fc2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2022年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2022年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2022年10月
ARCHIVE ≫ 2022年10月

ちょっとだけ紅葉…

 昨日は18℃/6℃、晴天。畑の横の神社のお祭りだったので、畑仕事はお休み。
 夕方、大家さんが、赤飯を届けてくれて、イモの子汁と栗入り赤飯の晩御飯でしたw

 さて、昨日、一昨日と畑はほとんどお休みだったので、一昨日行った実家方面(岩手県北上市)の公園で撮った写真です。

 この日は雲が多い晴れ?で、用事を済ませた後、紅葉に誘われて北上総合運動公園で一休み…。
 陸上競技場やサッカー場や体育館とか、いろんな施設があるところですが、駐車場周りの植栽の紅葉をのんびり見てきました。

 赤いのはモミジバフウだと思います。
ik_01.jpg

 木の名前が全部わかったらいいけど、そうもいかず…。上だけ黄色くなった木とかもあって…。
ik_09.jpg

 緑と赤と黄色と…。(右のイチョウは隣接する小学校の角にあったもの…。)
ik_02.jpg ik_03.jpg ik_04.jpg

 お山の紅葉もいいけど、きれいに整った植栽もいいかも…。
 手前の赤はドウダンツツジ…。
(ドウダンツツジは葉もきれいだし花もかわいいし紅葉もきれい。落葉樹で枝が細かく雪が多くても冬の枝折れが少ないので、たくさん植えているのだと思います。)
ik_05.jpg

 ドウダンは車道沿いにずっと桜の根締めみたいな感じで幅広に植えてあります。道路の左は駐車場、右は大堤公園の池…。
ik_07.jpg

 隣接する大堤公園は白鳥の飛来地。まだ白鳥は少しだけ。ここにはキャンプ場などもあります。
ik_08.jpg


 駐車場で遊んでいたら、そこから見えた家の柿の木が見事だったので…。今年見た中では一番の大きさと実付き…。
 早く我が家も干し柿が作りたい…なんて思ったところで帰路につきました…w
ik_10.jpg

 今日で十月も終わり。
 畑仕事も残すところ、あとわずか。だんだん冬休みモードに入ります…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭園)へ

タマネギ、3回目の葉切りと定植…

 昨日は17℃/8℃と暖かい日でした。岩手の実家方面に日帰りで行って、ちょっと紅葉を楽しんできました。

 さて、10/19に2回目の葉切りをして18cmくらいに揃えていたタマネギ(早生のハッピー501、9/7種蒔き)のその後です。(セルトレイ蒔きは今回が初めてで畑に直置き。)
 まただいぶ伸びたので10/25に3回目の葉切りをし、10/27に定植していました。
 (去年は9/5に蒔いて10/22の定植、今年は9/7に蒔いて10/27の定植となりました。)

 こちらが葉切り前。そろそろ定植しても良さそうになってきました。
葉切り前

 こちらが葉切後。今回は19~20cm程度に揃えたつもり…。
タマネギ葉切り後

 日を検討し、10/27に定植することに。
 いつもは葉切りしないで植えることが多かったですが、苗は切ったほうが植えやすそうです。当日に切るよりも、少し前に切って切り口を乾かしておいた方が良い気がしたので、定植数日前の葉切りとなりました。



 こちらが定植日(10/27)の苗。
 種は1袋分で、288トレイに蒔いてますが、最初は約377粒でした。
 種蒔きから12日めの9/19には発芽数は340/377でしたが、9/29には苗は327になっていました。(一度しか数えていないので間違ってるかも…w)
タマネギ定植苗

 鉛筆と比べてますが、苗はだいたい直径5mmくらいかな? 定植にちょうどいいサイズというのも悩み所ですが、私の教科書だと祝箸サイズがよくて鉛筆だとトウ立ちとなってますが、いろいろ検索すると3mmあればOK、5mmだと太いとも…。。そうはいっても苗が均一ではないので、なるべく3mm以上6mm以下くらいの苗が多い時を選ぶことになりますよね…。(太めの苗については、根を切ると育ちが定植当初抑制されてトウ立ちが避けられるようなので、今回は太めの苗の根を爪でプチプチしながら植えました。)
 セルトレイを引っ張ってベリッ…。だいぶ根っこが出てます。
tamatei22_04.jpg tamatei22_05.jpg

 トレイからは苗を根元で引っ張ると1つずつ抜き出せます。
 なかには1セルに2粒蒔いてしまっていたところもありましたが、それもちゃんと育ってました。
tamatei22_06.jpg tamatei22_07.jpg



 畑は畝幅60cmで2畝。ビニールマルチを使っていないので条間20cm株間13cmで植え位置の印をつけました。
 条位置に溝を浅く切りました。
(U字支柱の見えているところは、セルトレイを置いていた育苗用の場所との境目。)
tamatei22_08.jpg tamatei22_09.jpg

 あとは植え位置に、抜いた苗を植えていきました。あまりに天気がいいので、植え終わって根元を足で踏んで鎮圧したところで散水…。手前の散水されていなところは、ちょっと前まで育苗地だった部分。
 (場所が狭いので)育苗地だったところも定植地に早変わりさせて、そちらにも同じように苗を植えて散水。畑の長さは合計で7mほど。
 最初から畝が出来ていたところに大きめの苗から植えて、そちらが42本x6列で252本。
 苗床を定植用に変えた場所に小さめの苗を植えて、そちらが63本でしたが、半分くらいはほとんど苗とは言えないもの…w
 あと、このへんでネキリの薬をパラパラ…。
tamatei22_10.jpg tamatei22_11.jpg

 今年はセルトレイ苗ですが、以下はほぼ例年通り、参考書『自給自足の自然菜園12か月』(宝島社)に(だいたい)沿ってやってます。
(去年の定植の様子はこちら→タマネギ苗、植えちゃいました…
 足で踏んだのも参考書によるものですが、斜め植えじゃないので必要なかったかもですが、根元の鎮圧が大事そうなので。その後には、いつもは草マルチを保湿のために置いてましたが今年はもみ殻がたくさんあるので、もみ殻にしてみました。
 もみ殻の上に、米ぬかと油粕を半々で混ぜた肥料を振って馴染ませました。肥料はこれだけで追肥はなし。
tamatei22_12.jpg tamatei22_13.jpg

 畑の形を整えて終了。
 (ほんとは水やりしないみたいなのですが、参考書に逆らって散水してます…w そういうときは、たまたま雨が降るということもあるわけだから、OK!と、考えることにしてます…w しばらく雨が降りそうもないし…。)
tamatei22_14.jpg

 こちらは翌10/28の様子を、反対側の大きめの苗を植えた方から撮ったところ。
 朝行ってみたら、猫が散歩したようで、苗が何本か倒れていたので、周りを竹串でガード…。(あとでさらに追加したけど、紐の方がいいかも…。)
タマネギ定植後



 こんな感じで、初めてのセルトレイ苗の定植が終わりましたが、感想としては、植えるのがとても楽でした。
 苗床で苗を作ると、抜いた苗の根元はどうしたってバサバサ。比べるとセルトレイ苗は根がまとまっているので指で土に穴を開けて、簡単に植えられました。苗も大きいのをさっと選べるし、抜いてから植えるまでの間に根が乾く心配もあまり必要ないです。

 出来た苗の割合はセルトレイでも苗床でも同じくらいだったかと。
 去年は同じ種を苗床に、約420粒蒔いて約320本定植していましたが、今年はセルトレイに約377粒蒔いて315本定植、クズ苗までとりあえず植えたので、実際は270くらいではないかと思います。(同じ種を購入したけど、もとの一袋の粒数が違ってました。)

 種蒔きや苗の管理はセルトレイのほうが楽。
 セルトレイだと天気に関係なくどこでも種蒔きできるし、発芽まではどこでもいいし、発芽後も畑に置けば苗床と同じようなもの。それで場所は取らないので、管理も楽。

 育ちは苗床のほうが良かったように感じました。そこはセルトレイ苗のほうはトレイから土に伸びる時とか、葉切りでストレスかけていたこともあるし、苗床のときは条間10cmくらい空けてましたので日当たりも良かったことによると思います。

 あとは、これからの育ち具合を見たいと思っています。
 定植したサイズとか、根っこの切り具合とか、冬の寒さの度合いとか、いろいろうまくいくかどうかを左右する要因はあるわけですが…。
 まずは、しっかり根付いて欲しいもの。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭園)へ

サトイモの収穫終了…

 昨日は18℃/4℃、とってもいい天気でした。
 昨日も休みだった家族と、残りのサトイモ(土垂れ)を収穫してしまいました。5株植えたうちの、残り3株だけですが…w (サトイモ栽培は2回目…。)

 ちょっぴりの霜で葉が傷んだサトイモ…。
サトイモ

 葉っぱを切って草わらマルチを除けて…。土がけっこう乾いていたので、試し掘りの時よりかなり楽w
(でもね、去年の第二畑の土だと、もっとずっと楽でした。どっちがいいかはさておいて、土の質の違いを感じました。)
サトイモ サトイモ

 ばらして土を落としたところ。
 何か違いがあるかというと、左の株は端に植えていたので土の量多め、日当たりも多めだったと思います。
 真ん中の株は当初病気かな?状態だったので、芽欠きをしないで育てたもの。
サトイモ

 左は10/27に掘っていた一株、右は10/25に試し掘りした一株(畑の端)で、上と合わせて、今年の5株が揃いました。
サトイモ サトイモ試し掘り

 こうしてみると、畑の両端のものは、出来がいいみたいです。
 芽欠きしなかったものは出来が悪いみたいでもありますが、ちょうど5株の真ん中だったので、そのせいかも。


 収量の多いものは左のように子に孫がいっぱいついてイモの数が多くなってますが、収量が少ないものは右のように子芋が大きくなっているけど孫がほとんどついていないようです。
 よくわからないのですが、やっぱり孫がいっぱいできるのがいいのかな?w 
 でもって、孫ももっと大きく育っているのがさらに良し、なのでしょうか?
 (売っているサトイモは、大きなイモのほうが高いような…w 私が買うときは小さくて安いのを買って、丸のまま茹でてツルっと向いて、ダイコン卸しと食べるのが好きだけど…。)
 実は目指すところがよくわからないで栽培してます…。
子に孫イモ 子芋

 それでも、だいたいうまくいった(?w)んじゃないかというサトイモ栽培ですが、来年については場所の確保のめどが立たず未定。
 種イモを保存しようかと思いましたが、保存もなし…。
 タケノコ芋とか土垂れ以外の品種にも興味が湧いているのですが、サトイモは場所を取るので、なかなかです。



 このところ朝晩は寒いけど、日中はほんとにいい天気です。
 朝、畑に行って、きれいな雲だねーと…。
秋の空

 しばらくすると、その雲もなくなり、上着を脱いで、暑いねー…。(左から、イチョウ、桜、柿w)
秋の空

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭園)へ

ほんのちょっとの霜、ヤーコンは過去最低の出来…

 昨日はタマネギ定植に気を取られて、気温チェック忘れてましたが、たぶん15℃/2℃くらいだったんじゃないかと…w
 朝は寒かったけど日中は晴天…。

 旦那さんが休みだったので、私はタマネギ、旦那さんにヤーコン掘りをしてもらおうと二人で畑に行くと、あれ? 霜降りた?
 どうも、ほんの薄っすら、霜ったみたいです…。朝、外を見てもそれらしい様子はなかったのですが…。

 昨日まで元気だったヤーコンの上のほうがぐったり…。それでも一輪だけ花が咲いてましたが…。
しもやけヤーコン ヤーコンの花

 ほかのものは何ともない程度の霜ですが、ヤーコンとサトイモの上のほうだけ、被害があったもよう…。
cshimo_04.jpg

 昨日の記事で霜の心配していたけど、実はけっこうのんびりしてました。
 仙台の初霜の平年値は11月14日で、うちの辺りはもう少し寒いけど、これまでヤーコンは11月頭まで大丈夫、と思っていたし、それで霜に当たったことがなかったので。

 ということで、もう少し遅くてもと思っていたヤーコン掘りの気持ちの踏ん切りもついて、旦那さんに一株掘ってもらいました。いつもだと一番太っているはずの端っこの一株…。
cshimo_05.jpg cshimo_06.jpg

 それが、これ…w あとは葉も少し切ってきて、お茶用に干しましたが…。
 想像していた以上に貧相なヤーコンに、二人でニヤニヤしてしまうほど…w 過去最低ですねw
cshimo_07.jpg cshimo_08.jpg

 日光好きだけど高原生まれのヤーコンは寒すぎても暑すぎても良くないわけですが、今年は夏前は雨が多くて寒すぎ、夏は暑すぎで気候条件が悪かったです。加えて、手前に植えたサトイモが日射を遮っていたうえに栄養分を吸っちゃったのではないかと想像…。


 こちらは過去最高だった、同じ場所の去年のヤーコン。(この写真、大好き…w)ヤーコンは毎年同じ場所で作っています。
 これは8株分ですが、今年のヤーコンはこの写真の上の方に写っているクズイモ程度のサイズ…。
ydai_01 (1)

 あー、昔は良かった?w

 大丈夫、来年は対策考えます!

(ヤーコン、あまり人気がない?気もしますが、美味しいですよw 整腸作用もかなりのものかと。まだ試していない人、おすすめですw)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭園)へ

気になるヤーコン、もってのほか収穫…

 昨日は15℃/5℃でほぼ晴れ、青空に浮かぶ雲がきれいでした。
 
 さて、霜が降りそうというと、サトイモのほかにも気になるものが…。
 それはヤーコン

 現状、我が家のヤーコンは、もう少しで花が咲きそうというところ…。
ky22__01.jpg

 ということは、そこそこ大きくなってはいるわけですが、ごらんのように、今年は植え位置がサトイモの後ろで、日当たりがイマイチでした。
 しかも夏が長く暑かったので、涼しいのが好きなヤーコンには、つらい年だった気がします。多少涼しくなってから、やっと大きくなったという感じでした。
ky22__02.jpg

 日当たりのいいところ(左)は葉が茂っていますが、陰とか内側(右)は葉がすぐ黄色くなって落ちて、茎が目立ってます。その茎も細め…。
ky22__03.jpg ky22__04.jpg

 昨日もヤーコン掘ってみようかな?と思ったのですが、なるべくぎりぎりまでイモを育てたい気がして思いとどまりました。
 でもやっぱり明日は掘ってみよう、かな?…w

 いつもだと、繁り過ぎている葉を切ってヤーコン茶も作るのですが、今年はそちらもまだ作れないでいます。霜が降りるまでイモを育てたら、葉は萎れるだろうしなあ…。



 こちらは、赤紫の食用菊(もってのほか)。だいぶ開いてきました。
 一昨日から収穫していて、最初は畑のばあちゃんにあげました。食用菊が大好きなので。
ky22__05.jpg

 昨日は我が家分を収穫。黄色い菊といっしょに。きれいな食べ物…。
ky22__06.jpg

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭園)へ

サトイモを試しに掘ってみる…

 昨日は16℃/3℃、朝がけっこう寒くなりました。そろそろ暖房しないと…。

 ぐっと冷えてきたので、急遽、サトイモ(土垂)の試し掘りをしてみることにしました。
 試すといっても5株だけなので、全部掘ってもいいんでないかい?って感じですが、とりあえず…。(去年は3株だけだったので、ほぼ倍増です…w)

 植えたのは5/16のことだったので、160日くらい経ちました。
 当初は成長が遅いのではと心配しましたが、夏が暑く長かったせいか、それなりに育ちました。
サトイモ

 茎を切って掘り出して、もっと土が乾いているときにすればよかったと、ちょっと後悔して…土を洗い流して…
サトイモ一号 サトイモ一号

 ばらして乾かして…。こうしてみると、脇芽をちゃんと欠いとけばよかったと思ったりして…。サトイモ1号の子芋の数は39個でした。
サトイモ試し掘り

 なかなか、いい感じではないかと。
 まだ葉が元気なものも多いので、残りはもう少ししてから、と思うけど、そろそろ霜かな…。


 さて、ここで問題です。
 大きくなった親芋、なんて呼んでます? 親芋は親芋? 関西では頭芋っていうらしいですが…。
 実は私、ずっとヤツガシラっていうのだと勘違いしてました。
 (だから、去年のブログ記事でも親芋のこと、ヤツガシラ、って言ってます…。。)
 今回、ヤツガシラはサトイモの一種で親芋と子芋が分球しないで、ごつごつした塊になる品種、だっていうことに、やっと気が付きました…。
 でもね、うちの親がサトイモの親芋をヤツガシラって、言ってたと思うんですよ…。旦那が嘘つき親子に騙されてた!って言うんだけど、、、う~ん、、、私だけが勘違いしていたのかも…。

 昨日の夜は、親芋の煮物を作ったのですが、レシピはヤツガシラの煮物を見て作ってました。ま、大勢に影響はございません…。



 以下は、私の遊び時間…。

 親芋の端っこを切り落としてみたら、横から見ると半分イモで半分茎…。
(イモの部分は全部食べたほうがいいかな…。)
imohaji_01.jpg imohaji_02.jpg

 左はイモで、右は茎…。
imohaji_03.jpg imohaji_04.jpg

 イモと茎の境がはっきりしないので、薄く何度か切って、、、、親芋の皮むき完了…。
imohaji_05.jpg imohaji_06.jpg

 こんなことをやっていたら、晩御飯が遅くなりました…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭園)へ

なぜか、今年はモグラがいない…

 昨日は15℃/7℃、前日の雨で畑はしっとり…。

 畑もしっとりして、土が黒っぽく見えて、ツボミ菜もやけに大きくなって、気持ちいいなあ、なんて思いつつ、そういえば、こんなに気分がいいのは、モグラがいないせいかも…。
ツボミ菜

 すぐ横の大家さんのニラの畝には、モグラ穴が開いているけど、使っている気配なし…。
モグラ穴

 去年から今年の春くらいまではモグラが大活躍で、ブログ内検索してみると、下の記事はどれもモグラ被害の話…。
 竹串で作物を保護してみたりしたけど効果なし。

2021/5/13 モグラにやられたニンジンくん…
2021/6/25 金時インゲンとモグラ…
2021/10/11 タマネギ苗は順調、かな?…
2022/5/3 畑のギョウジャニンニクと、貰った山菜と…

 それがどうして、モグラがいなくなったのか?
 可能性のありそうなこと(?)を、あれこれ思い返してみました。

1.去年ヤーコンを掘ったとき、家族がモグラの巣(子モグラ3匹つき)を掘りあてて、困って巣ごと別の場所に移動して土をかけておいたのですが、たぶん生存は無理で、子供を亡くして気落ちして、親も移住する決意をした。
2.今年の春、いつもはスコップで掘ってますが、大家さんに一部、耕運機をかけてもらった。(びっくりしてモグラが逃げた…。)
3.ここ2、3年、大家さんがもみ殻燻炭を作ってくれるようになったので、去年はほかの店子も含め、畑に燻炭をたくさん蒔いた。(モグラは炭の臭いが嫌いらしい。)
4.去年あたりから、石灰窒素を使っている。(地中の虫がいなくなって、モグラの食糧が減った。)
5.去年の夏、モグラ対策の一環として彼岸花を植えた。(けど、これはちょっぴりだから効果はなかろう…w)
リコリス

 果たして1~5のなかに、正解はあるのか、ほかに理由があるのか…。
 多少、効果がありそうなのは3とか4かな?と思ってますが、それほど全面的にやったわけではないので、どんなものか…。
 とりあえず、このままモグラの害がないといいのですが…。



 こちらは、週末に撮っていた近所の柿写真…。
kakit_01.jpg kakit_02.jpg

 種類や日当たりによって、すでに葉もないものもあれば、まだ葉がたくさんあるものも…。
kakit_03.jpg kakit_04.jpg

 畑の大家さんちの柿の木は、まだまだ葉がたくさん。左からイチョウ、桜、柿の木。早く干し柿が作りたい…。
(写真だとイチョウが小さいみたいだけど、現物はイチョウが一番、桜が二番、柿の木の順のサイズ…。)
kakit_05.jpg

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭園)へ

もみ殻にひかれて、田んぼ周りでうろうろ…

 昨日は20℃/11℃、全般に曇りでしたが、午後10分足らずの間、びっくりするような土砂降り…。

 さて、一昨日、親戚の家に行った折、いつもの田んぼの間の道を通ったら、もみ殻を燃やしてました。
 遠目で見て、田んぼで、いっきにもみ殻燻炭づくりでもしているのかな?と思って車を降りてみたら、
もみ殻焼き

 燻炭ではなくて、もみ殻を燃やして、灰にしているところ…。
もみ殻焼き

 これはこの後、どうするのか?聞いてみたかったけど、周りを見渡しても人は見当たらず…。
 帰ってから検索してみると、稲に含まれるケイ酸を使うには、もみ殻灰にするといいらしい…。とかいって、ケイ酸ってなに?状態の私ですが…。…たぶん、きっと、いいことしているのでしょう…。
 だいたいが土壌の成分が植物に移動しているので、戻せば、土から減ったものが戻る気がするし…w

 論文系のものを見てもよくわからないので、たぶん、草木灰みたいなものなので、こちら(→草木灰とは?作り方や肥料成分、使い方は?カリウムとリン酸を含む?)の記事でなんとなくイメージを把握…。肥料や土壌改良資材として使えるようです。
 

 実際の行動としては、もみ殻はさておいて、田んぼの周りをぶらぶら…。
 野菊とかワルナスビとか
momihai_03.jpg momihai_04.jpg

 イヌガラシかな?とかアザミとか
momihai_05.jpg momihai_06.jpg

 セリとかアキノノゲシとか
momihai_07.jpg momihai_08.jpg

 たぶんアカネとか、また野菊とか…。あぜ道の花などを見て歩いてました。もっと天気のいい日だったらよかったな…。
momihai_09.jpg momihai_11.jpg



 昨日の朝の近所の景色。借り残された稲も見えるけど、だいぶ寒そうな雰囲気になってきました。(なかに仙台大観音が写ってます…w) (観音様のお顔はこちら…→特撮ふうかも、観音様…
momihai_10.jpg

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭園)へ

ブロッコリーに小さな花蕾、食用菊の収穫開始…

 昨日は20℃/11℃、曇りでしたが暖かめ…。

 最近、畑に行くと必ずやっていることの一つが、ブロッコリー(緑積、8/6種蒔き、9/2定植)の花蕾探し…。
 けっこう大きく葉が茂っているけど、なかなか出てこないぞ、と。
ブロッコリー

 昨日はやっと、奥の奥に、小さな頂花蕾を見つけましたw
 去年(同じ緑積、8/21種蒔き、9/14定植)は10/31にこれくらいで、第二畑の大家さんちは10/17にもっと大きくなっていたので、今年は種蒔きを早めたのですが、種蒔き時期を早めても花蕾発見はそれほど早まってないですね…。夏の苗づくりの工夫が必要な気がしてきました。
小さな頂花蕾

 本体のサイズは、去年より、だいぶ大きいと思うんだけど…。雪が降る前にどんどん食べたいので、早く花蕾が大きくなってほしいです。(今年の冬は寒そうだと、どこかで誰かが言っていたような…w)
ブロッコリー畑

 畑のこのあたりはダイコン、ブロッコリー、サトイモと、今年はみんな育ちが良いです。(ヤーコンはちょっとイマイチな感じだけど…。)
大きくなった野菜

 でも実は、周りに建物があって、日に日に日当たりが悪くなっていきます。時間帯によっては、こんなふう。
 他の野菜はだいたい育ち切ってきたけど、ブロッコリーはもう少しかかります。
 寒さが厳しくなる前に、さっさと頂花蕾を収穫しきってしまいたいもの…。
日陰の畑



 黄色いほうの食用菊がだいぶ開いたので、昨日から収穫開始。
食用菊

 親戚の家へのお土産に、ダイコン、レタスなどと一緒に持っていきましたw
食用菊 野菜のお土産

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭園)へ

もみ殻燻炭、入手、まずはタマネギ予定地に…

 昨日は22℃/8℃と、日中は暖かでした。午後には暑いのか熱があるのかわからない感じ…w
 来週は20℃になる日もなくなるみたいだけど…。

 数日前から畑の大家さんがもみ殻燻炭づくりを始めてます。よかったw
 燻炭器のなかに種火をセットして、周りに鉄板を丸めた筒を置き、中にもみ殻を入れて作ってます。
燻炭作成中 燻炭作成中

 内側からだんだん、できているみたい…。
 大家さんが燻炭を作り出したのは3年くらい前からで、最初は燻炭器の周りにもみ殻を寄せて作ってました。去年から鉄板の輪っかが登場。
燻炭作成中

 ということで、今年も無事、燻炭を入手できることになりました。
 早速、すでにできていたものを肥料袋で2つほどもらい、タマネギ予定の畝に投入。(私の参考書だと植え付けの1カ月くらい前に堆肥とともに入れるみたいでしたが、遅くなりました。)
タマネギ畝

 畝にザーッと撒いて混ぜ込んで、あとはレーキで均して元通り…。
タマネギ畝 タマネギ畝

 燻炭は、ほかの場所にも、空いたタイミングをはかって混ぜ込んだり、マルチ代わりにしたりしています。



 こちら防虫ネットの中のカーリーケール。だいぶ大きくなってきましたw
 畑に行くと、チョウチョがいないのを見計らってネットを外して…。でも、朝露が乾くとチョウチョも出てくるので、急いでまたネット…w 
kun22_13.jpg kun22_14.jpg



 このところ、お昼は毎日、畑で採れたサツマイモ(ベニアズマ)ですw 食べながら、きれいな色だ~、おいしいなあ~とか、家族で言い合いながら食べてますw だんだん残り少なくなってきたのが、さびしい…。
(↓食べかけで、失礼します…w)
kun22_10.jpg

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭園)へ
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
Calendar
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ