切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP●多肉もちょっと ≫ リトープスはうまくいっているのか、いないのか…

リトープスはうまくいっているのか、いないのか…

 我が家の最初のリトープスは、2015年の秋に150円で購入した1.5号ポット入りのアルビニカでした。
 2016年の春に脱皮したけど、分頭はせず、そのまま一年が経過。去年の年末には一回り大きくなって、私の期待も膨らみましたが…。

 左は3/12の様子。1つは脱皮が始まってますが、もう一つは少し前から成長が止まり縮んでる…。
 右は4/29の様子。1つは脱皮も最終、2つになりましたが、もう一つは復活の兆しなし…。やっと数が増えるかと思っていたけど、トータルは2のまま、ってことですね…。
 …この、萎れているリトープスは、どうしたものか…未練を残していていいのか、いけないのか…。
リトープス リトープス

 さて、最初のリトープスがあれば、2番目、3番目…ということもあるわけで、去年の12月に左の3つを入手しました。ホルニー、福來玉、日輪玉です。これも1.5号ポットで1ポット150円だったのですが、12月に脱皮中だったり、徒長したり、倒れたりしている…ということで、どうしたものかと思いましたが、150円のはなかなか見つからないので、入手…。のちに見切り品になった50円のものを1つ追加。(といっても、実際は誕生日にもらった園芸店の割引券を使って、4つともタダでもらったんですけどね…。)
 右が、4/29の様子。土を足して日に当てていたら、各1つはきれいになったかも…。
リトープス リトープス

 集合写真を見てみると、約1年早く入手した最初のリトープスがずいぶん大きく見えます。このまま生き延びて、秋には花を咲かせてくれたりするといいんですけどね…。…どのくらいのサイズになったら咲くんでしょうね…。
 追加投入のリトープスたちは、来年は分頭できるでしょうか…。…分頭のしやすさは種類にもよるようですが、やっぱりある程度大きくならないと、分かれないでしょうね…。
リトープス

 「生ける宝石」とも呼ばれるリトープスですが、我が家では、まだ、不揃いな路傍の石、っぽいです。

 ここで一首の半分、

    みがかずば 玉も鏡も なにかせむ (学びの道もかくこそありけれ) ………             

Comment

Re: たむらいんさん
編集
たむらいんさん、こんばんは。
150円はね、最初のは岩手で、あとのは宮城で見つけたもので、どちらも同サイズだったので、
出しているところが同じかも。
鉢の大きさ(個体の大きさや数)などでも価格は違うようですね。
小さく買って大きく育てるか、小さくって枯れても泣かない、が基本だったりして…w

2017年05月05日(Fri) 22:37
No title
編集
きくちゃん、おはようございます!
150円!いいなあ、そういうリーズナブルな価格で手に入る環境。
うらやましい!
しおれてるの、元気になってくれればいいですね。
本物の宝石にもクオリティの差があるように、リトにも差があって、それで値段が違ってくるみたい。
さすが生ける宝石と呼ばれるだけあります。
うちのも路傍の石コレクションw
2017年05月05日(Fri) 07:31
Re: 椎たけ夫さん
編集
椎たけ夫さん、こんばんは。
私の場合、動きが大きすぎるものは、だんだん疲れてきて、
多肉もいいなとw それと、冬に室内で元気なものということもありますw
2017年05月01日(Mon) 21:49
No title
編集
やっぱり多肉ってのはよくわからんですわ(苦笑
わたしゃ動きがはっきりしてる方がいいです―
2017年05月01日(Mon) 21:31












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ