FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2016年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2016年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年04月
ARCHIVE ≫ 2016年04月
      
≪ 前月 |  2016年04月  | 翌月 ≫

ユーフォルビアが、あっち向いてホイ

 かなり貧弱ではありますが、少し前から、ユーフォルビアの花が咲いています。
 去年の秋に、見切り苗を2種購入し、1鉢に2つ植えていたものです。

 左がユーフォルビア マーチニー(学名:Euphorbia x martini、トウダイグサ科ユーフォルビア属、常緑多年草)、右がユーフォルビア パープレア(Euphorbia amygdaloides 'Purpurea')です。
ユーフォルビア ユーフォルビア

 鉢全体を見てみると、スタンダード仕立て、ではなくて、なんだか、かなり不格好…。ユーフォルビアっていったら、同じ高さで花が並んでいる絵が思い浮かぶのですが、我が家の場合、下から伸びた茎に咲いているものもあれば、一本の茎の上のほうから3つに分かれて花が咲いていたりします。それでもって、あちこちに向いてます…。形は買った時に剪定されていたので、そのままなんですけどね。
 右が去年の購入時。ね、そのままの形でしょ?w 少しは何か増えるかと期待していたんですけど…。
ユーフォルビアyuho_06.jpg

 これを見ながら、来年は普通のユーフォルビアみたいにしたいなと剪定を考えていたのですが…。

 ユーフォルビアの剪定について検索すると、だいたい、花後に花が咲いた茎を地際から切る、そのころには新芽が周りから出ていて、それに来年花が咲く、といったことのようなので、我が家のユーフォルビアの根元を見てみると…
 左のパープレアは既に地際から芽が出ているのでOKだけど、右のマーチニーは茎の下のほうから2つしか芽が出ていません。
 写真より上の部分にも、花の咲いていない古い枝があるのだけれど、これを残すと、今年と同じように、茎の上のほうに花が咲くことになりそうな…。
ユーフォルビア

 結局、新芽の数で花数もだいたい決まるみたいで、出てこなかったらどうしようもないですよね…。もしかして、早めに花のついた茎を切ると、新芽が出やすかったりするかな…。
 なるべく下から切ったほうが効果的? …上のほうの花のない枝は挿し木用にするとかして…。

 それより、2つを分けるか地植えにして、がっしり育てろっていう話かな…。…いまさらだけど…。
 どちらも耐寒性は-10°くらいはあるようなので、地植えでも大丈夫だと思うけど…。

 と、くどくど思いながら、いっそ、来年もあちこちにぴょこぴょこ咲かせてしまおうか、なんて…。
 …いやいや、もう少ししたら、マーチニーくんも、もっと下から芽を出してくれるはず…ですかね?


 以上、ユーフォルビアの見切り苗の見分け方、でした…えっ?

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。
スポンサーサイト



このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ