FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2014年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年12月
ARCHIVE ≫ 2014年12月
      
≪ 前月 |  2014年12月  | 翌月 ≫

成り行き任せの、四季成りイチゴの限界?

 クリスマスに実を収穫するのを、ちょっとだけ期待していた四季成りイチゴですが、防寒が必要でしたね…。品種は角田ナーセリーさんの天使のいちご 雪うさぎ(品種登録によると「ももいろほっぺ3号」)と、ハルディンさんの紅茜(べにあかね)です…。

 こちら、雪うさぎです。いびつな実が、少しずつ大きくなっています(もしかして…止まっているかも…)。藁は、写真を撮る前に、取り急ぎ敷いてみただけで、特に防寒もせず、とりあえず、軒下に置いてました…。
イチゴ

 で、冷え込んだら、大切な、見せイチゴ(雰囲気上、採らずに残しておいた実w)が、凍ったみたい…。透明っぽくなってしまいました。左は雪うさぎで、右が紅茜…。雪うさぎのほうは、だいぶ長くついていた実のせいもあるけど…。上の写真の実は、凍った実とは反対側(軒下の家側)についていたもので、無事みたい…。
イチゴ  イチゴ

 イチゴについては、北東北で雪の下で越冬してたし、四季成りイチゴも、ここで真冬に見切りで苗を買って、地植えで育っていたので、防寒をあまり真剣に考えてなかったりして…。ここは根雪がない地方なので、冬に実を収穫するにはプランターに植えて日当たりに置けばいいかな、という大雑把さで…。
 後追いで、気分上、藁を敷いてみたけど…。雑です…。右の紅茜は、ランナーが出なかったので、株分けしたものがひ弱に生き延びてます…。
イチゴ  イチゴ

 こうして見ると、日当たりのよくない場所の、地植えの一季成りイチゴが、雪が降っても一番元気そう…。
イチゴ

 四季成りイチゴは、うれしいんだけど、どういう周期で生らせたらいいのかが、よくわかってません…。だから、勝手に生っていただいているだけなんですが……やっぱり、氷点下じゃ、無理ですよね…………。……越冬する温度と成長する温度は違うだろーが、という声が…。
 どうしてもクリスマスの実を期待するなら、1鉢室内、っていうほうが我が家の現実に即してたようです…。


 根雪の下のほうが、ヘタすると寒風の当たる地表より暖かいこともあるわけだし、プランターより地植えのほうが温度的には安定しているかも…。この際、プランターごと土に埋めたほうがいいかな…。

関連記事:
四季成りイチゴ(紅茜と雪うさぎ)の成り行き

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ