FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP●複数の植物 ≫ 風にそよぐ草

風にそよぐ草

 普段はカラフルな花に目を奪われがちなのですが、なにかの拍子に、草(グラス)がとってもきれいに見えるときがあります。

カゼクサ

カゼクサ  カゼクサ  カゼクサ

 メインの写真のきれいな穂は、たぶんシラゲガヤ(白毛茅、学名:Holcus lanatus、イネ科シラゲガヤ属、多年草)!?きれいだなーと写真だけ撮って、そのままになってました…。要確認…。 
 ほかに、上の写真はいずれもカゼクサ(風草、学名:Eragrostis ferruginea、イネ科スズメガヤ属、多年草)が入っていますが、カゼクサは穂のちらちらが、とっても草っぽい感じです。カゼクサという名前もぴったり。中国名は知風草というそうですが、あっさりカゼクサっていうほうが、カゼクサに似合っている気がしますw

フウチソウ

 庭のフウチソウ(風知草、学名:Hakonechloa macra、別名:ウラハグサ、イネ科多年草)も花が咲いています。風知草というだけあって、風にさわさわとゆれるところがいいですが、穂はあまり存在感はありません。

ハコネウツギとかハコネサンショウバラとか、「箱根」が名前についている植物が多いのはなんでだろう?

 庭に植えるならどうしたって葉がきれいなフウチソウですが、野原で穂をなびかせる草の可憐さも捨てがたいものがあります。穂がきれいな草は、なんだか気ままで、風任せで、不思議な解放感を与えてくれる気がします。

Comment

Re: 草の穂が
編集
秋はどうしたってさびしくなります。
昨日の朝の空き地は、昆虫の数がぐっと減った感じでした。
日が照ってるときは、きれいな季節ですが、一日の中でも気温が大きくかわり、
朝晩が寒いと、いっときの陽だまりだと意識してしまいます。
大丈夫、かなちゃんは春の準備を始めてるからw
2013年08月29日(Thu) 05:11
草の穂が
編集
風に揺れるようになると、「秋になったなぁ」と思うとともに、何となく焦ります。子供の頃に夏休みの宿題に追われた想い出がそうさせるのか、大人になって時が経つのが早くなったからそう思うのか・・・
画像の場所では、もうすぐ、シリリリリリ・・・とササキリの声が聴こえてきそうな感じですね。
2013年08月28日(Wed) 22:55












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ