって、土が少しずつ黒くなっていってくれたら、うれしい…。
fuyugoshi_02.jpg

 なんていって、生半可な落ち葉に手こずったりするのかも知れませんが…気分…w …今年は、ほぼ全面掘ってたけど、来年はそこまで掘らなくても済むといいな…。
 (腐葉土は、別途、ビニール袋を軒下に積んで作ってみてます…。)

関連記事:
根は下に伸びる、とは限らない…

メモ:造成のときのものか、庭の周辺と左側は砂が多い。右側は粘土が多い。右上がりの斜面の地形のせいかも。右側の家が若干高くなっているので、右から左に水の流れがあるはず。掘ると左側は1m程度のところに砂岩…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ