FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2016年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2016年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年06月
ARCHIVE ≫ 2016年06月
      
≪ 前月 |  2016年06月  | 翌月 ≫

シランに(も)迷うとき…

 我が家には、実家からもらってきた、唇弁にピンクが入った白花のシラン(クチベニシランというみたい…)があるのですが、花色がいくつかある植物なら、なるべく白がいいなと思っているので、かねてより白花のシラン(紫蘭、学名: Bletilla striata Reichb. fil.、ラン科シラン属、宿根草)が欲しいな、と思っておりました。

 ちなみに、左から、友人宅の白花シラン、我が家のクチベニシラン、右は緑化センターで撮ったシランです。(画像はクリックで拡大します…
白花シラン 口紅シラン シラン

 そうこうするうちに、斑入りのシランもあるようなので、斑入りの白花もいいな、と思っていたところ、昨日伺ったお宅で、分けていただけ、ラッキー…。…白花の上に、斑も入って、トッピング2つのアイスクリームをもらったみたいなもの…。
斑入り白花シラン

 なお、そちらのお宅には斑入りのシランもありました。
斑入りシラン

 だがしかし、こうして画像の整理をしながら、白花は斑入りでないほうが花が引き立って見えるかもしれない、などと…。
 …トッピング2つのアイスでも足りないの?
 
 日によっては、もう植物は増やすまい、と思うこともあるのに(本当です…)、なぜに同じ植物の種類まで増やしてしまうのだろう…。

 *ほかにも青花シラン、黄花シランなんかもあるみたい…。それらは選抜種というのもあったし、外国産のシラン属のものや、それとシランとの交配種だったりするみたいですが、詳細はわかりません…。
 シラン属は「種間ではどのような組み合わせでも種子の稔性は良好で、なおかつ雑種後代でも稔性の低下はみられない」(wiki)そうで、種子発芽率も高いため、雑種が発生しやすいそうです…。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ