FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2018年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年03月
ARCHIVE ≫ 2018年03月
      
≪ 前月 |  2018年03月  | 翌月 ≫

滝を見に行って、お山の早春をちらっと見

 今日はジャガイモを植えるために畑の準備をしよう、ということになっており、農家のお店に行ったら畑仕事、という予定でした。が、途中で「光明の滝を見に行こうか?」ということになり、寄り道。時々行く近所のお山のすそ野に、いつもとは違う方角から接近。
 長閑な田園風景や気持ちのいい山の景色を通り過ぎて、滝に到着。約13mの滝で、真冬には凍ります。冬に写真を撮りに行ってみようと言っていたけど、のびのびになっていたもの。

 春の滝は雪解け水たっぷりで、迫力がありました。写真がうまく撮れませんでしたが、真ん中の写真は水にピントを合わせて、きれいな水の色を撮ろうとしてみたもの。右の写真は滝の上の道の方から撮ったものです。…どれも下手なので小さくしておきました…w
光明の滝 光明の滝 光明の滝

 この川は長谷倉川というようで、川の周りはまだ雪が融けたばかりで何もなさそうですが、よく見るとセリバオウレンが…。
長谷倉川 セリバオウレン

 川岸の枯れ葉だらけのところには、キクザキイチゲも顔を出し、少し先にはスミレサイシンなども咲いていました。
キクザキイチゲ キクザキイチゲ スミレサイシン

 近くにコバイケイソウ(たぶん)が山の斜面にずっと生えている場所を見つけ、近づいてみるとユキワリイチゲも…。この日見た花は、朝のせいか、開く直前なのか、まだ開いていませんでした。
コバイケイソウ ユキワリイチゲ

 そして、その先には、ちゃんと咲いているカタクリニリンソウもたくさん生えていたので、だいぶ見回しましたが、右の花が一番開いていたもの。
カタクリ ニリンソウ

 この場所はこれから、日に日にたくさんの花が開いていく場所だということがわかりましたので、ちょくちょく様子見に来ようと思ったのでした。

 久しぶりに気持ちいい山を楽しんで、写真も最近になくたくさん撮ったのですが、ボケてるものがほとんどでした…。
 比較的ましだったカタクリの写真を大きく貼って、今日の記事のダメ押し…。…開きつつあるところみたい…。花も葉もつやつやしてました。
カタクリ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

咲いたり、まだ咲いていなかったりのスイセンのこと

 今日は仙台でも桜が開花しました。
 最初の予報は4/6で、一昨日辺りは3/31と言っていたのですが、結局当たらず、今日開花。(我が家周辺はまだ先ですが…。)

 我が家では一昨日あたりからミニスイセンのティタティタ(学名:Narcissus cyclamineus cv. Tete a tete、ヒガンバナ科スイセン属)が咲き始めました。
スイセン

 実をいうと、もう少し前からニホンズイセン(学名:Narcissus tazetta var. chinensis)は咲いていたりします。左は昨日の写真。
 ニホンズイセンは花期が普通のスイセンより早いので(花芽分化が普通のスイセンより2か月ほど早いそう)、このあたりだと花の時期に何度も雪に当たることになり、花弁が傷んで、我が家ではこれまできれいに咲いたことがありませんでした。
 それで、今季は右の写真(1/29撮影)のように、リンゴについていたパッキンで保護。パッキンを付けた時点ですでに蕾が出てきていて花茎は10cmくらいになっていました。2月下旬にパッキンを外したら、花茎がほとんど伸びていず、蕾もあまり成長しておらず、失敗したかと思いましたが、今年は春の気温が高いせいか、例年より遅めでも、ちゃんと咲いてくれました。
スイセン 二ホンスイセン

 で、こちらが私が「スイセンが咲いていない」というときに頭に浮かべていた我が家の普通のラッパスイセンの現状です。
 だいぶ蕾が出てきましたが、まだ咲いていません。今朝は近所の緑道でも咲き出していたし、団地の下の農家の庭先では、かなりの数がきれいに咲いていましたので、おいおい追いつくことと思います。
スイセン

 ということで、スイセンの香りが漂う中、鼻水たらしつつ庭作業が楽しめるようになりました。…鼻水垂れても、匂いはわかります…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

やっと本来の花?

 まだ我が家のスイセンは咲いていないのですが、今日も20℃くらいになり、熱が出ているような気がします。
 花粉もバンバン飛んでいて、先日は、一日で去年の1.5倍も飛んだそう。それならもう飛ぶ花粉がなくなってもいいような気がするけど、そうはいかないらしく、予報では桜が咲いても飛びそう、とか言ってます。

 そんな中、我が家のユキワリソウが、ほぼ満開。ええ、まだユキワリソウです、だって3月だもん…。

 で、こんな花が咲いています。派手めですが、実物は小さいので、可愛い感じ。去年もこんな感じでしたが、今年はさらに色の対比が鮮やかになった気がします。
ユキワリソウ

 この花は2015年の購入時には左のような花が咲いていました。花弁がとんがって地味目?な雰囲気が気に入って購入したのでした。それが2016年には右のように花弁も丸くふっくらとした花に。去年あたりからは花弁の数も増えてきて、今年は上の写真のような華やかな花になったのでした。株が充実すると、変わったりするらしいです。
ユキワリソウ ユキワリソウ

 そんな風に変わるものもあれば、変わらない花もあり、なかには青い点模様の花のように、今年は咲いていないものもあったり…。年ごとの変化に一喜一憂…。…白や青が好きなのに、どうもピンク系が優勢…。
ユキワリソウ ユキワリソウ ユキワリソウ
 
 物思いにふけりつつ、ユキワリソウの傷んだ古い葉を切っていたら、お友達が通りかかり、「こんにちは!」と声をかけてくれました。
 反射的に顔をあげて「こんにちは」と答えたら、鼻水がたらり…。 …見なかったことにしてください…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

桃色ピンクのシクラメンを見ながら

 桜前線もだいぶ北上しているようですが、我が家周辺は梅が咲き始めたところです。
 ということで、桜は無理なので、ピンクのシクラメンのチモ、です。我が家で3度夏越ししたと思います。

 ご覧のとおり八重咲で種を付けないため、花もちがいいです。
 12月頃から咲き出して、無加温部屋で日に当てて、徐々に花が増え、まだ蕾もたくさんありますが、気温が上がってきたら、先に咲いた花はそろそろ萎れてきそうな気配です。
シクラメン チモ

 去年は4月15日で111輪咲いてた(→桜が咲いたので、ピンクのシクラメン…)みたいです。写真で見比べると、今年の方が花数が多そうですが、今年は数えるのがちょっと億劫…。
シクラメン チモ シクラメン チモ

 実は私はこういうピンクの花はちょっと苦手…。
 可愛い色できれいだと思うけど、なんというか自己イメージとあまりにかけ離れているので、身近に置くのがこそばゆい感じ…。
 でも毎年きれいに咲いてくれるし、香りもいいし、寒い季節の暖色はいいなあ、などと思いながら育てておりました。

 今年は、この花の咲いている時期に、ももちゃんがお空に行ってしまったので、どんなお花も良く似合ったももちゃんのことを、桃色ピンクのシクラメンを見ながら思ったりしています。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

小さな庭の小さな春の花

 今日も日中は暖かでしたが、朝は氷点下で霜が降りていました。
 それでも小庭には小さな春の花が咲き出してます。

 左から、ニオイスミレユキワリソウセリバオウレンです。
 ニオイスミレは貰い物が増えてます。今日は3つほど咲いてました。ユキワリソウも先日咲き出したところで、古い葉を切ったほうがいいのですが、まだ寒いときもあるので切らないまま…。セリバオウレンは直径1cm程度のとても小さな花で、これは雄花。庭の別なところには雌花も咲いてます。
 どれも小さくて、ぱっと見は目立ちませんが、近づいて、じっと見て、春なんだな、と思う花…。
ニオイスミレ 雪割草 セリバオウレン

 左はショウジョウバカマです。色が付いてきましたが、まだ蕾。
 そしてスイセンは、まだ5cm程度…。我が家の庭では、冬にほとんど日が当たらないところに植えているので、余計短いです。今日、畑の近くの日当たりのいいところのスイセンを見たら、蕾が出てました。…それでも畑の土は凍ってました。
ショウジョウバカマ スイセン

 ちなみに左が2月28日の朝。この雪は少しだったので翌日には融けて、その後、またちょっと雪が降りましたが、その後は積もるほどは降ってないです。
 私の住んでいる地域は、根雪がないところなので、雪が降っても日当たりのいいところでは数日で融けます。それで、日当たりの悪い我が家も、雪が降ったらせっせと雪を片付けて、日当たりのいいところ並みに見せかけているのですが、今年は結局、3月まで庭のどこかしらに雪が残っていました。(それでも冬中、アホッぽく、無理やり雪を除けて、植物を虐めてました…。。)
 そして、右が今日の庭。まだ、とっても寂しい…。どんどん、もさもさになって欲しいものです。
2月28日の庭 3月18日の庭

…天気予報を見ながら、もう今年は雪は降らないだろうねと話してたら、春分の日に雪マーク出現。なぜか春分の日って、ときどき多めの雪が降る年があって、雪の中、お墓参りしたことが何度かありましたね…。…今年は降らないでちょんまげ。。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

戸惑い気味に、ユキワリソウ…

 先週の土曜日(11日)には、ガーデンガーデンさんへ雪割草展目当てに行っておりました。こちらに引っ越してから毎年行っていて、一足早い春を感じるイベントだったりします。
 でも、昨日は20℃近い気温で、遅いと思っていた春が早足になっちゃって、ユキワリソウ写真が出遅れた感じになっちゃいました…w

 今年の雪割草展では、これが私が一番気に入った花で、家族も同意見でした。…ふわっと優し気で、いいですよね。
ユキワリソウ

 これは、どちらも白地に青の模様が入ったものですが、花型でだいぶ感じが違います。でもどちらも、かなり好き…。
ユキワリソウ ユキワリソウ

 この二つは紫系で、かっちりした整った花型。こういうほうがいいのかもしれないけど、好みとしてはふわっと系…。
ユキワリソウ ユキワリソウ

 もっと青っぽい花もあり、やっぱり青はいいなあ。。
ユキワリソウ ユキワリソウ

 赤系の花もいろいろあって、花型や模様の入り方もさまざまで、高級感があるのもいいし、きりっとしたのもいいし、優しげなのもいい…。
ユキワリソウ ユキワリソウ ユキワリソウ

 左はちょっと珍しい黄色系の花。中央のは花の中央付近が黄色系。
 右の花が実はけっこう気に入ったもので、濃い紺で表がほとんど黒っぽく見えていました。明るさの加減か何かで、なぜ花が開いていなかったのですが…。
ユキワリソウ ユキワリソウ ユキワリソウ

 ということで、今年もいろんなユキワリソウを、見方がよくわからないまま、ああだこうだと眺めてきました。
 やっぱり一重より、花弁が多いものの方が見応えがあっていいなあ、と言いつつも、それはお高いので、今年は4ポット540円というお買い得なものを入手してまいりました。だんだん、植え場所もなくなっちゃたし…。

 我が家のユキワリソウ地植えスペースでは、昨日、今年最初の花が2つ開いたところ。日中の気温が高過ぎたのか、ちょっとだれてるように見えました。今日からほぼ平年に戻ったようなので、ゆっくり長く咲いてくれるといいなと思ってます。

 この雪割草展は新潟の「花工房ほんま」さんが出展・販売しているのですが、今年は花が咲くのがとても遅かったそうです。新潟も大雪でしたからね…。4月上旬までは農場で在庫一掃処分セールをしているようなので、お近くの方は行ってみては。
 私も一度行きたいと思っているけど、ちょっと遠くて、なかなか行けないでいます…。
雪割草ナーセリー 花工房ほんま

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

柑橘くんは白く燃え尽きた?みたい…

 先週あたりから暖かくなりだして、今日は20℃になった?かもしれないのですが、一昨日の朝は氷点下だったし、ちょっと前は雪かきに勤しんでいた記憶…。
 その頃から気になっていたのが、向いの学校の校庭に植えてある柑橘の実の色…。たぶんスダチじゃないかと思うのですが、よくわかりません…。スダチ? ユズ? カボス? それほど実が大きくないからスダチだと思うけど…。

 例年だとオレンジというか橙というか黄色系の色になっているのに、今年は白くなっておりました…。
スダチ?

 葉もだいぶ落ちてて、とりあえず、実は木に付いているものも下に落ちたものも、みんな白くなってます。
 落ちている実を1つ拾ってきて切ってみたら、中はスカスカ…。たぶん木に付いている実も同じじゃないかな…。この冬のあまりの寒さに、実ったままで凍って、それが融けたのが、この状態なんじゃないかな…。
スダチ? スダチ?

 可哀そうに、寒さで燃え尽きて白くなったに違いない、と思いつつ、もしかして、実が落ちる時期で色が褪めてるのかも? いやいや、いつもは黄色だった! …そうだったけ?………   白くなっているのは、私の記憶……!?

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

丈夫で小さなランが2つ

 昨日は気温が上がり雨→強風で雪がほとんど融けたのでした。
 で、今朝は吹雪…。
 蕁麻疹が悪化したように思うのは、きっと気のせい…。
 気を取り直して、室内で咲いている小さなランの花でも。どちらもとてもいい香りです。

 こちらはディネマ ポリブルボン(学名:Dinema polybulbon、ラン科ディネマ属)です。去年の東北らん展で購入したもの(→ラン知らずが買ったラン)。
 花の横幅は3cmくらいの小さな花です。
ディネマ ポリブルボン

 左が現状、右が去年の様子。
 かなり適当に扱っているのに、ちゃんと(少しは)増えてます。
ディネマ ポリブルボン ディネマ ポリブルボン

 こちらはデンドロビウム キンギアナム(学名:Dendrobium kingianum、ラン科セッコク属)の白花です。
 これは一昨年、Oさんに、増えて鉢からはみ出てた枝(?)をもらっていたもので、今年やっと花が咲きました。
 これも花の横幅は2.5cmほどで小さいですが、房になるので少し華やか。Oさんは大鉢にたくさん咲かせていて、それは見事。
デンドロビウム キンギアナム

 影まで写して、ちょっと賑やかし…w
デンドロビウム キンギアナム

 どちらもけっこう耐寒性があるし、冬だけは室内ですが、あとは外で雑に扱っていても生き延びてくれる、私向きのランだったりします。あまり場所を取らないのもいいところ。

 天気はこれから回復に向かうはず、です。早く晴れてくれないと、むつくれそう。。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ