FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2016年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2016年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年04月
ARCHIVE ≫ 2016年04月
      
≪ 前月 |  2016年04月  | 翌月 ≫

ユーフォルビア キパリッシアスは(たぶん)撤去完了

 増えすぎて困るものが、我が家にはいろいろあります。
 種が飛び過ぎるものも困りますが、地下茎でどんどん増えて、完全に除去するのが難しいものも、危険…。
 ミントとかドクダミとか、黄色の宿根リナリアとかは、すでに植えない、増やさない、見つけたら抜くことに決定済みですが、植えてしまって、こりゃまずい、というものが、ほかにもあります。たとえば、ユーフォルビア キパリッシアス(学名:Euphorbia cyparissias、別名:マツバトウダイ(松葉灯台)、マツバダイゲキ(松葉大戟)、トウダイグサ科ユーフォルビア属、多年草)…。

 見た目はかわいいし、色合いも春に似合うので、実家からもらってきたのでした。写真のものの身長は15cmくらいで、もう少し大きくなります。触ると柔らかで気持ちいい…。…実家では、すでに絶やそうとしているのですが、なかなか無くならない…w
ユーフォルビア キパリッシアス

 我が家は植えて2年くらいですが、今春の様子を見て、撤去決定(冬は地上部はかれています)。
 なにしろ、2株くらい植えただけだったのが、大小無数に増えてしまっていたので。2m四方くらいのところに、あちこち、ぴょこぴょこ顔を出してます。

 どういう増え方をするのかの参考に、根をつなげたまま抜いてみたところが、下の写真。右のほうは写真が切れているけど、もっと続いています。根っこは、かなり固くてしっかりしています。…だから、茎で切れて、根まで抜けないことが多い…。
 こんな感じでどんどん増えます。これは土が柔らかめのところに植えた株なので、比較的近くに次の株が顔を出していましたが、乾燥したところに植えたものは、広範囲に広がって、花の着いていない小さな芽をたくさん出していました。
ユーフォルビア キパリッシアス

 ということで、見えたものはすべて抜いたのですが、根までは除去できていないし、見落としもあるでしょうから、また出てくる可能性は大…。たぶん、根気よく抜いていたら、なんとか完全除去できるのではないかと…。

 抜いちゃった一方で、一部は鉢に植えなおしていたりするんですけどね…(えっ?!)。…種で増えたりはあまりしないようなので、閉じ込めておけば大丈夫かなと…。 …いったい私は、何がやりたいんでしょうね…。

 *ユーフォルビア キパリッシアスは、クラリスハワード(ClariceHaward)とかフェンズルビー(Fen'sRuby)といった園芸品種があるようです。

関連記事:
ユーフォルビア キパリッシアスと呼んでみよう

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ