FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2019年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年04月
ARCHIVE ≫ 2019年04月

ヤーコンの苗の植え付けとか

 明日は一日雨ということで、今日は急遽、ヤーコンの苗を植えてきました。気温はあまり下がらないもよう。
 ヤーコンは涼しい気候が好きということで、霜の心配がなかったら、早く植えたいと思ってました。…たぶん、もう大丈夫…?
 根が巻くのも困るし…。

 12ポット育てていたヤーコンの苗のうち、2ポットは先日母にあげ、残り10ポットのうち、8ポット、良さそうなのを植えてきました。ちょっともみ殻燻炭もパラパラして…。
 全体の写真も撮ったけど、調子悪いカメラのせいで、ファイルが壊れてました…。堆肥を多めにして、高畝にして40cmくらいの間隔で植えてます。
ヤーコンの苗 ヤーコンの苗

 2日ほど天気が良かったので、先日土をかけたジャガイモも、みんな芽を出してました。
 右は、いつも枯れたかと心配しちゃう宿根マリーゴールド。ちゃんと生きてましたw
ジャガイモの芽 宿根マリーゴールド

 つるなしスナップエンドウに、花が咲いていました。
 あまりにも、もちゃくれている気がしたので、ライ麦を少し刈り込んで、エンドウを緩く結わえてきました。
 つるなしは初めて植えてみたのですが、現状40cm弱というところ。短すぎ??
つるなしスナップエンドウ つるなしスナップエンドウ

 あとは、連休中に、少し夏野菜の苗を植えられるといいなというところ…。
 …苗づくりは、ちょっとだけやっているところ…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

桜は最高! 天気は最低?

 連休前日の金曜日、秋田の角館の武家屋敷を見に出かけました。
 (盛岡→雫石→角館→横手(山内で一泊)→西和賀→北上という感じ)
 普段の生活態度が祟ってか、一泊二日の短い旅の間、ずっと雨…。
 道路で見かけた温度計の温度は最高で7℃、最低は1℃。これは昼間の温度で、夜は…。

 それでも角館の桜自体は、ちょうど満開。
 人出もこの時期としては少なく、最適なところに駐車でき、
 車中土砂降りだった雨も小降りとなって、武家屋敷周辺を桜を見ながら、うろちょろ…。
 黒い塀に枝垂れ桜が映えてました。
kakuno_01.jpg

 といっても、こういう天気、私のカメラの腕前だと、桜が白っぽくなって、上の方は空と一体化…。
kakuno_02.jpg

 左は武家屋敷通りの隣の道で、ここの枝垂れ桜は少し背が低いので、広めに撮っても賑やかに写せたかも…。
kakuno_03.jpg kakuno_04.jpg

 途中でカメラがレンズエラーを頻発していたせいもあり、写真はあまり撮れなかったけど、一緒に行った母は満足してくれました。
 母は何度かここを訪れていたそうですが、桜の時期は初めてで、全然違ってきれいだと喜んでくれました。

 翌日は北上市の展勝地にも寄ってみましたが、こちらは桜は、そろそろ終わりの感じでした。
 もう少し前なら、川沿いの桜がとてもきれいなところなんですけど、北上川の水もすっかり増水…。
kakuno_05.jpg kakuno_06.jpg

 だがしかし、北上川に合流している和賀川沿いの桜並木がちょうど見ごろでしたw
 堤防の上の道沿いに桜が植えてあり、左は和賀川の河原で、町に近いところは公園になってます。堤防の右はほぼ田んぼ。
kakuno_07.jpg

 展勝地の桜はソメイヨシノがほとんどだと思いますが、こちらの桜はもう少しピンクっぽい種類のよう。
 展勝地には観光バスも来てましたが、この日、和賀川沿いの堤防は、ほぼ無人。
 この桜は、約6km続いていて、端のほうには桜の苗木が植えてあったので、もっと伸ばす予定みたいです。
kakuno_08.jpg

 ずっと雨でしたが、満開の桜を車に乗ってゆっくり眺めながら、今年はたくさん桜を見たね、と…。
kakuno_09.jpg

 (旅の途中では桜もいろいろ、コブシやスモモとか別の木の花もいろいろ咲いていてきれいでしたが、私が一番うれしかったのは、一泊した横手市山内の共林荘という温泉旅館のお湯がよかったこと。5回も入ってしまいました…w)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

ジャガイモの芽が出た、けど、埋めた…

 4/13に植え付けていたジャガイモは、一昨日最初の芽が出ていました。

 が、昨日の夕方、土をかけてきました。なにしろ、寒気がまた…。心配なので、急遽、雨が降る前に埋めておこうということで…。
 芽が出そろってきてたんだけど…。
jyagaume_01.jpg jyagaume_02.jpg

 一昨日はとてもいい天気で、朝、畝の間に植えたライ麦をハサミでチョキチョキ…。だいぶ伸びて穂が出ていたし、ちょっと日陰を作っていたので。これで玉が少し太ってきたタマネギの日当たりも良くなったかな。
 刈った(切った?w)ライ麦は、藁代わりにマルチに使います。
jyagaume_03.jpg jyagaume_04.jpg

 スナップエンドウと一緒に蒔いたライ麦は、少し間引いたりしたけど、相変わらずエンドウより優勢な感じ…w
jyagaume_05.jpg

 このところ、いい天気が続いていたけれど、数日間、雨、そして気温が下がる…。
 …さすがに雪降ったりはしないだろうけど…。…山沿いは雪かもって、どの辺まで?…

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

焦り気味に、タリアとエイリッチャーと

 かねてより、白いスイセンが欲しいと思っておりました。
 それで去年はついに2種類の球根を買って植え(→やっぱり鉢? バルボコディウム モノフィラス&白いスイセン)、それがやっと開花しました。

 一つはタリア(Narcissus 'Thalia')。これが欲しかったんですよね、だいぶ前から。
 理由は、ごらんのような花姿…。清楚で優美で…。うん、植えてよかった。
 …欲しかったら、さっさと買えよ、っていう感じですが、中古の庭に黄色いスイセンがたくさんあるので、なんだか買いにくかったんですよね(ほかのもっと高いものを買ってたりするけど…)…。でも、やっぱり、白がいい…。
タリア

 もう一つはタリアと同時に購入したエイリッチャー(Narcissus 'Erlicheer')。購入したときのラベルにエイリッチャーとあったけど、エルリッチャーと言ったりも…。
 こちらは売り場でついつい手が伸びたものですが、八重咲で花弁に白とアイボリーがあって、ちょこっと黄色もついてたりして、可愛らしい感じです。
 まだ咲き初めで、これから房がもっと大きくなりそうですが、これから雨で、3日くらい雨がちみたいなことを天気予報が言っていたので、早めに写真を撮って記事にしてます。
エイリッチャー

 白いスイセンの周りには白い芝桜とか、ウツギやミナヅキの斑入りとかも植えています。
白いスイセン ミナヅキ

 あ、、、風が強い中、庭の片づけをしながら急いで写真を撮っていて、香りをかぐのを忘れちゃいました…。
 …雨が過ぎたら、ゆっくり楽しみたいな…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

無理やり、脱皮中…

お断り: 私のリトープスの現状を見て、リトープスって、気持ち悪い…とか、思わないでくださいね。きれいでかわいい植物なんですけど、たまたま、我が家の現状がこんな、というだけ…。


 今日は20℃を超えて、暑いほどでした。
 脱皮中のリトープスも、そろそろすっきりしたいんじゃないかなと、ちょっとばかり脱皮のお手伝い…。
 (ほんとは手伝う必要はないんでしょうが、徒長気味に育ったせいで、うまく脱皮できないみたいな感じなもので…。)

 まずはキンバリー。けっこう肥満気味?? 口は開いているけど、まだ時間がかかりそうなので、親葉を開きました。1つは分頭してましたね。
murida_01.jpg murida_02.jpg

 次は紫勲。
 こちらも開いてみたら、分頭してました。
 割らなくてもいいのかもしれないけど、放っておくと、余計びっこたっこになりそうだし…。
murida_03.jpg murida_04.jpg

 さらに次々、ほかの肥満気味の方々もぱっくり…。どうも、じっと待っていても、親葉の栄養がちゃんと子葉に行って、きれいに脱皮しそうに見えなくて…。
 左から、プリンスアルバート、福来玉、大津絵ですが、みんなブクブクに太ってます、みたいな感じでして、割ってみたらみんな分頭しているのはいいけれど、、大津絵は、、、、どうなってる??
murida_05.jpg murida_06.jpg murida_07.jpg

 なかには横っちょから子葉が出てきたものもあり…。これは李婦人ですか。。。
 少し前に割ってたんですが、中に、ぴょん吉みたいなものが…。
murida_08.jpg murida_09.jpg

 結局、徒長気味のものは、口を開けてもなかなか水分が多いせいでしょうが、脱皮が進まないみたいなので、割ってみちゃうわけですね…。そのほうが子葉の背を低く抑えられるみたいだし…。

 もちろん、我が家にだって、普通に脱皮中のものもありますですよ…。
 ルブロロゼウスとアンナローサも分頭してるし、ルテアは大きくなったし、弁天玉も分頭して…。
 リトープスはどれもほぼ同じ環境で過ごしていたけど、種類によって現状はいろいろなわけ…。ものによって扱いを変えた方がいいんでしょうね…たぶん…。 
murida_10.jpg murida_11.jpg murida_12.jpg

 ということで、お見苦しい写真いっぱいでしたが、次回のリトープスの記事は、脱皮が終わって、きれいな子葉が少し育ったあたりで、美しいリトープス写真満載の記事にしたいな、と思ってます…。…願望…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

意外と素敵な近所の桜

 我が家のある小山の上の団地から降りると、泉ヶ岳の裾野に続く田園地帯があります。
 田んぼの周りに小山がぽこぽこある地形で、田んぼの中の国道を行くと、あちこちの小山に桜が咲いているのが見えます。
 昨日は天気も良く、桜も見ごろだったので、何があるのかわからないけど、きれいに見える桜を目指してドライブ…。

 最初に行きついたところは、白石城跡でした。
 ここが今回の桜巡りでは一番よかったです。高台の草地の周りに桜がたくさん。好天の休日なのに、見かけたサクラ見物の人も3人ばかり。見晴らしはいいし、桜はきれいだし。
宇佐八幡

 室町時代の城跡だそうですが、私には高台としかわかりませんでした。
 現在は宇佐八幡宮、三十三観音、栽松院(伊達政宗の祖母で、晩年ここに住んでいたそう)の墓碑などがあります。
宇佐八幡 宇佐八幡

 上からも下からも桜、みたいな…。
 古くて大きな桜のほか、最近植えたような小さな桜も…。もう少し手入れが良ければ、もっと人が来そうなところですが、静かに花を見るには、今のままでもいいのかも…。
宇佐八幡

 次に向かったのは、こちらの桜。
 近づいてみたら、中学校の桜でした。ここにはかなり長い桜並木がありました。
 左に見えている山が泉ヶ岳で、ちょっと尖ったてっぺんに少しだけ雪…。
sakura_19_05.jpg

 3番目に行きついたのは、松森山 東泉寺というお寺でした。
 1622年(元和8年)に天台宗の寺として開山、正保4年に無住職となり中興開山した際に曹洞宗の寺となったそう。
sakura_19_06.jpg sakura_19_07.jpg

 ちょっと華やかな枝垂れ桜。
 境内には椿もたくさん咲いていました。ここも無人みたいに静かで(建物の中には誰かいるんでしょうが)、聞こえたのは鳥の声だけ…。
sakura_19_08.jpg

 その隣といった位置関係のところにあったのが雷(なりがみ)神社。
 創立年代は不明ですが、雷除けと日照りの時の降雨祈願をかねて作られたそう。
 国道のすぐ横の高いところに鳥居や桜が見えていて、一度覗いてみたいと思っていましたが、駐車場があるわけでもなく、いつも通り過ぎるだけだったのを、なんとか車を停めて…。
sakura_19_09.jpg sakura_19_10.jpg

 急な階段を昇って振り返れば、桜越しに、田んぼの向こうに中学校の桜が見えました。
sakura_19_11.jpg

 最後は、朝、畑を覗いたときに撮った畑のばあちゃんちの桜。
 ばあちゃんちの隣は神社なのですが、神社の桜は小さくて、ばあちゃんちの桜の方が立派…。(右側にちょっと映っているのが、秋に苦労して実を採っていた柿の木…。)
sakura_19_12.jpg

 以上、昨日3時間ほどかけて回った桜。
 いつもは国道を泉ヶ岳目指して行くか、街のほうに行くことが多く、近場の桜をよく見ていなくて、意外といい場所があるのを見逃してました。

 ほかに川沿いなどにも元は立派な並木だったんだろうと思われる桜などもありましたが、草刈りする人もなく他の木に負けて枯れていたり。だんだん人が減って、農家の庭の名残のような、桜やほかの木が取り残された空地もあったりして…。

 新しめの道路を中心に見ると、雑然としたものが目立つ場所も、桜を頼りに見て回ると、以前あったと思われる、もっとなだらかで手入れの行き届いた風景が思い浮かんできたりしたのでした。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

とうとう? 白も咲いた、実生クリスマスローズ

 2015年に種蒔きしたクリスマスローズが去年初めて咲いたのですが、親は白花だったけど、子の花色は赤紫で、ちょっとがっかりしてました。白花が欲しかったので…。(→白じゃなかったクリスマスローズ

 同じときに蒔いた種の苗は、まだ数本庭に生存しておりまして、今年は別の一本が開花。

 それがこちらで、どう見ても白!w 
クリスマスローズ白

 花の中を覗くと、親と比べると、ソバカスが少なめですが、これはこれで、いいかなと。
 右は、同じ親の子の別の花。こちらが去年から開花しているものです。
クリスマスローズ白 クリスマスローズ赤紫

 こちらが親ですが、この白いほうの種を蒔いたのでした。
 発芽したものを20ポットほどに植え、ちょっと奇形っぽかったり小さめの苗は庭のあちこちに植えておいたのでした。
 結局ポットに植えたものは蒸らして全部枯らしてしまい(クリスマスローズのポット上げなんか…)、庭に植えた半端者だった苗たちが生存して、今頃花を咲かせているわけです…。
(ポット上げしたものをちゃんと育てていたら、もっと楽しかったんだろうなあ…w)
クリスマスローズ白 cri_pot_12.jpg

 去年地植えにした3種類のクリスマスローズは、2種類が咲き、薄黄色みたいなダブルの花は咲きませんでした。…場所が気に入らないのかも…。
クリスマスローズ クリスマスローズ 

クリスマスローズ クリスマスローズ
 
 小庭なので、花色はあまり多くなく、とか、白がやっぱりいい、とか思っているはずなのに、紆余曲折を経て、クリスマスローズは赤、白、黄色…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

ビカクシダの、恥ずかしい板付け…

 長いし、いい写真もない記事ですみません…。記録なもんで…。気が向いたら、、、眺めてちょうだい…。

 気温が上がって、やること山積みですが、先日は暴風だったので室内でビカクシダ(麋角羊歯、学名:Platycerium、別名:コウモリラン、ウラボシ科ビカクシダ属)の初めての板付けをしてみました。

 こちらは2月に行った展示会でのビカクシダの写真ですが、こんなふうにしたいわけ。
 ビカクシダは木に着生するものなので、これが自然に近い仕立てなんだって。
 ビカクシダの2種類の葉(ギザギザ加減の胞子葉と丸っこい貯水葉)が、貯水葉は板に張り付くように、胞子葉は立ち上がったり垂れさがったりするようになっているらしいです。
ビカクシダ

 さて、我が家には現在、ビカクシダは4つ。
 1つはまだ小さいリドレイ(→無理を承知で、リドレイ…)で、あとの3つは購入してから2年弱くらいのもの(→大きくなってカッコいい葉を出して…ちょっと焦げてるビカクシダ)。今回はこの3つを板付け。

 ビカクシダの板付けを検索してみると、みんな簡単にやっているようですが、実際やってみたら、いろいろ大変でした。
 原因は購入してから鉢のまま、2年近くあちこち向きを変えて置いていたので、ビカクシダの形がいびつになってしまっていたのが大半…。こちらの3つなんですけどね…。
itaduke_12.jpg itaduke_13.jpg


 のびのびにしていた板付けを思い立ったのは、先日カインズホームに行ったとき、工作コーナーが目に入ったため。
 板付けには板が必要だし、板に穴も開けないと…うちに工具はないし…と思っていたところ、ここで板を買えば道具はただで貸してもらえるということで、適当なサイズの板(焼桐にしてみました)を選び、ドリルを借りて穴開け。
 焼き桐でよかったかは不明…。蝋引きしてたら、まずい? …でも、ヘゴ板とかだと高すぎるし…。
板付け用の板準備 焼き桐

 板さえ準備できたら、あとは簡単、と思ったら、大間違いでした。

 以下は作業手順と、大変ポイントのまとめ…。
 作業手順はあちこち検索して、たぶんこんな感じかなと…間違ってたら、教えてね…。

 ●準備したもの: 板(焼桐使用)、ミズゴケ、麻紐、銅線。

 1 ビカクシダを鉢から出して、根を傷めないように土を落とす。
  大変: 2年近く経った鉢は、けっこう根が回っていて、根を傷めず土を落とすのは不可能…。板付けするには、鉢の形になっちゃってる根をかなりむしって土を落としました…。…ハイフレッシュぱらぱらしときました…。
itaduke_14.jpg

 2 ビカクシダの上下は、成長点の位置でわかるらしいので、それを12時の場所にして板上で位置決め。
  大変: 成長点らしきものの位置が、いいところになかったりして…。

 3 ミズゴケを巻きつつ形を整える。
  大変: 形としては、縦長の胞子葉が板に垂直、丸っこい貯水葉が板にぺったり、みたいにすればいいらしいですが、鉢植えにしている間にエリマキトカゲ状態に立ってしまった貯水葉が平らにならない→板に張り付けられない…。
itaduke_15.jpg itaduke_16.jpg

 4 麻紐で板にビカクシダを固定。
  大変: 板に径4mmの穴を空けていたのですが、紐を通すのがけっこう大変…。もうちょっと大きくてもよかったかも。それと100均の麻紐は細いところがあったりして、強度が不安。ビニールひものほうが安心だったかも。
 ただでさえ形が決めがたい状態のビカクシダ、ミズゴケで麻紐を穴に通しつつ紐止めするのが、一番時間がかかりました。しかも穴の位置が適当すぎて…。最後は板の周りをぐるぐるしちゃった…。

 5 吊り下げ用の銅線を付ける。
   簡単にできたのは、これだけ…。

 ということで、3つのビカクシダを板付けするのに、なんと7時間…。…はい、とっても不器用なんです…。

 構成上、出来上がった作品…。恥ずかしいけどしょうがない。
1つめ
 一応、貯水葉をきれいに止めてます。
 上から見ても大丈夫。
 上から中央付近を見れば、生長点らしきものが見えるはず…。
ビカクシダ ビカクシダ ビカクシダ

2つめ
 貯水葉が丸まってます…。正面からだとわからないけど…。
 上から見ると丸まっていて、板との間が空いてます。
 一応、上から中央付近を見れば、生長点らしきものが見えるような…。
ビカクシダ ビカクシダ itaduke_06.jpg

3つめ
 一番大きくて、一番難しかった…。正面から見ると板とバランスいいかのように見えますが…。
 上から見ると、貯水葉がすっかり立ち上がってしまっていて、板に全然付けられません。なんじゃこりゃw
 成長点もなあ…。これなのかな…。貯水葉と胞子葉が入り組んでしまってる…。
itaduke_07.jpg itaduke_08.jpg itaduke_09.jpg

 ビカクシダくんたち、ごめんなさい。もとはいい形だったのにね…。…生き延びてね。
 …これから板付けする人は、素直な状態のビカクシダを早めに付けることをお勧めします…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

ジャガイモ植え付けと、ヤーコンの苗作り…

 昨日(4/13)は天気がよかったので、ジャガイモを植え付けました。去年より1週間遅れ。(結局、雪は多くても去年はさっさと春になったってことですね…。)

 今年は男爵1kg、メークイン2kgで、計3kgです。
 私の参考書によると、自然菜園では70g程度の小さめのイモを切らずに植えるのがいいみたいなので、我が家のなんちゃって自然菜園でも、これくらいのサイズのを選んで。1kgで男爵12個、メークイン14個なので、だいたいいいかなw 
 写真は購入時で、この後、しばらく日に当てて緑化しました。
ジャガイモ ジャガイモ

 ジャガイモを植えたといっても、これといって絵がないので、畝の写真…w
 実は、畝がいつもうまく作れません。高い位置に植えがちで、後で土寄せするのが大変になってしまいます。今回はそうならないように、低めに植えたつもり…。
 ここは去年もジャガイモを作ったところで、先日までネギが植えてあったところ。ネギとジャガイモの交互連作はOKみたいなので…。
ジャガイモの畝 ジャガイモの畝

 地味つながり?で、こちらはヤーコンの苗の準備のこと…。
 室内で越冬していたヤーコンを3/13にポット植えしていました。

 土付きのまま越冬していたヤーコンの枯れたところとかを取り除いて、ぼこぼこした塊根部分を残し…
ヤーコンの苗つくり ヤーコンの苗つくり

 芽を確認しつつ(といっても芽はたくさんあるので、あまり気にせず)、ばきばき手で分割…。…全然均等になんか割れてません…w 割れやすそうなところから割っちゃいました…。ジャガイモの真似をして割ったところに草木灰を付けて、しばらく乾燥…。
ヤーコンの苗つくり ヤーコンの苗つくり

 あとはポット植えして、天気の良い日は外、夜は室内に置き、約一か月経って、今朝の状況がこちら。
 元の塊茎がバラバラサイズで芽の状況もバラバラなので、芽の出方もかなりバラバラ。とりあえず、9ポット芽が出ているので、我が家用には十分。
 もう少し大きくなって、霜の心配がなくなったら、畑に植え付ける予定。
 ヤーコンの苗


 ヤーコン苗づくりは今年で3回目。最初の年は4/15にポット植えしていました。(→かなりインチキに育てたヤーコン苗を植えた…
 それでも収穫に問題はなかったのですが、ヤーコンは暑くなる前に大きくすることが大切らしいので、今年は早めにポット植えしてみたのでした。

 昨日は畑の横の、ばあちゃんちの桜が咲き出していました。今週は、先日までの最高気温が最低気温…。
 …横の写真を縦にしたわけではなく、ばあちゃんの桜は大きい…。
畑の桜

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

かわいそうな、白くまくん(サルビア アルゲンティア)と…

 我が家には十分な場所がない可哀想な植物がたくさんありますが、我が家に来て3年くらい経っている白くまくん、ことサルビア アルゲンティア(学名:Salvia argentia、シソ科サルビア属、多年草)もその一つ…。

 こちらは去年の6月の様子。
 白くてほわほわの葉がきれいでしょ? 大きめの葉なんですよ…。
サルビア アルゲンティア

 でもね、引いてみればこんなふうで、大きなホスタの葉に負けてます…。
 同じく6月の右の写真のように、周りには白い花とか白っぽい葉のものを植えていて、ホワイトガーデン風にしたいと思っているのですが地面が足りてなくて…。
 うちでは咲いたことないけど、白くまくんも白い花を咲かせるものだったりします。
サルビア アルゲンティア 6月の庭

 でもって、左2枚は昨日の白くまくん。ホスタはまだ芽をだしていませんが、白くまくんも小さくなってます…。
 春かと感じ出したころにはもう少し大きかったんですが、寒の戻りを繰り返すうちに、どんどん小さくなってます…。
 そして、右は今朝の白くまくん…。また、べたべたの雪に埋もれちゃった…。
 白くまくんと呼ばれているからと言って、雪が降って喜んだりはしないんだよね。寒いとやっぱり傷むわけ…。耐寒性は10℃ちょっとあるみたいだけど…。
 うちの白くまくんの場合、もっと広い場所に移さないと…。…日当たりがよくて水はけよくて、夏に蒸れないところが好きらしいけど、そういうところに空きがない…。
サルビア アルゲンティア サルビア アルゲンティア shirokuma_06.jpg

 今朝は10cmちょい雪が降りましたが、昨日の段階で、スイセンはだいぶ蕾が膨らみ、黄色のプリムラやミニスイセンのティタティタが咲いていましたが、また雪で、お気の毒…。
スイセン プリムラ ミニスイセン

 今朝は雪かきしてから近所の小学校の花壇と、私の桜開花の標準木を見回り…。
 この雪が融けたら、開きかかったサクラも安心して咲けるんじゃないかな…。
shirokuma_13.jpg shirokuma_14.jpg

 さすがに今季はもう、雪はない、だろうと信じています…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ