fc2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2022年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2022年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2022年09月
ARCHIVE ≫ 2022年09月

タマネギ苗の育ち具合…

 昨日は27℃/14℃、晴れ。
 7:30頃から3時間ほど畑にいましたが、暑い…。晴れると、焦げそう…。

 さて、9/7に種を蒔いたタマネギ(早生、ハッピー501)の様子です。育苗期間は55日を目安としているので、あと1か月くらいで定植となります。
 現状、これくらいになりました。長いもので、だいたい15cmくらいです。
 昨日は周りに生えてきた草を取ったり、傾き過ぎの苗を起こしたり(w)してました。これまでに一度、液肥をやってます。
タマネギ育苗中

 全体。
 約377粒蒔いて、9/19には340の発芽を確認していましたが、昨日数えたら327になってました。発芽してもうまく育たたないものがあります。これ以上、減らないといいのですが、たぶんこれからも多少の減りはしょうがないですね。(多少で済んでね…w)
 苗の向きがバラバラなのが気になりますが、これはやっぱり種蒔き時の土の詰め具合とか、蒔き位置が不揃いだったことが影響しているのでしょうね…。
タマネギ育苗中

 株元を見ると、葉は2から3というところ。
 それにしても、発芽位置がセルの中でバラバラ…w 見るたびに苦笑…w
タマネギ苗

 こんな育ち具合でいいのかどうか、気になりますが、去年の9/30の記事(→タマネギ苗の今と、ローゼルの台風対策…)に、同時期の苗床直播きの苗の様子があったので比べてみましたが、どうも比較しにくい…w 条件が違うと、苗の様子もだいぶ違っています。

 現状は、、、たぶん、まあ、こんなもんで…というところ…w
 (ちゃんと育ってほしいけど、育ちすぎてもいけないわけで、その辺が難しい…。)
 定植時期に小さすぎということは、あまりなさそうなので、育ちすぎたときの葉刈りの仕方を調べておこうか、と思ってます。



 昨日は健康診断でお昼御飯が3時過ぎになってしまったので、ご飯は食べずにいただきもののシャインマスカットを食べました。
 シャインマスカット、たぶん食べたのは2回めかな?というくらい食べることが珍しいですw
 食べながら、「これはブドウの範疇ではない気がする…」とかなんとか…。
シャインマスカット


 気になっていた田んぼは、稲刈が済んでましたw
稲刈の終わった田んぼ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭園)へ

やっと、カーリーケール(キャベツの代わり?)の定植…

 昨日は24℃/16℃、午前中は曇りがちで午後晴れ。午前中に畑作業。
 植え場所の準備ができず、なかなか植えられなかったカーリーケールをやっと定植しました。フリフリのケールで、赤と緑です。

 8/26にセルトレイに種を蒔き、9/3にポットに植え替えて畑に移動していたものです。
 いつものように、苗づくりがヘタ…。(植えるのが遅くなって、なんとなくHCの売れ残りみたい…w)
 でもきっと、畑に植えれば、本来の姿を取り戻すはず。。。。
カーリーケール苗

 場所は、先日まで小玉スイカがあったところで、元肥・堆肥投入済み。
 苗は22ポットあり、畑に並べてみて、21ポット植えることに。
 ケールは畝間60cmくらい、株間30~40cmくらいということで、ほんとなら1畝6ポットくらいの方がいいのですが、無理やり7ポットにしたので株間は30cm弱かな。。これがよくないんだろうな、と思いつつ、苗を残してもと…。家族二人でどれくらい食べるのか…。
畑 カーリーケール定植

 根元がくらくらしているので、深植えにして曲がりは矯正…。
 あとは株元にもみ殻燻炭で泥はね除けをちょっとして(もみ殻が無くなったので…)、水をたっぷりやって植え付け終了。
カーリーケール定植 カーリーケールの定植

 そして、防虫ネット張り。
 畝のサイズを考えてネットを用意していたわけではなかったので、手持ちのネットを縦にしたり横にしたり、3畝一緒にしたり別にしたり、支柱を差し替えつつ、なんとか完成。…こんなもんで、勘弁してください…w
 あとは畑の力で、ぐんぐん育ってくれることを祈ってます。。。
ケール定植 ケール定植

 秋冬野菜といったらキャベツや白菜が定番ですが、我が家では、どちらもちゃんと作ったことがないです、どちらも虫もつくし、球にならなかったらどうしよう!みたいなことで…w それに1株食べるのに時間がかかる…w
 今回は、カーリーケールは青汁のケールみたいに苦くないし、球にならないので失敗が少ないかも、ということで作ってみることにしました。

 ケールとキャベツと葉ボタンは親戚みたいなもののようで、ケールが結球するようになった(で苦みがない)のがキャベツ、ケールの葉がちりちりになったのが観賞用の葉ボタン…。
 ケールの葉は硬めで味も苦くて青臭いけど、カーリーケールは葉が柔らかめで癖がなく食べやすいそうなので、味のいい葉ボタンみたいなもの?というのが私のイメージ…。それだと、サラダにしてもきれいだし、栄養もたっぷりそう…。
(実際には、ケールもカーリーケールも葉ボタンも、食べたことないです…w 青汁は2回くらい飲んだことありますが、美味しくなかったです。)
 それに、カーリーケールは外葉から収穫していく、というのも、早めに収穫開始できて長く楽しめそうで、いいのではないかと…。

 *ケールをチェックしていて見つけたトーホクさんのサイトのこちら(→♬キャベツ~なぜ巻くの?♪)の記事が面白かったので、リンクしておきます。

 そんな感じで、育苗は適当だったけど、実はとってもカーリーケールを食べてみることを楽しみにしていますw
 (わいわいさんに種を貰ったのをきっかけに目を向けてみたら、なんだかとっても好都合な野菜のような気がしてますw)


 昨日の朝の近所の田んぼ。
 今が稲刈最盛期、というか、ちょっと過ぎていると思いますが、倒れたせいか、まだ刈られないままのイネが、曇り空の下でも鮮やかだったので…。
イネ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭園)へ

ミニトマト、渋々撤収…

 昨日は23℃/17℃、多少晴れたけど、ほぼ曇り。
 ミニトマト(トスカーナバイオレット)を撤収しました。

 最初に、このところの収穫物。
 左が9/25、右が9/26。ミニトマト、まだ取れてます。色づきイマイチのもありますが…。(レタスもちょっとずつ採り始めてますw)
mte_01.jpg mte_02.jpg

 そして、こちらが、昨日の朝のソバージュ栽培のつもり(似てない、と言われてます…w)のミニトマト4本。
 何度か枝を整理したりして、だいぶすっきりしてますが、青々…。
mte_03.jpg

 近くによると、これからっていう実がいっぱい…。
 こんな感じなので、まだ終わりにしたくない気持ちもいっぱい…。
mte_04.jpg mte_05.jpg


 そんなことを言っても、いつまでも置いておけない、ということで撤収です。(こういうときは、もっと畑が広いといいのにと思います…。)
 撤収は、、、バリバリバリ…。
mte_06.jpg mte_07.jpg

 あとは掘って均しておきました。未練がましく、青い実もちょっと持ち帰り…。
mte_08.jpg mte_09.jpg


 今年のトスカーナバイオレット、美味しいので撤収は惜しかったです。
 が、この時期になると日が射しているときはまだ大丈夫と思うけど、曇ると、もう無理、薄暗くなって気温が下がってくると、撤収してよかったな、というところ…。

 なお、8/29に撤収した中玉トマトの青い実は、9/11には右のようにほとんど赤くなってました。ミニトマトの実も徐々に色づいて…と思ってます。
青い中玉トマト 色づいた中玉トマト

 あとはピーマンとナス、、、、、いつ撤収しようかな…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭園)へ

ダイコンが太ってきた、けれど…

(虫嫌いの方は最初の写真3枚だけ見てね…w 下の方も、そんなに怖いものはないけど…。)

 昨日は最高気温26℃、ちょっと暑かったです。
 
 台風の雨のあと、ダイコンがぐっと育った感じです。8/17と8/19に蒔いた、おでん大根です。
 まだ直径2~3㎝だと思うけど、白い根がせり上がった様子は、いっぱしのダイコンw
 ダイコン周りの地面には地割れができて、いかにも急に太った感が出ています。
ダイコン

 こっちにも、楽しいひび割れw
ダイコン

 ダイコン畑全体。みんな青々と、元気に育ってるよう。
ダイコン畑


 でも、よく見ると、今年は多少不揃い…。
 それは、虫食いのせいなのですが、いつもより不揃い度が高いのは、この虫のせい…。
 左の写真の虫で、検索してみたらハイマダラノメイガの幼虫で、別名はダイコンシンクイムシっていうそうで…。
 我が家のダイコンに付く虫といったら、例年はアオムシ、クロムシ(カブラハバチの幼虫)、カタツムリが定番で、この虫はあまり見たことがなかったのに、今年はけっこういます。
 こいつがダイコンの葉の芯のあたりの葉を蜘蛛の巣みたいな糸で綴って中にこもって葉を食べます。そうすると、葉が伸びませんよね…。捕殺してますが、見つけにくい…。
 右の写真の左のダイコンは、この虫に食べられて、いったん中心部がなくなったのが復活してきたもの…。芯じゃないところも食べるけど、芯を食べられるのが一番困る…。
ダイコンシンクイムシ(ハイマダラノメイガ) 食害 

 ハイマダラノメイガはタキイさんのサイトによると「1995年ごろから西日本を中心に多発するようになった。8~10月に多発する。高温少雨の年に多い」そうです。今年は確かに暑かった(まだ暑い…)ので、我が家のダイコン畑にもいるのは、そのせいでしょうか。雨もけっこう多いんですが…。

 ダイコンに限らずアブラナ科の野菜につくということで、すでにブロッコリーでも見つけてます。
 気温が低くなるといなくなるらしいのですが、10月も気温が高めという予報なので、当分気を付けないといけないみたいです…。


 最後は大根の葉にとまっていた、たぶんヤマトシジミのメス。これは可愛いと思うのはなぜなのか…w ほかにもバッタ系の虫とか、ダイコンにもいろんな虫がやってきます。
ヤマトシジミのメスかな

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭園)へ

シソの実の佃煮、シソの葉の佃煮…

 昨日は最高気温25℃(最低13℃)で、久しぶりに晴天。
 張り切って畑へ。

 シソの実が採り頃かな?と。
シソ

 シソは、今年は植え場所を変えたせいか、いつもより大きく育ってましたが、台風で、乱れてました。これを小ぎれいにしておきたいということもあり。
シソ

 枝をバサバサ切ってトレイの上でシソの実取り。
 本体は右くらいに小さくして、これでしばらく緑の葉も取れるし、あとの片付けも楽。
shisotuku_03.jpg shisotuku_04.jpg 

 家族二人でせっせと、山盛りのシソの実を採りました。
 採りながら、ちょうどいい頃合いと思った実が、まだ少し早いかなと…。先の方はちょうどでも、下の方はまだで、そこはラッカセイと同じで、いい感じのがいっぱいそうなときに採るしかない…。でも、ちょっと早かったか…。
shisotuku_05.jpg


 例年だと、シソの実は醤油漬けにしてますが、今年は佃煮を作ってみることに。
 レシピはこちらの動画を参考にさせていただきました。


 シソの実をゆでこぼして、調味料とシソの実を、水分がなくなるまで煮ます。これでシソの実だけの佃煮ができて、
shisotuku_06.jpg shisotuku_07.jpg

 さらに空炒りした鰹節といりごまも入れて完成。(ほんとは、ちりめんじゃこを揚げたのも入れるんですが、それはパス…w)
shisotuku_08.jpg shisotuku_09.jpg


 昨日は、せっかくなのでシソの葉の佃煮も作ってみました。
 こちら(→大葉(紫蘇)の佃煮)のレシピです。
 シソの葉を茹でこぼして、千切りにします。
shisotuku_10.jpg shisotuku_11.jpg

 あとは鍋にシソと調味料、鰹節といりごまを入れて、水気が無くなるまで煮れば出来上がり。
shisotuku_12.jpg shisotuku_13.jpg

 シソの実とシソの葉の違いはあるけど、調味料も材料も作り方も、ほとんど同じです…w ま、佃煮だから。
 (味も、だいたい同じかな…w)
 シソの実の佃煮のほうが、落ち着いた味で、振りかけっぽい出来でした。じゃこを入れたらもっと美味しいのは間違いなし。シソの実の粒々感は、実が早かったせいか、あまり感じず…。シソの実だけのときはわかったけど、ゴマを入れたら、だいぶ不明瞭になったような…。
 作る手間としては、シソの実を採るのに時間がかかるので、シソの葉のほうが、だいぶ楽。

 こうしてシソもあれこれ作ったし使ったし、と自己満足…。
 (普段の料理にちょこっと使うだけでもいいんですが、たくさん繁っているので、もっと使わないとなあ、という気になりまして…。お茶はもう作ったし…。)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭園)へ

小玉スイカ撤収、今年のまとめ…

 例年より1か月近く遅れて9/22に撤収した小玉スイカのまとめです。
 今年はひとりじめ2本(5/20定植)、紅しずく1本(5/30定植)を植えていて、全部で15個の収穫でした。
 当初は空中栽培にしようとしましたが、挫折して地這に。さらに例年は雨ざらしでしたが、ビニールの屋根をかけたりしてました。
  →小玉スイカ、始まる前に終わりかな…
  →小玉スイカ、暑くなって復活…


 それぞれの収穫は以下のとおり。

ひとりじめ(2本で5つ収穫)

    着果  収穫  重さ(kg)
01  7/03  8/01  1.5
02  7/03  8/03  1.6
 *初収穫の記事はこちら→小玉スイカ収穫、早めでも、小さめでも、寒くても、美味しいよ…

03  7/03  8/08  1.678
 *これが、ひとりじめでは一番美味しかったです。

04  7/03  8/09  1.462
05  7/0?  8/09  1.747
 *こちらの2個は完璧だったけど、食べられませんでした…w(→スイカが泡を吹いた…


紅しずく(1本で10個収穫)
 ひとりじめが早々に終わったようだったのに、紅しずくは、ほんとに1本で10個?という気もしますが(ちょっと怪しいところもあります…w)、紅しずく、タキイさんのサイトによると、着果が安定していて「小玉種の中では果実肥大性にすぐれるので収量性が特に高い」ということで、そのせいかな?

    着果   収穫  重さ(kg)
01  7/17    8/18  2.3
02  7/29    8/21  0.5
03  7/27    8/25  2.7
04  7/28    8/30  1.24
05  8/16    9/15  1.468
06  8/20頃  9/18  1.938
07  8/20頃  9/19  1.506
08  8/20頃  9/19  1.206
09  8/23    9/22  1.423
10  8/25    9/22  0.806


 以下は紅しずくの詳細(せっかくなので、みんな写真を載せたくて…w)ですが、すでに記事にしているものは、その記事を示しました。

01 →小玉スイカもいろいろ…
02 →ダイコンの種蒔きと発芽…
03 →小玉スイカは、どこまで続けよう…

04 →スイカの終わりを決めてみる…
shizu_04a.jpg shizu_04b.jpg

05 →9月半ばのスイカ畑…


 以下の6~10個が、最近収穫して食べたもの。
06 1.938kg
 これが後半に食べた中では一番大きくて美味しかったです。
shizu_06a.jpg shizu_06b.jpg

07 1.506kg
 これは今年収穫した中では、一番色が白っぽかったもの。着果日は正確にはわからなかったので、たぶん思ったより遅く着果してたみたいです。でも、味は意外と甘くて、普通でした。台風14号前の暑い日に食べたので、余計美味しかったかも…w
shizu_07a.jpg shizu_07b.jpg

08 1.206kg
 これは、半分食べてから写真を撮ったものですね…w 多少寒くても、美味しいね、とか言いながら食べてました…w
shizu_08a.jpg shizu_09b.jpg


09 1.423kg
 これが今年最後に食べるスイカ。昨夜半分食べて、今日の朝ごはん時に残りを食べる予定。8/23着果で9/22の収穫と、ちょっと早目です(全般に早目収穫でしたね)が、ごらんのように種も黒くなってるし、美味しくいただいてます。
shizu_09a.jpg shizu_10b.jpg

10 0.806kg
 これが今年一番遅く着果したもの。8/25に着果して9/22に収穫しました。日数も足りないし、切ってみると種が白っぽかったけど、果肉は赤くて美味しかったです。(団子の前に、家族と半分ずつ食べました…w)
 最後まで粘ったかいがあった、というところw
shizu_10a.jpg shizu_10c.jpg


 以上、最初から病気になったりして躓いた小玉スイカ栽培でしたが、それなりの収穫が出来、満足のいくシーズンでした。
 ただし、収穫が全体に後ろにずれこんで、後作にも若干影響してます。

 今年の結果を踏まえて来年の栽培で気を付けたいところは、以下のとおり。

 1. 栽培方法は、地這でトンネルのほうが確実。(天候の影響や病気の発生を防ぐため。) 定植時から、屋根を用意。
 2. ツルの取り回しをきれいにして、場所を節約。授粉や手入れがしやすいように。
(うまい取り回しが、よくわかってませんが…w 実は、ツルが絡み過ぎて、ほんとに後半の10個が全部紅しずくの実だったか確信がもてない問題が発生…オイオイ。味でわかる、と思ったけど、だんだんそれもわからなくなり…。…だから、きれいに育てないと、ね…w)
 3. 授粉の適期を逃さず、暑い時期にたくさん収穫!w(これは1で。天候の影響や病気等を最小限にして、授粉に備える。)
 そうすれば、収穫も余裕をもってできるかと。


 たぶん、来年は、もっと美味しいスイカが、適期に作れるんじゃないかな…w

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭園)へ

定植待ちのケールと、ツボミ菜の様子…

 9/24の午前3時ころにブログを書いているわけですが、この辺は今が雨のピークみたいで、雨の音がうるさいです…。
 でも最低気温が17℃なので、暖かめ…。

 昨日も一日雨(小降り)だったので、畑はチラ見だけでした。
 写真は9/21に撮っていたカーリーケールです。
 早く定植したいのですが、畑が空かず、定植待ち…。
 一昨日はトレイを二つにして葉がくっつかないように広げてきました。防虫ネットをして畑に置いています。(雨の勢いがすごいので、畑が心配…。)
ケール

 8/26にセルトレイに種を蒔きベランダで育ててました。9/3にはポットに植え替えて(左の画像)、畑に移動。
 右が9/12で、このころは、なかなか育たないと思っていましたが、今はもうちょっと待ってね、状態…。
ケール9/3 ケール9/12

 こちらは9/13に種を蒔き、ベランダで育苗中の三陸ツボミ菜の9/18の様子。最新の写真を撮ってなかったのですが、現状は本葉が出てきてます。
ツボミ菜9/18

 年内の種蒔きは、あとはレタスをもう少し蒔くかも、それとエンドウ(11月)で終了予定。
 ニンニクをそろそろ植えて、ケールやツボミ菜を定植したら、畑はいっぱいになるはず…。
 (その前に、夏野菜を片付けないと、植え場所が確保できません…w)



 昨日は親戚の家に仏壇を拝みに行ってきました。
 こちらはお土産にもらった団子ですw つつみ屋さんという、仙台周辺ではおなじみのお店のもので、ボリュームたっぷりで、美味しいんですよw
 緑はもちろん、ずんだw 白いのは左はクルミで右はピーナッツ。
 昨日はオハギも別のところからいただいて、それが晩御飯だったので、たぶん団子が朝ごはんかな?w
つつみ屋のダンゴ つつみ屋のダンゴ



 昨日の行き帰りで撮った田んぼの様子。
 稲刈時期ですが、あいにくの天気で、人影は無し。イネの倒れた田んぼもあれば、倒れてない田んぼもあれば、稲刈が終わった田んぼもあれば…というところ。
 イネは14号の前から、別の雨で倒れるところは倒れてました。14号は大したことなく過ぎたけど、15号の雨が現在けっこうな勢いで降っています…。
田んぼ 田んぼ

田んぼ 田んぼ

 さわやかな秋晴れ希望…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭園)へ

ピーマン山盛り、キュウリは撤収…

 昨日は最高19℃、最低10℃と、寒かった…。夜中に起きてると、手がしびれました…w
 数日前は半そでだったのが、フリース…。
 こうなると、夏野菜も早く片づけないと、という気分になります。

 さて、台風14号は当地ではそれほどのこともなく過ぎました。
 一昨日(9/21))の畑で目立った変化というと、ピーマンが風にあおられヘタった感じになっていたこと。
 でも雨が降ったせいか、ラッカセイがなくなって伸び伸びできたせいか、実がたくさん収穫出来ました。(今年は種類の違うピーマンを各1本、計2本植えています。)
ピーマン収穫 ピーマン

 けっこう大きな実です。
 でも、右の写真のものは、さらに大きいです。2本のピーマンにそれぞれ1つ、種を取ったらいいかな、と思って、実を残してましたが、片方が赤くなっても、もう一方は色づかず、どんどん大きくなってます…。
ピーマン収穫 ピーマン種用 

 ピーマンがいっぱい採れたので、これはもう、ピーマンの肉詰め、ということになりました。
 御存知のとおり、料理べたの私ですが、昨日はかつてないくらい美味しいピーマンの肉詰めができたので、写真、大きいです…w
 こちら(→初心者向け★外れなし!ピーマンの肉詰め)のレシピです。タイトル通りでしたw
ピーマンの肉詰め


 ピーマンはもう少し残しておくことにして(あとにタマネギを定植予定)、2作目のキュウリ(ときわ地這3本、7/31定植、7/9種蒔き)です。
 台風の後、葉を切ったら、こんな感じになりました。だいぶ後ろが透けてます…w
キュウリ

 でも上の方に葉がけっこう残ってるし、、、、とか思ったけど、また台風なので、撤収…。
 キュウリを片付けたら、ツルなしインゲンと赤カブが、大きくなったように見えましたw
キュウリ キュウリ跡地

 ほかにモロヘイヤも撤収。こちらはまだ元気だけど、花咲きそうだし気温を考えて。
 レタスの右横にモロヘイヤがありました。で、3列の畝を作った場所には、、、、そう、小玉スイカがあったわけですが、ついに撤収に踏み切りました…w それは別記事で。
モロヘイヤ スイカとモロヘイヤ跡地

 あとはミニトマトとナスが残ってます。次の撤収はミニトマトかな…。
 寒暖が激しくて、ついていくのが大変ですが、皆様、体調管理に気を付けてね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭園)へ

9月はセンニンソウからリコリスへ…

 9月は夏から咲き続けている花が多いですが、センニンソウは8月の終わりから9月に咲く花。夏と秋の間に咲く花のイメージです。
 近所のお山ではまだ咲いていましたが、我が家の庭のセンニンソウは台風前に花を切りました。

 小花がたくさん咲いて、蕊が長くて、香りもいい、けど、虫は付かないですよね…w(毒のせいかな?w)
センニンソウ

 だんだんフェンスに絡めるのが上達して(?)、今年は端から端まで伸ばしました。うちの庭で見るより、庭の前の家と家の隙間から見る方がきれいだったりして…w
センニンソウ

 夏から咲いているオトコエシも、まだ、きれいな頃。我が家ではオミナエシより少し遅く咲き出します。
 オトコエシの右奥に、センニンソウが見えてます。
 (オトコエシとオミナエシも、台風前に片付けました。)
オトコエシ オトコエシ

 そうこうするうちに、白花フジバカマが咲き出して、もうどうしようもなく秋か…w
(白花フジバカマは西洋フジバカマこと、ユーパトリウムとかコノクリウム:Conoclinium coelestinumと呼ばれるものの白花みたい。)
コノクリウム ギボウシとコノクリウム

 リコリスのフォーン(Lycoris cv. fawn、ヒガンバナ科ヒガンバナ属)が咲いたら、このあと咲く花は、菊がほとんどになってしまうなあ…。。。。
 (リコリス、昨年6月に球根を植え替えたら、さすがに去年は咲かなかったのが、今年は咲いてくれました。リコリス専門の城下農園さんというところから購入したものでしたが、城下農園さん、今年、店じまいされたようです。残念…。)
 フォーンは咲き始めは飴色が濃いですが、咲き進むと白っぽくなります。
リコリス


 庭も畑も、収穫も含めて、どんどん片付けシーズンになっていくのが、寂しい…。…けど、早く終わりにして、すっきりしたい気もします…w
 (といいつつ、冬も緑の葉が出ているマドンナリリーを見ていたいので、球根の植え替えを済ませました…w)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭園)へ

二度目のツルなしインゲンと、秋ナスと(台風前の畑から)…

 一昨日(9/19)は、30℃と暑かったけど、台風前になるべくあれこれ収穫しようということで、収穫物が多かったです。

 こちらが全体、ではなくて、ほかに小玉スイカも2つ収穫w
9/19収穫物

 上記の収穫物のなかで、ツルなしインゲンは今年2作目のものを収穫。(三度は無理そうです…w)
 場所は、2作目キュウリの手前。キュウリの苗を定植したころ(7/31頃)、種を埋めたものです。
ツルなしインゲン ツルなしインゲン

 参考書にキュウリとインゲンの混植が紹介されていて、以前やってみたことがありますが、ツルありインゲンだとネットをキュウリと取り合うことになったりもして、あまりうまくいきませんでした。
 ツルなしだと、近くに植えても問題なさそう。(私のキュウリ栽培が下手で、キュウリの下葉がなくなるから?!w)


 このところ、中長ナスも良く採れていますw 今年は2本植えただけ。
 小さめで収穫して、最近は浅漬けにしてます。
中長ナス 中長ナス

 小さいナスの浅漬け、好きなのですが、恥ずかしながら、うまく作れません…w
 ネットで検索していくつか試してみたけど、どうもイマイチ…。(レシピではなく、何か悪いことを私がしているような…。)
 今年も試しに作って一度失敗、二度目には家族が「ナスがもったいないから、漬物はやめよう!」だって…。
 でも、懲りずに以下の動画を参考に作って、うまくいってる気がして繰り返し作ってます…w(そんなたいそうなものじゃないのにね…w)



 浅漬け、美味しいですが、私の記憶の中の母の漬物ほどではないです、当然…w
 記憶の中では浅漬けのナスを齧ると、中が薄黄色だったはずなんですが、白っぽい…。作り方なのか、ナス違いなのか…。


 畑の横で咲き始めていた白萩。
 昨日の最高気温は25℃でしたが、今朝は14℃で寒いです…w 明日の最低気温は11℃予報…。
 3カ月予報だと10月も気温高めといっていたけど、どうなるでしょう…。(そして12月は気温低め、って、なんか嫌…w)
白萩

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭園)へ
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
Calendar
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ