FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2016年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2016年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年04月
ARCHIVE ≫ 2016年04月

ブルークローバーにお願いしたいこと

 去年は春にはあまり咲かなかったブルークローバー (学名:Parochetus communis、英名:Shamrock pea、マメ科パロケツス属、常緑多年草)が、けっこう咲いているので。…花期は10~5月くらいだそうですが、この辺だと、ほんとに寒い時期には咲かないみたい…。

 青い花はいろいろあるけど、この花も、確かに青、といえる花の1つかと。葉には、ちょっとした模様があります。
ブルークローバー

 もう2年近く、この鉢に植えたままです。冬は軒下。
 地面に置くと、匍匐茎で地面にまで広がるけれど、耐寒性があまりないようで、地面のものは冬の間になくなっています。我が家の庭は、あまり水もちがよくないので、そのせいかも…。はびこる地方もあるかもしれませんが、ここだと、そういうこともなく、ちょうどいいかも。
ブルークローバー

 11月に撮った写真を見ていたら、花の形がちょっと違うみたいです。横に広い…。咲くときの温度の違いとかが影響しているのでしょうか。11月のほうが、蝶みたいで、形的にはいい感じ…。
 この写真を撮った後、1.5cmくらいの莢の写真を撮ったはずなのですが、探しても見つからず、残念…。
ブルークローバー

 青は、なんとなく、いいことを運んでくれそうな気がするのですが、そうだとしたら、私のお願い、知っているよね…。

関連記事:
冬咲きの青い花、ブルークローバー

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

ベロニカグレースが増えた…

 我が家には現状、鉢に3本、地植え3本、ベロニカグレースがあります。おととし見切り品で買った1本から、挿し木で増やしたもの。→ベロニカグレースの、この1年ともいえる半年…
 ベロニカグレースは病気で死んでしまったものもあり、ときどき増やしたほうが安心かな、と。

 これが現状、一番大きくなっているもの。でこぼこしているのは、剪定のせい…。
fuyasu_01.jpg

 これまでは挿し木で増やしていましたが、強風で折れた枝を、そのうち挿し木しようと古い計量カップに入れて窓辺に置いていたら、発根…。また1本、増えました。期間は約1カ月くらいかな…。これだと、挿し木より根の様子がわかりやすいですよね。時期的にもよかったのかもしれませんが、余分な枝がある方は、水挿しも試してみるといいかと。
fuyasu_02.jpg fuyasu_03.jpg

 去年の秋に地植えにした子苗3本も、元気に越冬。…地植えは、枯れると嫌だから、小さいのだけにしておいたのでした…w
 地中からも芽が出てきてます。なんとなく、株分けとかできそうな雰囲気…。このまま、夏も元気だといいんですけど。
fuyasu_04.jpg fuyasu_05.jpg

 *寒さにはかなり強い感じで、我が家では冬の間、ときどき雪に埋もれることがあっても、葉が枯れたりはしませんでした。ただし、雪の重さで折れることがありました…。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

センぺル日和

 寒い時期は少し、身を縮めているみたいだったセンぺルビウムも、このところ伸び伸び成長中。
 昨日は薄曇りで、ベランダのセンペルくんが、きれいに撮れたので…。

 ほ~ら、ダイソー出身とは思えない、堂々とした姿…。
hiyori_01.jpg

 出遅れていたセンペル3号も、もりもり…。
hiyori_03.jpg

 みんな、それぞれにふっくらして、気持ち良さげ…。
hiyori_04.jpg

 相変わらず、ベランダで、お盆に敷いたパッキンの上ではありますが、いいじゃないの、(たぶん)幸せならば…。
hiyori_05.jpg

関連記事:
一年経った100均のセンペルビウムくん

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

ユーフォルビアが、あっち向いてホイ

 かなり貧弱ではありますが、少し前から、ユーフォルビアの花が咲いています。
 去年の秋に、見切り苗を2種購入し、1鉢に2つ植えていたものです。

 左がユーフォルビア マーチニー(学名:Euphorbia x martini、トウダイグサ科ユーフォルビア属、常緑多年草)、右がユーフォルビア パープレア(Euphorbia amygdaloides 'Purpurea')です。
ユーフォルビア ユーフォルビア

 鉢全体を見てみると、スタンダード仕立て、ではなくて、なんだか、かなり不格好…。ユーフォルビアっていったら、同じ高さで花が並んでいる絵が思い浮かぶのですが、我が家の場合、下から伸びた茎に咲いているものもあれば、一本の茎の上のほうから3つに分かれて花が咲いていたりします。それでもって、あちこちに向いてます…。形は買った時に剪定されていたので、そのままなんですけどね。
 右が去年の購入時。ね、そのままの形でしょ?w 少しは何か増えるかと期待していたんですけど…。
ユーフォルビアyuho_06.jpg

 これを見ながら、来年は普通のユーフォルビアみたいにしたいなと剪定を考えていたのですが…。

 ユーフォルビアの剪定について検索すると、だいたい、花後に花が咲いた茎を地際から切る、そのころには新芽が周りから出ていて、それに来年花が咲く、といったことのようなので、我が家のユーフォルビアの根元を見てみると…
 左のパープレアは既に地際から芽が出ているのでOKだけど、右のマーチニーは茎の下のほうから2つしか芽が出ていません。
 写真より上の部分にも、花の咲いていない古い枝があるのだけれど、これを残すと、今年と同じように、茎の上のほうに花が咲くことになりそうな…。
ユーフォルビア

 結局、新芽の数で花数もだいたい決まるみたいで、出てこなかったらどうしようもないですよね…。もしかして、早めに花のついた茎を切ると、新芽が出やすかったりするかな…。
 なるべく下から切ったほうが効果的? …上のほうの花のない枝は挿し木用にするとかして…。

 それより、2つを分けるか地植えにして、がっしり育てろっていう話かな…。…いまさらだけど…。
 どちらも耐寒性は-10°くらいはあるようなので、地植えでも大丈夫だと思うけど…。

 と、くどくど思いながら、いっそ、来年もあちこちにぴょこぴょこ咲かせてしまおうか、なんて…。
 …いやいや、もう少ししたら、マーチニーくんも、もっと下から芽を出してくれるはず…ですかね?


 以上、ユーフォルビアの見切り苗の見分け方、でした…えっ?

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

お花見は、畑で…

 週末は車で、ちょっと離れた桜の名所に行こうか、と話していたのですが、「公共交通機関を使ってください」と、HPに載っていたので、行くのを中止。代わりに、近所のB級花見ポイントに行ってみたら、確かにB級…。物足りないと思っていたら、借りている畑の横、ばあちゃんちのサクラが一番だということで…。

 たっぷり咲いているでしょう? ちょうど、満開。ばあちゃんに、きれいだね、と言ったら、「開く前のピンクの時のほうが好き」だって…。このあとは、花びらがいっぱい落ちて、大変なんだ、と…。
桜

 切ってほしいと息子に言っている、って言うんだけれど、口だけだと思います。こんなに大きくてきれいな木、切れないよね。
桜

 ばあちゃんちには、大きなイチョウの木もあります。
 敷地の中を神社の参道が通っていて、その先には、こんな小さな神社があります。だから、サクラもイチョウも神社と関係あるんじゃないかと思うけど…。
住吉神社

 サクラを横目に見ながら、チョロギを植え替え。
 秋にほとんど掘ったつもりだったけど、芽がたくさん出ていました。これを掘って、植え直し…。残った苗?は、まだ食べれるかなと持ち帰り…。
チョロギ チョロギ

 あとは、ネギの苗の植え替えをして、ほかのものの成長を見て帰ってきたわけですが、ちょっと怖いのが、これ…。
 イチゴ畑にツンツン出ているのは、スギナ…。
 去年の秋に初めて耕した場所に、スギナがどんどん芽を出していたりします。玉ねぎのマルチなど、突き破っています。怖いよね?w
 そのうち、地道に草取りしますが、あとは牡蠣殻石灰でもマブシておけばいいでしょうかね?
イチゴとスギナ…

 そんなこんなで、サクラも畑もスギナも、神様に守られているような、神様を侵食しているような? ちょっとへんてこりんな場所なのでした…。

 *サクラは、八分咲きを満開というみたい。あとは、北に行くほど、開花から満開までの期間が短いようで…。→弘前公園 桜の開花情報の、三分咲き、五分咲き、七分咲き、満開とは?

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

ミズバショウは匂いすぎ?

 土曜日に、泉ボタニカルガーデンに行ってきました。山の中の植物園というか、公園というか…。
 ここは冬の間閉まっているのですが、土曜が開園日…。2年前の開園日にも行って、ちょっとさびしかった記憶なのですが、今年は暖かいので、少しにぎやかかなと…。

 ミズバショウがきれいに咲いていましたが、咲いている区域に入った途端、ムッとする香り…。前にもミズバショウの香りを嗅いでみたことはあったのですが、この日は暖かかったせいか、余計、香っていました。
 ちょっと香り過ぎでいまいち…と思っていたら、後ろを人が通り、もっとムッとする化粧?の匂い…。
(好き好きなんですけど、私は無香料のもの専門…。虫に狙われたくないし…。)
botaga_01.jpg

 ここにはミツマタも少しあります。先日ブロ友さんのミツマタ群生写真を見て、ミツマタが見たくなっていましたw 数は少ないけど、赤いのやら、大きいのやらを見て、補給…w
botaga_02.jpg botaga_03.jpg

 季節ごとに楽しめるよう、シャクナゲ、アジサイ、バラなどが植えてある区域もあるのですが、時期的にシャクナゲはほとんど咲いていませんでした。
 それでも色づいた蕾と咲いた花を見つけたので…。…花より、蕾がきれいだと思うのは、私だけ…?
botaga_04.jpg botaga_05.jpg

 山野草はショウジョウバカマ、カタクリ、イワウチワ、シュンラン、ユキワリソウ、キクザキイチゲなども咲いていましたが、本当の山で見るほうが、きれいかも…。

 入り口近くには、ヒマラヤユキノシタがたくさん咲いていました。先日のどしゃぶりで、砂がいっぱいついていますが…。
botaga_06.jpg

 ふと目についた隅っこに、ムラサキハナナ発見…。…ありましたね…。
 これは、以前植えたものが勝手に生き延びているもののようでした。
botaga_07.jpg

 どうも、まとまりのついていない記事ですが、それが、この場所の印象だったかも…w
 …最初のミズバショウの写真が気に入ったので、載せたかっただけかも…。


にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

三時草(照波)は、きっちり咲いていた

 少し前から蕾が大きくなっていたサンジソウ(三時草、学名:Bergeranthus multiceps、別名:照波、ハマミズナ科ベルゲランサス属、多年草)ですが、今日見たら、咲いていました。

 黄色い元気が出る感じの花で、ちょっとタンポポみたいです。
三時草

 朝は左のような感じでした。
 しばらく前から、朝夕蕾を見て、まだ咲かないのかな?と不審に思っていたのですが、ふと、今日になって、そういえば三時草だった…と思い出し(!)、2時半ころに見たら、ちゃんと咲いていたので上の写真を撮りました…。←あほ?w
 4時を回ったら、右のように閉じ始めていました。ちゃんと、名前のとおり3時前後に咲いていたわけです…。
三時草 三時草

 こちらに引っ越してきて、地植えで咲いているのを見かけ、けっこう寒さに強い多肉ということで、少し前に入手したものです。
 ラベルによると花期は4~10月。早く増えて、たくさん咲いてほしいな…。…気が付かないかもしれないけど…。

関連記事:
我が家の外の多肉植物たち

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

ムラサキハナナ的なものが欲しい&エリシマムをちょっと…

 関東あたりだと雑草のように生えていたりしたムラサキハナナ (紫花菜、学名:Orychophragmus violaceus、別名:オオアラセイトウ(大紫羅欄花)、ショカツサイ(諸葛菜)、アブラナ科オオアラセイトウ属、越年草、中国原産)ですが、現在の住処の周りでは、ほとんど見かけません。…たぶん、耐寒性の都合上かな…?

 ムラサキハナナの色合いが好きだったりするので、2か月ほど前に、花がよく似たチェイランサス プルプレア(Erysimum linifolium、アブラナ科エリシマム属)の花苗を見つけて購入、雪の間は軒下に置いていて、半月ほど前に地植えにしました。

 薄紫の、ムラサキハナナを少し小ぶりにしたようなというか、アブラナ科らしい花です。葉は全然違って細いです。
 Erysimum linifolium 'Cotswold Gem'という斑入りの園芸種もあるようです。
erishima_01.jpg

 チェイランサス プルプレアはラベルに「宿根」とあったし、真冬に園芸店の外売場で咲いていたので、寒さに強そうだと思ったのですが、どうも耐寒-5℃くらいみたいです。
 -5℃っていうのは、我が家のあたりだと、微妙というか、ほぼ無理なことが多いです。

 なんだ、やっぱり寒さに弱いのね…。と思っていたら、あれこれ検索中に意外な伏兵?に気が付きました。

 それは、ハナダイコン(花大根、学名:Hesperis matronalis、アブラナ科ハナダイコン属、耐寒性多年草)だったりします。ハナダイコンはムラサキハナナの別名でもあるのですが、ムラサキハナナとは別のハナダイコン…。英語だとDame's rocket、Sweet rocketなどと呼ばれるようで、「シベリアから西アジア・ヨーロッパにかけてが原産地で、欧米では、最も伝統のある園芸植物とされている」(wikipedia)とか。ヘスペリス マトロナリスといったほうが、かっこいいかも…?

 これは寒さに強く、北海道でも増えるみたいです。…北海道ブルーリスト2010に種名「ハナスズシロ」で載っていました。私は実物を見たことはないと思いますが…。
 と、この辺でまとめようと思ったら、なんと、同データベースに、ムラサキハナナのほうが「ハナダイコン」で載っていました…。

 
 ちなみに、こちら、Wikipediaから借りてきたハナダイコンの写真です。左のような紫のほか、中央のようなピンクや白の花、さらには八重咲きなどもあるそうです。花はムラサキハナナとよく似ていますが、葉はへら型みたいで、だいぶ違うように見えます。
220px-Dames_rocket2.jpg 120px-_001.jpg 120px-Hesperisl_whorl_001.jpg

 なかなかいい感じですよね!?

 ということで、チェイランサス プルプレアは生き延びないかもしれないけど、ムラサキハナナもハナダイコンも、実はこの辺でも大丈夫みたい………という、気の抜けたまとめ…。
 …どちらも持ってないけど…。たまたま、うちの近所で見ないだけ、ということのようで…。


 以下、余談…。
 左はチェイランサス プルプレアと、同時期に見切り品50円で買ってみたケイランサス シュガーラッシュのラベル。見切り品だったので、まだ恰好が悪いですが、右の写真のようなお花です。ラベルには書いてなかったのですが、たぶん Erysimum cheiri の園芸種と思います。こちらには、いろんな花色があります。
 2つのラベルを並べたのは、チェイランサスとケイランサスが属名のCheiranthusのカタカナ表記の違いで同じものだから…。なおシュガーラッシュのほうは耐寒性一年草となっていました。
erishima_03.jpg erishima_04.jpg

 ついでにこちらは、先日園芸店で撮ってきたエリシマム スプリングパーティーのラベル。
 上の2つの花の属名、チェイランサス/ケイランサスは、エリシマムに変更になったので、これも同じ属のお花でErysimum cheiri の園芸種かと。…よくあることですが、表記が違うと、面倒…。
 ここで、上のチェイランサス プルプレアのラベルを見ると、ちゃんとErysimumと書いてあったりして…。
 こちらのラベルには「翌年も楽しめる」とありますが、エリシマムは多年草だけど、暑さに弱いので一年草扱いが普通だったのが、夏越ししやすい品種だよ、ということのようです。
 右の写真のように紫もあります。プルプレアと比べると、花弁が丸っこく、ちょっと、印象が違いますが…。
erishima_05.jpg erisi_05.jpg

 エリシマムは英語だとウォールフラワーと呼ばれ、イングリッシュガーデンの定番みたいですが、このところ園芸店でよく見るのは、冬に咲く花の種類を増やそう作戦かな、などと思っていたりします。

 個人的には、カラフルだけど寸詰まりの菜の花(…すみません…)みたいで、それほど好きではないかも…。…え? チェイランサス プルプレアですか? これは、ちょっとスマートなんです…w とりあえず、チェイランサス プルプレアとケイランサスの様子を見ます。←こんなふうに使い分けられたりするので、慣用の呼び名も捨てがたかったりするんですよね…。

*いつもブログを読んでくれる家族が、この記事を読んで、「なんじゃこりゃ、訳わからん…」…。…私の頭の中では、なんとかまとまっているんです…それなりに…。…すみません…。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

ほぼ完ぺきな気がする夏越しシクラメンのチモくん

 4月のイメージではないかもしれませんが、シクラメンです…w 桜色だから、許してね…。
 夏越ししたミニシクラメンのチモくん、今が満開みたいなので…。
 前回、たくさん咲いているという記事を書いたのは1月半ばのことでしたが、咲き続け、今がMaxかと…。

 八重咲きなので花が多く見えるのが得なところ…。
シクラメン チモ

 上から見ても、横から見ても、だいじょうぶ。シクラメン、店頭に並ぶのは年末からですが、夏越しして育てると、少し遅く満開になる気がします。
シクラメン チモ シクラメン チモ

 一方こちらは、今季1つだけ購入したミニシクラメンのフェアリーピコダブルです。2月12日のことで、見切り品300円でした。
 購入時は左のような白っぽい花でした。葉も乱れてぐるんぐるん…。右は、チモくんとの記念写真…。
シクラメン シクラメン

 あれから約2か月、4/3撮影のフェアリーピコダブル。購入時に白くなっていたのは、たぶん日照不足のためで、本来は1つの花に2色が混ざる花だったよう。本来の花になるよう、この2か月弱お手入れしてみましたが、これがいっぱいいっぱいかな…。
シクラメン シクラメン

 フェアリーピコダブル、ほんとは、もう少し花が大きくなって、背丈も揃ったところに持っていきたかったんですが…。夏越しできたら、来年こそ、ということで…。

 ほとんど毎日のように葉っぱを引っ張ったりして、ペット並みに手を掛けていたのですが、それが災いしたのかも…。
 あるいは、早く育てたくて、天気がよければ風があるのに外に出していたせいかも…花弁が傷んじゃったんですよね…。チモくんは花が揃っていたので室内の窓辺程度にしていたのでした。


 以上、フェアリーピコダブルで、「見切り品シクラメンの変身」というタイトルの記事にしようと楽しみにしていましたが、変身がいまいちでしたので、うまく育っているチモくんを主役にしてみた記事でした。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

4月初旬の畑、やっとジャガイモ植えました

 週末(土)は小雨が降っていましたが、畑タイム。

 左から、ニンニク、玉ねぎ、右端の手前はライムギ。雪が融けたら、みんなどんどん(それなりに)育ったみたいです。
4hata_01.jpg 4hata_02.jpg 4hata_03.jpg

 左はイチゴ。3種類(パインベリー、白い四季成りイチゴ、普通の赤)を植えてます。畑でのおやつ&ジャム用。
 右は2年目のルバーブ。今年はジャムにできるといいなと。
4hata_04.jpg 4hata_05.jpg

 この日、ジャガイモを植えつけ。種類は適当で、キタアカリ、シャドークイン、メークインの3種類。
 一応芽だしをしておいて、30cm間隔で。ちょっと多めだったので、切り分けませんでした。
4hata_06.jpg 4hata_07.jpg

 3/6にポットに撒いていたスナップエンドウと実取りエンドウも植えてきました。
 右は2年目のゴボウ。ちょっと間引いておいたほうが、花を見るにしてもいいかも…。
4hata_08.jpg 4hata_09.jpg

 この日はヤーコンも植えたけど、写真はなし。
 ヤーコンは去年、知り合いに戴いて食べたらおいしかったので。保存も育てるのも楽そうかなと、植えてみました。
 チョロギとネギも植え替えたかったのですが、後日ということで…。

 あとは、5月に夏野菜を植えるまでは、ちょこっと種撒きしたりする程度かな…。
 作り過ぎても大変だったりするので、無理せず、ちょぼちょぼ、畑で楽しみたいと思いますw

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。 
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ